東京都港区赤坂にて、着物、帯、大正友禅反物、港区芝にて龍村美術織物の帯。

東京都港区赤坂にて、着物、帯、大正友禅反物、港区芝にて龍村美術織物の帯をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。東京都港区を二件出張買取しました。一件目は港区赤坂へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、お着物、帯、大正友禅の反物をお売りいただきました。大正友禅は綿呂の生地に 大正期から昭和初期に流行した柄を現代に復刻した友禅染浴衣。素肌で着ればゆかた 長襦袢に重ねれば夏のきものとしてお召しいただけます。反物の状態で保管状態も良かったです。他にもお着物や帯など、まとめてご売却いただきました。この度は六角堂をご指名くださり、有難うございました。二件目は業者様のご紹介で、港区芝へお伺いしました。こちらでは、龍村美術織物の帯の他、お茶道具を数点お売りいただきました。お売りいただいた龍村美術織物の帯は、黄緑やオレンジ・朱赤・黄色・水色など多彩なお色で「唐草蓮華文錦(からはなそうちょうちょうはんきん)」が丁寧に織り上げられています。開き名古屋帯二重太鼓仕立てに仕上がっております。龍村美術織物は宮内庁御用達の美術織物で、着物を着用する方々に非常に愛されている老舗ブランドの1つであります。大変素晴らしい帯をお売りいただき有難うございました。
本日の昼食は、港区赤坂にある「香港料理 栄記」さんへ行きました。ランチタイムでしたので、わたしは陳麻婆豆腐定食 、わたしはをいただきました。本場中国のお味で、山椒がたくさん効いておりとても美味しかったです。この土地でこのセット内容で780円、お勧めです。

龍村平蔵(たつむらへいぞう)初代龍村平蔵は古裂復織の第一人者として知られ、その織りの技の集約により創り出された作品を、美術織物の域まで高めました。 現在「たつむら」を名乗る機屋は三軒あり、『龍村美術織物』、『龍村織物』、『龍村光峯』。いずれも初代龍村平蔵の流れを汲み、古代織物の研究、及びそれを基盤とする織物美術創作の伝統を受け継いで、世界的に認められる作品を世に送り出しております。 龍村の証は「龍村平蔵製」「龍村製」「龍村美術織物」などがございます。

京都府京都市へ出張に行ってまいりました。

11日に京都へと出張へ行き、先程埼玉へと帰省しました。今回も、道具屋さん仲間たちとお茶道具や骨董品などの勉強に行ってまいりました。ここ数年は京都への出張が多く、いつも茶道具商や骨董屋さんの先輩方に勉強を兼ねて食事に連れて行ってもらったりしてます。今回の出張でも、多くのことを教わり、たくさん勉強させていただきました。わたくし自身を含め、六角堂では日々勉強して成長していきたいと思います。いつもお世話いただき、とても感謝しております。今回は行き帰りともに新幹線で往復しました。新幹線では必ず駅弁を食べますが、行きは東海道新幹線弁当、帰りには京都牛膳に開晴亭のビーフミンチカツサンドを食べました。今回は祇園にあるビジネスホテルへと泊まりましたが、11日の夜には木屋町へと行き「馬野郎」さんで食事しました。京都へ来る時にはよく行くお店です。桜納豆に馬刺し盛り合わせ、馬焼肉盛り合わせなど、馬料理をたくさんいただきました。こちらの馬肉はヘルシーでとても美味しいです。12日はお昼に「祇園京都ラーメン」さんへ行き、特選祇園ラーメン、チャーシュー丼を食べました。午後は一日骨董品の勉強会をしました。13日は祇園の中にある「仲源寺」さんで参拝し、鴨川の景色を見て帰ることにしました。今回の出張でもたくさんのことを教わり、学ばさせていただきました。来月また京都へ勉強会に参加する予定です。全国各地の古美術商の先輩方に色々とご指導いただいて、六角堂は日々成長しております。今後とも、ご指導よろしくお願い致します。明日からまた出張買取の日々が続きますので、気を引き締めて頑張ります!!

