東京都世田谷区豪徳寺にて、人間国宝平田郷陽の衣装人形、古伊万里など。

 

東京都世田谷区豪徳寺にて、人間国宝平田郷陽の衣装人形(嬉戯、熟柿、遊魚、凧上げ)、古伊万里などをお売りいただきました。

旧家解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。新年早々、六角堂にとって大変嬉しい出張買取となりました。当社でずっと探しておりました人間国宝平田郷陽(ひらたごうよう)の作品をお売りいただきました。しかも四体まとめてでございます。平田郷陽の作る人形は「生き人形」とまでいわれ、中でもこの度お売りいただいた子どもの無邪気なしぐさの一瞬をとらえた作品は平田郷陽の代表作となっております。愛好家が多く、一生のうち郷陽の作品を一度は持ちたいという熱意を持っているファンが多い昭和を代表する人形作家です。1955年には、人形界初の国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定されており、木目込みの技法を用いた衣裳人形を多数手掛けています。残念ながら一点共箱の欠品、三体に髪の毛の欠品や指の破損、欠品などございました。しかしながら六角堂で最も強化買取りしている作家作品、お客様にお喜びいただける査定額にて買い取らせていただくことが出来ました。古伊万里も初期伊万里の皿一点、鉢や大皿など多数お売りいただきました。新年早々、素晴らしい作品の数々をお売りいただき有難うございました。
本日は志木市場の仲間たちと荻窪駅のそばにある「すし屋の源」で新年会をしました。大好物のなまこや生牡蠣、美味しいお寿司をいただきました。明日からも仕事がたまっておりますので、お酒は我慢しました。良い買取にお食事と大変嬉しい一日となりました。T橋社長、ご馳走様でした!

平田郷陽(ひらたごうよう)1903年(明治36)~1981年(昭和56)
1903年 松本喜三郎・安本亀八 系統の活き人形師であった初代平田郷陽(恒次郎)の長男として、東京浅草に生まれる。
1917年 14歳の時、父のもとで人形製作の修行を始める。
1924年 父の跡を継ぎ二代卿陽を襲名。
1927年 市松人形を製作。
1928年 岡本玉水・久保佐四郎・名川春山・吉田永光らとともに、創作人形の研究団体「白沢会」を結成する。
1935年 日本人形社を立ち上げる。
1936年 第1回帝国美術院展に初入選。
1937年 パリ万国博覧会に出品し、金賞受賞。
1955年 重要無形文化財「衣裳人形」保持者(人間国宝)に認定される。
1959年 皇后宮殿に「瑞鳥」製作。
1968年 紫綬褒章を受賞。
1974年 勲四等瑞宝章を受賞。
1981年 逝去。享年77歳。

東京都大田区田園調布にて、雨宮敬子のブロンズ裸婦像の買取。

     

東京都大田区田園調布にて、雨宮敬子のブロンズ裸婦像、洋画をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、人気彫刻家雨宮敬子の作品。裸婦のブロンズ像になります。共箱がなくお客様が作家が分からないとのことでしたが、足元のにあるKeikoのサインやお顔の表情ですぐに雨宮敬子のものと分かりました。雨宮敬子は、女性像の中でも、特に裸婦像を一貫して作り続けており、外観的な女性美を表現するだけでなく、内面的・精神的な美を表出させることによって、女性ならではの清楚な作風となっています。 多少スレや傷みがございましたが、六角堂で買取強化中の作家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。ブロンズの他、洋画やリトグラフなども併せてお売りいただきました。良いお品をまとめてお売りいただき有難うございました。
帰りに市場の仲間たちと食事をすることになりました。荻窪駅にあるインド料理屋「ナタラジ 荻窪店」さんへと行きました。店内は広く、とても良い雰囲気の場所でした。こちらのカレーは肉を使わず野菜や豆類のみで作られており、とてもヘルシーです。カレーはもちろん、天然酵母のナンやラッシーもとても美味しかったです。

雨宮敬子(あめみやけいこ)
父・雨宮治郎、弟・雨宮淳も日本芸術院会員として活躍した彫刻一家で育つ。日本大学芸術学部を卒業し、北村西望、富永直樹に師事する。裸婦を中心とした作品を展開しています。
1931 東京に生まれる
1956 第12回日展初入選(以後連続入選)
1958 第1回新日展「薫風に望む」特選(以後1回)
1969 総合美術展「湖」参加
1972 第26回新樹会展招待出品(’77まで)
1980 第1回現代女流美術展出品(以後連続出品)
1982 第10回長野市野外彫刻賞受賞
1985 第17回日展「道」内閣総理大臣賞受賞
1994 日本芸術院会員となる
1996 個展(日本橋・三越)
1998 日本彫刻会常務理事となる
2002 日刊現代美術展実行委員をつとめる
2005 国民文化祭美術展で審査員となる
2017 旭日中綬章受章、文化功労者となる

