カテゴリー別アーカイブ: 美術品・骨董品

東京都渋谷区東にて、棟方志功の十二支板画文字時計(人間国宝・安部栄四郎の出雲民芸紙)、刀の鍔など。

 

東京都渋谷区東にて、棟方志功の十二支板画文字時計(人間国宝・安部栄四郎の出雲民芸紙)、刀の鍔などをお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。人気版画家の棟方志功さんの作品があるとの事で、お呼びくださりました。拝見させていただきましたら、棟方志功の十二支板画文字時計がございました。こちらは、十二支をモチーフに制作され、棟方志功のいきいきとした動物を生活の中に取り入れることのできる時計です。文字盤が版画になっており、時計部分は電池で動きます。当時、棟方志功氏がセイコーとコラボされたもののようです。版画の紙には、人間国宝・安部栄四郎が漉いた出雲民芸紙が使われており、棟方志功、安部栄四郎、セイコーと、まさに最強のコラボ作品ですね。棟方志功氏のサインである松葉マークをそのまま指針とし、松葉と菊のサインはアクセントとして中央のシンボルマークとしております。なんとも面白い作品です。他にも、刀の鍔や書道具などをお譲りいただきました。良いお品をお売りいただきました。最近疲れ気味のわたしに、栄養ドリンクをくださりました。お気遣いくださり有難うございました。
倉庫へ戻る途中、近くの川越市にあるラーメン屋さん「今も昔も」さんへと寄らせていただきました。本日は、海苔ラーメンをいただきました。こちらは、よく寄らせてもらってますが、どれを食べても美味しいラーメン屋さんです。また来たいと思います。

六角堂では「棟方志功」絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、油彩画、掛け軸も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
六角堂では「棟方志功」絵画、筆跡作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(水彩画、油彩画、掛け軸も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
棟方志功作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

棟方志功(むなかた しこう)1903年~1975年
1903年 青森市に生まれる
1928年 第9回帝展「雑園」(油絵)で入選
1930年 国画会に主要作品を発表。
1952年 スイス、ルガーノ第2回国際版画展で優秀賞を受賞
1955年 サンパウロ・ビエンナーレに「釈迦十大弟子」などを出品し、版画部門の最高賞を受賞
1956年 ベニス・ビエンナーレに「柳緑花紅頌」などを出品し、国際版画大賞を受賞
1969年 青森市名誉市民第1号となる
1970年 文化勲章受章
1975年 逝去

安部榮四郎(あべ えいしろう)
明治35年(1902年)1月14日、島根県八束郡岩坂村別所(現松江市八雲町別所) に生まれました。 家業が紙すきをしていたので、幼い時から紙すきの技を学び、21歳の時、安部は島根県工業試験場紙業部に入ります。そこで技をみがきながら、紙すき職人の技術指導するようになりま した。昭和6年(1931年)、民芸運動に加わり、柳宗悦や棟方志功、河井寛次労郎の影響を受けるようになります。のちに安部の漉いた紙は、「出雲民芸紙」と総称されるようになり、全国に熱心な愛好 者を育てました。また昭和35年(1960年)から3年間、調査研究をおこない、和紙の原点ともいえる正倉院宝物紙を 復元して漉くことに成功。 文化庁から雁皮紙を漉く伝統的技術を高く評価され、昭和43年(1968年)重要無形文 化財(人間国宝)に認定されました。 昭和9年(1934年)東京で、「和紙の個展」を開催して以来、パリ、ニューヨーク、ロスンゼルス、 サンフランシスコ、北京でも個展を開催。 昭和58年(1983年)和紙、資料、民芸品の公開するために、八雲村に「(財)安部榮四郎記念館」を設立しました。昭和59年(1984年)12月18日に死去

埼玉県さいたま市大宮区にて、春日部桐箪笥、人間国宝高橋敬典の青銅花瓶など。

 

埼玉県さいたま市大宮区にて、春日部桐箪笥、人間国宝高橋敬典の青銅花瓶などをお売りいただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。大宮駅近くのマンションでしたが、お客様に駐車スペースを確保していただきましたので、スムーズに搬出作業が出来ました。お気遣いいただきありがとうございました。前作のものでしたが、人間国宝になられた高橋敬典の作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。高橋敬典は、「茶の湯釜」で人間国宝となられており、釜や鉄瓶のイメージが強くございますが、このような青銅花瓶や置物なども多く作られております。六角堂では、高橋敬典の作品は全て買い取り対象となっておりますので、ご不要の作品がございましたらお気軽にご相談ください。お忙しい中、ご指名いただき有難うございました。
帰宅後、古物商の仲間たちと「雲龍一包軒 ららぽーと富士見店」へと行きました。小籠包で有名なお店ですが、小籠包はもちろん餃子もとても美味しかったです。特製坦々麺はボリューム満点、角煮にチャーシューとても美味しかったです!

