月別アーカイブ: 2018年6月

東京都板橋区舟渡にて、橋本明治のリトグラフ「舞妓」の出張買取。

 

東京都板橋区舟渡にて、橋本明治の木版画「舞妓」をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた絵画の作家である橋本明治は、明治37年(1904) ~ 平成3年(1991) 島根県浜田市生まれの日本画家。日本画の伝統にとらわれず、独自の作風による鮮やかな色彩によるはっきりとした描線で描かれた作品が特徴的な人気作家。 額にかけや破損がございましたが、六角堂で買取を強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「橋本明治」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(肉筆画、版画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
橋本明治作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。
本日は志木市場の開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。お昼前にに市場へ行くことが出来ましたので、久々に市場の仲間たちと昼食をいただきました。市場そばにあるお蕎麦屋さん「うめ家」さんで、たぬきうどんをいただきました。普段は、市場終了後の夜に食事へ行くのですが、明日も朝から出張が入っておりますので本日は我慢、早目に帰宅しました。明日は足立区へ出張、頑張ります。

橋本明治(はしもとめいじ)1904年~1991
1904年 島根県浜田市に生まれる
1929年 第10回帝展『花野』が初入選
1931年 東京美術学校日本画科卒業、松岡映丘に師事
1937年 第1回新文展『浄心』で特賞
1938年 第2回新文展『夕和雲』で特選
1940年 1950年まで法隆寺金堂壁画模写に従事
1951年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1955年 日本芸術院賞を受賞
1958年 日展評議員
1962年 第5回新日展に審査員として『神話』を出品
1969年 日展理事
1971年 日本芸術院会員となる
1972年 日展常務理事
1974年 文化功労者顕彰
1979年 文化勲章受章、浜田市名誉市民、
1991年 東京で逝去

神奈川県横浜市港南区にて、花梨(瘤付)の敷板、花台、パイプ、仏像など。

神奈川県横浜市港南区にて、立派な瘤のついた花梨の敷板や花台、パイプ、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。ご実家の解体前に伴い、ご家族みんながお集まりになられており、色々なものを懐かしんでおられてました。ご家族皆さんのご期待に応えられるようにと、一点一点頑張って査定させていただきました。本日お売りいただいたのは、花梨(瘤付)の敷板や花台、パイプ、仏像、碁盤、置物、水盤など。たくさんのお品をお売りいただきました。花梨の敷板や花台は、立派な瘤付きのものでした。六角堂では、花梨や紫檀、黒檀やタガヤサンなどの唐木で出来た中国家具を強化買取りしております。唐木には花梨の他、紫檀・黒檀、鉄刀木(タガヤサン)や黄花梨などの木材がございます。遣唐使が唐から持ち込んだことから唐木と呼ばれるようになりました。数100年前もの古い唐木作品は制作に大変な時間と手間がかかっているため、中国骨董の中でも高い値で売買されているようです。ご不要になった唐木で出来たキャビネット、飾り棚、テーブル、椅子、文机、花台、香炉台などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。また、ダンヒル(dunhill )や、スタンウェル(STANNWELL)、シャコム(CHACOM)などのパイプもたくさんお売りいただきました。当社では、パイプの買い取りもしております。パイプ、煙管などの中古喫煙具は、昔から古物業界で人気がございます。パイプスタンドや、パイプ収納ラックなども併せてお売りいただきました。仏像は、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天など。日蓮上人像は、僧網襟の僧衣に袈裟、横被を着け、右手に笏、左手に経巻を執る日蓮聖人にいわゆる説法像であります。玉眼を篏入しており、時代ある古い仏像です。大黒天、恵比寿天像は、底裏に銀製の刻印があります。観音菩薩には刻印がありませんでしたが、恐らく銀製のものと思われます。数多くのお道具をお売りいただき有難うございました。本日二件目は、厚木市へ見積もりへ向かいました。こちらでは、作家物のお着物や帯などを査定させていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。帰りに圏央道厚木PAへ寄り、B-1グランプリで駒ケ根ソースカツ丼をいただきました。駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせたカツを載せた丼です。とても美味しかったです。

東京都渋谷区広尾にて、北村隆の花器「憩い」、リヤドロのフィギュリン。

 