東京都新宿区中落合にて、塗師祥一郎、小山田典彦、上村松園などの絵画買取。

 

今年度初の出張買取。昨日は、各古物市場へ新年の挨拶準備や出張買取の日程調整、荷物の仕分けなどでバタバタしておりました。本日は二件の予定、一件はお見積り査定、一件は絵画の出張買取となりました。一件目は東京都渋谷区へ遺品整理によるお茶道具のお見積りで伺いました。表千家茶道のの師範をされていた方で、即中斎書付のお道具や茶掛けなどがたくさんございました。良いお道具が多く、目一杯の査定額を提示させていただいております。ゆっくりと処分していきたいとのことでしたので、処分される際にはまたお呼びください。二件目は新宿区中落合へ、処分整理でお呼びいただきました。タンス、絵画の買取でお呼びいただきましたが、残念ながらタンスは現在リサイクルの厳しいものでした。絵画は相見積もりでございましたが、当社にお売りいただくこととなりました。お売りいただいた絵画は、塗師祥一郎の油彩画「木」、小山田典彦の日本画「秋草」、上村松園のリトグラフ「序の舞」など。タトウ箱の欠品、額の痛みなどございましたが、当社で買い取りを強化している作家作品でしたので、頑張り査定で買い取らせていただきました。絵画の他に、小型家具や弓道の矢筒などもお売りいただきました。新年早々、良いお品をお売りいただき有難うございました。大切に次へと繋げさせていただきます。
倉庫へ戻る途中、新宿区西落合にある「横浜ラーメン山藤家」さんで食事をしました。わたしは味玉ラーメンをいただきましたが、バランスの良い家系ラーメンといった感じです。もやし、ライスのトッピングが無料なのがお得です。美味しかったです。

塗師祥一郎(ぬししょういちろう)1932~2016年
雪景を主題とした写実絵画を追求し、細やかな情感のこもる作風で知られている。
1932年 石川県小松市に生まれる。
1953年 金沢美術工芸大学洋画科を卒業。小糸源太郎に師事。
1952年 第8回日展に「展望」が初入選。翌年には光風会展に初入選。光風会会員となる。
1967年 光風会展退会。日洋展に参加。
1976年 日展会員となる。
1982年 「待春の水辺」が会員賞を受賞。
2003年 日本芸術院賞を受賞し、日本芸術院会員となる。
2008年 旭日中綬章受章。
2015年  埼玉県立近代美術館「未来に遺したい埼玉の風景-塗師祥一郎展」
2016年 84歳死去。

小山田典彦(おやまだのりひこ) 
1946年 宮城県に生まれる。父は日本画家小山田道憲
1969年 武蔵野美術大学日本画科卒業、福田豊四郎に師事
1972年 愛媛県美術展出品・知事賞・松山市長賞・愛媛新聞社賞受賞
1983年 個展開催(今治)
1989年 日仏現代美術展入選
1991年 個展開催(東京)
1994年 東京町田中央ライオンズクラブ旗製作
現在:無所属 埼玉県新座市在住

上村松園(うえむらしょうえん)
1875年 京都府に⽣まれる。
1887年 京都府画学へ⼊学。鈴⽊松年に師事。
1888年 「松園」の号を受ける。京都府画学校を退学。
1890年 第3 回内国勧業博覧会の出品作品の「四季美⼈図」が、⼀等褒状を受ける。
1893年 幸野楳嶺に師事する。
1895年 ⽵内栖鳳に師事する。
1900年 第8 回⽇本絵画協会、⽇本美術連合共進会にて⼆等銀賞受賞。
1940年 ニューヨーク万国博覧会に「鼓の音」を出品。
1941年 帝国芸術会員となる。
1943年 新文展審査員となる。
1946年 第⼀回⽇展審査員となる。
1948年 ⽇本⼈⼥性で初の⽂化勲章を受章。
1949年 逝去。享年74歳。

明けましておめでとうございます!

旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もお客様に喜んでいただけるように努めて参りますので、一層のご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。
六角堂は、1月3日までお休みをいただいており、4日よりお見積り、出張買取を開始させていただきます。
本年もたくさんのご依頼をお待ちしております。

2018年もお世話になり有難うございました!

