カテゴリー別アーカイブ: 美術品・骨董品

東京都立川市にて北村西望の銀製聖観世音菩薩、掛け軸、桐箪笥など。

   

東京都立川市にて北村西望の銀製聖観世音菩薩、掛軸、春日部桐箪笥などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。桐たんすや掛け軸などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、春日部桐箪笥、お父様が集めていらっしゃった仏像、掛軸など。桐箪笥は国の伝統工芸品に指定されている埼玉県の春日部桐箪笥。所々にシミ汚れなどございましたが、当社買取強化商品ですので、買い取りさせていただきました。掛け軸は日本画、山水画、幕末三舟の一人高橋泥舟の書など。銀製聖観世音菩薩は、彫刻家北村西望の作品。北村西望(きたむらせいぼう)1884~1987年は文化功労者として顕彰され、文化勲章を受章した日本彫刻界の泰斗です。お売りいただいた聖観世音菩薩は貴重な銀製の作品。残念ながら銀特有の変色で全体的に真っ黒となってしまっております。久々に箱から出してみて、作品のあまりの変貌にお客様は驚いておりました。可哀想な状態となってしまっておりますので、当社自慢の銀磨きで綺麗な状態に戻したいと思います。状態に難有ではありましたが、元の状態に戻ると信じ、お客様にご満足いただける査定額で買取しました。なるべく元の状態へと戻し、次に大切していただける方へと橋渡しさせていただきます。本日はお忙しい中、当社のご指名ありがとうございました。

北村西望(きたむらせいぼう)1884~1987年
明治17年 12月16日、長崎県に生まれる(現同県南有馬町白木野)。北村家は白木野の豪農で仏教に篤く、西望は四男の末子である
明治36年 京都市立美術工芸学校入学(彫刻科)。師の国安虎三郎、親友建畠大夢に囲まれて、創作に熱中する。日本画の同級生には川路柳虹、村上華岳などがいた
明治41年 文部省第二回美術展覧会に「憤図」が初入選する
大正5年 第十回文展に「晩鐘」が特選になり、翌年には早くも無監査となる
大正8年 第一回帝展の審査員となる
大正10年 東京美術学校教授となる。朝倉文夫も同じく教授になる
大正14年 帝国美術会員になる。「母子像」「喜ぶ少女」等の傑作を世に出す
昭和13年 「板垣退助翁」を国会議事堂内に設置
昭和22年 日本芸術院会員となる
昭和30年 長崎市「平和祈念像」完成
昭和33年 文化功労者に顕彰され、文化勲章受章。日展が創立されると共に常務理事となり、以後日展を中心に旺盛な創作活動を示す
昭和44年 社団法人日展会長となる
昭和45年 社団法人日本彫刻会名誉会長
昭和47年 長崎県島原城内に「西望記念館」完成。多くの作品を寄贈する
昭和49年 日展名誉会長
昭和50年 故郷の長崎県有馬町に「西望公園」完成
昭和51年 新宮殿に「天馬」奉納
昭和52年 広島平和公園「飛躍」設置
昭和53年 信貴山「聖徳太子像」設置
昭和55年 東京都「名誉都民」となる
昭和56年 御岳山「畠山重忠像」設置
昭和58年 日展「天女の舞」出品
昭和62年 3月、天寿をまっとうされる

東京都目黒区自由が丘にて藤本能道の鉄赤絵かわせみ図花壷、桐箪笥、反物。

東京都目黒区自由が丘にて人間国宝 藤本能道 鉄赤絵かわせみ図花壷、桐たんす、反物などをお売りいただきました。

お片付け業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。桐箪笥、陶器などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、藤本能道 鉄赤絵かわせみ図花壷など作家物の陶器、桐箪笥、反物など。桐箪笥は相徳のタンスで大変造りの良い桐箪笥、反物は大島紬、丹後ちりめんなど。陶器は九谷焼や京焼の作家物多数。多数ある中、藤本能道の花壷は当社で買取を強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。藤本能道は富本憲吉、加藤土師萌に師事(共に重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝))し、二人の色絵技術を継承し写実的で情緒ある独自の表現を追求し続けた色絵磁器の巨匠。本人もまた重要無形文化財「色絵磁器」保持者(となりました。本作は鉄赤絵かわせみ図花壷。人気のかわせみ図でございます。共箱に二重箱となってます。お引越し先に飾る場所がなく、今回泣く泣くのご売却とのこと。査定を頑張らせていただきました。大切にされていたお品々、大事に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。