高橋敬典(たかはしけいてん) 1920(大正9)年~2009(平成21)年
高橋敬典は山形県に生まれました。本名を高治といいます。
幼少の頃から家業の鋳金工芸に従事して茶の湯釜の制作を手掛けました。
1937(昭和12)年、山形県立山形工業試験場金工部技術研究所を修了しました。
1940(昭和15)年、高橋鋳造所を継承しました。
1948(昭和23)年、株式会社に改組して山正鋳造株式会社を設立しました。
1950(昭和25)年から長野垤志に師事し、
伝統的な茶の湯釜の制作技法、原料、意匠等について指導を受けました。
1960(昭和35)年、日本花器茶器展で読売新聞社賞を受賞しました。
1961(昭和36)年、昭和天皇が山形県行啓の際に献上の釜を制作しました。
1963(昭和38)年、日本伝統工芸展で日本工芸会会長賞を受賞しました。
1965(昭和40)年、中小企業展で通産大臣賞を受賞しました。
1971(昭和46)年、日本伝統工芸展の出品作品が文化庁に買い上げられました。
1972(昭和47)年、日本伝統工芸新作展で日本工芸会賞を受賞しました。
日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1976(昭和51)年、日本伝統工芸展でNHK会長賞を受賞しました。
1977(昭和52)年、斉藤茂吉文化賞を受賞しました。
1979(昭和54)年、皇太子殿下が山形県行啓の際に献上の釜を制作しました。
1982(昭和57)年、常陸宮殿下が山形県行啓の際に献上の釜を制作しました。
日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1987(昭和62)年、日本伝統工芸展審査委員に就任しました。
1991(平成3)年、日本伝統工芸展で重要無形文化財保持者選賞を受賞しました。
1992(平成4)年、勲四等瑞宝章を受章しました。
1996(平成8)年、重要無形文化財「茶の湯釜」の保持者(人間国宝)に認定されました。
山形市名誉市民に選定されました。
1997(平成9)年、河北文化賞を受賞しました。
1998(平成10)年文化庁買上。
1999(平成11)年日本伝統工芸展作品文化庁買上。
2000(平成12)年山形県郷土館開館五周年記念事業
やまがた人間国宝 三人の会

東京都杉並区下高井戸にて、十三代酒井田柿右衛門窯 錦柳鳥文皿、本場久米島絣の木綿反物など。

 

東京都杉並区下高井戸にて、十三代酒井田柿右衛門窯 錦柳鳥文皿、本場久米島絣の木綿反物などのお着物をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理にてお呼びいただきました。柿右衛門作品は当社強化買取り品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。他にも、訪問着、留袖、帯、本場久米島絣の木綿反物などを買い受けました。少々古いものでしたが、保管状態が良かったので、買い取らせていただきました。
久留米絣(くるめかすり)は、福岡県久留米市および周辺の旧久留米藩地域で製造されている絣。綿織物で、藍染めが主体となっております。あらかじめ藍と白に染め分けた糸(絣糸)を用いて製織し、文様を表す。伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つとされております。久留米絣の技法は1956年に重要無形文化財に指定され、1976年には通商産業大臣により伝統工芸品に指定されています。南方から琉球を経由して伝わった絣と別に、江戸時代の後期に、井上伝という当時12歳の少女が創始したとされております。久留米藩が産業として奨励していおりました。江戸後期、明治、大正、昭和初期は老若男女問わず、庶民は絣の着物を着ておりました。生活必需品として久留米絣は今とは比べ物にならないくらいの生産量を誇ってましたが、戦後の洋装化により絣の需要が激減。現在は少量生産にとどまってるなか、久留米絣を用いたスニーカーやカバンといった新商品開発など、新たな動きも出てきております。有名な小説家の太宰治は久留米絣を用いた着物を好んで着ていたようです。本日も倉庫へ戻る途中、倉庫そばにある「武蔵野うどん 竹國」さんへと寄り、肉汁うどんをいただきました。トッピングにきんぴらとかき揚げ丼をいただきました。大盛りが無料で出来ますので、もちろん大盛りをいただき、満腹になりました。出張が続いておりますので、たくさんスタミナ付けて明日からも頑張ります!
六角堂では、酒井田柿右衛門の作品を探しております。何代の作品でも構いません。本人作でなくとも、柿右衛門窯作品でも構いません。ご所蔵の柿右衛門作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
酒井田柿右衛門作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!六角堂は、東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。ぜひご利用ください。