今年も残すところあと僅かとなりました。
六角堂が無事に一年を過ごせましたのも、 皆様の多大なご支援のおかげでございます。
今年お会いしましたたくさんのお客様、仕事関連の皆さま大変感謝しております。
来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い致します。
新年もまた、たくさんのお客様とお会いできますことを楽しみにしております。
皆様よいお年をお過ごしください。

埼玉県草加市にて、岩谷堂箪笥(四段整理たんす)の出張買取。

 

埼玉県草加市にて、伝統工芸品岩谷堂箪笥(四段整理たんす)をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。本日から年末年始の休暇をいただく予定でしたが、前にお問い合わせいただいたお客様からご連絡いただきましたので、出張買取に伺いました。一件目は埼玉県草加市へ解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。ご家族の思い出のお品を解体されてしまう前にとのことでお呼びいただきました。お売りいただいたお品は、岩手県の伝統工芸品である岩谷堂箪笥(いわやどうだんす)。こちらは四段の整理タンスという形になります。欅材に南部鉄器の飾りと、とても雰囲気の良いたんすになります。残念ながら一部にヤケによる変色、引き出し部に割れなどございましたが、大変素晴らしい箪笥ですので、買い取らせていただきました。他にも四方丸の総桐帯箪笥がございましたが、残念ながら吊り作業でないと搬出できない状態でした。解体時に下におろすことが出来たらまたお呼びいただけるとのこと、お待ちしております。今年の締めに良いたんすをお売りいただき、有難うございました。二件目は東京都中野区白鷺へ、遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは、お着物やオーディオ、雑貨などを買い取らせていただきました。お着物はウールのものやシミ汚れなどございましたが、全て買い受けさせていただきました。なるべくお荷物を減らしたいとのことで、リサイクル出来る物を多く買い取らせていただきました。お荷物を減らすことが出来、お客様にお喜びいただけました。年末でお忙しい中、当社をご指名いただき有難うございました。
本日の昼食は中野区上鷺宮にある「ラーメン豚力」へ寄りました。二郎系のお店でとてもボリュームがございました。厚めのチャーシュー、太麺がとても美味しかったです。二件目が控えておりましたので、ニンニクは我慢して抜いていただきました。次回はニンニク増しでいきたいと思います。本年の出張買取は本日で終了、誠に勝手ながら、明日12/31~1/3まで、年末休暇のため、買取業務はお休みとなります。 電話受付、メール問い合わせにつきましては、年末年始も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。今年一年、有難うございました。

東京都小平市にて、森誠の油彩画「柳生風景」などの絵画、雑貨など。

東京都小平市にて、森誠の油彩画「柳生風景」などの絵画、雑貨などをお売りいただきました。

出張買取が続き多忙の為、買取事例の更新が遅れてしまってます。徐々に更新させていただきます。本日は三件の出張買取。東京都武蔵野市境南町、世田谷区祖師谷、小平市花小金井の三件を回りました。奥様のご出産でお休みをいただいていたN尾氏が本日から復帰、早々に出張買取に同伴してもらいました。一件目は武蔵野市境南町へ、お着物のお片付け整理でお呼びいただきました。少々古いお着物ではありまししたが、ご実家が呉服屋さんをされておりましたので保管状態も良く、良いお着物が多くございました。和装小物を含め、全て買い取らせていただきました。一点一点が大切な思い出のお着物、大切に次へと橋渡しさせていただきます。ご指名いただき有難うございました。二件目は世田谷区祖師谷へ、お着物、洋食器、掛軸、絵画のお見積り。マンションとトランクルームで見積もりをさせていただきました。洋食器はロイヤルコペンハーゲンなど、絵画は上村松園、上村淳之のリトグラフや藤本東一良の油彩画、外国人作家のものなど多数ございました。本日は見積りのみでしたが、帰りにご連絡いただき年明け一月に買い取らせていただくこととなりました。一月にまた、よろしくお願い致します。三件目は小平市花小金井へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物や雑貨、絵画など多数お売りいただきました。絵画は日本の風景を描かれたものが多くあり、たくさん買い取らせていただきました。森誠(もりまこと)は1921 ( 大正10 )生まれ長崎県出身の洋画家。師、赤松麟作。無所属、元創造美術協会会員・委員。 1998 ( 平成10 )に逝去されました。日本の古民家を多く描かれた画家です。他にも海外からのお土産でいただいた陶器や置物などございましたが、こちらはまた次回お呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。遅くまでお付き合い下さり有難うございました。
本日の昼食は祖師ヶ谷大蔵駅のそばにある中華料理屋「太陽島」さんへ寄りました。日替わり定食の麻婆豆腐をいただきました。杏仁豆腐、サラダ、スープが付いてなんと600円。本場中華のお味でとても美味しかったです。本日も帰りが遅くなってしまったので、小平市から倉庫へ戻る途中「魁力屋」さんで食事をしました。野菜味噌らーめんをいただきましたが、とても美味しかったです。寒い時にラーメンは温まります。明日からお休みをいただく予定でしたが、急遽出張買取が決まりましたので、明日も一日頑張ってまいります!