藤本能道(ふじもとよしみち)大正8年(1919)1月10日〜平成4年(1992)5月16日
大正8年 1月10日、大蔵省書記官の次男として東京大久保に生まれる。
昭和6年 東京美術学校工芸科図案部卒業。文部省技術講習所入所。
昭和7年 講習所講師の加藤土師萌(かとうはじめ)に師事。
昭和13年 講習所教授の富本憲吉の助手を務め、九谷焼色絵磁器の技法を習得。第31回光風会展光風工芸賞受賞。
昭和21年 日展、国展に初入選。
昭和22年 富本憲吉が結成した「新匠美術工芸会」に参加。
昭和31年 日本陶磁協会賞。
昭和32年 「新匠工芸会」退会。
昭和38年 京都市立美術大学専任講師就任。東京青梅市に築窯。
昭和40年 日本工芸会東京支部展受賞。ジュネーブ国際陶芸展銀賞。
昭和41年 日本工芸会正会員。
昭和45年 東京芸術大学教授就任。
昭和56年 日本陶磁協会賞金賞受賞。紺綬褒章受章。
昭和59年 日本陶磁協会理事就任。
昭和60年 東京芸術大学学長就任。
昭和61年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。東京芸術大学教授辞職。
平成2年 東京芸術大学学長退官。
平成3年 勲二等旭日重光章受章。
平成4年 5月16日、逝去。73歳。

東京都中央区勝どきにて伊藤國男の馬のブロンズ像、お着物、反物など。

東京都中央区勝どきにて伊藤國男の馬のブロンズ像、着物、反物などをお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物や反物などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお着物はお客様が成人式の時に一度のみ使用された振袖のセット、色留袖、紬など。サイズもあり、保管状態も良かったので、お客様にご満足いただける査定額で買取出来ました。証紙も大切に保管されてましたので、高価査定に繋がりました。反物は友禅のものや紬など。こちらも保管状態が良かったです。他にも帯留め・帯締め・草履・下 駄・かんざし・櫛・バッグ等などの和装小物も併せてお売りいただきました。シミ汚れなど状態に難のあるものも数点ございましたが、こちらも全て買い受けさせていただきました。着物の他にも馬の置物をご処分されたいとのことで確認したところ、馬のブロンズ像の第一人者である伊藤國男氏の作品でございました。以前にも何度か取扱させていただきましたが、伊藤國男のブロンズ像はまるで生きているかのような表情でとても精巧に造られております。さすが生涯全てを馬像制作に捧げたといわれる作家の作品でございます。残念ながら体の所々にスレ傷がありましたが、買取強化中の作家作品ですので、高価査定で買取らせていただきました。お売りいただいたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。たくさんのお品をお売りいただき、有難うございました。

伊藤國男(いとうくにお)1890年に岩手県生まれの彫刻家。
10人兄弟で家計を助けるためにある彫刻家の内弟子となり、その頃に馬と関ったことがきっかけで馬像を彫るようになりました。騎兵学校や御料牧場を訪ねては馬像の制作に励み、やがてその作品は天皇陛下の元にも置かれるようになりました。モデルとなった馬たちが次々と戦争で命を落とすことに心を痛め、全財産を費やして戦没馬慰霊像を制作しました。生涯の全てを馬像制作に捧げたといわれている作家でございます。

