カテゴリー別アーカイブ: 美術品・骨董品

群馬県高崎市にて、在銘阿弥陀如来像、小野珀子の金襴手ぐい吞、宣徳銅の手炉など。

   

群馬県高崎市にて、刀田村在銘阿弥陀如来像、小野珀子の金襴手ぐい吞、大明宣徳年製銘の宣徳銅の手炉、軽井沢彫りのブックエンドをお売りいただきました。

お荷物整理にてお呼びいただきました。本日は久々の群馬県出張買取。関越道三芳PAから乗り、上信越道藤岡IC経由で向かいました。作者は不詳でしたが、阿弥陀如来像は円空仏のような姿で雰囲気の良い仏像でした。大明宣徳年製銘の手炉は、時代ある宣徳銅製のもの、当社で強化買取り中のお品になります。宣徳銅器(せんとくどうき)は明王朝最盛期に宣徳帝がシャム(現在のタイ)から真鍮を、日本から赤銅を輸入して作られたもの。こちらは近年造られた写し物になりますが、頑張り査定で買い取らせていただきました。小野珀子は、女性では2人目となる日本陶磁協会賞を受賞している陶芸家。金彩による煌びやかな装飾を施す釉裏金彩(ゆうりきんさい)や金襴手(きんらんて)などを得意とし、数多くの美しい作品を世に残された人気作家です。もちろんこちらも当社で強化買取り中のお品となってます。他にも、堆黒の印籠(こちらも近年造られたものでした)、蒔絵の入った時代琴、掛け軸や額などございましたが、こちらはまた後日お呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしてます。帰りにお客様にこの地域で有名なお食事をお聞きした所、藤岡ラーメンというラーメンが近年人気が出ているとの事でしたので、早速ネットで検索。藤岡市にある「みやご食堂」さんというお店が有名なようでしたので、早速向かいました。しばらく走ってようやく到着すると、なんと準備中。とても残念でした。こちらはまたお呼びいただいた時に必ず寄りたいと思います。藤岡らーめんを諦め、関越道にのり上里SAへ寄りました。以前寄った際にも食事をした「上州ぽ~く亭」さんで上州豚のカツ丼をいただきました。サクサクのカツにとろとろ玉子がとても美味しかったです。今日はひな祭りでしたので、娘に桜あられなどのお土産を買って帰りました。長男はフットサルの試合で優勝してきたようです。明日は埼玉県川口市へ出張買取、夕食は家族で祝い飯をします。

小野珀子(おのはくこ)1925(大正14)年~1996(平成8)年
日本を代表する女流作家で金箔を大胆かつ繊細に使った釉裏金彩や金襴手を得意とし、その華麗な手法と現代的感覚を複合させた豪華絢爛で幽玄な世界観を展開しています。
釉裏金彩とは焼成した磁器の表面に金箔を低温で焼き付け、更に金箔を安定させる為に上から低温で熔ける釉薬を掛けて再び低火度焼成する技法です。
図案構成された金箔が青や黄色の色釉の下から艶やかで幻想的な光彩を放っています。
1925年小野珀子は小野琥山の長女として愛知県に生まれました。
1931年に父が勤務していた名古屋製陶所を辞職し、福島県大沼郡会津美里町瀬戸町に琥山製陶所を設立して一家は移住しました。
不況な時代であった事も重なって父の経営は困難を極めますが、1939年に佐賀県嬉野市嬉野町下宿に小規模ながら琥山製陶所を移設しました。
珀子だけは福島県に残って女学校卒業まで叔父の許に預けられました。
1943年、会津若松高等女学校を卒業後、嬉野に戻って家業に従事しました。
その頃の琥山製陶所は有田の問屋が盛んに買い付けるようになって活気を帯びていました。
1948年に東京の大串家に嫁いだのですが、1960年に協議離婚して嬉野に戻り、父の琥山製陶所デザイン室に勤務しました。
1964年 現代国際陶芸展での加藤土師萌の釉裏金彩作品を見て感激し、自身も釉裏金彩の研究を始める。
1970年 九州山口陶磁展で第一席、日本工芸会西部工芸展朝日銅賞、九州毎日陶芸展準大賞
1971年 日本工芸会西部工芸展朝日金賞、佐賀県展第一席
1973年 日本陶芸展第一部優秀作品賞など受賞し
1981年 女性陶芸家としては2人目となる日本陶磁協会賞を受賞
1970年 日本伝統工芸展初入選以来同展に入選を重ねている(日本工芸会正会員)。
1992年 佐賀県指定無形文化財の認定

