東京都港区白金にて、古伊万里、花瓶、大皿、和楽器、銀盃などの買取り。

   

東京都港区白金にて、古伊万里、花瓶、大皿、和楽器、銀盃などをお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、古伊万里や花瓶大皿などの陶磁器や、三味線、胡などの和楽器など。古伊万里は、鉢や皿、茶碗、蕎麦猪口、燭台などございました。近年古伊万里の人気が落ちてしまい、一時のブームは去ってしまいましたが、まだお値段のつくものもございます。多少、ニュウのあるものなどもございましたが、全て買い受けさせていただきました。他にも、人間国宝金城次郎、島岡達三などの陶磁器、ガンダーラ仏頭、古銅の仏像、掛軸などたくさんの骨董品がございましたので、精一杯の見積もり査定を出させていただきました。こちらは、またのご縁がありましたらよろしくお願い致します。駐車スペースをご用意いただいたり、お気遣いくださり有難うございました。
帰りにららぽーと富士見にあるフードコートへと行き、N尾氏と食事をしました。わたしは「マルハのカルビ丼」さんで、富良野豚丼(特盛)を、N尾氏は「洋食や 三代目 たいめいけん」さんで、オムハヤシをいただきました。ボリュームたっぷりでとても美味しかったです。出張が続いておりますが、明日からも頑張ります!

東京都立川市にて、釜師 菊地政光の姥口釜、花梨瘤の花台など。

本日は三件の出張買取。一件目は立川市にて、お着物などの買取りでした。以前出張買取させていただいたお客様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理。不要となったお着物、贈答品などをお売りいただきました。二件目は、あきる野市へ向かいました。こちらでは、お着物を買い取らせていただきました。シミが多く出てしまっておりましたが、振袖など全て買い受けさせていただきました。途中雨が降ってきましたが、駐車スペースをご用意くださいましたので、雨に濡らさずに運び終えることが出来ました。三件目はまた立川市に戻り、和家具やお茶道具などを買い取らせていただきました。お茶道具はお稽古用のものでしたが、茶碗や水指、棗などがございました。釜は菊地政光の姥口釜。菊地政光は山形鉄器の釜師で、釜や鉄瓶などをたくさん作られており、当社でもよく取り扱う作家さんです。花梨の花台は、瘤の見事なものでした。本日も色々なものを買い取らせていただきましたが、お客様それぞれの思い出のお品、大切に次へと繋げさせていただきます。有難うございました。
昼食は、東京都西多摩郡檜原村にある「玄庵檜原」さんへと寄りました。二件目にお伺いしたあきる野市のお客様宅から近所にあるお店で、おいしそうなお店を探しておりましたら見つけることが出来ました。古物商好みの雰囲気の良いお店。わたしはごぼう天そばをいただきました。手打ちのおそばで、コシがありとても美味しかったです。天ぷらも揚げたてでとても良かったです。外は秋川の絶景、マイナスイオンをたっぷりいただきましたので、明日からも頑張れそうです。

菊地政光
昭和13年生まれ 日本工芸会正会員  日本伝統工芸士
奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐとともに、常に新しい時代の感覚を取り入れ、日本伝統工芸展などに出品し、数多く受賞しております。
“みやび“な茶の湯釜の創作に、日々精進を続けています。
茶釜師:人毛国宝である高橋敬典氏の工房で修行
昭和48年独立,菊地政光工房を立ち上げる。
その後,数々の入選や受賞を重ね,平成3年には山形市技能功労賞を受賞。
平成5年に朝日新聞社賞を受賞。

東京都国分寺市にて、日本画家徳岡神泉の木版画「鯉」、中島通善の版木画「鯉」。

東京都国分寺市にて、日本画家徳岡神泉の木版画「鯉」、中島通善の版木画「鯉」をお売りいただきました。

本日は、絵画の買い取りでお呼びいただきました。日本画家徳岡神泉の木版画「鯉」、中島通善の版木画「鯉」の他、海外画家のリトグラフ数点をお売りいただきました。ただいま六角堂では、日本画をはじめ、絵画の買い取りを強化しております。ご不要の絵画がございましたら、是非六角堂をご指名ください。絵画に詳しい査定士が、お客様宅まで出張買取させていただきます。
今日は早めに帰宅出来ましたので、家族で近所にある「とんQ」さんというとんかつ屋さんへ行きました。とんかつはもちろん、アジフライもとても美味しかったです。明日も出張買取頑張ります!