東京都港区東麻布にて宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画など。

東京都港区東麻布にて宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画、置物、洋食器などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、リフォーム前のお片付け整理でお呼びいただきました。リフォームする際にまとめてお荷物をお片付けされたいとのことでお呼びいただき、買取できるお品は全て買取させていただきました。お売りいただいたお品は、宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画、置物、洋食器など。たくさんのお品をお売りいただきました。宮地寅彦は石川県金沢市生まれの彫刻家。猫を抱き上げる裸婦の表情が豊かな作品、宮地寅彦の晩年期の作品です。恐らく明治期の頃と思われる大礼服は、奏任官用のもの。奏任官というのは、行政府の奏上を以って天皇より任用される中級の官吏であります。勅任官用と比べると、帽子の飾毛が黒になり、胸および背面肩の金モール飾がありません。上衣襟部、袖部には菊の紋章が施されております。お客様のご先祖が着られていたというお品です。代々と大切に桐箱で保管されておりましたので、状態も良くお客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。他にも絵画、置物、洋食器など多数お売りいただきました。ご家族の大切にされていたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は当社をお呼びいただき有難うございました。

宮地寅彦 (みやちとらひこ)明治35(1902)年9月24日~平成7(1995)年9月23日
明治35(1902)年9月24日石川県金沢市に生まれる。昭和2(1927)年東京美術学校彫刻科を卒業し、翌年の昭和3年第9回帝展に「白哲」が初入選する。構造社展にも出品し、「猫」が構造賞を受賞、会員となりました。戦後は、日展を中心に出品を続け、審査員をつとめ、出品委嘱をかさねた。また、日木彫塑会の選考委員、理事なども務めました。昭和39年に日展評議員となり、昭和45年に日展参与となりました。近年は、次第に人体表現のなかにフォルムの単純化による抽象的な要素をもりこむようになっておりましたが、平成7(1995)年の第27回展には、ブロンズによる座像「口笛」が遺作として出品された。平成7(1995)年9月23日、東京都小平市の自宅にて逝去。享年92。

東京都渋谷区初台にて仁清写 福禄寿の置物、火鉢、勲章など。

東京都渋谷区初台にて仁清写 福禄寿の置物、火鉢、勲章などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。お父様が生前大切にされていたという骨董品をご処分されたいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、仁清写 福禄寿の置物、火鉢、勲章など。火鉢は黒柿の関東長火鉢、勲章は瑞宝章や 勲六等単光旭日章など。仁清写 福禄寿の置物は時代のもので作家などは入っておりません。仁清写の大変造りの良い福禄寿です。京焼の歴史の中で特に影響を与えたといわれる江戸時代前期の陶工・野々村仁清(ののむらにんせい)。ろくろの技術が大変優れた人で、全体に薄手、華麗で繊細、絵画的な絵付けで装飾された作品が特徴です。現在でも野々村仁清の技術力や表現力にあやかろうと多くの陶工や作家が「仁清写」として作品を制作されております。当社では野々村仁清の作品はもちろん、仁清写作品も買取強化しております。茶道具や置物など、全て買取しております。
お父様の大切にされていたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日はお忙しい中、出張買取でお呼びいただき有難うございました。

野々村仁清(生没年不詳)
丹波国桑田郡野々村(現在の京都府北桑田郡美山町)出身。本名:清右衛門。
若い頃に粟田口や瀬戸で轆轤(ろくろ)の修業を積み、正保年間(1644年 – 1648年)頃、洛西の仁和寺(にんなじ)門前に御室(おむろ)窯を開く。「仁清」という号は、仁和寺の仁と清右衛門の清を合わせたもので、門跡より拝領したと伝えられている。茶人金森宗和とかかわり、野々村仁清は優美な陶器を次々と生み出した。仁清の作品は、巧みな轆轤の技術と華麗な上絵付けに支えられた、茶壺、水指、茶碗、香炉、香合などの茶道具で占められているが、代表作といわれるものが色絵の茶壺である。色絵藤花文茶壺は、仁清の茶壺の中でも最高の傑作として名高い。また、「色絵雉香炉」や「法螺貝形香炉」のような彫塑的な作品にも優れております。

