カテゴリー別アーカイブ: 絵画・掛軸

群馬県邑楽町にて小暮真望 、倉島重友、谷内六郎、いわさきちひろの版画。

群馬県邑楽郡邑楽町にて小暮真望 、倉島重友、谷内六郎、いわさきちひろの版画をお売りいただきました。

一年ほど前より絵画を整理しようかご相談をいただいており、本日出張買取させていただくこととなりました。お売りいただいたお品は、小暮真望のシルクスクリーン「春華 北アルプス五竜岳」、「谷川岳」、「田代池の四季(夏)」、倉島重友のリトグラフ「萌ゆる春」、いわさきちひろのリトグラフ「神戸原の山羊」、谷内六郎のリトグラフ「ふるさとの詩 おいしい宿題」、木版画「みなと・かもめ」、関口コオのリトグラフなど。たくさんの絵画をお売りいただきました。数点シミやヤケのある作品がございましたが、一点一点丁寧に査定し、全て買い取らせていただきました。大切にされていた絵画を泣く泣くのご処分、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は六角堂をご指名いただき、有難うございました。
画像は邑楽町にある多々良沼。冬には白鳥が飛来することで有名な沼です。もうじき桜が咲くと賑やかになるようです。帰りに「かつ太郎 邑楽店」さんで食事をしました。とんかつに二十一穀米、とても美味しかったです。

小暮真望(こぐれしんぼう)1948年~
1948年 群馬県館林市に生まれる。
1966年 館林高校卒業。
1972年 明治大学大学院工学部修了。㈱本田技術研究所に入社。
1982年 ㈱本田技術研究所を退社。「セリグラフ美術研究所」を設立。

倉島重友(くらしましげとも)1944年~
1944 長野県に生まれる。
1971 東京芸術大学大学院修了。再興第56回院展で初入選したのち平山郁夫に師事。
1974 高松塚古墳壁画模写に参加。
1982 東京セントラル美術館日本画大賞展大賞。
2001 院展日本美術院賞。
2004 院展同人になる。

谷内六郎(たにうちろくろう)1921年~1981年
1921 東京・恵比寿で9人兄弟の6男として生まれる。
1933 旭尋常小学校卒業。世田谷・上馬に転居。
1935 駒沢尋常高等小学校卒 『キング』『少年倶楽部』などに度々入選する。
1937 『市電文化ニュース』に3コマ漫画「コドモノページ」「回覧板風景」などを掲載。
1944 防空凧などの取り扱い解説の漫画絵や、兵器類の図案描きを担当。
1946 『民報』紙に4コマ漫画「真実一郎君」を連載。
1947 『働く婦人』に漫画「ハタラク里子ちゃん」連載。
1948 『働く婦人』に漫画「ひよちゃん日記」を連載。
1955 第1回文藝春秋漫画賞を受賞、『谷内六郎画集』を刊行。
1956 『週刊新潮』創刊と同時に表紙絵を担当。
1965 東京池袋・西武百貨店で『週刊新潮』500号記念展覧会を開催。
1981 死去。享年59歳。

いわさきちひろ1918年~1974年
1918年に福井県で生まれる。14歳で岡田三郎助にデッサンや油絵の基礎を学びました。美術学校への進学は諦め、洋裁学校に入学し、同時に小田周洋に師事し書を学びます。1939年に婿養子を迎え満州大連に渡りますが、翌年には死別して帰国。再び絵を学ぶために中谷泰に師事します。長野で終戦を迎えますが、共産党への入党を機に上京し丸山俊に師事してデッサンの研鑽を積みました。1950年松本善明と再婚し一子を得て、画家として多くの作品を手掛けます。1960年の油彩作品『子ども』を最後に水彩画に絞り、絵本作家として邁進しました。1974年肝臓がんにより55歳で永眠。1977年に自宅兼アトリエ跡にいわさきちひろ絵本美術館(現ちひろ美術館 東京)を開館。2001年には安曇野ちひろ美術館が開館しました。

