カテゴリー別アーカイブ: 美術品・骨董品

横浜市中区にて、茶道具、金城次郎の魚文花瓶、永楽善五郎(即全)の瓢酒瓶。

神奈川県横浜市中区にて、茶道具、人間国宝金城次郎の魚文小花瓶、千家十職永楽善五郎(即全)の交趾瓢酒瓶一対をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、東京都北区西ヶ原へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、贈答品、置物などを買い取らせていただきました。古く痛みやシミの出てしまっているものも多くございましたが、捨ててしまうのはもったいないお品、全て買い受けさせていただきました。数多くお売りいただき有難うございました。二件目は、神奈川県横浜市中区へお茶道具や骨董品の整理でお呼びいただきました。数年前に茶道をやめられてしまい、思い切ってすべて処分したいとのご依頼でした。茶道具は、永楽善五郎をはじめ千家十職のものなど、骨董品は、金城次郎など人間国宝のものから作家のない窯ものなど幅広くお売りいただきました。陶器の他、掛軸や時代人形なども併せてお売りいただきました。思い出のある大切なお品だった為、大切に次へと橋渡ししてほしいとのこと、責任もって次へと繋げさせていただきます。良いお道具をお売りいただき有難うございました。中華街が近かったので、帰りに「龍海飯店」というお店に行きました。こちらは142品食べ放題とのことで、今夜もまた暴食してしまいました。こちらのお店お勧めの小籠包はもちろん、大根餅などとても美味しかったです。今晩は腹筋してから寝るようにします。

十六代永樂即全(えいらくそくぜん) (本名:茂一)1917年-1998年
1917年 「十五代:永樂善五郎(正全)」の長男として生れる
1935年 「十六代:永樂善五郎」を襲名
1936年  大磯城山荘内に城山窯を築窯
1971年  表千家「十三代:即中斎宗匠」より「陶然軒」の席号を授かる
1983年  京都府文化功労賞受賞
1990年  勲五等瑞宝章受章
1998年  長男・紘一に家督を譲り「即全」と号す

金城次郎(きんじょうじろう)1912年(大正元年)– 2004年(平成16年)
那覇市生まれの陶芸家。国の重要無形文化財「琉球陶器」保持者(沖縄県で初の人間国宝)。
1925年(大正12)新垣栄徳の製陶所に入門、壷屋の製陶に従事。
1945年(昭和20)沖縄戦終結。
1946年(昭和21)那覇市壺屋に築窯。濱田庄司、河井寛次郎らの指導の元で壺屋焼を守り努める。
1972年(昭和47)沖縄本土復帰。読谷村に移住。
1985年(昭和60)4月13日、人間国宝に認定、沖縄県功労章受賞。
1993年(平成5)勲四等瑞宝章受賞。
2004年(平成16) 没。享年92。

東京都青梅市にて、欅材小箪笥や小引出し、刀剣、刀装具など。

 

東京都青梅市にて、欅材小箪笥や小引出し、刀、脇差、短刀、薙刀などの刀剣、鍔など刀装具をお売りいただきました。

先日お邪魔した青梅市のお客様宅へ再度出張させていただきました。先日お邪魔した際にはお茶道具などを買い取らせていただきましたが、本日は刀剣類などを買い取らせていただきました。こちらのお客様はお売りいただくお品が多く、この後二回、合計四回に分けて出張させていただきます。本日お売りいただいた刀剣は四件の相見積もりでしたが、当社が全て買い取らせていただくこととなりました。先日お見積りした後、短刀が数本増えましたので、追加査定で買い取らせていただきました。お売りいただいた刀剣や刀装具には、日本美術刀剣保存協会が発行している特別貴重刀剣の認定書が付属されているものもございました。状態の悪いものも多くございましたが、銘のあるものが多くございました。お父様が大切にされていた刀剣類、当社で大切に次へと残していけるよう頑張ります。また、欅材小箪笥や小引出などの和家具も今回買い取らせていただきました。運び出しにご協力いただき有難うございました。次回買い取らせていただく陶器の数が多く、仕分けをしながら箱詰めさせていただきました。途中休憩をいただきましたが、お客様に食事の差し入れをしていただきました。本日も暑かった為、冷やしおろしうどん、とても美味しかったです。ご馳走様でした。次回はトラック二台でお邪魔し、家具や陶器を買い取らせていただきます。本日はありがとうございました。帰宅途中に青梅駅の近くでしょうか、昭和レトロ商品博物館というところを通りました。わたしたち古物商好みの古き良き時代の雰囲気があふれる博物館でした。こちらの並びには懐かしい映画の看板などが飾られており、とても雰囲気の良い場所でした。いずれ寄りたいと思います。