東京都府中市にて北村西望のブロンズ像「将軍の孫」、ジャガールクルトの置き時計。

東京都府中市にて文化勲章受章 北村西望のブロンズ像「将軍の孫」、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお客様をご紹介いただき有難うございます。他社と相見積もりでしたが、査定の上当社にお売りいただくこととなりました。本日お売りいただいたお品は、北村西望(きたむらせいぼう)のブロンズ像「将軍の孫」、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計。彫刻家北村西望の人気作品である「将軍の孫」。こちらは高さ約50㎝の大振りなブロンズ像。「将軍の孫」は大正7年、日露戦争の軍神であった橘中佐の立像を制作するため遺品を預かっていたところ、麦藁帽子をかぶって北村西望のアトリエに遊びに来た当時五歳の長男・治禧(はるよし)氏が、ぶかぶかの軍靴をはき、西望に拳手の礼をとったあどけない姿をモデルにしたもの。この作品は、文部省第12回美術展覧会(文展)に出品され、推薦を受けております。文展における推薦は無監査と同じ。大正5年に文展の褒状制度が改正され、入賞は一括して特選となり、新たに無監査の推薦が設定されました。この像は当時青山にあった学習院の幼稚園と府中刑務所に設置されました。現在では、井の頭公園、調布市の神代植物公園、箱根の彫刻の森美術館をはじめ各所に置かれ、誰にでも好かれている作品の一つです。本品は高岡銅器製、共箱付。また、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計また、も併せてお売りいただきました。電池を動力とせず、ただ置いておくだけで半永久的に動く置時計アトモス。この時計は空気を動力としております。記念が入ってしまっておりますが動作良好、こちらも買取させていただきました。良いお品をお売りいただき、誠に有難うございました。
市場へ戻る途中、志木市にある中華料理屋「五番」さんで食事をしました。昔ながらの中華料理屋で、店内は高級感あふれるお店ですが、料金はリーズナブル。よく寄らせてもらってます。こちらのおすすめは広東麺ですが、本日は担々麺、とても美味しかったです。

北村西望(きたむらせいぼう)1884~1987年
明治17年 12月16日長崎県南高来郡にて出生
明治45年 東京美術学校彫刻科卒業
大正4年 第9回文展 初入選
大正7年 第12回文展 「将軍の孫」出品
大正14年 帝国美術院会員
昭和30年 長崎「平和記念像」完成
昭和33年 文化勲章 文化功労者顕彰 日展創立
昭和40年 日本芸術院第一部長
昭和44年 社団法人日展改組、会長
昭和45年 社団法人日本彫塑会改組、名誉会長
昭和47年 長崎県島原城内に西望記念館完成
昭和49年 日展名誉会長
昭和50年 長崎県有馬町に「西望公園」完成
昭和52年 広島市中央公園 鯉「飛躍」設置
昭和56年 東京都青梅市御岳山頂「畠山重忠公像」設置
昭和62年 3月逝去 104歳

埼玉県桶川市にて石橋古鈴の木彫 恵比寿・大黒天像「招福」、佐野宏采の鼠置物、反物。

埼玉県桶川市にて石橋古鈴の木彫彩色 恵比寿・大黒天像「招福」、佐野宏采のブロンズ鼠置物、反物をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。お遺品である久米島紬の反物の他、彫刻家石橋古鈴(いしばしこすず)の木彫彩色 恵比寿・大黒天像「招福」、佐野宏采のブロンズ鼠の置物などをお売りいただきました。彩色に色落ちなどございましたが、石橋古鈴の彫刻作品は買取強化作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取りさせていただきました。また、高岡銅器の名工、佐野宏采の鼠の置物も併せてお売りいただきました。共箱の欠品、緑青が出たりと難がございましたが、大変造りの良い作品でしたので、こちらも買い受けさせていただきました。佐野宏采といえば香炉の作品で有名ですが、こちらのような干支の置物なども作られております。ご家族の大切にされていたお品々、大切につぎへと橋渡しさせていただきます。本日は六角堂のご指名、誠にありがとうございました。
帰宅途中、さいたま市桜区にある「くるまやラーメン」さんで食事をしました。くるまやラーメンさんのねぎ味噌らーめんは辛ねぎが絶品ですね。美味しかったです。