東京都目黒区南にて八島正明、堀田高の油彩画、反物など。

東京都目黒区南にて八島正明、堀田高の油彩画、反物などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お引越し先が狭くなるので絵画や反物などをご処分されたいとご連絡いただき、出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は八島正明の油彩画「夏の日」三点、「水筒と花梨」、堀田高の油彩画「白いテーブル」、「白い塔」、大島紬や結城紬の反物数点。八島正明は広島で原爆の熱線によって刻まれた石段の影を見たことや、幼くして妹を亡くした経験などにより、「影」への関心を高め制作に取り組んできました。作品はキャンバスに白い油絵具で地塗りを施し、その上に黒い油絵具を重ねたものが土台となっております。木綿針で画面を引っ掻き、白くしたい部分を削ると、独自のモノクロームの静寂な世界が出現します。「夏の日」の兄妹は幼くして失った妹を思い描いた作品なのかもしれません。手をつなぎ歩く姿がとても良いです。堀田高は一枚の絵の人気画家。印象派の巨匠・ルノワールが晩年を過ごした町であるカーニュで創作活動をしました。ルノワールが住んでいた近くにアトリエを構え、周辺の風景や花を中心に作品を発表。2009年に帰国し「空間が広くて遠望が良いカーニュの景色に似ている」という理由から真鶴町へ移りました。90年にニース・リビエラ絵画・彫刻アカデミー主催の「秀作美術展」でグランプリを受賞しました。お売りいただいた作品は南仏カーニュの風景画。堀田高らしい素晴らしい作品であります。いずれもタトウ箱があり、作品状態も良好。お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。お引越しで泣く泣くのご処分とのこと、大切に次へと橋渡しさせていただきます。お忙しい中、六角堂をご指名くださり有難うございました。

八島正明(やしままさあき)1936年~
1936年 三重県いなべ市に生まれる。
1939年 名古屋市に転居する。
1944年 郷里へ疎開する。
1959年 三重大学学芸学部卒業。
1961年 第21回美術文化展に初入選。*以後出品を重ねる。65年会員、2001年退会。
1965年 第25回美術文化展で美術文化賞受賞。
1966年 個展(納屋橋画廊, 名古屋)。
1967年 第11回シェル美術賞展で佳作賞受賞。*70年第14回展、74年第18回展で同賞受賞。
1969年 第4回ジャパン・アート・フェスティバル(パリ)。
1974年 第9回ジャパン・アート・フェスティバル(モントリオール)。第18回安井賞展で安井賞受賞。
1977年 第8回国際青年美術家展。第13回現代日本美術展。
1978年 第12回日本国際美術展。
1979年 第1回明日への具象展。*82年第4回展まで出品。
1980年 現代日本のマニエリスム展。
1985年 第1回具象絵画ビエンナーレ。*89年第3回展も出品。
1987年 個展(西武アート・フォーラム)。
1996年 大阪国際トリエンナーレ。第3回小磯良平大賞展(神戸市立小磯記念美術館)で佳作賞受賞。
2005年 個展(伊勢現代美術館)。
2008年 「版」の誘惑展(名古屋市美術館)。
2009年 幻想と抽象展(岡崎市美術館)。
2010年 針生一郎が選んだ愛知60年代の現代美術展(堀美術館)。

堀田高(ほったたかし)1934年~
1934年、京都で生まれる。武蔵野美術大学卒業。
1970年渡仏し、南仏カーニュで40年創作活動をする。
1990年にニース・リビエラ絵画・彫刻アカデミー主催「秀作美術展」でグランプリ受賞。
2009年に帰国し、2014年真鶴に堀田高洋画館開設。
現展会員、努力賞など他多数受賞。東京・パリ・ニースにて個展を開催。

埼玉県和光市にてカシニョール、岩橋英遠のリトグラフ、菱屋善兵衛の袋帯

埼玉県和光市にてカシニョール、岩橋英遠のリトグラフ、菱屋善兵衛の袋帯、着物をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は埼玉県川越市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたお品は、置物や中国の工芸品、掛軸など。掛け軸は仏画一点。当社で買取を強化中のお品ですので、高めに査定させていただきお売りいただきました。お忙しい中、お呼びいただき有難うございました。二件目は和光市へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたお品は、絵画やお着物など。絵画はカシニョールや岩橋英遠のリトグラフ。ジャン・ピエール・カシニョールは、現代フランス画壇を代表する⼈気作家の⼀⼈。シャルパンティエ・アカデミー、パリ美術学校で学び、日本、フランス、アメリカを中心に多くの展覧会を手がけ精力的な活動をつづけています。 アンニュイで優雅な雰囲気は世界中で愛されております。岩橋英遠は北海道生まれの日本画家。洋画の手法も取り入れつつ、独自の自然観照による写実的でありながら幻想的でもある印象のある絵画世界を創造し続け、享年まで日本画壇の重鎮として活躍されました。お着物は西陣織の老舗、菱屋善兵衛の袋帯二点、訪問着や留袖など。「菱屋善兵衛」を屋号とする木野織物は、創業200年を超える老舗。創業当時から存在する蔵に所蔵されていた古代裂地を復刻した袋帯を中心に、図案、配色、織物組織から素材まで全てにおいて吟味を重ね、訪問着、小紋、また紬などの洒落物用まで、現代のニーズに合わせた締め心地の良い帯を創作されております。一点は未着用、もう一点も一度締めたのみの美品でした。当社買取強化中の作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。お喜びいただけて良かったです。お忙しい中、六角堂をご指名いただき、誠に有難うございました。