東京都武蔵野市にて、桐箪笥、須田青華の徳利、江戸中期の古瀬戸香炉

東京都武蔵野市にて、桐箪笥、お茶道具、須田青華の祥瑞瓢形徳利、江戸中期の古瀬戸香炉(紫野大徳寺11代管長小田雪窓極め箱)をお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。お母様が生前、茶道をされておりお道具を処分されたいとのことでお呼びくださりました。茶道具はお稽古用のものから作家物など多数ございました。一点一点査定させていただき、全て買い取らせていただきました。茶道具の他、明治期の時代桐箪笥、須田青華の徳利や時代香炉をお譲りいただきました。須田青華は北大路魯山人とも造詣が深い九谷焼の名門。江戸中期の古瀬戸香炉は古瀬戸に銀製火屋が付いており、合わせ箱の蓋裏には紫野大徳寺11代管長小田雪窓の極めがございます。若干カケがございましたが、当社の買取強化商品、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良いお道具を多数お売りいただき有難うございました。帰宅途中に天下一品さんへ寄り、こってりラーメンをいただきました。このこってり感は癖になってしまいますね。明日は青梅市へ出張買取、頑張ってきます!

須田菁華(すだせいか)
初代 須田菁華  (1862~1927)は、文久2年(1862)金沢の商家に生まれる。初名与三郎。
染付・祥瑞・安南・伊賀・万暦・古赤絵・古九谷などの彷古品に妙技を振るう。
大正4年(1915) 北大路魯山人(当時福田大観)が訪れ魯山人に陶芸の手ほどきをする。
江沼郡九谷陶器同業組合長。昭和2年(1927) 没。
二代 菁華    明治25年(1892)~昭和46年(1971)初代菁華の子。本名吉次。
三代 菁華    大正5年(1916)~昭和56年(1981)
四代 菁華    昭和15年(1940)~
三代菁華の子。金沢美術工芸大学洋画科卒業後、家業を継承するべく父、祖父に就いて陶法を修行。昭和56年(1981)三代菁華の死去に伴い、四代を襲名。

小田雪窓(おだせっそう)
臨済宗の僧。大徳寺五百六世。姓は小田、雪窓は道号、諱は宗甫、室号は蔵暉。五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年(1966)寂、65才。

葛飾区東金町にて、横山一夢の木彫「菅公」、阿部誠の「利休居士像」

東京都葛飾区東金町にて、井波彫刻家横山一夢の木彫像「菅公」、山形県の彫刻家阿部誠の「利休居士像」をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は文京区小石川へ、業者様のご紹介でお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、不要となった置物や贈答品、銀製の置物などをお売りいただきました。捨てるのはもったいなく、なるべくリサイクルしてほしいとのお客様のご要望、精一杯頑張らせていただきました。きちんと次へと繋げさせていただきます。本日二件目は、葛飾区東金町へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは、生前お爺様が大切にされていた彫刻や書道具、陶磁器などを買い取らせていただきました。山形県の彫刻家阿部誠の「利休居士像」は白檀(びゃくだん)製のもので、大変良い香りがします。大振りの像で、とても雰囲気の良いものでした。井波彫刻で有名な木彫り工芸家横山一夢の作品は菅原道真をモチーフにした「菅公」。平安時代に活躍した菅原道真は文筆の才能に恵まれ、学者出身の政治家としても類まれなる才能を発揮し、右大臣へとのぼりつめましたが、無実の罪により左遷された九州の太宰府で悲運の生涯を閉じています。その後、菅原道真公は天神として京都 北野の地に祀られ、長い時間を掛け、天神信仰は広く民衆の間へと広がり、学問、文芸、書道の神「 天神さま 」として今でも親しまれています。 菅原道真(菅公)を題材にした彫刻作品は数多くつくられております。どちらの作品も共箱できちんと保管されており、とても状態の良いものでした。良い作品をお売りいただき有難うございました。
夜となってしまいましたが、帰宅途中くるまやラーメンさんへ寄り、大好物の「ごま味噌ねぎらーめん」を食べて帰宅しました。仕事後のラーメンは格別美味しいです。