石橋古鈴1909~1994 三重県出身の彫刻家
文展、帝展で活躍し、帝展無鑑査となり、戦後は日展委員などをつとめました。日本木彫会の創立に参加した中野桂樹、日本芸術院会員として活躍した内藤伸に師事。中野桂樹、内藤伸いずれも木彫作家として知られており、仏像を手掛けている事から石橋古鈴も師の影響を受け、仏像制作に取り組み、独自の作風を築き上げていきます。石橋古鈴は仏像制作を得意とした彫刻家として知られ、文展、日展作家として活躍しており、同展で受賞も重ねています。日本彫刻会会員でもあり、独自の優美な姿が特徴の作品が多く、細部にまで丁寧に表現された完成度の高い木彫作品に定評があります。平成6年(1994)9月10日没。

佐野宏采(さのこうさい)
日本金工界を代表する高岡金工の名匠。
昭和19年 高岡市生まれ。
昭和42年 伝統工芸富山展支部賞受賞
昭和43年 日本伝統工芸展初入選 以後28回入選
昭和45年 日本伝統工芸金工展入選 以後13回入選
昭和46年 伝統工芸富山展 北日本新聞社賞受賞
昭和49年 伝統工芸富山展 日本工芸会賞受賞
昭和49年 日本工芸会 正会員認定
平成04年 日本伝統工芸富山展芳春賞受賞
平成09年 高岡物産振興協会表彰
平成13年 日本伝統工芸富山展 高岡市長賞受賞
平成17年 伝統工芸高岡銅器振興協同組合表彰
平成18年 伝統工芸富山展 日本伝統工芸会賞受賞
平成22年 高岡市民功労者賞受賞

東京都文京区目白台にて十三代酒井田柿右衛門の深皿、首里花織、着物など。

東京都文京区目白台にて人間国宝十三代酒井田柿右衛門の錦花鳥文深皿、首里花織などのお着物をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。数社相見積でしたが、査定後に当社へお売りいただくこととなりました。本日お売りいただいたお品は、首里花織や大島紬などのお着物、作家物の帯など。当社の得意とするお着物が多くあり、お客様にご満足いただける査定額で全て買取することが出来ました。お着物は全体的に丈が少々短いものの、保管状態よくシミなどはありませんでした。また、証紙のあるものが多くあり、高価査定と繋がりました。当社査定額にお喜びいただけて良かったです。併せて贈答品なども買取させていただきました。贈答品の中には十三代酒井田柿右衛門の錦花鳥文深皿などもあり、全て買取させていただきました。お片付けでお忙しい中、六角堂をご指名くださり誠に有難うございました。
帰宅途中、豊島区にある「東池袋大勝軒 本店」さんで食事をしました。誰もが知っている人気の名店。大好きなワンタンメンをいただきました。伝統を受け継いでいる豚骨魚介系のスープがとても美味しいです。さすが名店でございます。

13代 酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)1906(明治39)年~1982(昭和57)年
13代酒井田柿右衛門は12代酒井田柿右衛門の長男として佐賀県に生まれました。本名を渋雄といいます。
1947年(昭和22年)頃から濁手の復活を目標とする。1953年(昭和28年)、第12代柿右衛門とともに、「濁手」を復興。1955年(昭和30年)、濁手の製作技術は、国の無形文化財に指定。 1963年(昭和38年)、日本伝統工芸展に入選。 1964年(昭和39年)、日本工芸会正会員となる。1970年(昭和45年)、佐賀県陶芸協会会長となる。 1971年(昭和46年)、濁し手の技法で国の重要無形文化財に総合指定。柿右衛門製陶技術保存会会長となる。1975年(昭和50年)、西日本文化賞などを受賞。
個人作家として新しい柿右衛門の確立を目指した13代は、伝統を墨守し続ける頑固な父の方針に不満を持ち、お互いの方向性の違いから親子喧嘩が絶えなかった事でも有名です。
この父より受け継がれた職人気質を基礎に現代様式の柿右衛門を創造すべく、日本画家、彫刻家、芝居役者、政治家、実業家等のあらゆる分野の人々と交流を深め、近代的な独自の新意匠を取り入れた新境地を築き上げました。
頻繁に全国各地の野山へ出掛けては膨大な量のスケッチを取った事でも知られており、こうして図案化されたものが濁手素地の上に彩られました。
芸術作家としての柿右衛門の評価は13代の出現で不動のものとなりました。