ジャン・ピエール・カシニョール 1935年~
1935年 フランス・パリに⽣まれる
1952年 パリで初の個展を開催
1954年 シャルパンティエ・アカデミー校(フランスの美術専⾨学校)に⼊学
1959年 「サロン・ドートンヌ」の会員に推挙される
1967年 初めてのリトグラフ(石版画)作品を作成する
1970年 東京で⼤規模な個展を開催たことをきっかけに初来⽇
1990年 ⼤阪で⾏われた「国際花と緑の博覧会」の公式ポスターを制作

岩橋英遠(いわはしえいえん)
1903 北海道滝川市で生まれる。
1924 上京、日本画家山内多門に師事
1934 院展に初入選(’50、’51美術院賞)
1953 日本美術院同人
1953 芸術選奨文部大臣賞
1968 東京芸術大学教授(’70まで)
1970 道庁からの依頼により開拓記録画、「阿寒湖畔の松浦武四郎」を制作
1972 日本芸術院賞
1981 日本芸術院会員
1989 文化功労者
1994 文化勲章
1999 7月12日 神奈川県相模原市にて逝去。享年96。

東京都三鷹市にて中村岳陵の掛軸、服部織物謹製 青々庵の袋帯、着物。

  

東京都三鷹市にて中村岳陵の掛軸、服部織物謹製 青々庵の袋帯、訪問着など着物をたくさんお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物や掛け軸などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、中村岳陵の掛軸、服部織物謹製 青々庵の袋帯、訪問着などお着物、反物など。たくさんのお品がございましたが、一点一点丁寧に査定し、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。掛軸は日本画家 中村岳陵の鯉の図。二重箱に収められております。所々にシミが出てしまっておりましたが、買取強化中の作家作品ですので買取させていただきました。画像の袋帯は京都・西陣の老舗、服部織物。服部織物は創業1788年から脈々とその卓越した技術力と創作性で親しまれてきました。天明の昔から、京都・西陣に帯を織りつづけて200有余年。服部織物は名匠の心と技を今に受け継ぎ手づくりの帯の美をひろめています。色彩の美しさ、確かな技術をもって生み出される緩やかな曲線は他に類を見ない西陣ならではの帯姿です。あるデザイナーの色選びから始まった「青々庵」。おしゃれな女性が無言で個性を語れる色無地を。色あいは渋くて派手。着こなし次第で地味にも派手にもなる。色無地の常識を破ったダークな三十色のきものからスタートしました。状態は締めてはおりますが、特に目立ったシミ汚れなどもなく大変良い状態です。他にも作家物の訪問着や紬などをお売りいただきました。また、反物や和装小物なども併せてお売りいただきました。茶道具がたくさんあり、ご処分される際にまたお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。ご家族の思い出のお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂をご指名いただき、誠に有難うございました。

中村岳陵(なかむらがくりょう)明治23年(1890)-昭和44年(1969)
伝統的な大和絵の技法に近代西欧絵画の描法を取り入れ、情緒・格式・理論が調和する独特の世界を拓く。毎日芸術大賞、朝日文化賞受賞。文化勲章受章。日展顧問、帝国芸術院会員、文化功労者。
1890年 静岡県下田市に生まれる。本名恒吉。
1902年 はじめて野沢堤雨に師事、光琳派を学ぶ。
1904年 土佐派の川辺御楯に師事する。
1908年 東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画選科に入学。紅児会に入る。
1912年 東京美術学校を卒業。同年第6回文展に≪乳糜供養≫を出品し、入選。
1914年 今村紫紅、速水御舟らと赤耀会を創立。
1915年 再興日本美術院の同人に推された。
1921年 第8回院展の平家物語に取材した≪輪廻物語≫や、≪浮舟≫、≪竹取物語≫、
1927年 第14回院展の白楽天の詩を取材した≪貴妃腸浴≫など、古典に取材した作品を発表する。
1928年 日本美術学校教授となる。
1930年 福田平八郎、山口蓬春らと六潮会を創立。
1935年 帝国美術院改組に際して参与になり、以後新文展、日展に出品した。
1947年 帝国芸術院会員、日本芸術院会員となる。
1948年 彩交会を結成。
1950年 日本芸術院脱退、日展へ移る。
1961年 朝日文化賞、毎日芸術大賞受賞。
1962年 文化勲章を受章した。
1969年 逝去。