埼玉県越谷市にて、桐たんす、茶箪笥、人間国宝高橋敬典の青銅花瓶。

埼玉県越谷市にて、桐たんす、茶箪笥、人間国宝高橋敬典の青銅花瓶をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日もまたお引越し整理、今年はお引越しされる方が例年に比べ多い気がします。本日お売りいただきました桐箪笥、茶箪笥は、明治期のもの。当社得意の時代箪笥でございます。多少ダメージがございましたが、欠品などの致命的なダメージはなくまだまだリサイクルできそうなものでした。その他、贈答品や高橋敬典の青銅花瓶を買い受けました。こちらは昭和の作ですので、敬典が人間国宝となる前の作品になります。当社の強化買取り作家作品ですので、お客様に喜んでいただける高額査定の上、買い受けさせていただきました。搬出しやすいようにスペースを空けていただいたりお気遣いいただき有難うございました。
本日は志木市場の開催日でしたので、終了後いつもお邪魔する朝霞市の「大島屋がってん食堂」で、みんなで食事をしました。先日もいただいた牡蠣、白子、あん肝のセットに北海丼、串揚げと、とても美味しかったです。しばらく出張買取が忙しくなりそうですので、たくさん栄養付けさせていただきました。本日もまたT橋さんにご馳走になってしまいました。ご馳走様でした!明日は群馬県高崎市へ出張買取、頑張ります!

高橋敬典(たかはしけいてん)
砂鉄を精練して得た和銑を原料に地元産の良質な川砂と粘土の特質を活かした鋳型で、伝統的技法を駆使しながら現代感覚に溢れた茶の湯釜を制作しました。
棒箆や笹箆等を用いた箆押しで鋳型に味わい深い文様を表現し、柔和な鋳肌を追求した肌作りには高度な技量が示されています。
長い伝統のある山形県鋳物工芸界の指導者として後進の育成にも尽力されました。
大正九年 山形市に生まれる
昭和十三年 五月家業の鋳造業を継ぐ
昭和二十五年 重要無形文化財「茶の湯釜」保持者・長野垤志に師事
昭和二十六年 日展初入選 以来七回入選
昭和三十五年 日本花器茶器展・読売新聞社賞受賞
昭和三十六年 昭和天皇山形県行幸の際、献上の釜謹作
昭和三十八年 日本伝統工芸展・工芸会会長賞受賞
昭和四十年 中小企業展・通商産業大臣賞受賞
昭和四十六年 日本伝統工芸展・出品作品文化庁買上
昭和四十七年 日本伝統工芸新作展・日本工芸会賞受賞
昭和五十一年 日本伝統工芸展・NHK会長賞受賞
昭和五十二年 斎藤茂吉文化賞受賞
昭和五十三年 日本伝統工芸展・審鑑査委員十回歴任
昭和五十三年 日本伝統工芸展・特待出品
昭和五十四年 皇太子殿下山形県行啓の際、献上の釜謹作
平成三年 日本伝統工芸展・重要無形文化財保侍者選賞受賞
平成四年 勲四等端宝章受章
平成八年 重要無形文化財「茶の湯釜」保持者認定
平成八年 山形市名誉市民選定
平成九年 河北文化賞受賞
平成十年 文化庁買上
平成十一年 日本伝統工芸展作品文化庁買上
平成十二年 山形県郷土館開館五周年記念事業
やまがた人間国宝三人の会
平成二十一年六月二十三日   逝去

東京都練馬区石神井町にて、十三代今泉今右衛門の色鍋島吹墨芙蓉文花瓶、茶道具。

 