横浜市戸塚区にて、お着物、お茶道具、人間国宝 森山虎雄の久留米絣など。

   

神奈川県横浜市戸塚区にて、着物、茶道具、人間国宝 森山虎雄の久留米絣などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は横浜市戸塚区へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらではお着物やお茶道具などをお売りいただきました。お着物はシミのあるものや正絹でないものもございましたが、状態の良いものも多くあり全て買い取らせていただきました。重要無形文化財保持者(人間国宝)森山虎雄の久留米絣の証紙がありましたので、必死に久留米絣のお着物を探しましたが、残念ながらありませんでした。十万円近くの査定で買い取りが出来るお品だっただけに大変残念でした。お茶道具はお稽古用のものが多くございましたが、茶碗、水指、釜、棗、茶入、香合、花入、菓子皿、茶棚、火鉢など一式揃っており、全て買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお着物、お道具、大切に次へと橋渡しさせていただきます。多数まとめてのご売却、有難うございました。本日二件目は、国分寺市へペルシャ絨毯の出張買取をさせていただきました。若干ヤケや汚れがあるものの、シルクウールのペルシャ絨毯、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。ありがとうございました。
横浜市戸塚区から国分寺市へ向かう途中にある「かつや町田鶴川店」さんで食事をしました。かつやさんのカツ丼は揚げたてでとても美味しいですね。豚汁も美味しかったです。明日から13日までの間、京都府へ出張に行ってまいります。出張買取は、14日より再開いたします。出張期間中もご予約は随時承っておりますので、何かございましたらお電話またはお問い合わせ欄からメールにてご連絡ください。

森山虎雄(もりやまとらお)昭和から平成時代の染色作家。
初代森山虎雄は男物の細かい柄の藍染の技法を得意としており、1959年5月に重要無形文化財技術保持者に認定されました。
祖父の富吉、父の初代虎雄から蚊絣(かがすり)の技術をうけついだ二代目森山虎雄も同じく人間国宝に認定されました。
1933年、福岡県八女郡広川町に生まれる。本名啓男。
1986年、久留米、絣着物「サファイヤブルー」で日本伝統工芸展文部大臣賞。
重要無形文化財保持団体の久留米絣技術保存者会会長。
1996年伝統文化ポーラ大賞を受けた。
伝統を守りながら、現代の人々にも愛される、手仕事の温もりがあるやさしい木綿の絣を作り続けている。

東京都大田区南雪谷にて、吉向十三軒、大樋長左衛門、宮崎寒雉などの茶道具。

     

東京都大田区南雪谷にて、八代吉向十三軒、十代大樋長左衛門、十三代宮崎寒雉などの茶道具をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お母様が裏千家茶道をされていたようで、お茶道具を処分されたいとのことでご連絡いただきました。本日もたくさんのお道具をお売りいただきましたが、本日ご紹介するお品は茶道の道具で代々続いている名家吉向十三軒、大樋長左衛門、代宮崎寒雉のお品です。八代吉向十三軒のお品は、好日汲出湯呑茶碗、十代大樋長左衛門のお品は、大樋焼飴釉の雲鶴蓋置、十三代宮崎寒雉のお品は、雲鶴蓋置。十代大樋長左衛門と十三代宮崎寒雉の雲鶴蓋置は、セットで二重箱に納められております。金沢の陶工大樋長左衛門、釜師宮崎寒雉は共に江戸時代前期の茶人千宗室(4代)1622-1697に指導を受け、以来深い縁で結ばれております。他にもたくさんのお道具をお売りいただきました。本日は六角堂をご指名くださり有難うございました。
帰りに都内で骨董屋をされている先輩と合流し、蒲田駅にある「個室居酒屋ダイニング 旬菜」へ行きました。わたしは豚バラと水餃子の塩鍋をいただきました。やはり冬は鍋が温まっていいですね。○○堂のO先輩、ご馳走様でした!明日は一日お休みをいただき、倉庫の整理をしたいと思います。また、11日より京都府へ出張に行ってまいります。宜しくお願い致します。