埼玉県川口市にて立川広巳の油彩画、桐箪笥、江戸小紋など着物、反物。

埼玉県川口市にて立川広巳の油彩画「薔薇」、春日部桐箪笥、彫師 住田双光、染師 服部光擴の極小鮫小紋柄江戸小紋など着物、反物などお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は埼玉県さいたま市岩槻区へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。時代家具、古道具などをご処分されたいとお問い合わせいただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、レトロな木製冷蔵庫、時代人形や木彫りの置物、カメラや勲章など。古いものですので多少の傷みや汚れ等はございましたが、買取できるお品は全てお売りいただきました。ご家族の思い出のお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。二件目は埼玉県川口市へ、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。桐箪笥、お着物、絵画をご処分されたいとご連絡いただき、出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、立川広巳の油彩画「薔薇」、春日部桐箪笥、彫師 住田双光、染師 服部光擴の極小鮫小紋柄江戸小紋など着物、反物など。立川広巳は「一枚の繪」の人気画家で、氏の代表作である「薔薇」の画。サイズはF4号。作品状態良く、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。桐箪笥は埼玉県の伝統工芸品に指定されている春日部桐箪笥。30年近く前の箪笥で、砥粉落ち、痛みなどございましたが、まだまだリサイクル可能なタンスでしたので、買い取らせていただきました。お着物は彫師 住田双光、染師 服部光擴の極小鮫小紋柄江戸小紋の他、訪問着や留袖など。状態の良いお着物、反物が多く、全て買い取らせていただきました。帯締めや帯留めなどの和装小物もご処分されたいとのことで、こちらも全て買い取らせていただきました。お引越しの為泣く泣くのご処分とのこと、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は六角堂をご指名いただき、有難うございました。

立川広巳(たちかわひろみ)
1949年 東京に生まれる。
1972年 武蔵野美術大学卒業
1985年 上野の森絵画大賞展佳作賞 上野の森美術館買上。フジテレビ「朝のテレビ美術館」作品紹介。
1990年 自由美術展佳作賞
1991年 現代洋画精鋭選抜展第20回記念大展金賞
1993年 安井賞展出品
1994年 全国花の大賞展招待出品
1995年 「華宴」(F150号)が通産省買上。
1997年 北京に取材旅行
現在、自由美術協会会員、日本美術家連盟会員

栃木県宇都宮市にて坂本好一、相澤弘邦の版画、佐伯守美、山口幹彦など陶器。

 

栃木県宇都宮市にて坂本好一の銅版画、相澤弘邦の木版画、佐伯守美、山口幹彦など陶器を多数お売りいただきました。

質屋さんのご紹介で先月お見積りへお伺いしたお客様宅へ、出張買取させていただきました。たくさんの陶器や絵画をご処分されたいとご連絡いただき、先月お見積りへお伺いさせていただきました。ご検討いただき、当社にお売りいただけるとのこと、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は坂本好一、相澤弘邦の版画多数、佐伯守美のひび化粧葡萄文ぐい吞、山口幹彦の染付山水香炉、益子焼や備前焼など花器、茶器、皿、置物などたくさんの陶器。絵画は銅版画、木版画など、たくさんの版画がありました。坂本好一、相澤弘邦、いずれも同じ栃木県の画家さんです。風景画が多くございました。陶器は佐伯守美、山口幹彦の他、栃木県の焼き物である益子焼が多くございました。作家物、作家のないもの、共箱のあるもの、箱のないものなどございましたが、全て買い取らせていただきました。ご家族の大切にされていた絵画、陶器、大切に次へと橋渡しさせていただきます。二度にわたり、六角堂をご指名いただき有難うございました。帰りにシュークリームをいただきました。とても美味しかったです。ご馳走様でした。
最後の画像は昨日宇都宮駅近くにある「鶏そば HIBARI」さんで食べた鶏そば、パクチーメンマ。こちらは前回の見積りの時にも寄らせていただきました。濃厚スープがとても美味しいです。帰りには「宇都宮餃子 来らっせ」さんへ寄りました。こちらは宇都宮で人気の餃子店の餃子が日替わりで食べることが出来ます。一皿で5店舗の餃子、二皿10店舗分の餃子をいただきました。どれも美味しかったですが、個人的には高橋餃子さんの餃子が一番おいしく感じました。日替わりですので、また寄りたいと思います。