横山一夢(よこやま いちむ)1911年(明治44)~2000年(平成12)
富山県井波町出身。本名は善作。号は一夢。
国内でも有数の木彫工芸の町、井波の名門の家に生まれ、幼少期より父の下で技術の研鑽を積み制作を続ける。
1941年、第4回文展にて初入選し、以来文展や戦後からは日展に出品。
入選を重ねて53年第9回日展で北斗賞、58年第1回新日展においては特選を受賞。
63年に日展会員に推挙され、翌年には日展のほかにも現代工芸美術家協会の会員に推挙される。
日展、現代工芸展での中心的作家として活躍し、個展においても国内各地の百貨店などで多数開催した。
伝統の木彫技術を継承する傍らで彩色を多く用いた装飾的な作品を展開し、特に鯉、鶴など魚類、鳥類の造形や獅子頭などに秀でた。

東京都渋谷区広尾にて、桐箪笥、着物、人間国宝小森邦衛の黒平椀。

   

東京都渋谷区広尾にて、桐箪笥、着物、人間国宝小森邦衛の黒平椀、贈答品などお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介でお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいた桐箪笥は明治期頃の時代桐箪笥、所々ダメージのあるタンスでしたが、時代金具が見事なお品でした。お着物も古いものでしたが、アンティークのものが多く、全て買い受けさせていただきました。その他、贈答品などお売りいただきましたが、中には髹漆(きゅうしつ)の重要無形文化財保持者(人間国宝)である輪島塗師小森邦衛の黒平椀などもございました。一点一点丁寧に査定させていただき、小森邦衛作品のように価値あるお品は高額査定させていただきました。良いお品をたくさんお売りいただき有難うございました。
帰り途中、一昨日出張させていただいた豊島区上池袋のお客様よりお電話いただき、古書が出てきたとのことで、再度お邪魔させていただきました。専門書や学術書など、まとめてお売りいただき有難うございました。遅くなってしまいましたので、倉庫へ戻る前に池袋駅の西口にある「つけ麺屋のぶなが」さんへ寄りました。味噌ラーメンをいただきましたが、濃厚スープに魚粉をたくさん入れ、とても美味しかったです。つけ麺が美味しく有名なお店ですので、次回はつけ麺をいただきます。

小森邦衛(こもりくにえ)
1945年 石川県輪島市に生まれる。本名・邦博。
1970年 漆芸職人として独立する。
1977年 第24回日本伝統工芸展入選。
1986年 第33回日本 伝統工芸展出品作「曲輪造籃胎喰籠」でNHK会長賞受賞。
2002年 第49回日本伝統工芸展出品作「曲輪造籃胎盤『黎明』」が日本工芸会保持者賞を受賞、文化庁が同作品を購入。
2004年 第14回MOA岡田茂吉賞工芸部門大賞を受賞。
2006年 重要無形文化財髹漆保持者認定(人間国宝)。
石川県立輪島漆芸技術研修所主任講師、社団法人 日本工芸会理事・石川支部幹事長。

神奈川県横浜市港北区にて、舟越保武のブロンズ像「少女A」「K嬢」

 