東京都渋谷区広尾にて、九谷焼の名工北村隆の花器「憩い」、リヤドロ(LLADRO)のフィギュリンNo.5222『綺麗な花ばかり』をお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお呼びいただき有難うございます。本日お売りいただいたのは、九谷焼の人気作家北村隆の花器「憩い」、リヤドロ(LLADRO)のフィギュリンNo.5222『綺麗な花ばかり』、絵画など。どれも素敵なお品ばかりでした。北村隆の作品は、何かの出展作品でしょうか。とても素晴らしい逸品です。鳥たちの憩う姿がなんとも可愛らしいです。良いお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では北村隆の作品をはじめ、九谷焼の人気作家作品を探しております!
徳田八十吉・青木木米・武腰潤・仲田錦玉・三ツ井為吉・吉田美統・中田一於・浅蔵五十吉…
作家のないお品も多数扱っておりますので、ご処分される前に、六角堂までご連絡ください。
また、六角堂ではマイセン、ウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲン、ヘレンド、リヤドロ 、オールドノリタケ、リチャードジノリ、エインズレイ 、スージー・クーパー、大倉陶園、アビランド 、ビレロイ&ボッホ、アラビア、ロイヤルウースター、ロイヤルドルトン、KPMなどの西洋陶器や食器を強化買取りしております。たくさんのお問い合わせお待ちしております♪
帰りに、和食レストラン華屋与兵衛さんへと寄り、「ねばとろうどん」をいただきました。ヘルシーでとても美味しかったです!

北村隆(きたむらたかし)
日本文化・歴史を探求しその中で日本ならではの美意識やデザインを創造し作品とする努力の人。代表作に北前船をモチーフとした作品がありますが、縁起の良い絵柄や歴史の中での情景を金箔を用い煌びやかな彩色を施すのが特徴的です。また、今では誰も描くことができないような特大の皿にも絵付けができる数少ない職人気質の作家であります。
昭和21年生まれ
平成19年 第33回国際美術家連展 内閣総理大臣賞受賞
平成15年 日本伝統工芸士展 経済産業省局長賞受賞
平成21年 東久邇宮文化褒賞受賞
平成24年 第39回国際公募美術家連展 外務大臣賞受賞

東京都文京区千石にて、桐箪笥、李連儒のシルクスクリーン「傣女汲水図」

東京都文京区千石にて、桐箪笥、大判シルクスクリーン「傣女汲水図」をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐箪笥は、伝統工芸品に指定されている春日部桐箪笥。シミや汚れなどございましたが、当社で買い取りを強化しているタンスとなっておりますので、買い受けさせていただきました。桐たんすの他に、中国人画家李連儒のシルクスクリーン「傣女汲水図」をお売りいただきました。 中国の人気画家ティンシャオカン(丁紹光)を思わせる作品で、とても素敵な作品となってます。傣(たい)とは雲南省省内の少数民族の、タイ族の名のようです。こちらのシルクスクリーンはタイ族の女性が水を汲む図となります。素晴らしい作品をお売りいただき有難うございます。
六角堂では、インテリアアートの買い取りを強化しております。強化中の作家は以下となります。
天野喜孝、石ノ森章太郎、KAGAYA(カガヤ) 、笹倉鉄平、ジョウ・ナイトウ、鈴木英人、塚本馨三、鶴田一郎、藤城清治、松本零士、山形博導(ヒロ・ヤマガタ)、アイベン・ロール、シム・シメール、丁紹光、ミッシェル・ドラクロワ、ミッシェル・バチュ、ジア ルー、トーマス・マックナイト、マーティロ・マヌキャン、クリスチャン・リース・ラッセン、ホアキン・トレンツ・リャド、カーク・レイナート
ご不要の絵画がございましたら、六角堂までお問い合わせください。
帰りに、巣鴨駅そばにある中華料理屋「寿楽」さんへと寄りました。麻婆豆腐丼、辛口でとても美味しかったです。

埼玉県所沢市にて、お着物、川島織物の帯、丹後ちりめんの反物など。

埼玉県所沢市にて、お着物、川島織物や萬参織などの帯、丹後ちりめんの反物、帯締めなどの和装小物などをお売りいただきました。

先月お呼びいただいたお客様より、再度お呼びいただきました。先月お呼びいただいた際には、お茶道具をたくさんお売りいただきました。再度お呼びいただき有難うございます。本日は、お客様のお母様のお着物などをお売りいただきました。帯が多くあり、画像の川島織物のものや、萬参織の袋帯などがございました。萬参織は川島織物と同じく、西陣織のメーカーさんのようです。丹後ちりめんとは、京都府北部の丹後半島の一帯をさす地方で生産された「シボ」を特徴とする優れた生地です。シミや汚れなどあるものもございましたが、全て買い受けさせていただきました。お母様の思い出のお着物、大切に次へと橋渡しさせていただきます。二度にわたり六角堂をご指名くださり、有難うございました。また何かございましたら、ご連絡ください。
近年、着物の価値が下落傾向にありますが、まだまだお値段のつくお着物もたくさんございます。ご不要となった際には、ご自身で処分してしまう前に当社をご指名ください。一点一点丁寧に査定させていただきます。
本日は一件のみの買取でしたので、帰宅後に富士見市にある「ららぽーと富士見」へ行きました。ブラブラと買い物をして、フードコートにある「つじ田」さんでつけ麺をいただきました。こちらは濃厚スープが癖になりますね。美味しかったです。