坂本好一(さかもとこういち)
栃木県生まれ。
1953(昭和28)年頃より日本画を学ぶ。
1955(昭和30)年頃には独学で版画を始める。
1957(昭和32)年に新制作協会展に日本画を出品。
1960(昭和35)年に日本版画協会展に初出品。
1966(昭和41)年以降、春陽会展と日本版画協会展に銅版画を出品。主な活動の場とする。
1967(昭和42)年に初の個展を開催。鳥、鳩、殻、民家集落などのシリーズを発表し、孤独感漂うひとの棲家に独自の情感を盛り込んでいる。

相澤弘邦(あいざわひろくに)
1946年 栃木県大田原市生まれ
1990年 板院展新人賞
1992年 JCAA日中美術家協会理事・板画院々友推薦
1993年 板院展院友賞
1944年 板画院同人推挙
1994年 初個展
1997年 栃木県美術作家連盟会員
1998年 八星会々員
1999年 板院展審査員・日本作家協会々員
2000年 朝日新聞「歌壇」欄の挿絵版画担当

佐伯守美(さえきもりよし)
1949年 彫刻家佐伯留守夫の長男として生まれる
1975年 東京藝術大学院修了。「掻落し芙蓉文大皿」芸大資料館買上げ
1978年 栃木県芸術祭工芸部門芸術祭賞受賞
1987年 東京藝術大学非常勤講師となる(~2001年)
1988年 第28回伝統工芸新作展奨励賞受賞、国際陶芸展優秀賞受賞
1989年 栃木県文化奨励賞受賞
1990年 マロニエ文化賞受賞
1991年 第31回伝統工芸新作展「練込象嵌樹林文扁壺」東京都教育委員会賞受賞
2001年 文星芸術大学非常勤講師となる
2002年 「象嵌釉彩樹林文扁壺」宮内庁買上、第4回益子陶芸展審査員特別賞受賞
2004年 大滝村北海道陶芸展金賞受賞。第66回 一水会陶芸展 一水会賞受賞
2013年 現代工芸アートフェアに参加。高輪会にて個展。
2017年 日本橋三越本店で「象嵌・彩泥 佐伯守美の世界展」を開催

山口幹彦(やまぐちみきひこ)
1980年 九州山口陶磁展入選、以後入選。佐賀県展入選、以後連入
1981年 西日本陶芸美術展入選入賞 以後入選入賞
1982年 山幹窯 開窯
1983年 日本伝統工芸展入選、以後入選
1995年 通商大臣指定 伊万里有田焼伝統工芸士認定
2002年 日本工芸会正会員認定
2004年 ドイツ マイセン陶芸展出品
2009年 九州国立博物館出品
2016年 有田国際陶磁展入選、以後入選

東京都国分寺市にて藤岡しんたろうの油彩、東勝廣の木彫、結城紬など反物。

東京都国分寺市にて藤岡しんたろうの油彩画「まどべのミモザ」、東勝廣の虎木彫「希望」、本場結城紬、都喜ヱ門(金ラベル)大島紬など反物多数お売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、藤岡しんたろうの油彩画「まどべのミモザ」、東勝廣の虎木彫「希望」、本場結城紬、都喜ヱ門(金ラベル)大島紬など反物多数。数多くのお品をお売りいただきました。藤岡しんたろうは一枚の絵作家であり、父・藤岡心象に師事した人気作家であります。東勝廣は飛騨高山の彫刻家であります。一位一刀彫で作られた虎は大変造りの良い作品であります。共箱に納められ、大変状態の良いお品でした。反物は本場結城紬、都喜ヱ門(金ラベル)大島紬など。残念ながらヤケやシミの出てしまっているものが多くございましたが、良い反物が多くあり全て買い取らせていただきました。都喜ェ門の反物は金ラベルの品。都喜ヱ門ブランドは名前の部分が『金』のもの、『銀』のもの、それ以外とランク分けされております。その中の最高品質のものがこちらの金ラベル。ヤケがなければ高額査定となっただけに残念でした。本場結城紬は状態も良く、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。お売りいただきましたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日はお忙しい中、六角堂をご指名くださり有難うございました。