東京都中野区弥生町にて、二世秦蔵六造の齋法貨書鎮、ペルシャ藍釉壷。

 

東京都中野区弥生町にて、二世秦蔵六造の齋法貨書鎮、12世紀のペルシャ藍釉壷をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、東京都青梅市へ伺いました。こちらは既に二度来ているお客様で、お売りいただいた点数が大変多く、本日はトラック二台で向かわせていただきました。陶器の買取でしたが数の多さにトラック二台パンパンに埋まってしまいました。それでもなお積みきれず、もう一度お伺いさせていただくこととなりました。搬出にお客様の会社の従業員の方も手伝いに来てくださり、スムーズに終えることが出来ました。お気遣いくださり有難うございました。また次回もトラック二台でお邪魔させていただきます。本日二件目は、中野区弥生町へ遺品整理でお呼びいただきました。生前お爺様が集めていらっしゃったという骨董品などをお売りいただきました。お売りいただいたのは、二世秦蔵六造の齋法貨書鎮、12世紀のペルシャ藍釉壷の他、掛軸や書道具など。二世秦蔵六(生没年不詳)は一説に1854年生~1932年没ともありますが詳しくは不明。文久年間から続く鋳金家で、初代は孝明天皇の御印、明治天皇御璽、大日本国璽、徳川慶喜の黄金印を鋳造されました。その後は代々「蔵六」を名乗り鋳金技法を継承しております。青銅器の創作で名高い京都の金工師。署名や落款などから判断した二世の本姓は橘氏であろうといわれております。秦蔵六の作品は、中国からの人気もあり、六角堂でも買取を強化している人気作家であります。波斯(ペルシャ)藍釉壷はおおよそ12世紀のものと思われます。銀化され雰囲気の良い小壺となっております。残念ながらカケや直しなど状態はいまいちでございました。査定に担当したN尾氏がペルシャ陶器が好きな為、わたくしの想像以上の高査定をしておりました。査定額にお喜びいただけたので良かったです。お爺様の大切にされていたお道具、大切に次へと繋げさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。
本日も市場の仲間たちから連絡があり、高円寺で食事をすることとなりました。まずは「らーめん一蔵」さんで赤鬼ラーメンをいただきました。辛味噌のスープですが、追加で油唐辛子を入れるととても美味しいです。そしてそのまま歩いて10秒くらいの場所にある「すてーき亭」さんへまさかのはしご。こちらのステーキですが、ボリュームがあって料金が千円程度。しかもご飯がお代わりし放題のようです。さすがにわたしはご飯を食べれませんでしたが、ステーキは完食。少し体を動かします。

さいたま市桜区にて、清水公照絵付田原陶兵衛造萩茶碗、象彦の茶入など。

埼玉県さいたま市桜区にて、清水公照絵付田原陶兵衛造の萩茶碗、平安象彦の菊寿蒔絵茶入など、お茶道具をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。生前整理でお茶道具を処分したいとご連絡いただき、出張買取させていただきました。茶碗、水差 、棗、茶入、香合、花入、茶杓、菓子皿などの茶道具を一点一点査定し、全て買い取らせていただきました。十二代田原陶兵衛の萩茶碗には、東大寺長老清水公照によるだるまさんの絵付けが入っており、とても素敵な作品でした。共箱蓋裏にも清水公照の書付がございます。全てのお道具の保管状態が良く、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。お客様の思い出のお道具たち、六角堂で責任もって大切に次へと繋げさせていただきます。本日はご指名いただき有難うございました。
帰宅後に家族でららぽーと富士見に行き、「彩の国レストラン」さんで夕食をいただきました。こちらのお店は、色々な野菜をたくさん使った自然食ビュッフェレストラン。外食が多く、野菜不足が続いておりますので、こちらには時々寄らせていただいております。本日もたくさんの野菜を補給させていただきました。

