カテゴリー別アーカイブ: 桐たんす・和家具

神奈川県横須賀市で頓所芳男の加茂桐箪笥、横浜市でラッセンの絵画。

   

本日は二件の出張買取。一件目は神奈川県横須賀市へ、遺品整理で出張させていただきました。本日お売りいただいた桐タンスは、伝統工芸士頓所芳男の加茂桐箪笥。新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の下三大洋和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。前飾りには、美峰刻の銘あり。着物専門店で有名なきもののさが美さんで造られた桐たんすようで、さが美創作のシールがございます。所々シミ汚れなどございましたが、油単をかけていらっしゃいましたので比較的状態の良いタンスでした。お母様が大切にされていた桐たんす、大事に次へと繋げさせていただきます。二件目は横浜市保土ヶ谷区へ、業者様のご紹介でお呼びいただきました。お引越し前のお片付け整理とのことで、ラッセンをはじめ、油彩画、リトグラフなど買い取らせていただきました。お売りいただいたラッセンの絵画は、ミクストメディア「イノセンス」というもの。イルカの戯れる姿が素敵ですね。額に剥げやカケなどございましたが、人気のラッセン作品でしたのでお客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。素敵なお品をお売りいただき有難うございました。本日の昼食は、横浜横須賀道路にある横須賀パーキングエリアへ寄りました。天玉うどんに漁師飯というものをいただきました。漁師飯は鰹節と温玉がマッチしていてとても美味しかったです。
六角堂では、ラッセンをはじめ、インテリアアートの買い取りを強化しております。強化中の作家は以下となります。
天野喜孝、石ノ森章太郎、KAGAYA(カガヤ) 、笹倉鉄平、ジョウ・ナイトウ、鈴木英人、塚本馨三、鶴田一郎、藤城清治、松本零士、山形博導(ヒロ・ヤマガタ)、アイベン・ロール、シム・シメール、丁紹光、ミッシェル・ドラクロワ、ミッシェル・バチュ、ジア ルー、トーマス・マックナイト、マーティロ・マヌキャン、クリスチャン・リース・ラッセン、ホアキン・トレンツ・リャド、カーク・レイナート
ご不要の絵画がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

東京都板橋区にて岩谷堂箪笥、千葉県船橋市で亀文堂鉄瓶など。

本日は二件の出張買取。一件目は板橋区蓮根へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは岩谷堂箪笥(方扉整理箪笥)、和装小物などを買い取らせていただきました。欅の木目がしっかりと出た岩谷堂箪笥、南部鉄器の金具がかっこいいですね。内部には上質な桐が使われております。漆塗りの上に、手打ち手彫りで作られた堅牢で優美な金具が付いています。また、金庫の役目をするため、鍵のかかる金具が使われております。とても重厚で伝統的な和箪笥になります。天部に所々傷がございましたが、全体的に状態の良いものでした。ご家族が大切にされていたタンス、当社で大切に次へと橋渡しさせていただきます。ご指名いただき有難うございました。二件目は、千葉県船橋市へと出張しました。東北のご実家の整理で、メールでお品を選ばせていただき千葉県までいただき運んできていただきました。遠路、お品を連れてきていただき有難うございました。お売りいただいたのは、亀文堂の鉄瓶、煙草盆、宣徳銅瓶掛火鉢など。古き良き時代のお道具を買い取らせていただきました。亀文堂の鉄瓶は、胴に山水図の彫りがあり、持ち手には松竹梅の銀象嵌が入っております。今回お売りいただいた亀文堂、その歴史は大変古く、明治時代から昭和にかけて製作されていたと言われております。「亀文堂」初代は波多野正平であり、鋳金術の名工としても有名な「龍文堂」二代安平の元で修行を実の弟である秦蔵六(はたぞうろく)と共に行いました。亀文堂の作品は現在でも日本国内ならず、中国など世界各国で高い需要があります。胴後部に「日本亀文」底面に「家拙日本琵琶湖之東」と銘のある鉄瓶、「亀文堂 梅泉造」「亀文堂 淡海秀光造」と銘がある鉄瓶は高値が付いており、六角堂でも積極的に買取を強化しております。ご不要の亀文堂鉄瓶などがございましたら、是非六角堂をご指名ください。
二件目の船橋市へ向かう途中、「壱鵠堂(いちこくどう)夏見台店」さんへ寄り、白壱鵠堂ラーメンをいただきました。白味噌に辛ネギが合いますね。とても美味しかったです。