東京都練馬区石神井町にて、十三代今泉今右衛門の本人作、色鍋島吹墨芙蓉文花瓶、お茶道具をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お母様の集めていたお茶道具の他、十三代今泉今右衛門の本人作である色鍋島吹墨芙蓉文花瓶を買い受けました。今泉今右衛門作品は、当社で強化買取り中の作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。十三代今泉今右衛門は、伝統ある色鍋島芸術を現代に復興させ歴代今右衛門の中で最も輝かしい功績を残しました。また、十三代目にして始めて「色絵磁器」の人間国宝に指定されました。「吹墨」「薄墨」などの技法を極め数々の名品優品を世に残した偉大なる巨匠。こちらはその十三代が最も得意とした技法の一つ「吹墨」の作品。伸びやかなの筆致で描かれた「芙蓉文」に、十三代の色絵技術や「吹墨」とマッチしております。御本人が手掛ける作品の代表例であり、人間国宝の意匠が随所に感じられる。高台内に本人作の証である「今右衛門」の彫(隠し)銘がございます。お茶道具は、お稽古用とのことでしたが、未使用の物が多く一式揃っておりました。たくさんのお道具をお売りいただきありがとうございました。本日も倉庫へ戻る途中、山田うどんへ行きました。先日いただいた季節限定メニューの「菜の花天節とろうどん」にアジフライをトッピングしました。菜の花天、とても美味しいです!
六角堂では「今泉今右衛門」の作品を探しております。
ご所蔵の作品(本人作、窯作品も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取させていただきます。
今泉今右衛門作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
陶芸作品をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。他にも絵画、骨董・美術品をご処分の際には、六角堂までお問い合わせください。

十三代 今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん)
色鍋島今右衛門技術保存会を組織し、国重要無形文化財総合指定を受ける。
平成元年、重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定され、色絵磁器の確立と技術継承に力を入れる。
鍋島に吹墨・薄墨の技法を取り入れ、吹墨と薄墨を重ね合わせる吹重ねの技法を確立されました。
1949年 東京芸術大学工芸科 卒業
1957年 日展初入選
1965年 日本伝統工芸展奨励賞
1981年 日本伝統工芸展最優秀作品賞、色鍋島今右衛門技術保存会会長、佐賀県陶芸協会会長
1986年 紫綬褒章
1989年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定
1999年 勲四等旭日小綬章

東京都中野区新井にて、四世秦蔵六造の立鼓式塗金銅花器。

東京都中野区新井にて、四世秦蔵六造の立鼓式塗金銅花器をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。桐たんすの買い取りでお呼びいただきましたが、残念ながら三方杉で取っ手の欠品などがありましたので買取することが出来ませんでした。桐箪笥の買取りは出来ませんでしたが、小引き出しや針箱、ちゃぶ台などの時代和家具を買い受けさせていただきました。画像の四世秦蔵六造の立鼓式塗金銅花器は、お父様が昔贈答品でいただいたもののようです。秦蔵六の銅製作品は、特に最近では人気があり、六角堂でもよく取り扱う作家ございます。こちらは状態も良く、当社の買取り作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。
秦蔵六は、現在京都金属工芸協同組合理事長を務める6代目が秦蔵六として活躍されております。当社では、初代から当代(六代)まで、どのような蔵六作品でも強化買取り中です。ご不要の蔵六作品がございましたら、六角堂までご指名ください。
本日も帰宅途中、はま寿司さんへと寄りました。お寿司にうどん、大好物の茶碗蒸し、たこ焼き、どれも美味しかったです。はま寿司さんではなんと、平日だと一皿90円!大食いの私にはとても有難いお店なんです。明日は、杉並区一件、世田谷区二件、三件の出張です。腰痛に負けず頑張ります!

四代 秦蔵六(はたぞうろく)1898~1984
明治31年(1898)京都生まれ。二世蔵六に師事し、四世を襲名する。
東京、大阪で個展開催。技術保存資格者、京都金属工芸協会長をつとめる。
昭和59年(1984)12月1日歿、87歳。