首里花織(しゅりはなおり)
沖縄県那覇市首里産地の織物。先染めの紋織物。士族以上の着衣として用いられました。織地に経糸の一部が緯糸に組合わされずに、経糸と経糸の間に緯糸がはさまれて紋柄を織りだし、両面とも経糸が浮いています。王朝時代は主に男性衣でありましたが、近年はその織の特性を生かして帯や飾布、小物類などもつくられています。首里花織の種類は両面浮花織、緯浮花織、経浮花織、手花織がありますが、両面浮花織はとくに人気があります。両面浮花織とは、平織組織より誘導された織で、平織の地の一部が経糸と緯糸が組合わずに浮いている形で紋柄を織りだし、片面は緯糸が浮き、裏面は経糸を浮かします。柄は幾何学的な紋柄単位を四角形や菱形に展開したもの、市松模様などがあります。配色は黄金色、水色、薄緑などの無地、また、赤や黄、藍などの多色配色の格子柄があります。

埼玉県本庄市にて、岡崎雪聲の二宮金次郎ブロンズ像、桐箪笥など。

   

埼玉県本庄市にて、岡崎雪聲の二宮金次郎ブロンズ像、時代桐箪笥などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は埼玉県深谷市にて五月人形のご処分でお呼びいただきました。兜、甲冑やお人形など、多数まとめてお売りいただきました。ご親戚の大切にされていたお人形、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日二件目は、業者様のご紹介で本庄市へ解体前のご処分整理でお呼びいただきました。こちらでは、岡崎雪聲(おかざきせっせい)の二宮金次郎ブロンズ像や時代箪笥などをご売却いただきました。岡崎雪聲は上野公園の西郷隆盛像を造られたことで有名であります。(原型は高村光雲)また、学校などで見かける二宮金次郎像は、雪聲が最初に制作したことで知られております。(明治43年(1910年)に東京彫工会に出品されました。)本品もまた、二宮尊徳(金次郎)十四歳の時の肖像であります。箱書は渡邊久次郎書とあります。箱にしまわれて大事に保管されておりましたので、状態も良かったです。こちらは六角堂で買い取りを強化している作家作品の為、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。また、時代桐箪笥やかんざしなども併せてお売りいただきました。素晴らしい作品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「岡崎雪聲」作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
本日の昼食は、本庄市にある夢庵さんでいただきました。鮭や蟹の入ったうどん、とても温まり美味しかったです。

岡崎雪聲(岡崎雪声)おかざきせっせい
嘉永7年1月29日(1854年2月26日) – 大正10年(1921年)4月16日)。
山城国伏見町(京都市)で、釜師岡崎貞甫の子として生まれる。本名は庄次郎。
大阪で釜師の修業をしたのち、21歳のときに上京し鋳工を学び、鋳金家の鈴木政吉の門人となる。
明治22年(1889年)のパリ万国博覧会に出品した作品が二等となり、また並行して各地の古仏像の調査研究を鋳造の面から研究してその名を高めたことで、後に岡倉覚三(天心)の知己を得て、明治23年(1890年)に東京美術学校鋳金科の教師となる。明治25年(1892年)に制作した『執金剛神』像がシカゴ万国博覧会出品作に選ばれるなど、その後も精力的に作品を制作し、同29年(1896年)には鋳金科教授となった。日本美術院の設立にも名を連ね、香取秀真や津田信夫ら数多くの鋳金家を育てた。
明治23年、第3回内国博覧会に出品した「鋳銅雲竜図」が2等妙技賞を受賞。
明治26年に開催されたシカゴ万国博覧会へは自費で鋳造技法の調査旅行に赴いている。
分解鋳造法による大型鋳造が得意で、銅像や建築装飾などを手がけたが、原型は彫刻家によることが多く、鋳金工芸家というよりは鋳物師としての功績が大きい。
代表作品は「青銅鐘」(宮内庁蔵)、「日本橋装飾獅子」(原型制作は渡辺長男)、上野公園「西郷隆盛像」、皇居前広場「楠木正成像」など。