東京都新宿区にて、小林和作、平川敏夫、鬼頭鍋三郎の油彩画、頼山陽の書屏風、掛け軸、螺鈿文箱、置物など。

東京都新宿区二十騎町にて、小林和作、平川敏夫、鬼頭鍋三郎の油彩画、頼山陽の書屏風、掛け軸、螺鈿細工の文箱、路川二峯の鋳銅鶴の置物、金杯などをお売りいただきました。

新宿区二十騎町は新宿区の東部に位置する町。町域の北は南山伏町、東は納戸町、南は市谷加賀町、西は市谷甲良町に接しております。いずれもわたしにとって思い出のある町。市谷加賀町は骨董屋を初めて一番最初に買取へいった町。南山伏町は初めてお茶道具を買い受けた町。そんな思い出深い町への出張買取でしたので、朝から気合いが入っておりました。解体前のお片付け整理のため、和家具、屏風、掛け軸の処分でお呼びいただきました。お客様宅へお邪魔して早々に目に入ったのが小林和作の油彩画「能登の海」。小林和作は六角堂でも良く扱う画家で、わたくし自身とても好きな画家さんです。その後次から次へと絵画が出てきました。平川敏夫の風景画、鬼頭鍋三郎の油彩画「芦ノ湖」などの油彩画をはじめ、水彩画、リトグラフ、色紙画など、全て買い受けさせていただきました。屏風は頼山陽の書屏風。表装をしなおしたが一度も飾る機会がなく今後も飾られないとの事で、買い受けさせていただきました。頼山陽は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人で、主著に『日本外史』があり、幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなっております。他にもお客様がリビングに色々とおまとめいただいておりましたので、査定がスムーズに出来ました。ライカのカメラ、金杯、路川二峯の鋳銅鶴の置物、リヤドロのフィギュリンなどたくさん良いものをお譲りいただきました。本日も、一点一点丁寧に査定し、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。搬出途中、リヤドロのフィギュリンは花の箇所が壊れやすいからと、お客様が丁寧に梱包してくれました。とても親切にして下さり有難うございました。他にも和家具や小物などが多数ありましたが、トラック積載の関係で明後日またお邪魔させていただくこととなりました。お父様やお爺様が大事にされていたというお道具達、大事に次へと繋げさせていただきますね。明後日、またよろしくお願い致します。
帰りに志木の市場へ荷物を降ろしに行くと仲間たちも丁度降ろしており、そのままみんなでデニーズへ行くこととなりました。夜八時となりましたが、これが本日の一食目。カレードリアにカキフライ、締めにデザートと一日分のカロリーを補給しました。明日は埼玉県坂戸市への出張買取、頑張ります!

小林和作 (こばやしわさく)
1888年 山口県に生まれる。
1904年 京都市立美術工芸学校絵画科に入学。
1908年 日本画家の川北霞峰に入門。
1910年 第4回文展に「椿」を出品し初入選。
1913年 第7回文展に「志摩の波切村」を出品、褒状を受ける。
1918年 この頃洋画に転向、鹿子木孟郎の画塾に通う。
1924年 第2回春陽会展に初入選。
1925年 第3回春陽会展で「伊豆風景」ほかが春陽会賞受賞。
1926年 第4回春陽会展で「軽井沢の春」ほかが春陽会賞受賞。
1927年 春陽会会員となる。
1934年 独立美術協会会員となる。
1953年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1971年 勲三等旭日中綬章受章。
1974年 死去。

平川敏夫 (ひらかわとしお)
1924年 愛知県に生まれる。
1950年 創造美術展に初入選。
1954年 第18回新制作展で「月庭」が新作家賞受賞。
1960年 「白樹」制作。
1978年 大阪大丸で毎日新聞社主催<平川敏夫作品展>開催。
1980年 中日文化賞受賞。
1982年 日本秀作美術展に招待出品。
1983年 愛知県教育委員会文化功労賞受賞。
1985年 名古屋松坂屋ほかで「山と水・平川敏夫水墨画展」開催。
1990年 豊橋市美術博物館にて回顧展開催。
1994年 松坂屋美術館にて平川敏夫屏風展開催。