徳岡神泉(とくおかしんせん) 1896~1972
写実を超えた象徴的画境に達し、東洋的な幽玄さを表出し、近代日本画の真髄をきわめた。
1896 京都市に生まれる。 本名 時次郎
1909 13歳のとき、竹内栖鳳の画塾竹杖会に入塾する。
1917 京都市立絵画専門学校別科を卒業する。文展に三度落選。
1919 京都を離れ放浪、富士山麓の富士川町に四年ほど滞在する。
1923 京都に戻り再び竹杖会に入塾する。
1925 第6回帝展に初入選。
1936 京都市立美術工芸学校教員となる。
1936 画壇の革新をめざす京都の中堅日本画家による水明会の結成に参加。
1937 日本女子美術学校日本画科教授となる。
1966 文化勲章を受章、同時に文化功労者となる。
1972 京都にて死去。

中島通善(なかじまつうぜん)
1944年3月生れ。東京浅草出身。早稲田大学文学部美術卒。16歳より木版画を始め、出版社勤務などを経て独自で「版木画」とよぶ木目を生かした自画・自刻・自摺の木版画を確立。毎年三越等で個展多数。「禅の友」表紙等も手がける。江戸浮世絵を超える鬼才の版画家として、英国、米国、フランス、スペイン、ドイツ、オーストリア、オーストラリア等で深く注目され、2000年、2003年には米国サンフランシスコ桜まつりで個展。2001年5月には英国「JAPAN2001」に招聘され、現代日本の版画家を代表してロンドンで個展開催。2012年
ソシエ・ナショナル・デ・ボザール サロン会員となる。フランス・サンモール市より最も優れたアーティスト1名に贈られるサンモール市長賞受賞。2014年バヴァ・ヂュ・ロン美術展において、古くから画家の村として有名なグレ市から、グレ市長賞を受賞。2015年ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール カルセール・ド・ルーヴル展において、昨年につづきウジェーヌ・ブーダン賞を受賞する。木版画で3度の受賞は例がない。

東京都世田谷区奥沢にて、富岡鉄斎の書籍、弦巻で根卓花台、古銅獅子置物。

    

東京都世田谷区奥沢にて、富岡鉄斎の書籍、火鉢など、弦巻にて根卓花台、古銅獅子置物、掛け軸をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で世田谷区奥沢へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、富岡鉄斎の書籍や火鉢などを買い取らせていただきました。お父様が富岡鉄斎がお好きだったようで、たくさんの書籍がございました。富岡鉄斎(とみおかてっさい)は、明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人といわれております。富岡鉄斎の書籍や掛け軸は当社で強化買取りしておりますので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。他にも、染付の陶製火鉢などをお売りいただきました。わたしたちに合わせご実家までお出向きいただき有難うございました。二件目は同じく世田谷区、弦巻へ出張しました。こちらでは、根卓花台、古銅獅子置物、掛軸などを買い取らせていただきました。根卓花台は、国産天然木のものでしたが、黄楊木や紫檀、花梨など唐木製のものになると高額査定となる場合がございます。残念ながら、ひび割れなどございましたが、雰囲気の良いものでしたので買い受けさせていただきました。古銅獅子置物は大振りのものでしたが、もともとは玉獅子のもので、玉はなくされてしまったようです。こちらも大振りで良いものでしたので、買い取らせていただきました。他にも掛け軸や置物などを買い取らせていただきました。古き良き時代ものをお売りいただき有難うございました。
今日は久々「サイゼリヤ」さんへと行き、アスパラと海老のクリームスパゲティをいただきました。サイゼリヤさんは学生時代によくお世話になりましたが、今でも低価格ながら美味しいメニューがたくさんありますね。美味しかったです。

富岡鉄斎(とみおかてっさい)1837~1924
字を無倦、号を鉄斎。別号に鉄人、鉄史、鉄崖など。
1837 京都(三条通新町東)法衣商十一屋伝兵衛富岡維叙の次男として生まれる
1855 女流歌人 大田垣蓮月尼に預けられ薫陶を受ける
1861 長崎に遊学し、長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲らの指導を受けた
1862 山中静逸(信天翁)と出会いをきっかけに、画業で生計を立て始めた。
1874 アイヌの風俗を題材にした代表作「旧蝦夷風俗図」を描いている
1881 兄 伝兵衛の死に伴い京都薬屋町に転居し、終の住処とする
1869 私塾立命館で教員になる
1893~1904 京都市美術学校で教員に就任し、修身を教える
1924 大晦日、持病であった胆石症が悪化。京都の自宅にて死去。享年90。

