東京都世田谷区世田谷にて、お茶道具、銀製品、人間国宝三代徳田八十吉(正彦銘)碧明釉花生。

 

東京都世田谷区世田谷にて、お茶道具、銀製品、人間国宝三代徳田八十吉(正彦銘)碧明釉鶴首花生をお譲りいただきました。

本日は三件、杉並区下高井戸、世田谷区世田谷、港区三田の出張買取でした。杉並区では、中国の書画、アンティーク家具を買い受けました。次回、中国の掛軸やお着物をお売りいただけるとのこと、お待ちしております。二件目は世田谷区、こちらは同業者のご紹介でお呼びいただきました。人間国宝三代徳田八十吉の襲名前作「碧明釉花生」をお売りいただきました。底裏に九谷正彦の銘がございます。残念ながら共箱などの付属品はありませんでしたが、人気作家で当社でも買取強化している作品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。他にもカトラリーなどの銀食器をお譲りいただきました。三件目の港区三田へ向かう途中、渋谷区恵比寿にある「光麺 恵比寿店」へと寄り、秘伝焦がし黒ラー油担々麺、2種チャーシュー丼をいただきました。濃厚スープですので麺との絡み具合がとてもいいです。擦り胡麻がたくさん混ぜ込まれており、坦々麺らしい味わいです。ラー油もたっぷり目に入っていますが、決して激辛というわけではなく、ほどよい辛さでした。麺は多加水麺で、ツルっとした食感がいいです。チャーシュー丼もとても美味しかったです。カウンター席がお洒落で、さすが恵比寿ですね。また行きたくなるお店です。港区三田では、掛け軸や煎茶器などを買い受けさせていただきました。本日は三件の買い取りでしたが、東京都内の移動距離は短く、渋滞にさえはまらなければ一日五件くらい回れそうです。今日はいつもより道がすいていたので、夕方には市場や倉庫へ戻ることが出来ました。

六角堂では、人間国宝、作家物の陶芸作品を探しております。
作家のないお品も多数扱っておりますので、ご処分される前に一度お問い合わせください。
たくさんのお問い合わせ、心よりお待ち申し上げます。
陶芸(人間国宝) 色絵磁器 - 富本憲吉、加藤土師萌、藤本能道、十三代今泉今右衛門、十四代酒井田柿右衛門 鉄釉陶器 - 石黒宗麿、清水卯一、原清 民芸陶器 - 濱田庄司 志野 - 荒川豊蔵 萩焼 – 三輪休和(十代三輪休雪)、三輪壽雪(十一代三輪休雪) 備前焼 – 金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳 唐津焼 – 中里無庵 染付 – 近藤悠三 白磁・青白磁 -塚本快示 琉球陶器 - 金城次郎 鉄絵 - 田村耕一 練上手 - 松井康成 白磁 - 井上萬二 三彩 - 加藤卓男 民芸陶器- 島岡達三 青磁 – 三浦小平二、中島宏 彩釉磁器 - 三代徳田八十吉 常滑焼(急須)-三代山田常山 釉裏金彩(ゆうりきんさい)-吉田美統 無名異焼(むみょういやき)-五代伊藤赤水

三代徳田八十吉(とくだやそきち) 1933年(昭和8)~2009年(平成21) 石川県小松市出身
1954年 祖父について絵付けなどの修業をはじめる
1963年 日展初入選
1971年 日本伝統工芸展NHK会長賞
1977年 同展で日本工芸会総裁賞
1986年 日本伝統工芸展で保持者選賞
1986年 三代徳田八十吉を襲名
1991年 日本陶芸展秩父宮賜杯
1993年 紫綬褒章
1994年 日本工芸会理事
1997年 重要無形文化財「彩釉磁器」保持者に認定