八代 吉向十三軒(きっこうじゅうそうけん)
昭和23年、大阪生まれ。七代十三軒の四男。父に師事し、昭和46年八代十三軒を襲名。
裏千家(今日庵)御出入の職方として知られ、作家活動は個展のみとしている。

十代 大樋長左衛門(おおひちょうざえもん)(大樋年朗)
1927年 大桶窯九代長左衛門の長男に生まれる
1949年 東京美術学校工芸科卒業
1958年 日本陶磁協会賞受賞
1982年 第十四回日展文部大臣賞受賞
1987年 十代大桶長左衛門襲名
1999年 日本芸術院会員就任
2004年 日本陶磁協会特別記念功労賞受賞
2008年 日展顧問就任
2011年 文化勲章受章
2011年 石川県名誉県民顕彰
文化功労者
日本芸術院会員
日展常務理事
現代工芸美術家協会理事長
石川県美術文化協会理事長
石川県陶芸協会顧問
金沢卯辰山工芸工房工房長
ロチェスター工科大学名誉博士
金沢学院大学美術文化学部学部長・教授

十三代 宮崎寒雉(みやざきかんち)
大正4年。加賀藩主の御用釜師として寛文年間より続く家系に生まれる
石川県立工業学校卒業後、父・12代宮崎寒雉に師事。
昭和39年、13代寒雉を襲名
初代からの伝統ある寒雉釜の重厚さを受け継ぐ 当代は14代

東京都文京区湯島にて、人間国宝島岡達三の象嵌飾皿、桐箪笥、仏像など。

東京都文京区湯島にて、人間国宝島岡達三の象嵌飾皿、桐箪笥、仏像などをお売りいただきました。

リサイクル業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお客様をご紹介くださり有難うございます。本日お売りいただいたお品は、伝統工芸品春日部桐箪笥、お着物、反物、木彫りの仏像や置物、人間国宝である島岡達三(しまおかたつぞう)の象嵌飾皿など。たくさんのお品をお売りいただきました。島岡達三をはじめ、人間国宝の作品は買取を強化しておりますので、お客様にお喜びいただける査定額で買い取ることが出来ました。良い作品をお売りいただき有難うございました。
着物の業者の方々が近くに来ているとのことで、湯島にある「四万十」さんで合流しました。ちゃんこ鍋で有名なお店ですが、今日は一品料理をたくさんいただきました。大好物のホタルイカや焼白子、牡蠣や刺身などたくさんいただきました。大人数で食事をすると色々なものがたくさん食べられるので嬉しいです。わたしのような買い出し屋さんは一人寂しい時が多いので、仲間達と集まれる時が幸せです。是非また誘ってください!

島岡達三(しまおかたつぞう)大正8年(1919)10月27日〜平成19年(2007)12月11日
大正8年 (1919) 東京都に、三代続いた組紐師 島岡米吉の長男として生まれる。
昭和14年(1939) 東京工芸大学窯業学科入学。
昭和15年(1940) 濱田庄司のもとを訪れ、卒業後の入門を許される。
昭和16年(1941) 東京工業大学窯業学科卒業。
昭和21年(1946) 濱田庄司に師事。
昭和23年(1948) 土方冨美子と結婚。
昭和25年(1950) 栃木県窯業指導所に勤務。白崎俊次の古代土器標本複製に協力。
昭和29年(1954) 益子に築窯。
昭和37年(1962) 日本民藝館賞受賞。
昭和39年(1964) 日本民芸館賞受賞。
昭和43年(1968) ロングビーチ州立大学、サンディエゴ州立大学の夏期講座に招かれ渡米し、ヨーロッパを経て帰国。
昭和53年(1978) 国画会会員。
昭和55年(1980) 栃木県文化功労章受章。
平成6年 (1994) 日本陶磁協会賞金賞受賞。
平成8年 (1996) 民芸陶器(縄文象嵌)において国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
平成11年(1999) 勲四等旭日小綬章受章。
平成19年(2007) 12月11日、逝去。88歳。