東京都中央区日本橋にて、エコーネスのチェア、港区虎ノ門にてイエリアーダのチェアなど。

 

東京都中央区日本橋にて、エコーネスのリクライニングチェア&オットマン(ストレスレスチェア)、港区虎ノ門にてHjellegjerd「イエリアーダ」のノーザンコンフォートリクライニングチェア&オットマン、チーク材のダイニングセットをお売りいただきました。

昨日に引き続き、本日も北欧家具の出張買取へ行ってきました。当社は和家具の買い取りを主に行っておりますが、珍しく北欧家具の連日買取でした。一件目は業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。加茂桐箪笥の買い取りでお呼びいただきましたが、ビルからの吊り作業となり、安全を考えこちらは断念しました。エコーネスのリクライニングチェアは、なんとか搬出することが出来ました。座面にスレなどのダメージがございましたが、人気のエコーネス、買い受けさせていただきました。本日二件目、こちらも業者様のご紹介で、お片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、イエリアーダのノーザンコンフォート リクライニングチェア&オットマン、チーク材のダイニングテーブル&チェアセットを買い取らせていただきました。本日は、二件ともビルのオーナー様で、搬出しやすいようエレベーターを確保していただいたりしました。お気遣いくださり有難うございました。北欧のリクライニングソファといえば、イエリアーダ社とエコーネス社。ともにノルウェーを代表するブランドです。 イエリアーダは、現在シモンズにて取り扱いがございます。北欧らしい洗練されたデザインはもちろん、人間工学に基づいて設計された快適な座り心地が魅力のひとつ。腰痛、ヘルニアの方々にもおすすめのリクライニングソファで、しっとりとした手触りの高級レザーと木部の曲線が美しいですね。座面横の丸型ハンドルをゆるめ体重移動にてリクライニングすることができます。こちらは使用感少なく、非常に状態の良いものでした。付属のメンテナンスキットも併せてお売りいただきました。ダイニングセットは、チーク材にレザーを使ったモダンなデザインのもの。昨日に引き続き、連日の北欧家具の出張買取。和家具ばかり取り扱っておりますが、北欧の家具も素敵ですね。素敵な家具をお売りいただき有難うございました!
今日は志木市場の開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。市場終了後、仕事仲間たちと赤羽へ食事へ行ってきました。先日みんなで行った「海人」さんという沖縄料理店が美味しかったので、今回もまた行ってきました。ソーキそばにグルクンの唐揚げ、海ぶどう、ゴーヤチャンプルーなど、オリオンビールを飲んで沖縄を満喫しました。締めのおにぎり、アーサー汁も美味しかったです。明日からも出張が続きますが、頑張ってきます!!

東京都豊島区駒込にて、カールハンセンのYチェア、北欧チーク家具など。

東京都豊島区駒込にて、Carl Hansen & Son/カールハンセン&サン(ハンスJ.ウェグナー)のYチェア、カンディハウス/CONDE HOUSEのダイニングセット、ストッケ/Stokkeのバランスチェア(ACTULUM)、北欧チーク家具のダイニングセットなどをお売りいただきました。