神奈川県横浜市港北区にて、舟越保武のブロンズ像「少女A」、「K嬢」、古銭、雑貨などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。古銭や雑貨の他、人気彫刻家舟越保武のブロンズ像を買い受けました。理想的な女性像をモチーフとし理想の美を追求した舟越保武のブロンズ像。私たち古物商の間では定番のアイテムとなっております。お売りいただいた作品は、「少女A」「K嬢」になります。以前買い取らせていただいた舟越作品の「ローラ」と並べてみると、三姉妹が揃った感じがします。良いお品をお売りいただき有難うございました。
帰宅途中、20年近く前に住んでいた神奈川新町駅のそばのマンションを通ってみると、隣に大勝軒さんが出来ておりました。20年も経つと周りの雰囲気が変わってしまうものですね。小腹がすいておりましたので、「大勝軒神奈川新町店」へ寄らせていただくことにしました。お昼時間でしたので、たくさんのお客さんが並んでおりました。つけ麺にしようか迷いましたが、本日はカレーらーめんをいただくことにしました。玉子をトッピングしましたが、こちらのラーメンはボリュームがあるのでお腹いっぱいになりました。とても美味しかったです。

舟越保武(ふなこしやすたけ)
1912年12月7日~2002年2月5日
佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。東京藝術大学名誉教授。
文化学院出身で画家の妻道子との間に子供6人。
次男の舟越桂や三男の舟越直木も彫刻家として活躍中。
略歴
1912年 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷に生まれる。父親は熱心なカトリック信者
1939年 東京美術学校彫刻科を卒業。このときに終生の友情を培う佐藤忠良と出会う
1950年 長男が生まれて間もなく急死。これを機に、カトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える
1962年 長崎二十六殉教者記念像完成。第5回高村光太郎賞受賞
1967年 東京芸術大学教授に就任。1980年までの間、東京芸術大学教授。
1972年 第3回中原悌二郎賞受賞
1973年 ローマ法王より大聖グレゴリオ騎士団長賞受賞
1978年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1980年 東京芸術大学を退官。翌年多摩美術大学教授となる
1983年 「巨岩と花びら」で日本エッセイストクラブ賞受賞
1984年 勲4等旭日小授章授章 個展(札幌芸術の森、いわき市立美術館ほか)
1986年 東京芸術大学名誉教授になる
1987年 脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた。
1999年 文化功労者
2002年 多機能不全で死去(享年89歳)

群馬県太田市にて、江戸期の印籠蒔絵師梶川作鶴亀蒔絵の印籠。

優勝軒 熊谷総本店

群馬県太田市にて、江戸期の印籠蒔絵師梶川作鶴亀蒔絵の印籠などお売りいただきました。

業者様のご紹介で、蔵の解体前のお荷物整理でお呼びいただきました。本日お伺いすると、なんと前日に蔵がすでに解体されてしまったとのこと。蔵がなくなっておりビックリしてしまいましたが、解体前に中にあったお品を家の方へ保管しておいてくださいました。お売りいただいたのは、明治期の古陶磁器や置物、江戸時代の印籠蒔絵師梶川作の内梨地鶴亀蒔絵印籠など。
印籠は旅の必需品で、常備薬を持ち歩くための入れ物で、江戸時代に流行した印籠は蒔絵細工の中でも高級品でした。明治時代に入ると、海外から高い評価を得て輸出用に数多く生産されるようになりました。現在ではできない技術や手法で作られた印籠を求め、世界中にコレクターがいらっしゃいます。
梶川家の印籠は大変有名で、どこの大名家でも数点は所有されていたようです。今でも数多くの作品が残っております。本作のように、「梶川作」に朱漆で「栄」の壺形印の入っているものが多くみられます。梶川家は、初代が天和2年に幕府から江戸に召出され、5代将軍綱吉の御印籠など、蒔絵御用を勤めました。その後、12代にわたり代々将軍家の御細工頭支配御蒔絵師として勤めました。古今第一の名工と評され、最も有名な印籠蒔絵師の一派として明治維新まで繁栄しました。
当社では、梶川家、幸阿弥家、古満家、飯塚桃葉、堆朱楊成、柴田是真、原羊遊斎、古満巨柳、一峯斎、山田常嘉など、印籠蒔絵師の作品や、根付などの買取を強化しております。ご不要の作品がございましたら、六角堂までお問い合わせください。お荷物をまとめておいてくださり、有難うございました。
帰宅途中、埼玉県具熊谷市にある「優勝軒 熊谷総本店」へ寄りました。優勝軒さんにはよく行きますが、こちらが本店のようです。今日はこちらの名物「富士ラーメン」をいただきました。野菜とニンニクはマシ、背油は健康のため少なめにしました。コシのあるモチモチした極太麺に重厚な味噌豚骨スープ、癖になります。とても美味しかったです。天気が良かったので、日本一暑い市「熊谷市」はやはり暑かったです。