愛知県名古屋市にて、先崎栄伸の銀製日蓮上人像、掛け軸など。

 

愛知県名古屋市にて、先崎栄伸の銀製日蓮上人像、掛け軸などをお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。遠距離の出張ですので、前日の夜に名古屋市へと入り、ビジネスホテルで一泊しました。お売りいただきたのは、昭和の名工先崎栄伸(せんざきえいしん)の日蓮上人像や仏画、日本画の掛軸など。当初お見積りのみの予定でしたが、当社の査定額にご満足いただき、その場でお売りいただくこととなりました。お喜びいただけて良かったです。新幹線での出張だった為、仏像は手で持ち帰り、掛け軸は配送業者で送ることとなりました。日蓮上人像は銀製のもので、約三キロ近くの重みある作品。日蓮は地震や暴風雨など災害が相次いだ鎌倉時代中期、国家安寧(あんねい)を願い続け、時の権力者・北条時頼(ほうじょうときより)に文書を提出するなど、社会の救済(きゅうさい)に尽くしたことで知られます。その偉業は後世も称えられ、逝去後、皇室から生前の偉業を称える贈り名「諡号」を二度も追贈(ついぞう)されております。とても素晴らしい作品をお売りいただきました。配送のお手伝いをしていただいたり、お気遣いくださり有難うございました。
昨夜の夕食は名古屋市中区栄にある「山本屋本店 栄本町通店」さんへ行きました、地元では有名な人気店で、味噌煮込みうどんの老舗です。人気の味噌煮込みうどんの他、スタミナ豚しゃぶうどん、名古屋コーチンねぎま、青唐辛子の出し汁巻きなどいただきました。アツアツでとても美味しかったです。帰りにはJR名古屋駅のホームにある立ち食いきしめん「住よし」へ行きました。「住よし」はテレビや雑誌でも度々取り上げられる有名店です。途中下車してでも食べたいと、古くから定評があります。わたしは味噌きしめんにかき揚げと玉子を入れました。濃い目の味噌スープにきしめんが良く合い、癖になるお味。とても美味しかったです。そのまま新幹線へと乗り、名古屋の駅弁「名古屋ベトコン弁当みそかつ&ひつまぶし」をいただきました。味噌カツに鰻のひつまぶしと名古屋名物をたくさん味わうことが出来ました。お土産にはういろうや手羽先など、名古屋は美味しいものばかりでした!

先崎栄伸(せんざきえいしん)
大正6年福島県に生まれる。昭和6年仏教美術協会創立会員・代表の阿井瑞岑に師事。10年帝展に初入選。以後、文展、日展、正統木彫家協会展、日本美術協会展等に出品受賞。戦後は仏教美術彫刻に専念。29年「仏教美術協会」設立に参加。立動美術会委員、三軌会彫刻部長を歴任。51年文部大臣賞受賞。60年彫玄会代表として第1回彫玄会展開催。59年「千手観音」製作 61年逝去。インド、中国、ジャワ島など各国に仏教美術研究旅行。曹洞宗大本山総持寺舎利殿本尊「説法釈迦」、大圓寺七大観音「聖観音」「千手観音」(東京)、浅草寺五重塔内百観音のうち4体(東京)、大雄山最乗寺「文殊・普賢菩薩」(小田原)ほか各地の寺院の本尊、仏像を制作。