東京都武蔵野市にて、関西長火鉢、日本画家横山大観の工芸掛軸など。

本日は二件の出張買取。一件目は、三鷹市上連雀へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。今年三月に見積もりへ来たお客様で、マルニの金華山応接セットや雑貨などを買い受けさせていただきました。千葉県へお引越しされるとのこと、また何かございましたらご連絡ください。有難うございました。二件目はお片付け業者様のご紹介で、武蔵野市へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは、欅材の関西長火鉢や横山大観の工芸軸、南部鉄瓶や贈答品などを買い取らせていただきました。長火鉢とは、茶の間や居間に置く横に長い箱型の木製火鉢であります。猫板・銅壺(どうこ)・引出しなどがついております。長火鉢には、関東長火鉢と関西長火鉢があります。違いは、関西長火鉢には角火鉢の四辺に10cm前後の張が付いております。テーブルのような枠のついている火鉢が、関西長火鉢となります。近年、関西長火鉢の方が人気があり、高値が付くことが多いです。上部にヤケによる変色がありましたが、当社で買い取りを強化している商品となりますので、買い受けさせていただきました。横山大観は言わずと知れた近代日本画壇の巨匠であります。工芸作品ですが、こちらも六角堂強化買取り作家作品ですので、買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお品、大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。
今日は帰りに、新座市にある「かつ庵」さんへと寄りました。とても安くて、美味しかったです。

横山大観(よこやまたいかん)
本名は横山秀麿(ひでまろ)
岡倉天⼼らと⽇本美術院を創設した⽇本画壇の巨匠。
「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる線描を控えめに使う独創的な没線描法を確立しました。
1868年 ⽔⼾に⽣まれる
1885年 東京英語学校に⼊学。洋画家の渡辺⽂三郎から鉛筆画を学ぶ
1889年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)の第⼀期⽣として⼊学
1898年 岡倉天⼼の指導を受け、⽇本美術院創⽴に携わる
1914年 ⼤正博覧会鑑査委員に就任。⽇本美術院を再興する
1940年 ⽂化勲章を受章
1958年 逝去。勲⼀等旭⽇⼤綬章を受章

東京都渋谷区松濤にて時代箪笥など、本町にて徳田正彦の彩釉花生など。

東京都渋谷区松濤にて時代箪笥など、渋谷区本町にて人間国宝三代徳田八十吉(正彦)の彩釉花生、茶道具などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、渋谷区松濤へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、時代箪笥やベトナムで購入されたというシェルフをお売りいただきました。時代箪笥は、明治~大正時代のものでしょうか、時代桐箪笥と前欅の時代重ね箪笥になります。重ね箪笥の金具飾りには、桜丸が使われております。古いものですが、状態の良い時代箪笥でした。古き良き時代の家具をお売りいただき有難うございました。二件目は渋谷区本町へ、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お引越しに伴い、茶道具などお道具を処分されるとの事でお呼びくださいました。お茶道具は、茶碗や水指、釜など一式お売りいただきました。また、人間国宝である三代徳田八十吉(正彦)の彩釉花生をあわせてお売りいただきました。底裏に九谷正彦の銘がございます。人間国宝になる前の前作ではありましたが、人気作家で当社でも買取強化している作品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。良いお道具をお売りいただき有難うございました。
今日は志木市場の開催日でしたので、出張買取後に寄らせていただきました。市場が終わって、みんなで赤羽駅にある「磯丸水産 赤羽南口店」へ食事に行きました。島寿司、炉端焼きでいただく蟹味噌甲羅焼、あら汁など、とても美味しかったです。磯丸水産さんは初めて行きましたが、とても美味しくて良かったです。また寄りたいと思います。