藤岡しんたろう(ふじおかしんたろう)1968年~
1968年 奈良県に生まれる。父、藤岡心象に師事。
1988年 現代洋画精鋭選抜展銀賞
1989年 現代洋画精鋭選抜展金賞
1990年 現代洋画精鋭選抜展第20回記念大展銅賞
個展、2人展多数開催
特技はマジックとブルーズギター

東勝廣(あずまかつひろ)1944年~
1944年、高山市に生まれる。
昭和34年に竹腰亮次彫房において技術を習得。以降50年以上にわたり飛騨一位一刀彫の製作に従事する。
平成5年、卓越した技能者の岐阜県知事表彰。平成28年、卓越した技能者の厚生労働大臣表彰。高山市祭屋台修理技術者

東京都稲城市にて原田泰治の木版画、大田区にて松澤登美雄の木彫り彫刻。

    

東京都稲城市にて原田泰治の木版画、大田区にて農民美術作家 松澤登美雄の木彫り彫刻をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都稲城市へ絵画のご処分でお呼びいただきました。お売りいただいたお品は、原田泰治の木版画を二種、計七点。額装されていない版画のみで七枚のうち六枚が同作品。メールでお問い合わせいただいた際に査定させていた金額で、全て買い取らせていただきました。シミ汚れ等なく、保管状態の良い作品でした。お忙しい中、当社をお呼びいただき有難うございました。二件目は業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。桐箪笥やお着物、置物などをご処分されたいとご連絡いただき、お伺いしました。桐箪笥は残念ながら現在買取が厳しいたんすでしたが、お着物、反物はシミなどあるものの全て買い取らせていただきました。置物は木彫りの人形や、農民美術作家 松澤登美雄の木彫り彫刻「割烹着」、「棟梁」をお売りいただきました。農民の手工芸品として始まった「農民美術」は、大正から昭和初期にかけて全国に広がり、現在は長野県上田地域の伝統的工芸品として定着し、白馬・大町などで作られております。信州の風土を背景にした生活の中より生まれる奔放な作品が多くございます。すべて手作り品のため、同じ作品がなく、そこが魅力のひとつであります。松澤登美雄氏の作品も長野発祥の木端人形がルーツの農民芸術であります。お売りいただいた作品のように、温かい温もりを感じる作品を現在も作られております。多少スレなどございましたが、全体的に状態良く、お客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。本日は六角堂をご指名くださり、誠に有難うございました。
昼食で、世田谷区にある「長浜らーめん」さんへ行きました。コロナ禍で外食を控えておりますが、久々寄らせていただきました。とんこつ味噌にタマネギをトッピング。ゴマをたくさん入れるのが私流です。久々の長浜らーめんはとても美味しかったです。収束しましたら、以前のようにたくさん通いたいと思います。

原田泰治(はらだたいじ)1940年~
1940年 長野県諏訪市上町で生まれる。
1960年 武蔵野美術大学洋画科に入学、油彩画を学ぶ。翌年、商業デザイン科に再入学する。
1963年 武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。デザイナーとして活動する。
1980年 第29回小学館絵画賞受賞
1982年 朝日新聞日曜版に「原田泰治の世界展」を連載開始/並行して全国で個展開催
1989年 アメリカ合衆国各地で展覧会を開催
1997年 長野冬季オリンピック競技大会での文化芸術祭に参加
1998年 諏訪湖のほとりに諏訪市原田泰治美術館がオープン
2000年 日本の全国各地20か所で「日本の童謡・唱歌100選展」開催
2008年 上田電鉄1000系電車のラッピング車輌「自然と友だち」のデザインを担当
2009年 日本グラフィックデザイナー協会会員
2009年 クロアチア共和国ナイーブ美術協会名誉会員中国・上海金山農民画協会会員を務める
現在、日本グラフィックデザイナー協会会員、クロアチア共和国ナイーブ美術協会名誉会員、中国・上海金山農民画協会会員。

松澤登美雄(まつざわとみお)1948年~
1948年、長野県白馬村生まれ
木彫家・尾澤千春氏に入門(農民美術家)
岐阜高島屋、横浜高島屋、池袋西武、池袋東武、ギャラリーにて個展多数
木彫フォークアートおおやにて大衆賞、銀賞、山田洋次記念賞受賞