鬼頭鍋三郎 (きとうなべさぶろう)
1899年 愛知県に生まれる。
1922年 松下春雄、中野安治郎らとサンサシオン設立。
1923年 岡田三郎助に師事。
1924年 第5回帝展に初入選。辻永に師事。
1951年 第17回日展、パリ自由美術展に「バレリーナ」を出品。
1955年 第11回日展に「アトリエにて」を出品。
1970年 光風会理事長に就任。 勲三等瑞宝章受章。
1980年 「画業六十周年記念 鬼頭鍋三郎回顧展」開催。
1982年 死去。

東京都世田谷区成城にて、刀剣、印材などの書道具、代田にてお着物、茶碗などの買取。

 

東京都世田谷区成城にて、日本刀、脇差、龍の目に金象嵌の入った大振りの鍔、竹根や玉、石製の印材などの書道具、世田谷区代田にて男物のお着物、茶碗、花入などをお売りいただきました。

本日は世田谷区へ二件の出張買取。一件目の世田谷区成城は、先日二度ほどお呼びいただいたお客様。以前お呼びいただいた時に登録書の付いていない刀剣があり、ようやく無事発行されたとの事でお呼びいただきました。お売りいただいた刀剣は、無銘の日本刀、銘有りの脇差の二本。お忙しい中登録のお手続きなどしていただきましたので、精一杯の査定額にて買い受けさせていただきました。他にも龍の目に金象嵌の入った大振りの鍔や、竹根や玉、石製の印材などの書道具を買い受けました。前回お呼びいただいた時に買わせていただいた古墨が良いものでしたので、他にも書道具があればと伝えたところ、石のようなものであればと出していただきました。玉でつくられたものや竹根でつくられたものがあり、どれも古く良いものでした。これらの書道具は、現在中国の方達に人気があり、市場でもまだ高値が付いております。竹の根を使った竹根は、数が少ない上に、置物などは製作に何年もかかる場合が多々あるため、大変貴重なものとされています。竹は強度が高く、しなやかで軽いため竹根工芸品は以前より重宝されておりました。太く大きい竹根を使って長い期間をかけて製作されたものや、古くて状態の良いもの、芸術性の高いものに関しては、現在高値で取引されております。竹根などの竹彫り工芸品は、もともと中国より伝わってきたもので、現在でも中国からの人気がございます。また、印材に使われる玉石には、寿山石、青田石、田黄石、鶏血石などたくさんの種類があり、中でも田黄石、鶏血石は中国から強い人気がございます。田黄石は黄色、鶏血石は血のような深い赤色が特徴となってます。お客様には、これは寿山石、これは孔雀石と一点一点説明しながら、全て買い取らせていただきました。今回で三度目の出張買取となりましたが、まだ他にも何か出てくるかと思います。また何か出てきましたら、どんなものでも構いませんのでご連絡下さい。ご日程の調整をしていただいたり、お気遣いくださり有難うございました。二件目は、世田谷区代田へお呼びいただきました。お引越し後に出てきたご不用品の整理でお呼びいただきました。こちらでは、男物の袴やお着物、頂き物の茶碗、花入などを買わせていただきました。お客様ご自身のお着物が不要になったときにはまたお呼びいただけるとの事、楽しみにお待ちしております。
二件目の代田へ向かう途中、いつも寄っている世田谷区の長浜ラーメンさんへと寄りました。世田谷近辺へ買い取りへ来てるときにはほぼ必ず寄っている大好きなお店です。今回もまた、次の現場が控えておりましたので、替え玉は一杯のみで我慢。今度は次の現場が控えていないときにがっつりと替え玉したいと思います。