東京都豊島区上池袋にて、人間国宝原清の香炉、黒川昭男の江戸切子など。

東京都豊島区上池袋にて、人間国宝原清の淡緑磁之香炉、黒川昭男の江戸切子などをお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、人間国宝である原清の淡緑磁之香炉、黒川昭男の江戸切子、陶磁器など。多数お売りいただきました。会社を経営されていたお客様で、贈答品としていただいたお品々。中には人間国宝作品などもございました。まとめてご売却いただき有難うございました。
原清は重要無形文化財(人間国宝)「鉄釉陶器」の保持者に認定されており、黒色と褐色の二種類の釉薬を駆使した大柄な文様を描いた作品が高く評価されています。人間国宝となられた後も、後進の指導にも尽力しており、鉄絵陶器の作家として日本の陶芸界に大きく貢献しています。
黒川昭男は、江戸切子に初めて大胆な曲線を取り入れて、高度な芸術性を追求した切子作家です。また、その作品は、究極まで深くシャープなカット技術と独特なデザインの妙によって、他を圧する魅力を持っています。
当社で買い取り強化中の人間国宝や作家物の作品が多くあり、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。喜んでいただけて良かったです。帰宅途中、本日は志木市にある中華料理屋五番さんへ寄りました。広東麺にミニ炒飯、とても美味しかったです。明日から愛知県名古屋市に出張します。遠距離出張ですが、頑張ってまいります。

原清 (はらきよし)1936年(昭和11)~(現在)
1936年、島根県で生まれる
1954年、石黒宗麿に師事する
1955年、清水卯一に師事する
1965年に東京世田谷に開窯し独立する。
1958年の日本伝統工芸展に初入選。
1961年には日本工芸会正会員に就任。
独立後は69年に日本伝統工芸展で会長賞を受賞、76年日本陶磁会賞、
97年日本伝統工芸展東京都知事賞を受賞。
また日本橋三越を中心に個展活動や国内外の招待出品など幅広い制作活動を展開。
作風は制作当初からの鉄釉を研究し褐色釉を施した器に鉄絵にて草花、鳥、動物などが
氏の個性溢れるタッチで繊細に描かれた作品を展開。
また1980年ごろから澄んだ青色の発色が特徴的な鈞釉の作品も展開する。
2001年、日本伝統工芸展特待者。
2005年、色絵磁器で国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

黒川昭男(くろかわあきお)
江戸切子作家。1941年(昭和16年)東京都品川区生まれ。1955年より江戸切子の世界に入り、小林菊一郎、小林英夫に師事する。1973年(昭和48年)より社団法人日本伝統工芸会正会員。日本伝統工芸展、金澤工芸大賞、江戸切子新作展、伊丹国際クラフト展など、さまざまな作品展で多数受賞されています。

さいたま市大宮区にて天猫作甑口釜(大西清右衛門識)、中川浄益の南鐐蓋置など。

埼玉県さいたま市大宮区にて、天猫作肩霰宝書地紋甑口釜(千家十職 十五代大西清右衛門識)、千家十職 中川浄益(11代)の純銀製一葉蓋置などのお茶道具、お着物をお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。お母様が生前裏千家茶道をされており、残されたお道具を処分されたいとのことでお呼びいただきました。本日お売りいただいた茶道具は、千家十職である中川浄益(11代)や 大西清右衛門の識箱に入っている釜など良いお道具が多くございました。十五代大西清右衛門(浄心)の識箱の収められている釜は天猫作肩霰宝書地紋甑口釜。天猫(てんねこ)作は江戸時代初期から後期にかけての釜で底を直して茶の湯に使用できるようにした釜です。本来の天明釜より後の時代です。
千家十職とは茶道の三大流派の表千家、裏千家、武者小路千家の三千家好みの茶道具の制作を行っている金物師(中川浄益家)表具師(奥村吉兵衛家)や茶碗師(楽吉左衛門家)塗師(中村宗哲家)釜師(大西清右衛門家)土風炉・焼物師(永楽善五郎家)一閑張細工師(飛来一閑家)指物師(駒澤利斎家)竹細工・柄杓師(黒田正玄家)袋師(土田友湖家)の十の職業、十の家のことを言います。六角堂では千家十職のお道具を強化買取しております。ご不用のお道具がございましたら、是非六角堂をご指名ください。茶道具に詳しいスタッフが査定し、高価買取させていただきます。
良いお道具、お着物をお売りいただき有難うございました。倉庫へ戻る途中、近くにある「武蔵野うどん 竹國」さんへと寄り、肉うどんをいただきました。こちらは並盛、中盛、大盛どれも同じ料金、もちろん大盛りをいただきました。すごいボリュームでしたが美味しかったです。