東京都新宿区中落合にて、三代徳田八十吉(正彦)の花入、薩摩焼坂下光雄(光石)の香爐。

東京都新宿区中落合にて、人間国宝三代徳田八十吉(正彦)の花入、薩摩焼の名工坂下光雄(号:光石(こうせき))の草花文籠目透火屋三足香炉をお売りいただきました。

お家建て替え前のお片付け整理にてお呼びいただきました。お父様が集めていらっしゃった陶芸作品や掛け軸をご処分されたいとのことでお伺いさせていただきました。自分で購入されたり、知人から頂いたというたくさんの陶芸作品を買い受けさせていただきました。ほとんどが未使用で、共箱や陶歴などの付属品が一緒にございました。上記二点は当社で買い取りを強化している作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。買い取らせていただいたお品の仕分けや倉庫整理が貯まっておりましたので、早々に倉庫へ戻り作業をしました。整理が終わったところで、同業の仲間たちが近所へ来ているとの事でしたので、三芳町にある台湾料理屋「香林坊」さんへ行きみんなで食事をしました。先日食べたにんにく炒飯がとても美味しく、今日もまたいただきました。大人数で行くと色々なものをみんなで分けて食べれるのがいいですね。とても美味しかったです。
六角堂では、九谷焼、薩摩焼の他にも、各地陶磁器の買取りに力を入れております。
流氷焼、小久慈焼、堤焼、楢岡焼、平清水焼、会津本郷焼、大堀相馬焼、笠間焼、益子焼、小砂焼、無名異焼、九谷焼、大樋焼、珠洲焼、越前焼、美濃焼、志戸呂焼、瀬戸焼、常滑焼、萬古焼、伊賀焼、信楽焼、膳所焼、湖南焼、京焼、楽焼、清水焼、朝日焼、御室焼、丹波立杭焼、明石焼、出石焼、赤膚焼、布志名焼、備前焼、虫明焼、萩焼、大谷焼、砥部焼、江山焼、上野焼、小石原焼、高取焼、唐津焼、伊万里焼、吉田焼、波佐見焼、三川内焼、小代焼、小鹿田焼、薩摩焼、壺屋焼、李朝時代の陶磁器、中国古陶磁器など幅広く探しております。ご自宅にお持ちの陶磁器のご売却をお考えの際は、是非お気軽にご相談下さい。陶磁器に詳しい専門スタッフが出張見積もりさせていただきます。

三代徳田八十吉(とくだやそきち)
1933年(昭和8)~2009年(平成21) 石川県小松市出身
1954年 祖父について絵付けなどの修業をはじめる
1963年 日展初入選
1971年 日本伝統工芸展NHK会長賞
1977年 同展で日本工芸会総裁賞
1986年 日本伝統工芸展で保持者選賞
1986年 三代徳田八十吉を襲名
1991年 日本陶芸展秩父宮賜杯
1993年 紫綬褒章
1994年 日本工芸会理事
1997年 重要無形文化財「彩釉磁器」保持者に認定
2009年 8月26日逝去。従五位に叙位される

東京都荒川区町屋にて、森村酉三作 新田義貞のブロンズ像。

東京都荒川区町屋にて、森村酉三作 新田義貞のブロンズ像などをお売りいただきました。

本日は所沢市へ見積もり一件、荒川区へ一件の出張買取でした。所沢市では、桐箪笥、お着物のお見積り。荒川区はお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。最近お引越し前のお片付け整理が増えております。いよいよお引越しシーズンでしょうか。六角堂でもまたしばらくの間忙しくなりそうです。こちらでは、森村酉三作 新田義貞のブロンズ像の他、火鉢や鉄瓶を買い受けさせていただきました。森村酉三(もりむらとりぞう)は、群馬県出身の鋳金工芸家、彫刻家。高崎白衣大観音像の原型制作者として知られております。新田義貞が鎌倉幕府を攻める際に稲村ケ崎(神奈川県)で剣を投じて祈る姿をモチーフにしたブロンズ像。当社ではただいまブロンズ像の買取りを強化しておりますので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。本日の昼食は、所沢市から荒川区根向かう途中、「久兵衛屋 所沢北原町店」さんへと寄りました。きのこほうとうにまぐろたたき丼のセットをいただきました。ほうとう美味しいですね。ほうとうといえば山梨県、山梨へ出張する時には必ずいただいております。山梨県の皆さん、六角堂のご指名をお待ちしております!