十二代 田原陶兵衛(たはらとうべえ)1925~1991年 本名:源次郎
温和な人柄で知られ、茶碗にかけては特に攻手。裏千家茶道の造詣を深め、伝統の家法に習熟し、萩焼の源流である高麗茶碗の研究に励み、陶兵衛茶陶とも称すべき独特の作風を作り上げた。
1925年 10代・田原陶兵衛の次男として山口県で生まれる
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る
1945年 終戦と共にシベリアに抑留される
1948年 抑留されていたシベリアから復員する
1956年 12代・田原陶兵衛を襲名する
1972年 日本工芸会正会員となる
1981年 山口県指定文化財に認定される
1982年 山口教育文化交流視察団に参加。
1991年 9月27日、66歳にて永眠

清水公照(しみず こうしょう)1911年(明治44)~1999年(平成11)
兵庫県出身 龍谷大学卒 本名「睦治」、号「泥仏庵」、異名「今良寛」
1927年東大寺塔頭宝厳院に入寺、清水公俊(後の義父)の下で修行し、僧名を公照。
33年からの天龍寺での四年間の禅の修業を経て、37年には東大寺塔頭龍蔵院、同上生院住職に就任。戦時中は、中国に出征となるが、帰国後の46年に、東大寺塔頭宝厳院住職に就任。
47年に青々中学(後の東大寺学園)を創建、63年には東大寺幼稚園と女子学園園長に就任するなど
学校教育にも貢献。
華厳宗宗務長、東大寺執事長などの就任を経て、75年から大僧正、華厳宗管長、東大寺住職 第207・208世別当を歴任、81年には東大寺長老となり「仏教伝導文化章」を受章。
氏の代表的な仕事の一つに、71年から10年間かけての東大寺大仏殿の「大仏殿昭和大修理落慶大法要」があり主宰、厳修を務めた。約50億円もの資金を要した大偉業を成し遂げました。
また法務の傍ら美術品研究家として知られ作家作品の箱書、古書や古陶磁の鑑定を行い、自らも絵画、陶芸、書を中心に多数の作品を制作。
特に陶芸作品でテラコッタ風の「泥仏」とされる仏像は愛嬌があり大変人気が高い。

東京都渋谷区上原にて、明代のチベット金銅毘沙門天(クベール)像の買取。

東京都渋谷区上原にて、明代のチベット金銅毘沙門天(クベール)像をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お引越しに伴い、お父様が生前集めていらっしゃったという仏像や陶磁器の処分でお呼びいただきました。仏像はチベットの金銅仏毘沙門天(クベール)像。時代は中国の明代の頃と思われます。毘沙門天(クベール)は多聞天とも称され、四天王の ひとりとして護法神として崇められてきました。財宝を司る神であり、七福神のひとりにも なっております。 日本では古代より怨敵退散、国土鎮護の 尊格として崇拝されてきましたが、もとは インドのヒンズー教の神さまとされております。金銅仏や渡金仏は、元々鋳銅の仏像の表面に渡金をして金色に仕上げたものですので、古いものになると金色が剥落したものが多いです。古いものになると美術品価値の高いものが多く、特に中国やチベットの金銅仏は市場で高値でお取引されております。もちろん六角堂でも金銅仏や渡金仏の買取を強化しております。
また、六角堂では、その他の仏教美術、密教美術も強化買取りしております。
チベット仏、金銅仏、鍍金仏、銅仏像、古銅仏像、鋳銅仏像、石仏像、木彫仏像、珊瑚仏像、白磁仏像、香木仏像、乾漆仏像、象嵌仏像、インド密教仏、ガンダーラ石仏、アカンサス装飾、スコッタ ストッコ像(ストゥッコ像)、テラコッタ像、タンカ、マンダラ、仏画、中国仏画、チベット仏画、高麗仏画、朝鮮仏画、仏教彫刻、宝塔彫刻、仏舎利(ぶっしゃり)彫刻、舎利塔(しゃりとう)彫刻、多宝塔(たほうとう)彫刻、仏具、厨子、線香、香木、数珠、如意(にょい)、金剛杵(こんごうしょ)、釣鐘、香炉、宝珠、経典、経巻、経箱、石彫レリーフ、愛染明王、阿弥陀如来、韋駄天、観音菩薩、地蔵菩薩、釈迦三尊象、釈迦如来、十一面千手観音、十二神将、千手観音、大黒天、毘沙門天、不動明王、弥勒菩薩、薬師如来などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。仏教美術、密教美術に詳しい鑑定士が、見積もりにお伺いします。本日は良いお品をお売りいただき有難うございました。
市場へ戻る途中、中野区でリサイクルショップをされているT橋さんからお電話いただき、高円寺駅で食事をすることになりました。今回もまたT橋さんお勧めの中華料理屋「福龍門」さんへ行き、食事をしました。本日は食べ放題コースにしました。炒飯、麻婆豆腐、小籠包など、どれも美味しかったです。また寄らせていただきます。