東京都港区赤坂にて、クメール美術木彫り仏陀立像の出張買取。

東京都港区赤坂にて、クメール美術木彫り仏陀立像を出張買取させていただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。ご主人様が数十年前にアンコールワットへ旅行された時に、骨董屋さんで一目惚れされて日本まで持ち帰られた、木彫の仏陀立像をお売りいただきました。アンコールワットはカンボジア北部、アンコールにある石造寺院遺跡。12世紀の初め、クメール王朝スールヤバルマン2世の治下に建立されました。1992年には、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録されております。こちらは数百年前といわれる仏像ですので、所々割れやカケ、背面にひび割れなどございましたが、それも一つの味となっており、日本のものとはまた違った雰囲気の良い仏像でした。両手を前に差し出している姿が特徴的ですね。
現在のタイ国ロッブリーからコラート地方は、11世紀~13世紀末にかけてクメール王国の統治下であり、この地域で製作または出土されたクメール美術作品をロッブリー様式(派)の作品としております。この作品は、ドヴァーラヴァティー美術の後継者であり、その伝統的な仏像様式は両手を胸の前に上げ、掌を正面に向けた印で、「恐れなくてよい」と衆生(しゅじょう)の恐れの心を取り去って救う施無畏印(せむいいん)を結んでいます。仏陀は通常装身具を一切身に付けない姿で表現されておりますが、クメールでは装身具で荘厳された仏陀を王と重ね合わせた独自の信仰から、この作品では肉髻に円錐形のムクタ(宝冠)を被せ、美しく宝飾された帯飾りで荘厳しております。
素敵な仏像をお売りいただき有難うございました。お客様からいただいた紅茶、とっても美味しかったです。ご馳走様でした。お客様の思い出の仏像、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は有難うございました。帰宅途中、志木市にある「らーめんの小池さん」へ寄り、小池さんらーめんをいただきました。志木の市場から近いので、よく寄らせていただいておりますが、ニンニクの効いたスープが癖になります。しっかりスタミナ付けて、明日からも出張買取頑張ります!

埼玉県さいたま市大宮区にて、古銅製観音菩薩立像、木彫りの仏像、香木など。

埼玉県さいたま市大宮区にて、古銅製観音菩薩立像、木彫りの仏像、沈香香木などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、旧家解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、仏像や仏具、香木など。古銅製の仏像は、水瓶を持った観音菩薩立像。合わせ箱にしまわれて保管されておりました。また、袋に入ったものがあり、中を開けてみると沈香香木が入っておりました。お客様は香木の存在を知らず、査定させていただくとこのようなものにも価格がつくのと驚いていらっしゃいました。香木は近年、中国の方々から大変人気があり、六角堂でももちろん買い取りを強化しております。お客様にもお喜びいただけて良かったです。当社をご指名いただき有難うございました。倉庫へ戻る途中、さいたま市にある「一風堂」さんへ寄りました。始めてきましたが、とても有名店のようですね。わたしは「赤丸新味」、N尾氏は「白丸元味」をいただきました。豚骨のスープがとても美味しかったです。

六角堂では、伽羅・沈香・白檀など、香木を強化買取りしております。香木の他、香道具や仏具なども探しております。ご不要のお道具がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。香木・香道具に詳しいスタッフがお伺い、査定、高価買取させていただきます。