東京都東久留米市にて、桐たんす、和箪笥、二代徳田八十吉造(魁星)深厚耀変香炉など。

東京都東久留米市にて、桐たんす、和箪笥、九谷焼の名工 二代徳田八十吉造(魁星)深厚耀変香炉などをお売りいただきました。

本日は、東京都東久留米市に一件の出張買取。朝家を出ると、庭の柚子が黄色くなっておりました。一か月ほど前に、約8年ぶりに青い実を発見しましたが、気付かない間に黄色になっておりました。現在の家に引っ越してきて約8年。今年まで毎年枝が伸びたらすぐに剪定していたからか、実がなることはありませんでした。昨年は枝をばっさりと切ったので、今年は切らないでおりました。きっと剪定しないと実がなるのでしょうね。今年の冬至は12月22日のようです。冬至の日には、この柚子たちで柚子(ゆず)湯に入ろうと思います。柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があるようです。冬至までの約一か月、大事に育てようと思います。
東久留米市は解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。桐たんす、和箪笥、古家具や九谷焼の名工である二代徳田八十吉造(魁星)深厚耀変香炉などを買い受けました。二代徳田八十吉(1907-1997)は初代徳田八十吉に師事し、古九谷五彩写しや深厚釉に高い才能を発揮し、九谷焼を代表する陶芸家として功績を残し、県重要無形文化財保持者となりました。お譲りいただいた深厚耀変香炉は味わいある同師を代表する作品です。状態も良く、共箱、共布、陶歴などの付属品も全て揃っておりましたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。お忙しい中、ご指名くださりありがとうございました。本日も帰りにN尾氏と食事をしました。お店は東久留米市にある「三喜食堂」さん。東久留米市では有名な定食屋さんのようで、N尾氏も近くに住んでいたころによく寄っていたようです。これぞ定食屋といった感じでメニューが豊富で選ぶのが楽しかったです。わたしは焼肉丼をいただきました。食堂ならではのパンチの効いた味付けで、量が多く価格は安い。とても満足しました。昭和の雰囲気が好きな人には 是非お勧めの大衆食堂です。
六角堂では、徳田八十吉作品を強化買取りしております。初代(号は鬼仏)、今回お譲りいただいた二代(号は魁星)、「彩釉磁器」で人間国宝となられた三代(正彦)、当代である四代八十吉(順子)、全ての作品を買い受けいたします。人間国宝をはじめ、作家物の陶器工芸品を中心に取り扱いしてますので自信があります!徳田八十吉の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須、盃などのご処分は六角堂におまかせください!

二代 徳田 八十吉(とくだ やそきち)1907 – 1997
1923年に初代の養子となり師事する。
1956年、二代目徳田八十吉を襲名。九谷焼の近代化を推進した。
1988年、八十吉の名を長男に譲り百々吉を名乗る。初期の号は魁星。

埼玉県さいたま市浦和区にて、茶懐石道具の扇面蒔絵内梨地五段重箱や絽の小紋などのお着物。

埼玉県さいたま市浦和区にて、茶懐石道具の扇面蒔絵内梨地五段重箱や絽の小紋などのお着物などを買い取らせていただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。黒塗りに扇面蒔絵、内梨地に鶴蒔絵の五段重箱は、蓋に一か所ひびが入ってしまっておりましたが、素晴らしい作品でしたので高額査定で買い取らせていただきました。お正月にこんな素敵な重箱でおせち料理を食べてみたいものですね。他にも、絽の小紋や訪問着、留袖、帯などを買い受けました。絽は捩織で織られる、薄く透き通った絹織物の一種。夏の着物の中でも色柄を楽しめるところが絽小紋の特徴です。絽は夏物の定番アイテム。少々古いもので若干シミなどございましたが、良い絽小紋でしたので、買い取らせていただきました。
ただいま六角堂では蒔絵などの漆芸作品の買取りに力を入れています。ご自宅にお持ちの蒔絵・漆芸作品について、売却をお考えの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と鑑定経験をもつスタッフが、一つ一つ丁寧に最大限の正当評価をさせていただきます。衝立や座卓、書棚、飾り棚などの蒔絵家具や印籠・棗・硯箱・手箱などのほか、椀・皿・お盆・屠蘇器・重箱など日用品にも価値のあるものが多くあります。蒔絵は日本はもちろん、海外にもコレクターの方が数多くいらっしゃいます。作者や時代が不明のお品でも高額となる場合がございますので、気になるお品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。蒔絵・漆芸作品に詳しいスタッフが一点一点丁寧に査定させていただきます。
今日は祭日で、子供たちが家族で夕食に行こうというので、近所のふじみ野市にある「しゃぶ葉 上福岡店」さんへと行きました。しゃぶしゃぶの食べ放題のお店ですが、あまりにもわたしが野菜をどっさりと入れるので、ほとんどお鍋の状態です。たくさん野菜の種類があって、ついつい欲張ってしまいました。寒くなってきましたので、これからお鍋の美味しい時期になりますね。普段野菜不足のわたしですが、本日はたくさん補給出来ました。