先日お呼びいただいたお客様より、再度出張買取でお呼びいただきました。先日は、書道具などを買い取らせていただきましたが、本日は家具の買い取りでしたので、O橋氏に応援を依頼してトラック二台で向かいました。お売りいただいた家具は、現在人気の北欧家具や、デザイナーズ家具など。家具に詳しいN尾氏に査定していただきました。多少ダメージなどございましたが、人気の家具が多かったので、全て買い取らせていただきました。カール・ハンセン&サンは創業100年を超える歴史のあるデンマーク家具メーカー。YチェアをはじめとするハンスJ.ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られております。お売りいただいたYチェアは、椅子の巨匠、ハンスJ.ウェグナーの代表作。1949年にデザインされ、翌年の1950年から生産を開始。60年以上に渡り生産が継続されています。今もなお北欧モダンの名作として世界中で愛されています。カンディハウスは北欧モダンスタイルの家具を得意とした家具メーカーで、家具それぞれにデザイナーを付けて商品開発をおこない、オリジナリティあふれる洗練されたデザインの家具を多く生み出しています。旭川のカンディハウスは、1984年アメリカ・サンフランシスコ、2005年ドイツ・ケルンに販売するための海外拠点を持ち、ヨーロッパでも一流の家具メーカーとして評価されております。ストッケ(STOKKE)は、1932年に北欧ノルウェーで設立されました。ベビーチェアで有名な会社です。他にもチークのダイニングセットなど、素敵な北欧家具をお売りいただきました。素晴らしい家具をお売りいただき、有難うございました!
当社は和家具や骨董品専門店と思われがちですが、高級デザイナーズ家具・北欧家具などの買取もしております。当社提携の専門会社がございますので、高価買取が可能となっております。ご不要になりましたデザイナーズ家具・北欧家具などがございましたら、お問い合わせください。もちろん桐タンスや和家具等、併せてのお見積もり、買い受けも対応させていただきます。
帰りに、O橋氏、N尾氏と一緒に、スシローさんへと寄りました。大食いのO橋氏と食事をすると、ついついわたしも大食いしてしまいます。夏に向けてお腹を引き締めねばと、ここ数年言い続けております・・・。明日も出張買取、頑張ります!

東京都墨田区本所にて、紬の反物、中島千波の木版画「久遠寺の瀧櫻」。

東京都墨田区本所にて、紬の反物、中島千波のオリジナル木版画「久遠寺の瀧櫻」をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた絵画は、人気日本画家中島千波の木版画。中島千波は桜を描く現代日本画壇の巨匠で、伝統的な⽇本画の美しさを継承する独⾃の画⾵を確⽴させ、花⿃画も得意としております。桜や牡丹は中島千波の代名詞となるほどで、まるで本物の花のように⽣き⽣きと咲き誇る表現⼒が⾼く評価されております。身延山久遠寺周辺は、日本桜の名所100選に選ばれ、桜の名所となってます。中でも身延山にある日蓮宗の総本山・久遠寺のしだれ桜は樹齢400年で全国しだれ桜10選のひとつとなっております。桜の花が地面に垂れ下がる様子は大変見応えがあります。 大変素晴らしい作品をお売りいただき有難うございました。夕方ご指定の出張買取でしたので、帰りに近所のラーメン屋さん「チャーシュー力」で夕食をしました。サソリ固めこってりラーメンに焼餃子でスタミナをつけましたので、明日からも出張買取頑張れそうです!
六角堂では「中島千波」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、肉筆画も高額買受致します。)がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
中島千波作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!

中島千波(なかじまちなみ)
1945年 日本画家・中島清之の三男として疎開先の⻑野県小布に⽣まれる
1969年 東京藝術⼤学⽇本画科を卒業。第54 回院展へ初出品した「窓」が⼊選
1971年 東京藝術⼤学⼤学院を修了
1979年 第5 回⼭種美術館賞で、優秀賞を受賞
1984年 第1回横の会結成に参加(以後1993年の第10回最終展まで参加)
1987年 NHK テレビ「きょうの料理」のテキスト表紙絵を担当。以降、3 年間⼿掛ける
1990年 三溪園臨春閣第六室襖絵「不⼆と桃花図」「松林図」が完成
1992年 「おぶせミュージアム・中島千波館」が開館
1994年 東京藝術⼤学美術学部助教授に就任
1995年 歌舞伎座緞帳「淡紅⽩梅」が完成
2000年 東京藝術⼤学美術学部デザイン科教授に就任
2006年 ⼩布施名誉町⺠に選出される