森村酉三(もりむらとりぞう)鋳金工芸家。1897(明治30)~1949(昭和24)年。佐波郡宮郷村(伊勢崎市)の旧家森村家に父親連太の三男として生まれる。 酉三の命名はその生年(丁酉)にちなんだものである。1910年、前橋中学校に入学するも2年後に校長排斥運動(ストライキ)を起こして退学処分を受ける。兄らの奔走により当時県議でのちの衆議院議員・今井今助の推薦を得るなどして同県沼田中学校に再入学することができ、1917年春に同校を卒業。1918(大正7)年東京芸術学校鋳造科入学、香取秀真や津田信夫に師事する。在学中に農商務省美術展に入選し、卒業制作『経筒中子付』は学校買上げとなる。 卒業後池袋にアトリエを構え制作を続け、1927(昭和2)年第四部としての初めて工芸部門の設けられた第8回帝展に『鋳銅飾花瓶・燈』が入選。 以後第18回展まで連続入選し、1944年無鑑査となる。この間、パリの御大帝記念日本美術展、サンフランシスコの汎太平洋博覧会にも選ばれて出品するなど、 海外にも紹介される好評を得るが、酉三の名を広く後生に残すことになったのは、1934年に制作された高崎観音山の「白衣大観音」の原型である。 また鋳金制作のかたわら『爆弾三勇士像』など多くの彫刻作品を県内に制作したが、大半が戦争中に壊された。1941年群馬美術会(県美術会の前身)の設立に尽力したことで知られる。1949年、肝臓がんにより死去。満52歳没。

東京都小平市にて、桐箪笥、人間国宝十四代酒井田柿右衛門の花瓶、ぐい吞。

東京都小平市にて、桐たんす、人間国宝14代酒井田柿右衛門の14錦梅鳥文花瓶、錦芙蓉文ぐい吞をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理にてお呼びいただきました。柿右衛門作品は当社強化買取り品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。他にも、贈答品などを買い受けました。良いお品をお売りいただき有難うございました。帰りに、「てんや 小平大沼店」さんへと寄りました。わたしは期間限定メニュー「春一番天丼と小そばのセット」をいただきました。「穂先竹の子」、「せり」「イタヤ貝の小柱」「イカ」のかき揚げ、「赤魚」、「焼き海苔天」、「海老」の天ぷらがのった贅沢な天丼でした。赤魚の天ぷらがとっても美味しかったです。久々のてんやさんで春を感じました。まだまだ寒い日が続いておりますが、また春を感じに来たいと思います!

六角堂では酒井田柿右衛門作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
六角堂では「酒井田柿右衛門」先生の作品を探しております。
ご所蔵の作品(濁手など本人作品はもちろん柿右衛門窯のお品も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買い取りさせていただきます。
酒井田柿右衛門作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
お見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。他にも時代家具、古道具、骨董・美術品をご処分の際には、六角堂までお問い合わせください。

14代 酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)
14代酒井田柿右衛門は13代酒井田柿右衛門の長男として佐賀県に生まれました。本名を正といいます。
1958(昭和33)年、多摩美術大学日本画家を卒業後、帰郷して12代と13代に師事しました。
1967(昭和42)年、一水会会長賞を受賞しました。
1971(昭和46)年、日本工芸会正会員となりました。
1982(昭和57)年、14代酒井田柿右衛門を襲名しました。
日本工芸会理事、柿右衛門製陶技術保存会会長に就任しました。
1983(昭和58)年、アメリカ・サンフランシスコ市より名誉市民の称号を受けました。
1984(昭和59)年、日本陶磁協会賞、佐賀県知事賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、日本工芸会奨励賞を受賞しました。
1992(平成4)年、一水会陶芸部運営委員に就任しました。
日本工芸会奨励賞を受賞しました。
1993(平成5)年、国際陶芸アカデミー(IAC)名誉会員に就任しました。
1994(平成6)年、日本伝統工芸展監査委員に就任しました。
1997(平成9)年、佐賀県陶芸協会会長に就任しました。
1998(平成10)年、外務大臣表彰を受けました。
1999(平成11)年、九州産業大学大学院芸術研究科専任教授に就任しました。
文部大臣表彰を受けました。
2000(平成12)年、有田陶芸協会会長に就任しました。
2001(平成13)年、佐賀県立有田窯業大学校長に就任しました。
重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定されました。
佐賀新聞文化賞を受賞しました。
2005(平成17)年、旭日中授賞を受賞しました。
有田町名誉町民の称号を受けました。
2006(平成18)年、日本工芸会副理事長に就任しました。
2007(平成19)年、西日本文化賞を受賞しました。
2013(平成25)年、6月15日逝去(享年78)。