沈香(じんこう)
ジンチョウゲ科の樹高の高い常緑樹の樹皮が菌に感染したり傷がつくと、それを治すために植物自身が樹液を出します。この樹液が固まって樹脂となり、長い時間をかけ胞子やバクテリアの働きによって樹脂の成分が変質し、特有の香りを放つようになったものを沈香(じんこう)といいます。沈香という名前は「沈水香木」、つまり普通の木よりも比重が重いため「水に沈む」ことに由来しています。沈香のもとになる木は、大人の木になるまでに約20年かかり、沈香ができるまでに50年、高品質の沈香になるには100~150年かかると言われています。沈香ができるメカニズムには現在でも謎が多く、また偶然性に左右される面が大きいことから、人工的に生成することは極めて難しく、とても貴重なものとして扱われています。沈香は産地によって「シャム沈香」、「タニ沈香」と分類されることもあります。シャム沈香は、インドシナ半島(タイ、カンボジア、ベトナムなど)で産出される沈香で香りの甘みが特徴、タニ沈香はインドネシアの島々で産出される沈香のことで香りの苦みが特徴です。なお、香道では産地(木所(きどころ))を手掛かりにして沈香を六種類に分類した「六国(りっこく)」というものもあります。伽羅(きゃら)ベトナム産。五味に通ずる。羅国(らこく)タイ産。甘味。真那賀(まなか)マラッカ産。無味。真南蛮(まなばん)インド東海岸のマラバル産。酸味、苦味。寸聞多羅(すもたら)インドネシアのスマトラ産。苦味、鹹味。佐曾羅(さそら)インドのサッソール産。鹹味。この六国については、現在では国名や地名などがいろいろ変化していて、実際の正確な産地名などははっきりしていないようです。さらに香りを味に置き換えた「五味(ごみ)」に分けられます。五味とは甘(かん)・酸(さん)・辛(しん)・鹹(かん)・苦(く)の五種類の味を指し、この五味が何種含まれるか、組み合わせはどうかを判断します。以上を香道における分類として「六国五味(りっこくごみ)」と呼ばれる方法が編み出されました。

東京都杉並区高円寺南にて、龍文堂鉄瓶、染付錦煎茶碗など煎茶道具。

 

東京都杉並区高円寺南にて、龍文堂安之助造の鉄瓶、大明成果年製銘の染付錦雲竜文煎茶碗など煎茶道具をお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、龍文堂安之助造の鉄瓶、大明成果年製銘の染付錦雲竜文煎茶碗など煎茶道具。龍文堂の鉄瓶は、葡萄の模様が盛上げ彫りされている珍しいものでした。蓋には龍文堂安之助の花押がございます。残念ながら、摘みが取れてしまい、失くなっておりました。替え蓋を発見しましたが、残念ながらサイズ違い。良い作品だけにもったいなかったです。大明成果年製銘の染付錦雲竜文煎茶碗は、二十客揃えだったようですが、三点欠品があり計十七客。数点ニュウやカケがございましたが、十客近くは良い状態のものでした。他にもいろいろな煎茶道具をお売りいただきました。また、不要となったお線香なども併せてお売りいただきました。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。煎茶道具は、近年古物業界で人気があり、六角堂でも買い取りを強化しております。朱泥・紫泥の急須や白泥の涼炉、古竹でつくられた茶合や煎茶道具、錫製の茶壷や茶托、鉄瓶や銀瓶などは、近年中国からの人気があり、市場でも高騰しております。六角堂では、煎茶道具でしたら古いものから新しいもの、作家物から名前のないもの、日本のものから中国唐物まで全て買い受けます。ご不要の煎茶道具がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。煎茶道具に詳しいスタッフが一点一点丁寧に査定し、高額査定にて買取させていただきます。
帰りに高円寺駅へと寄り、「天下一品」さんへと行きました。やはり天一は安定の美味しさです!

東京都新宿区市谷甲良町にて、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、掛軸。

東京都新宿区市谷甲良町にて、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、掛け軸などをお売りいただきました。

業者様のご紹介でお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた和家具は、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、唐木の座卓など。掛軸は、河合玉堂の工芸軸や仏画など。朱呂色塗の漆箪笥は、鮮やかに浮き彫りされた飾り金具の絵模様が素晴らしいタンスです。朱呂色塗は漆に顔料を加え、漆を塗って水研きを繰り返すことで艶やかに仕上げる和家具技法。色を揃えるのがとても難しく、手間の掛かる塗り方ですが深い漆の光沢と輝きには特有の品格と美しさがあります。螺鈿細工の時代飾り棚は大変珍しく、当社でも初めて見ました。黒漆の枠に青貝の螺鈿細工が施されております。引き戸や引き出しは欅材が使われております。古くからご実家にあった棚のようです。とても素晴らしい和家具をお売りいただき有難うございました。ご家族の思い出の家具など、大切に次へと橋渡しさせていただきます。お忙しい中、ありがとうございました。本日のランチは「日高屋」さんで、味噌ラーメンとミニ炒飯のセット。夕食は志木市場のT橋さんと合流し、「ガスト」さんで鯖の味噌煮とまぐろ丼のセットをいただきました。ここ最近はまた外食続き、家族で食事が出来てません。栄養が偏ってしまうので、野菜スムージーとサプリメントを飲んで寝ます。