三代 徳田八十吉(とくだやそきち) 1933(昭和8)年~2009(平成21)年
3代徳田八十吉は2代徳田八十吉の長男として石川県に生まれる。本名を正彦といいます。
1954(昭和29)年に金沢美術工芸大学を中退し、
祖父・初代徳田八十吉に釉薬の調合や上絵付け技法を学び、
父より九谷焼の上絵付け等に対する現代陶芸の革新的な創造精神を受け継ぎました。
1966(昭和41)年、一水会委員に就任しました。
1967(昭和42)年に小松市立博物館で開催された「九谷古陶磁名品展」を契機とし、
青手古九谷に範を求めて各色釉の微妙な濃淡の変化を追及する表現技法に取り組みます。
1971(昭和46)年、NHK会長賞を受賞しました。
1972(昭和47)年、日本工芸会正会員となりました。
1977(昭和52)年、日本工芸会総裁賞を受賞しました。
1979(昭和54)年、日本伝統工芸展鑑査員に就任しました。
1984(昭和59)年、日本伝統工芸展の出品作品が文化庁に買い上げられました。
1985(昭和60)年、北国文化賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
石川県九谷焼無形文化財資格保持者に認定されました。
日本伝統工芸展の出品作品が重要無形文化財資格保持者選賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、藤原啓記念賞を受賞しました。
日本伝統工芸展の出品作品が文化庁に買い上げられました。
3代徳田八十吉を襲名しました。
1990(平成2)年、高円宮殿下に御来窯御台臨を賜りました。
’90国際陶芸展グランプリー、小松市文化賞を受賞しました。
1991(平成3)年に日本陶芸展の出品作品が秩父宮賜杯を受賞し、
近代美術館に買い上げられました。
外務大臣表彰を受けました。
1992(平成4)年、日本伝統工芸展監査主任・審査員に就任しました。
一水会陶芸部運営委員に就任しました。
1993(平成5)年、大英博物館に碧明燿彩花瓶等が収蔵されました。
紫綬褒章を受章しました。
スミソニアン・サックラー美術館に作品が収蔵されました。
1994(平成6)年、日本工芸会理事に就任しました。
1996(平成8)年、石川県陶芸協会会長に就任しました。
1997(平成9)年、MOA岡田茂吉賞大賞を受賞しました。
重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定されました。
小松市名誉市民の称号を受けました。
1998(平成10)年、メトロポリタン美術館に燿彩線文壷が収蔵されました。
2009(平成21)年、8月26日逝去。従五位に叙位される。

東京都目黒区三田にて、伝統工芸士田澤謙介の加茂桐箪笥、茶道具など。

 

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、東京都目黒区三田へリフォーム前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお客様をご紹介くださりありがとうございます。伝統工芸士田澤謙介の加茂桐箪笥、和家具、茶道具、陶磁器、掛け軸、ダンヒルのパイプなどをお売りいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の総盆和箪笥というタイプのもので、当社でも多く取り扱う高級桐たんすになります。上部・下部の四方角が丸い桐たんす「四方丸」という桐たんすになります。全てが衣装盆の総盆タイプで、15の衣装盆が収まってます。伝統工芸士である田澤謙介氏の作、前飾りには、光保刀と銘がございます。田澤謙介氏は、加茂桐箪笥伝統工芸士の第一人者であり、たくさんの素晴らしいたんすを作られた方でございます。多少シミ汚れがございましたが、当社の買取強化作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。次回、お着物の買取でお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
本日二件目は、杉並区西荻南へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、反物や掛け軸、お茶道具一式をお売りいただきました。茶道具は共箱のないものなどもございましたが、買い取り強化中の為、一式全て買い受けさせていただきました。お客様のお母様が大切にされていた反物やお茶道具など、六角堂で大切に次へと繋げさせていただきます。数多くお売りいただき、有難うございました。
本日の昼食は、目黒駅にある「福の花 目黒店」さんへ行きました。山口県の地鶏料理のお店ですが、ランチタイムで寄りましたので、画像のメニューで800円ぐらいでした。しかもご飯、お味噌汁はおかわり自由、食べ盛りの私には嬉しいです。とてもお得で、とても美味しかったです。また目黒に来た時には、是非寄らせてもらいます。

東京都文京区本駒込にて、明治期の仙台箪笥、盛栄堂南部鉄瓶など。

 