東京都中央区佃にて、絵画、書道具、古唐木製の牛乗童子。

 

東京都中央区佃にて、アンティークスタンドライト、絵画、書道具、古唐木で作られた牛乗童子をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。明治期頃の時代家具のご処分でお呼びいただきましたが、残念ながらパーツの欠品や破損などで全てを買い取ることは出来ませんでした。小引き出しやスタンドライトは、破損個所も少なく買い受けさせていただきました。牛乗童子の置物は、古いものですのでひび割れなどございましたが、人気の古唐木で作られたものでしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。「牛乗り童子」は、禅の悟りをあらわしたもので、牛の背に乗り家に向かう(悟りを得て、世間にもどる)姿と言われています。きめ細かい彫りで、とても出来の良い木彫りでした。他にも、硯や墨、石の置物などを買い取らせていただきました。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。六角堂では、ブロンズ作品や木彫などの彫刻品、江戸期から現代にかけての根付作品、現代の人形作家から古い時代の日本人形や海外のアンティーク人形など、木彫・人形・ブロンズ作品に付きましては、幅広い作品を高価買取り致します。ご不要の作品がございましたら、お問い合わせください。
買い取りを終えて、お腹がすきましたので地図で検索してみると月島がすぐそばにありました。歩いて数分で行ける場所でした。たまにはN尾氏ともんじゃでも食べようかと、月島もんじゃストリートへ向かいました。到着して見渡すと、どこももんじゃ、もんじゃ、もんじゃ焼き。店選びがとても大変でした。悩んだ結果、わたしたちが入ったお店は「いろは本店」さんというお店。後々調べましたら、とても有名なお店だったようです。お腹がペコペコでしたので、たくさん注文しました。牛すじお好み焼き、アスパラベーコン、五目焼きそば、餅入りもんじゃなどなど。一番の当たりは牛すじお好み焼き、とっても美味しかったです。わたしの子供たちもお好み焼き、もんじゃ焼きが好きなので、いずれ連れてきたいと思います。車に戻る途中、月島もんじゃストリートなのになぜかメロンパンのお店がございました。こちらのお店を調べてみると週末には行列ができる人気店のようでした。月島久栄、東京メロンパンの二店舗で家族にお土産を買って帰りました。先ほどいただきましたが、すごく美味しかったです。子供たちも喜んでくれました。月島、いいですね!

埼玉県さいたま市緑区にて、般若勘渓の唐銅群鯉地文丸型花瓶など。

埼玉県さいたま市緑区にて、般若勘渓の唐銅群鯉地文丸型花瓶などをお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。般若勘渓(はんにゃかんけい)といえば高岡を代表する釜師として有名ですね。ろくろの技術を駆使して銅と錫の合金を用いて鋳造を行う砂張(さはり)を得意としています。茶道を嗜む方からも好んで使用される般若勘渓の作品は六角堂でも買取を強化している作家の一人です。鯉の群れが泳ぐ姿が雰囲気良い作品となっております。こちらの他にも、掛け軸や置物、贈答品などを買い受けました。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。ただいま六角堂では、金工作家のお品を探しております。金工作家作品がございましたら、六角堂までお問い合わせください。豊富な知識と鑑定経験をもつスタッフが、一つ一つ丁寧に最大限の正当評価をさせていただきます。
帰りに、近所の中華料理屋「珍来」さんへと寄りました。本日は勝浦担々麺にレバニラ炒めをいただきました。疲れがたまってますので、たくさん栄養補給させていただきました。明日は東京都中央区へ出張買取、頑張ります!