東京都港区虎ノ門にて人間国宝北村武資の袋帯、羽田登喜男の訪問着など。

東京都港区虎ノ門にて人間国宝北村武資の紬地太鼓柄袋帯、羽田登喜男の叩き染荒波文訪問着、作家物の着物や帯などのお着物をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお着物は人間国宝や作家物のものが多く、当社で買い取りを強化しているものが多くございましたので、一点一点丁寧に査定させていただき全て買い取らせていただきました。北村武資(きたむらたけし)の帯は一度も締めておらず特に目立ったシミ汚れなどもなく大変良い状態でした。羽田登喜男(はたときお)の訪問着は、残念ながら所々シミ汚れが出てしまっておりました。北村武資は、平成7年に「羅」の技術で重要無形文化財保持者に認定され、さらに平成12年に「経錦」の技術を現代に復元した功績を高く評価され、同手法の重要無形文化財保持者に認定されました。羽田登喜男は、京友禅の世界に、加賀友禅を融合させた独自の境地を開き、1988年に重要無形文化財「友禅」保持者(人間国宝)に認定されました。人間国宝作品は、六角堂で最も買い取りを強化しておりますので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。他にもたくさんの素晴らしいお着物をお売りいただきました。本日は六角堂をご指名くださり有難うございました。今日は「ガスト」さんでランチです。サンドイッチにパンケーキ、とっても美味しかったです。

六角堂で買取強化中の着物人間国宝作家一覧
稲垣稔次郎(いながきとしじろう) 上野為二(うえのためじ) 江里佐代子(えりさよこ) 小川規三郎(おがわきさぶろう) 小川善三郎(おがわぜんざぶろう) 鎌倉芳太郎(かまくらよしたろう) 喜多川俵(きたがわひょうじ) 喜多川平朗(きたがわへいろう) 北村武資(きたむらたけし) 木村雨山(きむらうざん) 久保田一竹(くぼたいちく) 甲田栄佑(こうだえいすけ) 甲田綏郎(こうだよしお) 古賀フミ(こがふみ) 小宮康助(こみやこうすけ) 小宮康孝(こみややすたか) 佐々木苑子(ささきそのこ) 清水幸太郎(しみずこうたろう) 志村ふくみ(しむらふくみ) 将雪英(しょうせつえい) 鈴田滋人(すずたしげと) 芹沢銈介(せりざわけいすけ) 平良敏子(たいらとしこ) 田島比呂子(たじまひろし) 田畑喜八(たばたきはち) 玉那覇有公(たまなはゆうこう) 千葉あやの(ちばあやの) 土屋順紀(つちやよしのり) 中島秀吉(なかじまひできち) 中村勝馬(なかむらかつま) 中村勇二郎(なかむらゆうじろう) 羽田登喜男(はたときお) 深見重助(ふかみじゅうすけ) 福田喜重(ふくだきじゅう) ニ塚長生(ふたつかおさお) 細見華岳(ほそみかがく) 松原定吉(まつばらさだきち) 宮平初子(みやひらはつこ) 宗廣力三(むねひろりきぞう) 村上良子(むらかみりょうこ) 森口華弘(もりぐちかこう) 森口邦彦(もりぐちくにひこ) 森山虎雄(もりやまとらお) 山田栄一(やまだえいいち) 山田貢(やまだみつぎ) 吉田文之(よしだふみゆき) 与那嶺貞(よなみねさだ) 初代・六谷梅軒(六谷紀久男・ろくたにきくお) 二代目・六谷梅軒(六谷博臣・ろくたにひろおみ)

北村武資(きたむらたけし)
1935- 昭和後期-平成時代の染織家。
昭和10年8月18日生まれ。上代織の一種である羅(薄絹),経錦(たてにしき)の伝統技法を体得。菱文,唐花文などの複雑な文様をおりだす。昭和40年日本伝統工芸染織展初入選。以来同展で受賞をかさね,平成7年羅で,12年経錦で人間国宝。京都出身。

羽田登喜男(はたときお)
1911-2008 昭和-平成時代の染色家。
明治44年1月14日生まれ。南野耕月に加賀友禅(ゆうぜん)を,曲子(まげし)光峰に京友禅をまなぶ。昭和12年京都で独立。30年日本伝統工芸展初入選。祇園(ぎおん)祭の蟷螂山(とうろうやま)の胴掛けなども手がけた。63年友禅で人間国宝。平成8年フランスのリヨンで京友禅展をひらいた。平成20年2月10日死去。97歳。石川県出身。