中川浄益(なかがわじょうえき)
千家の流れを汲む茶の湯の道具を、代々にわたって制作する「千家十職」の一つ「金物師」。 中川家当主が代々襲名する名称である中川浄益。 もともとは越後国で、甲冑(かっちゅう)や鎧(よろい)などの武具を作っていたが、千家の依頼により茶道具を手掛け、薬鑵(やかん)を作ったのが家業のはじまりといわれている。 中川家は錺師(かざりし)とも言われ、金工の技を伝承してきた家でもある。 鋳物(いもの)や鎚物(うちもの)、彫金、象眼、七宝など、また用いられる金属素材も金、銀(南鐐)や銅を中心に青銅、真鍮(しんちゅう)、砂張(さはり)と豊富。その名跡は代々継承されており、現在は11代目が継いでおります。
1559~1622年 初代(紹高)
1593~1670年 2代(重高)
1646~1718年 3代(重房)
1658~1718年 4代(重忠)
1724~1791年 5代(頼重)
1766~1833年 6代(頼方)
1796~1859年 7代(頼実)
1830~1877年 8代(幾三郎)
1849~1911年 9代(益之助)
1880~1940年 10代(淳三郎)
1920~2008年 11代(紹真)

十一代・中川浄益(紹真)
京都市立第二工業高校(現在の京都市立伏見工業高等学校)金属工芸科卒業。
1920(大正9)年 十代浄益の長男として京都に生まれる。幼名を紹真という。
1940(昭和15)年 父の死後、十一代浄益を襲名。
2008(平成20)年 逝去。十一代亡き後、当主の座は空席が続いている。

大西清右衛門(おおにしせいえもん)
大西清右衛門(おおにしせいうえもん)は千家十職の釜師。大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。四代当主が清右衛門を名乗り、六代目以降は代々清右衛門という名を継いでおります(九代目を除く)。工房は、京都市中京区の三条釜座にあり、「大西清右衛門美術館」が併設されてます。釜の他にも、鉄、唐銅、銀などの金属を使って、花入や蓋置、建水、火箸などの茶道具を制作しております。当代は、十六代。
1590~1663年 初代・浄林
1594~1682年 2代・浄清
1630~1684年 3代・浄玄
1645~1700年 4代・浄頓
1647~1716年 5代・浄入
1689~1762年 6代・浄元
1720~1783年 7代・浄玄
1747~1785年 8代・浄本
1749~1881年 9代・浄元
1777~1852年 10代・浄雪
1808~1875年 11代・浄寿
1841~1869年 12代・浄典
1866~1943年 13代・浄長
1888~1960年 14代・浄中
1924~2002年 15代・浄心
1961~        16代・大西清右衛門

十五代・大西清右衛門(浄心)
先代の『[父]大西家十四代/大西浄中(1888-1960)』の次男として生まれ「九州大学」卒業後、「京都大学大学院」、「京都美術学校専攻科」にて学ぶ。
昭和三十五年(1960年)、三十六歳の時に【大西家十五代/大西清右衛門】を襲名。
京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文をのこしている。
隠居後『表千家十三代/即中斎無盡宗左(1901-1979)』より【浄心】の号を受ける。