東京都北区にて、13代今泉今右衛門の酒器、花瓶、14代辻常陸の箸置、水滴など。

東京都北区桐ケ丘にて、十三代今泉今右衛門の錦桃絵酒器、草花絵花瓶、宮内庁御用達十四代辻常陸の染錦おしどり箸置、おしどり水滴などをお売りいただきました。

お片付け整理にてお呼びいただきました。お父様が有田焼の作品が好きだったようで、花瓶、食器、大皿、飾り壷など有田焼作品が多くございました。
有田焼とは佐賀県にある有田町一帯の地域で作られる陶磁器全般の事を指します。多くの作家が手がけてきた有田焼ですが、中でも酒井田柿右衛門、今泉今右衛門の作品は人気があり、買取市場でも高額で取引されています。
六角堂では、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、井上萬二、中村清六、館林源右衛門、辻常陸、青木龍山、奥川忠右衛門などの有田焼人気作家の買取りを強化しております。ご不要の有田焼製品がございましたら、六角堂までお問い合わせください。
本日は午前中のみの出張買取でしたので、倉庫へ戻る途中近所の川越市にあるラーメン屋さん「松ちゃん」さんへと寄りました。昔ながらの町の中華食堂といった感じで、らーめんも昔ながらのなぜか落ち着くラーメンでした。また寄りたいと思います。

十三代 今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん)
色鍋島今右衛門技術保存会を組織し、国重要無形文化財総合指定を受ける。
平成元年、重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定され、色絵磁器の確立と技術継承に力を入れる。
鍋島に吹墨・薄墨の技法を取り入れ、吹墨と薄墨を重ね合わせる吹重ねの技法を確立されました。
1949年 東京芸術大学工芸科 卒業
1957年 日展初入選
1965年 日本伝統工芸展奨励賞
1981年 日本伝統工芸展最優秀作品賞、色鍋島今右衛門技術保存会会長、佐賀県陶芸協会会長
1986年 紫綬褒章
1989年 重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定
1999年 勲四等旭日小綬章

十四代 辻常陸(つじ ひたち)
白磁発祥の地である佐賀県有田で、350年続く歴史的な窯元『辻家』に生まれる。本名、辻常喜。辻家は仙台藩主伊達綱宗に端を発し、百十二代霊元天皇に至るまで、辻家が生み出すその鮮麗たる磁器を認め、以後『常陸大掾(天皇直属の家臣)』の官位を賜り『禁裏御用窯元(皇族のみのための窯元)』として現在も尚、皇室へ数々の磁器を献上している。
1909年 佐賀県で生まれる
1930年 東京工業大学窯業科を卒業する
1947年 14代・辻常陸を襲名する
1985年 極真焼の再現に成功する
1988年 傘寿記念個展を開催する
1990年 天皇御即位の大礼に際し祝宴の儀記念の御料器の御下命を賜わる
1997年 米寿記念個展を開催する
1999年 卆寿祈念個展を開催する
2000年 イギリス王室エドワード王子夫妻へ作品を献上する
2007年 3月15日逝去

埼玉県越谷市にて、人間国宝島岡達三の象嵌ぐい吞、藍大島紬などのお着物など。

埼玉県越谷市にて、人間国宝島岡達三の象嵌ぐい吞、藍大島紬などのお着物などをお売りいただきました。

解体前のお片付け整理にてお呼びいただきました。前作ではありますが、民藝陶器・縄文象嵌で重要無形文化財(人間国宝)になられた島岡達三氏の象嵌ぐい吞みや、藍大島などのお着物をまとめて買い取らせていただきました。大島紬には、泥大島、藍大島、泥藍大島、色大島、白大島などございますが、藍大島は糸を藍で染めたものをいいます。藍には徳島の阿波藍、琉球藍、インド藍などいろいろな種類がございます。六角堂では、これら全ての大島紬を強化買取り中でございます。また、島岡達三のような人間国宝作品、帝室技芸員の作品、近代作家物の陶芸作品を強化買取りしてます。ご不要のお着物、陶芸作品がございましたら、当社までお問い合わせください。
本日は志木市場でしたので、終了後にみんなでデニーズさんへと寄りました。買い取りや仕分け作業などで忙しく、本日の一食目でしたので、大人食いをしてしまいました。季節メニューのラフランスのパフェがとても美味しかったです。