東京都東村山市にて東山魁夷のリトグラフ、平山郁夫の工芸画、薩摩切子など。

東京都東村山市にて東山魁夷のリトグラフ「月唱」、平山郁夫の工芸画「ユーフラテス河 朝陽」、尚古集成館監修 復元薩摩切子の猪口、琴、薩摩琵琶などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。絵画などを整理されたいとお電話いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただきましたお品は、東山魁夷のリトグラフ「月唱」、平山郁夫の工芸画「ユーフラテス河 朝陽」、尚古集成館監修 復元薩摩切子の紅被せガラス切子猪口、琴、薩摩琵琶などの和楽器。東山魁夷、平山郁夫といえば現代⽇本画家の中でも最⾼峰の画家とされております。東山魁夷の作品はリトグラフ(新復刻画)でタイトル「月唱」。著作権者である東山魁夷夫人の監修のもと、限定制作された複製リトグラフです。北海道の然別湖を取材して描いた作品。湖畔の水面に対岸の山が倒影された様子を描いています。深い青の世界にぽっかりと浮かぶ月はやわらかく輝き、照らされた世界は清澄な空気が流れ、水面に映る月との対比が美しい作品であります。平山郁夫の作品は大塚巧藝社の工芸画でタイトルは「ユーフラテス河 朝陽」。こちらも平山郁夫らしい素晴らしい作品となっております。どちらもタトウ箱あり、多少のシミはございます。当社買取強化中の作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。切子の猪口は人気の薩摩切子。復元薩摩切子は、島津家28代・薩摩藩主島津斉彬の時代に製造された薩摩切子を収蔵・展示している尚古集成館が監修しております。作品にはSHIMADZUのサインがあります。島津家自ら復元、創作したものであり、他で製造・販売されている品物と区別する意味も含めて、SHIMADZUマークの彫刻が施されています。こんな素敵なお猪口で呑むお酒は、さぞかし美味しいのでしょう。他にも演奏用のお琴や薩摩琵琶や撥なども併せてお売りいただきました。お引越し先に保管場所がなく、泣く泣くのご処分とのこと、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日はお忙しい中、当社をご指名いただき誠に有難うございました。

東山魁夷(ひがしやまかいい)1908-1999
1908年 横浜市に生まれる。
1929年 第10回帝展に「三国の秋」を出品し初入選。
1931年 東京日本美術学校日本画科卒業。結城素明に師事し、魁夷と号する。
1934年 第1回独文化交換学生としてベルリン大学入学。
1939年 第1回日本画院展で「冬日」が日本画院賞第一席となる。
1969年 文化勲章受章。文化功労者として顕彰される。
1979年 「日本東山魁夷絵画展覧会」が開催され訪独。
1980年 「第二期唐招提寺障壁画展」が開催される。
1995年 米寿記念「唐招提寺障壁画と画業60年の歩み、東山魁夷展」開催
1999年 死去。勲一等瑞宝章受章。
2005年 ⾹川県に「東⼭魁夷せとうち美術館」が開館

平山郁夫(ひらやまいくお)1930-2009
1930年 広島県で⽣まれる。
1945年 学徒勤労動員先にて被爆する。
1947年 東京美術学校(現・東京藝術⼤学)⽇本画科へ⼊学。
1952年 ⽇本画科を卒業後、前⽥⻘邨(まえだせいそん)に師事する。
1953年 第38 回院展に出品した「家路」が⼊選する。
1962年 第47 回院展出品作品「受胎霊夢」が⽇本美術院賞(⼤観賞)を受賞。ヨーロッパへ留学する。
1964年 第49 回院展出品作品「仏説⻑阿含経巻五」が⽂部⼤⾂賞受賞。
1974年 バチカン宮殿内現代宗教美術コレクションに「古代東⽅伝教者」を寄贈。
1974年 ローマ法王より、聖グレゴリオ騎士銀褒章を受章。
1976年 全国6 都市でシルクロード展を開催。
1978年 第63 回院展出品作品「画禅院⻘邨先⽣還浄図」が内閣総理⼤⾂賞受賞。
1981年 日本美術院理事となる。
1988年 東京藝術⼤学第6代学⻑に就任する。
1991年 フランス国立ギメ東洋美術館で「平山郁夫シルクロード展」開催。フランス政府よりコマンドール勲章を授与される。
1992年 中国日中国交正常20周年会議に出席。早稲田大学名誉博士となる。
1997年 「平⼭郁夫美術館」開館。
1998年 ⽂化勲章を受章。
2009年 逝去。