東京都世田谷区太子堂にて濱田篤哉、晋作の扁壷、柿右衛門額皿、反物など。

   

東京都世田谷区太子堂にて濱田篤哉、晋作の扁壷、14代柿右衛門(窯)の額皿、反物などをお売りいただきました。

お片付け業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。反物や陶器などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は濱田篤哉 糖釉鉄絵扁壷、濱田晋作 柿釉赤絵扁壷、十四代 酒井田柿右衛門 錦 栗鶉文 額皿など作家物の陶器、反物数点。反物は牛首紬、作家物の友禅など。陶器は益子焼、九谷焼など多数ございました。糖釉鉄絵扁壷は益子焼の物故作家 濱田篤哉(1931-1986)の作品。人間国宝 濱田庄司の三男。土の柔らかな味わいと肉厚でどっしりとした重量感、糖釉独特の色味に鉄絵の絵付けが施された、益子焼らしい素朴で温かな印象の作品です。柿釉赤絵扁壷は益子焼の作家 濱田晋作(1929-)の作品。人間国宝 濱田庄司の次男。柿釉独特の色味に赤絵の絵付けが施され、こちらもまた益子焼らしい素朴で温かな印象の作品です。こちらの二点は人間国宝となられた浜田庄司を父に持つ兄弟の作品となります。どちらも共箱にしまって保管されており、状態も良かったです。14代柿右衛門(窯)の額皿は栗鶉の絵図。柿右衛門窯は、日本初の赤絵の技法を開発し、その『柿右衛門様式』を現代に伝える由緒ある窯元です。作品の大きな特徴の一つに「濁手素地」と呼ばれる、柔らかく温かみのある乳白色の素地があげられます。どの作品も、繊細で華やかな色絵が魅力的です。江戸時代より伝わる技術を継承しながらも次世代への新しい展開を見せる柿右衛門窯の一品です。他にも作家物の九谷焼など、多数お売りいただきました。お引越し先に飾る場所がなく、今回泣く泣くのご売却とのこと。査定を頑張らせていただきました。大切にされていたお品々、大事に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。
倉庫へ戻る途中、戸田市にある「らあめん花月嵐」へ寄りました。今日は期間限定メニューの「戦国武将らあめん前田利家」をいただきました。なんとも古物商好みの名前でございます。戦国時代に兵糧として重宝されていた味噌。1583年(天正11年)に前田利家が金沢城主になってから、加賀藩でも軍用の貯蔵品として味噌が盛んにつくられるようになりました。それが「加賀味噌」の起源といわれております。加賀味噌で造られた戦国武将らあめん、濃いスープに太麺が良く合い、とても美味しかったです。金沢の車麩におてまり麩もスープによく合います。歴史を感じる、美味しいラーメンでした。

濱田晋作(はまだしんさく)
1929年 人間国宝の濱田庄司の次男として生まれる。
1950年 早稲田大学卒業、父の工房で作陶修行を開始。
1963年 父やバーナードリーチのアメリカ陶芸講習巡遊に助手として参加。
1978年 国画会会員となる、財団法人益子焼参考館館長に就任。
1992年 同会を退会。
1982年 作品が外務省に買い上げられる。
1986年 作品がニューヨーク・ブルックリン美術館に買い上げられる。
1987年 サロン・ド・パリ展で大賞受賞。サロン・ド・パリ会員となる。
2008年 栃木県文化功労者の称号を受けました。
鉄釉、灰釉、柿釉、塩釉等の素朴で味わいのある民芸陶器を継承し、父・浜田庄司やバーナード・リーチの公的鑑定家としても知られています。

濱田篤哉(はまだあつや)1931年-1986年
陶芸家。兄の濱田晋作、その息子の濱田友緒も陶芸家。
1931年 人間国宝の濱田庄司の三男として栃木県益子町に生まれる。
1948年 栃木県立真岡高等学校卒業、父の弟子となる。
1957年から1959年にかけ、イギリスのバーナード・リーチの工房(セント・アイヴス)に在籍。
1971年から毎年、日本橋三越で個展を開催。
1979年 益子町大沢に窯と工房を建設。
1986年 逝去。55歳。