千葉県佐倉市にて中島潔、林静一、ディズニ-のリトグラフ、リュージュのオルゴールなど。

千葉県佐倉市にて中島潔、林静一、ディズニ-のリトグラフ、リュージュのオルゴールなどをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は千葉県佐倉市へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたのは、絵画、置物、茶道具、リサイクル品など。多数まとめてお売りいただきました。絵画は中島潔のリトグラフ「花の夢」、林静一のリトグラフ「竹取物語」、ディズニ-映画「バンビ」のリトグラフなど。どれも可愛らしい作品でした。REUGE(リュージュ)のオルゴールは72弁のもので、素敵な象嵌入りの箱に収められております。茶道具はお稽古用のものでしたが、全て買い受けさせていただきました。まとめてお売りいただき有難うございました。二件目は東京都板橋区新河岸へ、お片付け整理でお呼びいただきました。こちらではお着物や湯呑などの贈答品を買い取らせていただきました。ウール交じりのお着物でしたが、全てまとめて買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお着物、大切に次へと繋げさせていただきます。当社をご指名いただき有難うございました。
本日の昼食は、佐倉市にある「タンメンしょうや」さんへ行きました。テレビにも紹介された地元では有名なお店のようです。わたしは佐倉タンメン、ドンシャリ、どぶづけ餃子をいただきました。佐倉タンメンはもちろん、甘辛いたれにどっぷり浸かったどぶづけ餃子がとても美味しかったです。帰りには京葉道路幕張PA上り線Pasar幕張にあるお店で、木更津市の道の駅「うまくたの里」で有名な「クレイジーピーナッツ」を買いました。クレイジーピーナッツはフレーバーチョコレートにくるまれたポップでカラフルなピーナッツ菓子で、味は全部で16種類はあるようです。以前テレビで見た時に食べたいなと思っていたので、すぐに購入しました。カップに詰め放題なのですが、種類が豊富で結局2パックに全種詰め込みました。帰り道いただきましたが、とても美味しかったです。

中島潔(なかじまきよし)1943年~
郷愁を誘う童画や、儚げな女性画を得意とする画家。「風の画家」として知られております。
現在はパリに長期滞在しての制作、京都・清水寺襖絵の制作など精力的に活動しています。
1943年 満州に生まれる。1歳で両親の故郷、佐賀へ戻る
1961年 高校卒業後上京し、働きながら独学で絵の勉強をする
1964年 広告会社に就職し、アートディレクターとして数々の賞を受賞
1971年 渡欧し、美術学校へ通う
1976年 広告会社を退職し、フリーのイラストレーターとなる
1982年 NHKみんなのうた等のイメージ画を手がけ、一躍注目を浴びる。初個展開催
1987年 ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞
1990年 北京で初の海外展を開催
1998年 画業30年を記念して、7年の歳月をかけて完成させた「源氏物語五十四帖」を発表

林静一(はやしせいいち)1945年(昭和20年)~
イラストレーター、漫画家、アニメーション作家。
満州生まれの東京都育ち。妻は、染色作家の林節子。
なよやかな女性美の表現に定評があり、「現代の竹下夢二」とも称される。
LOTTEの梅味キャンディー『小梅』のキャラクター「小梅ちゃん」のイラストレーションで有名。NHK『みんなのうた』においてアニメーションを多数手掛けたことでも知られる。
画家、実写映画の監督、アニメーション作家として多才な活動を見せている。