東京都江東区にて森田曠平、中山正のリトグラフ、板橋区にて高村光雲の銀製置物。

    

東京都江東区白河にて森田曠平の銅版画(エッチング、アクアチント)「舞い子(弥生)」、中山正の木版画「絵馬」、北欧家具、板橋区小茂根にて高村光雲の銀製置物「恵比寿大黒天」をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は不動産業者様のご紹介で江東区白河へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたお品は、森田曠平の銅版画「舞い子(弥生)」、中山正の木版画「絵馬」、ノルウェー製のレザーソファなど。絵画はタトウ箱などの付属品はありませんが、状態の良い作品でした。ノルウェー製のレザーソファは使用感があり状態に難がございましたが、人気の北欧家具ですので買取させていただきました。処分しようと諦めていた家具がリサイクルされることとなり、お客様にお喜びいただきました。修復され次に大切にしていただける方へ繋がると思います。他にも岩谷堂家具など素晴らしい家具がございましたが、積みきれず来週またお呼びいただくこととなりました。来週もまた、よろしくお願い致します。本日は良いお品をお売りいただき有難うございました。また、お客様をご紹介いただいた業者様、誠に有難うございました。本日二件目は板橋区小茂根へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは高村光雲の銀製置物「恵比寿大黒天」、木彫りの仏像などをお売りいただきました。高村光雲の銀製置物「恵比寿大黒天」は大変状態良く、付属品も全て揃っておりました。銀900の刻印あり。現在銀の価格が上がっており、高価査定となりました。仏像は近年のものですが、造りの良い木彫り仏でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。お父様が大切にされていた仏像など、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、誠に有難うございました。

森田曠平(もりたこうへい)1916年~1994年
1916年 京都に生まれる。
1932年 関西美術院で伊谷賢蔵に師事。石膏と人体素描、油絵を学ぶ。
1935年 第1回京都市展に洋画で入選。
1940年 小林柯白に師事し、日本画を学ぶ。
1943年 第30回院展に初入選。小林柯白が死去。
1944年 安田靫彦に師事。
1956年 第41回院展で奨励賞受賞。
1965年 第50回院展で日本美術院賞受賞。
1968年 第53回院展で日本美術院賞受賞。院展同人に推挙される。
1973年 第58回院展で内閣総理大臣賞受賞。
1982年 第67回院展で文部大臣賞受賞。国立能楽堂鏡板の「松」が完成。
1994年 死去。享年78才。

中山正(なかやまただし)1929年~
1929年 新潟県に生まれる。
1947年 多摩美術大学油絵科中退
1951年 日本美術会アンテパンダン展出品、アメリカ、イタリアで木版画展
1958年 第1回東京国際版画ビエンナーレ出品(第3回まで)
1959年 リトグラフ画集『ラッパ手』限定自家出版
1962年 ヨーロッパ、ギリシャ、トルコ、インド旅行、ミラノに滞在(翌年まで)
1963年 リトグラフ集『騎士のない馬』限定出版(パガーニ画廊/ミラノ)
1964年 バース・アカデミー・オブ・アート(イギリス)で木版画の講師を務める
1982年 木版画集『Tadashi Nakayama,His Life and Work』刊行(ヘンドリックス・アート・コレクション)
2000年 6月30日~7月6日、銀座和光ホールにて中山正木版画自選集展
東京国際版画ビエンナーレ、クラコウ国際版画ビエンナーレ、ノースウェスト国際版画展、日本アンテパンダン展などに出品。

高村光雲(たかむらこううん)1851年~1934年
1851 江戸・浅草北清島町に生まれる。
1863 仏師・高村東雲の弟子入りする。
1874 11年間の修行を終え、東雲より光雲の号を授かる。
1877 第1回内国勧業博覧会において「白衣観音」で龍紋賞を受賞する
1889 「矮鶏」が天覧に浴し、お買い上げとなり金賞を受賞する。
1890 東京美術学校の教授を務める。帝室技芸員拝命
1893 「老猿」をシカゴ万博に出品。
1900 「山霊訶護」をパリ万博に出品。
1908 文展審査員を務める
1919 帝国美術院会員
1925 聖観音菩薩製作をする。
1926 東京美術学校を退職し、名誉教授。
1929 国宝保存会委員
1934 東京で死去。享年83歳