東京都足立区千住柳町にて、時代和箪笥、純銀製の酒器や茶道具一式。

東京都足立区千住柳町にて、時代和たんす、純銀製の酒器や茶道具一式をお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。お母様が、生前大切にされていた和たんすや茶道具などを処分されたいとの事でお呼びいただきました。お茶道具は、茶碗、水差 、棗、茶入、香合、花入、茶杓、菓子皿などが一式ございました。長年しまわれていたお茶道具は、お稽古用のものですが、当社強化買取りアイテムですので、全て買い取らせていただきました。箱などのないものが多くございましたが、こちらも全て買い受けさせていただきました。茶道具の他にも純銀製のちろりや盃などの酒器を買い取らせていただきました。お母様の思い出のお品、当社で責任もって次へと繋げさせていただきます。有難うございました。
六角堂では、裏千家、表千家、武者小路千家、裏千家久田家、表千家堀内家、藪内家、遠州流、宗偏流、松尾流、江戸千家、大日本茶道学会などのお道具、作家物からお稽古用まで、お茶道具に関して幅広く取り扱っております。お茶道具の専門スタッフか、お見積もりにお伺いし、査定させていただきます。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。お客様にご満足いただけるよう、頑張らせていただきます!
今日のランチは、足立市場に入っている、「徳田屋食堂」さんへと行きました。昨年、A堂のT橋さんに連れて来ていただき、とても美味しかったのでまた寄らせていただきました。今回は特盛豪華海鮮丼を注文。10種以上の海の幸がふんだんに盛り込まれておりました。市場食堂ですのでネタが新鮮、ボリューム満点、とっても美味しかったです。また寄らせていただきます。

神奈川県横浜市港南区にて、階段箪笥、小箪笥、掛軸、漆器、高橋楽斎の花入。

神奈川県横浜市港南区にて、両面階段箪笥、小箪笥、掛軸、漆器、三代高橋楽斎の花入をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。メールでお問い合わせいただき、お時間を合わせようやくお伺いさせていただくことが出来ました。長らくお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。本日お売りいただきました和家具は、欅材の両面階段箪笥と、同じく欅材に表へ金具をたくさん飾られた時代仕上げ小箪笥。階段箪笥とは、階段下の空間を有効利用する目的で、抽斗 (ひきだし) や戸棚を取り付けたたんす。江戸時代の初め、狭い町屋に登場し、箱階段と呼ばれておりました。衣裳箪笥や商業用の箪笥が現れるよりも前から使われてました。台所の間の正面にあることの多かった階段箪笥、「水屋箪笥」と同様、実際に食器や道具を入れたりするのに使われていたようです。今回お売りいただいた階段箪笥は、近年造られたもので、両面使用できる使い勝手の良い両面階段箪笥です。小振りのものですが、雰囲気の良いたんすでした。また、吸物椀や盆などの漆器、初代高橋楽斎の信楽焼うずくまる掛け花入も併せてお売りいただきました。天保年間(1830~1844)の初代より続く高橋楽斎。二代目楽斎(藤太郎)は、製陶業を継がず、その子の光之助へ三代目が受け継がれました。現在は、五代高橋楽斎が、その伝統を受け継がれております。本品は三代高橋楽斎のもの。初代、二代目が地元の職人的陶工だったため、三代高橋楽斎を初代と考える場合もあるようです。うずくまる(蹲る)とは、人が蹲った様な形をした小壺で、茶の湯では花入れ用に使います。本来は、農作業用の種を入れる壺で、鼠の被害に会わない様に、首に紐を結んで、納屋などの梁にぶら下げて使用した様です。それを茶人が花入に転用されたといわれております。良い和家具やお道具をお売りいただき有難うございました。
帰りに、大黒パーキングエリアへと寄り、ネギ塩豚バラ丼をいただきました。大黒パーキングエリアは今も昔も変わらず活気がありますね。GWで大勢の人たちが休憩をしたり食事をしておりました。GW期間中も毎日出張買取のため、休みがとれなそうです。少しでも早く帰宅して、家族孝行するようにします。明日も頑張ります!!

三代 高橋楽斎(たかはしらくさい) 1898(明治31)年~1976(昭和51)年
3代高橋楽斎は2代高橋楽斎の長男として滋賀県に生まれました。
本名を光之助といいます。
1915(大正4)年、京都陶磁器研修所に学びました。
1916(大正5)年より信楽で作陶に従事しました。
1917(大正6)年、3代高橋楽斎を襲名しました。
1941(昭和16)年、商工省より信楽焼技術保存者の資格認定を受けました。
1960(昭和35)年、ブリュッセル万国博覧会でグランプリを受賞しました。
デンマーク日本陶芸十傑展に選ばれて出品しました。
1964(昭和39)年、滋賀県指定無形文化財に認定されました。
1971(昭和46)年、労働大臣より最優秀技能者の表彰を受けました。
1973(昭和48)年、米国ロサンゼルスで市長より感謝状を受けました。
豪放な魅力をもつ古信楽や古伊賀の作風を採り入れた茶陶を中心に制作し、
4代上田直方と共に近代信楽の名工として高い評価を受けています。