横浜市鶴見区にて、柿右衛門などの陶器、平安象彦などの漆器、藤田喬平やドームのガラス工芸品、玉川堂の茶器揃など。

神奈川県横浜市鶴見区にて、十三代酒井田柿右衛門などの陶器、平安象彦などの漆器、藤田喬平やドームのガラス工芸品、玉川堂の茶器揃などをお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。生前お父様が贈答品などでいただいたという陶器や漆器、ガラス工芸品、金・銀製品などをご処分されたいとのことでご連絡いただきました。良いものは数点残されたいとのことでしたので、この品はどういったものなのかを説明しながら仕分けしていきました。箱とお品がバラバラになってしまっているものもあり、こちらで箱合わせなどをしていきました。なるべく小さなものを残されたいとのことで、茶道具の茶碗などを説明しながら分けて行きました。青木龍山や備前焼作家の茶碗などを残されることとなり、他は全て買い受けさせていただくこととなりました。陶器は人間国宝13代酒井田柿右衛門窯の花瓶や皿、他作家物の皿や花器、茶道具などをお売りいただきました。漆器は輪島塗や平安象彦のものが多くございました。象彦の手文庫もたくさんあり、こちらも何点か残されたいとのことでしたので状態の良いものを残されました。ガラス工芸品は人気作家藤田喬平のものや切子、Daum(ドーム)など海外クリスタルなど。銀盃や銀製置物、金製品、玉川堂の銅製茶器揃など金属工芸品も多数お売りいただきました。数百点のお品をお売りいただき、トラックも満載になりました。最初ご連絡いただいた時とてもすごい量とのことでしたので、トラックを用意して良かったです。想像以上の量に査定に時間が掛かってしまいましたが、最後までお付き合いくださり有難うございました。明日以降の仕分け作業が楽しみです。お父様の思い出のお品々、当社で責任もって次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂をご指名いただき有難うございました。
夜となってしまいましたが、川崎市川崎区南町にある「鴻運厨房」さんで本日一食目の食事をしました。麻婆豆腐定食は本場のお味でとても美味しかったです。お腹がペコペコでしたので、尚更美味しく感じました。

13代 酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)1906(明治39)年~1982(昭和57)年
13代酒井田柿右衛門は12代酒井田柿右衛門の長男として佐賀県に生まれました。本名を渋雄といいます。
1947年(昭和22年)頃から濁手の復活を目標とする。1953年(昭和28年)、第12代柿右衛門とともに、「濁手」を復興。1955年(昭和30年)、濁手の製作技術は、国の無形文化財に指定。 1963年(昭和38年)、日本伝統工芸展に入選。 1964年(昭和39年)、日本工芸会正会員となる。1970年(昭和45年)、佐賀県陶芸協会会長となる。 1971年(昭和46年)、濁し手の技法で国の重要無形文化財に総合指定。柿右衛門製陶技術保存会会長となる。1975年(昭和50年)、西日本文化賞などを受賞。
個人作家として新しい柿右衛門の確立を目指した13代は、伝統を墨守し続ける頑固な父の方針に不満を持ち、お互いの方向性の違いから親子喧嘩が絶えなかった事でも有名です。
この父より受け継がれた職人気質を基礎に現代様式の柿右衛門を創造すべく、日本画家、彫刻家、芝居役者、政治家、実業家等のあらゆる分野の人々と交流を深め、近代的な独自の新意匠を取り入れた新境地を築き上げました。
頻繁に全国各地の野山へ出掛けては膨大な量のスケッチを取った事でも知られており、こうして図案化されたものが濁手素地の上に彩られました。
芸術作家としての柿右衛門の評価は13代の出現で不動のものとなりました。

藤田喬平(ふじたきょうへい)1921(大正10)~2004(平成16)
東京に生まれ、東京美術学校卒業後、本格的にガラスの世界に入りました。1960年代後半には、ガラス素材の特性を生かした「流動ガラス」を、1973年からは藤田の代表作ともいえる「飾筥」作品を発表し、国内外から高い評価を受けました。50歳を過ぎてからもイタリアのヴェネチアで伝統技法を学び、レースガラスやオブジェなど新たな作品にも積極的に取り組んだことで知られています。色ガラスの持ち味を生かし、日本の文化や伝統美を反映させた作品や、優れた色彩感覚と造形力で芸術性の高い作品を残した。

玉川堂(ぎょくせんどう)
創業1816年(文化13年)の日本の金属加工業者。日本国内の地場産業として有名な新潟県燕市の金属加工業の中でも唯一、1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する「鎚起銅器」(ついきどうき)の伝統技術を二百年弱に渡って継承している老舗企業。銅に多彩な着色を施す技術は、世界でも玉川堂のみが保有している。世界最高品質の銅器を製造し、世界中に顧客を持つ。