東京都目黒区にて、フレデリック・レミントンのブロンズ彫刻「Bronco Buster」

 

東京都目黒区大橋にて、アメリカの彫刻家Frederic Remington(フレデリック・レミントン)のブロンズ彫刻「Bronco Buster」、外国人画家のリトグラフをお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。外国作家のリトグラフや油彩画などの他、アメリカの彫刻家フレデリック・レミントンのブロンズ像をお売りいただきました。フレデリック・レミントン (1861-1909)は、代表作に「インディアンの交戦」(1909年)などアメリカ西部をモチーフとした作品を展開し、カウボーイやアメリカインディアン、米国騎兵隊の描写に特化し人気を博した米国の画家・彫刻家。レミントンの人気高い題材を忠実に表現した名作として知られるブロンズ像で、細部に至る精微な造形と躍動感が素晴らしい作品です。良いお品をお売りいただき有難うございました。六角堂では、日本人作家はもちろん、外国人作家のブロンズ彫刻の買取を強化しております。オーギュスト・モロー、ドゥルオー・エドァール、エルネスト・バリアス、エミール=アントワーヌ・ブールデル、マチュラン・モロー、ウジェーヌ・マリオトン、オーギュスト・ロダンなどの海外彫刻家の彫刻作品をお売りの際は、是非六角堂をご指名ください。
本日は志木市場でしたので、帰りに寄らせていただきました。市場の終了後にT橋さんが食事をご馳走してくれるとの事で、朝霞台駅のそばにある「大庄水産」さんへと行きました。初めて寄らせていただくお店でしたが、大好きな海鮮料理のメニューが豊富で、奢りという事もあり遠慮なくたくさん注文させていただきました。ぶっかけ寿司こぼれ盛り、刺身盛り合わせ、岩ガキがとても美味しかったです。T橋さん、ご馳走様でした!昨日のふぐ料理に今日の海鮮料理と、二日連続おごりで贅沢させていただきました。素敵な先輩方に感謝。

Frederic Remington(フレデリック・レミントン)
ニューヨーク州カントン生まれの米国の画家、彫刻家、イラストレーター。
エール大学とアート・スチューデンツ・リーグで学ぶ。
1881年西部への旅を試み、「ハーパーズ・ウィーリー」にスケッチが掲載、西部の風俗画家として知られるようになる。
1895年から彫刻を手がける。代表作に「インディアンの交戦」(1909年)がある。西部を扱った代表的な美術家。

東京都千代田区一番町にて清瀬一光の加賀蒔絵小箱、象彦の羽子板、陶器など。

  