島岡達三(しまおかたつぞう)大正8年(1919)10月27日〜平成19年(2007)12月11日
大正8年 (1919)東京都に、三代続いた組紐師 島岡米吉の長男として生まれる。
昭和14年(1939)東京工芸大学窯業学科入学。
昭和15年(1940)濱田庄司のもとを訪れ、卒業後の入門を許される。
昭和16年(1941)東京工業大学窯業学科卒業。
昭和21年(1946)濱田庄司に師事。
昭和23年(1948)土方冨美子と結婚。
昭和25年(1950)栃木県窯業指導所に勤務。白崎俊次の古代土器標本複製に協力。
昭和29年(1954)益子に築窯。
昭和37年(1962)日本民藝館賞受賞。
昭和39年(1964)日本民芸館賞受賞。
昭和43年(1968)ロングビーチ州立大学、サンディエゴ州立大学の夏期講座に招かれ渡米し、ヨーロッパを経て帰国。
昭和53年(1978)国画会会員。
昭和55年(1980)栃木県文化功労章受章。
平成6年 (1994)日本陶磁協会賞金賞受賞。
平成8年 (1996)民芸陶器(縄文象嵌)において国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
平成11年(1999)勲四等旭日小綬章受章。
平成19年(2007)12月11日、逝去。88歳。

縄文象嵌(じょうもんぞうがん)
縄文象嵌とは島岡達三が創案した技法。成形した作品を半乾きの状態で、表面に組紐を転がして縄文の窪みをつけます。次に窪んだ部分を含め、全体に化粧土(白土または色土)を塗ります。乾燥したら表面を薄く削り取ると、縄で凹んだ部分の窪みには化粧土が残り、もともと平らな部分は化粧土がはがれて下地があらわれます。本焼きはこれに透明釉をかけて焼成します。

 

千葉県松戸市にて、留袖、訪問着、帯などのお着物、金工師高橋介州作 鋳銅鶴首花瓶など。

 

千葉県松戸市にて、留袖や訪問着、振袖、付下げ、羽織、名古屋帯、袋帯、和装小物、金工作家「高橋介州(勇)」作 鋳銅鶴首花瓶などをお売りいただきました。

本日は回収業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらの業者様には半年ぶりくらいにお呼びいただきましたが、数年にわたってお客様をご紹介いただいております。社長様に久々お会いしましたが、相変わらずお元気そうで良かったです!今回もまた、お客様をご紹介くださり有難うございました。今回は、お着物がたくさんあるとのことでお呼びいただきました。七割近くがウールのお着物でしたが、正絹のものも数点ありウールを含め全て買い受けさせていただきました。着物の他には、金工師高橋介州作 鋳銅鶴首花瓶や贈答品などをお売りいただきました。高橋介州(1905-2004)は、石川県金沢市に生まれ、重要無形文化財(人間国宝)である海野清に師事し彫金技法を学び、帝展や新文展で活躍。戦後は活躍の場を日展にうつし、作家活動の一方で石川県工芸指導所所長や石川県立美術館の館長も勤め、さらに加賀金工作家協会の結成にも尽力し、若手作家の育成にも力を注いでいたことでも知られております。高橋介州に師事し、重要無形文化財保持者(人間国宝)となった中川衛もその一人であります。
良いお品をお譲りいただき有難うございました。帰宅途中、「麺場 田所商店松戸二十世紀が丘店」さんへ寄り、九州麦味噌肉ネギらーめんをいただきました。最近、味噌らーめんのお店が増えてきており、味噌好きの私にはうれしいです。塩分の摂りすぎには気を付けていきたいと思います。

高橋介州(たかはし かいしゅう)1905年(明治38)~2004年(平成16)
石川県金沢市出身。東京美術学校卒
卒業後は海野清に師事。帝展、新文展などに出品、戦後より日展にも出品を重ねた。
1941年より石川県工芸指導所所長を務め行進の指導にも尽力、
1957年には加賀象嵌の技法により石川県指定無形文化財の認定を受ける。
作品は加賀象嵌の技法による装飾を用いた花瓶や香炉、茶道具などのほか帯留などの作品もつくられました。