般若勘渓(はんにゃかんけい)1933(昭和8)年生
般若勘渓は富山県高岡市に生まれました。号を勘渓といいます。宗勘は兄、保は弟。
般若勘渓は高岡を代表する釡師である父与吉の稼業を手伝っていた事がこの世界に入るきっかけとなりました。1611(慶長16)年に加賀藩2代藩主・前田利長が高岡入封の際、般若郷西ノ保(現:富山県高岡市)より鋳師7名を招いたのが高岡鋳物の創始です。般若郷には鋳物発祥の地・河内国丹南郡(現:大阪府)より移り住んだ、十数軒の鋳師がいたと伝えられます。般若家はその末裔にして祖先から受け継いだ技術を一層研磨して高い評価を受けています。般若勘渓は古作釜の研究を続けて数多くの写しを制作し、日本伝統工芸展で数々の賞を受賞しており、宮内庁正倉院の依頼により、正倉院宝物の複製を行うなど実力を兼ね備えた鋳物作家として知られています。高度な轆轤技術を駆使して銅と錫の合金を用いて鋳造を行う砂張(さはり)を得意としています。
昭和44年 第16回日本伝統工芸展初入選
昭和46年 第1回日本伝統工芸金工展初入選
昭和48年 第3回日本伝統工芸金工展日本工芸会賞受賞
昭和57年 第13回日本伝統工芸金工展奨励賞受賞
昭和60年 第15回日本伝統工芸金工展朝日新聞社賞受賞
平成13年 宮内庁正倉院の依頼により正倉院宝物「砂張理加盤」複製
平成17年 宮内庁正倉院の依頼により正倉院宝物「黄銅合子」複製

東京都調布市にて、高畠達四郎の油彩画「富士」、染川宗進の奈良一刀彫「達磨大師」など。

東京都調布市にて、高畠達四郎の油彩画「富士」、染川宗進の奈良一刀彫「達磨大師」などをお売りいただきました。

一昨日に出張買取させていただいたお客様宅へ、本日も出張買取させていただきました。一昨日トラック二台分のお品を買い取らせていただいたのですが、それでも積みきることが出来ませんでしたので、本日は残りのお品を引き上げさせていただきました。本日買い取らせていただきましたのは、高畠達四郎の油彩画「富士」、染川宗進の奈良一刀彫「達磨大師」など。また、追加で出てきましたロイヤルコペンハーゲンの食器なども追加見積の上、全て買い受けました。高畠達四郎(1895-1976)は、素朴で詩情豊かな風景画を多く手掛け、林武、野口彌太郎らとならび称される洋画家。26歳でフランスへ渡り、藤田嗣治やキースへリングらパリ画壇の影響を受けた方です。画題は人気の富士、少々汚れや額に痛みなどありましたが、当社で買い取りを強化している作家作品でしたのでお客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。奈良人形師である染川宗進の一刀彫「達磨大師」は、表情に迫力があり、見ていると引き込まれます。良い作品をお譲りいただき有難うございました。一昨日はお客様の弟様、本日は妹様がいらっしゃってお荷物たちとお別れをしておりました。そんなご家族の思い出がつまったお品、六角堂で大切に次へと繋げるようさせていただきます。帰りに、お客様にバレンタインチョコとお手紙をいただきました。お客様にチョコレートをいただくまで、今日がバレンタインデーということに気付いておりませんでした。お見積り、二日間の出張買取と三度もお付き合いいただきありがとうございました。また何かありましたら、六角堂をご指名ください。帰り途中いつも寄っている世田谷区の長浜ラーメンさんへと寄りました。お客様宅が甲州街道から近かったので、今日もまた寄ってしまいました。とんこつ味噌に玉ねぎ多め、麺バリカタ、わたしの至福の時です。もちろん替え玉もしました。とても美味しかったです。

高畠達四郎(たかばたけたつしろう)1895~1976
1895 東京に生まれる
1916 慶應義塾大学理財科を中退して本郷洋画研究所に学ぶ
1919 光風会展に入選
1921 帝展入選。渡仏しアカデミーランソンに学び、サロン・ドートンヌなどに出品
1928 国画会展に出品
1930 独立美術協会創立会員となる
1952 美術団体連合展の出品作が毎日美術賞受賞
1955 日本国際美術展で佳作賞受賞
1976 死去