東京都文京区水道にて時代人形、市松人形、お着物、時代家具など、千代田区一番町にて加賀蒔絵師二代清瀬一光の小箱、平安象彦の羽子板などの漆器、作家物の陶器、中国や韓国の工芸品などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都文京区水道へ解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。昔から実家にあったという時代人形や市松さんは大正から昭和初期のものでしょうか。時代あるお人形さんたちです。お着物はシミや汚れなどございましたが、全て買い受けさせていただきました。その昔お店をされていたそうで、時代ガラスのコレクションケースなどもお売りいただきました。ご家族の思い出のお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。二件目は業者様のご紹介で、千代田区一番町へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは会社経営をされていたお父様が色々な方々からいただいたとされる加賀蒔絵師清瀬一光の小箱や平安象彦の羽子板などの漆器、作家物の陶器、中国や韓国の工芸品などをお売りいただきました。漆器や陶器の他、七宝や玉香炉などの中国工芸品、螺鈿漆器や高麗青磁などの韓国工芸品を買い取らせていただきました。平安象彦は1661年創業の京漆器の老舗ブランド。京漆器の長い伝統を受け継いでおります。生み出される作品たちは世界中から愛されています。寛文元年(1661年)に象牙屋が開舗、漆器道具商が始まりと言われており。象牙屋の「象」と彦兵衛(ひこべい)の「彦」の二文字をとり「象彦」の名称が生まれたそうです。買い取らせていただいた羽子板は、九代西村彦兵衛のものになります。鶴が羽ばたく蒔絵が素敵な羽子板です。二代.清瀬一光は初代清瀬一光の長男として生まれる。初代から引き継ぎ、加賀蒔絵師として活躍しており、現代の生活に沿った加賀蒔絵を手掛けている事で多くのファンを獲得しています。加賀蒔絵を世界的にも広めようと尽力する清瀬一光の作品は、優美さを最大限に引き出すために、金粉を蒔いてから漆を塗って木炭で研ぎ出す研出蒔絵と、金粉を盛り上げて立体感を出す高蒔絵の2つの技法を組み合わせて生み出されています。象牙や鼈甲、ガラスなど漆器以外の素材も蒔絵を施すことを提案し、常に最先端を走り続けております。お売りいただいた小箱は、凧あげ図の蒔絵が施されております。素晴らしい漆器などをお売りいただき有難うございました。
帰宅途中さいたま市の骨董屋さんからお電話をいただき、大宮駅で一緒に食事をしました。お店の名前は忘れてしまいましたが、居酒屋さんへと行きました。さんまに酢だこ、川海老の唐揚げ、ジャンボおにぎりなどいただき、お腹いっぱいになりました。川海老の唐揚げ、美味しいですね。Mさん、ご馳走様でした!明日も二件の出張買取。所沢市、東京都稲城市へ回ります。明日も頑張ってきます!

東京都足立区千住にて、古染付波千鳥文四足長方水盤、南京焼祥瑞古染付煎茶碗。

 

東京都足立区千住にて、古染付波千鳥文四足長方水盤、南京焼祥瑞古染付煎茶碗など古陶磁器をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、旧家解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、古伊万里や唐物の染付陶磁器など。お爺様が生前集めていらっしゃったお品のようです。古染付波千鳥文四足長方水盤は江戸期のものでしょうか。波千鳥の模様が可愛いです。煎茶碗は唐物南京焼のもの。小振りのもので、お猪口にも使えそうです。中国明代後期から清代初期のものかと思われます。南京焼の古染付は一般的にに中国、明末・天啓年間「1621 ~ 27」あるいは崇禎年間「1621 ~ 44」頃に作られ江西・景徳鎮の民窯にて焼かれた染付磁器のことです。この頃既に中国と日本の間では輸出入が盛んに行われており、旧家からは時々出てきてます。数年前までは安価なものでしたがここ数年の中国の好景気の影響で骨董品としての需要が高まってきております。他にも伊万里の大皿や花瓶なども買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお品、大切に次へと橋渡しさせていただきます。古き良き時代のお品々、まとめてお売りいただき有難うございました。
古い陶磁器はもちろん、時代家具、茶道具、骨董・美術品をご処分の際には、六角堂までお問い合わせください。東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。数量が多い場合、他にも美術品・骨董品などの鑑定物がある場合は全国出張可能です。 お気軽に、ご相談ください!!
午前中には作業が終わりましたので、同じ足立区の足立市場内にある「徳田屋食堂」さんへと行きました。にある足立区へ出張する時には、よく寄らせていただいております。本日はマグロ丼をいただきました。市場食堂ですのでネタが新鮮、とっても美味しかったです。