東京都文京区本駒込にて、明治期の仙台箪笥、盛栄堂南部鉄瓶や贈答品などをお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。まずは、トランクルームでかいと長い間保管されていた明治期頃の仙台箪笥、チークのセンターテーブルを買い取らせていただきました。欅材に当時の南部鉄金具がとても雰囲気の良いタンスです。鍵の欠品、背板に破損などございましたが、当社で買い取りを強化している時代箪笥ですので、買い取らせていただきました。また、お客様宅の倉庫から、贈答品や鉄瓶などの茶道具をお売りいただきました。なるべく倉庫を片付けたいとのことでしたので、リサイクルできるものは全て買い受けさせていただきました。ご家族の思い出のたんすかと思います。大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。
帰宅は夜となってしまいましたが、倉庫へ戻る途中にある「松屋」さんへ寄り、「ビビン丼」をいただきました。ピリ辛キムチに甘辛のたれが合いますね。とても美味しかったです。明日は出張買取をお休みいただき、一日倉庫で仕分け作業をします。お客様から買い受けしたお品々を掃除、仕分けして、次へと橋渡しできる準備をさせていただきます。また、明後日からの出張買取も頑張ります!
六角堂では、時代箪笥の買取りを強化しております。山形県庄内の庄内箪笥、山形県米沢の米沢箪笥、宮城県仙台の仙台箪笥、長野県地方の松本箪笥、岩手県地方の岩谷堂箪笥、福井県三国の三国箪笥、滋賀県近江の近江水屋箪笥、新潟県佐渡の佐渡箪笥、福島県二本松の二本松箪笥など、産地の時代和箪笥も強化買取りしております。ご不要の時代箪笥がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

仙台箪笥の歴史は古く、原型は江戸時代末期にまでさかのぼります。主に武士が刀を入れることを目的として作られた箪笥は野郎型と呼ばれ、刀の鞘や裃(かみしも)を納めることができる幅4尺(約120センチ)、高さ3尺3寸(100センチ)の大きさに作られておりました。素材は主に欅や粟。塗りは木目も美しい「木地呂塗り」に、豪華な鉄の飾り金具が取り入れられているのが特徴です。 仙台簞笥は「指物」「塗り」「金具」、3つの技が一体となって、はじめて生み出されます。それぞれのプロ達が技を極め、ひとつの「仙台箪笥」を丁寧に作り上げていく様は、まさに手しごとのバトンリレー。いずれの作業も、熟練の技が冴える職人が手をかけることで箪笥に魂がこめられております。どっしりしながらも艶やかな佇まいで、実物を見るとその存在感に圧倒されてしまいます。

東京都練馬区石神井台にて、加茂桐箪笥(昇りたんす)。

東京都練馬区石神井台にて、加茂桐箪笥(昇りたんす)をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐箪笥は、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の昇り箪笥というタイプのものになります。昇り箪笥とは、高さが背丈ぐらいの和箪笥で、引出しが首の高さまで連なり、その上部を引き違い戸にした形状のもの。現在では、整理タンスとも言います。箪笥の形は大きく分けて、開き箪笥(観音開き)と昇り箪笥がありますが、桐たんすは衣類の収納保存が主な目的ですので、気密性が最も高い昇り箪笥がその目的に最適です。多少、ヤケやシミ汚れなどございましたが、当社買取強化中の加茂桐箪笥ですので、買い受けさせていただきました。他にも、お亡くなりになられたご主人が集めていらっしゃった陶磁器、漆器、贈答品などを査定させていただきました。陶磁器には、前作のものでしたが、人間国宝島岡達三さんの作品や、酒井田柿右衛門窯の作品などもございました。精一杯の査定をさせていただきましたので、ご縁がございましたらよろしくお願い致します。
帰宅途中、練馬区関町にある「丸源ラーメン関町店」さんへ寄りました。丸源ラーメンさんは、国分寺市や小平市方面へ出張するときによく寄らせていただいてますが、久々でした。今日はねぎ肉そばをいただきましたが、とっても美味しかったです。

加茂桐箪笥(かもきりたんす)は、新潟県加茂市で作られる最高級の桐たんす。六角堂でも探し求めている桐箪笥の一つになります。加茂市で「桐たんす」が作られるようになったのは、およそ200年以上前(天明年間)と言われており、現在では日本全国の約70%の桐たんすが加茂で作られています。桐たんすと言えば「加茂」と言われるほど、その技術と品質は全国的に高い評価を受けています。数々の逸品を生み出してきたその技は脈々と受け継がれ、その伝統と優れた品質が評価され、1976(昭和51)年、通商産業大臣から伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の指定を受けました。木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や、柾目の色合いは、家具の最高級品の名にふさわしいものです。

東京都葛飾区柴又にて黒漆違い棚、南部総桐箪笥、千代田区三番町にて飾り棚、着物。

東京都葛飾区柴又にて黒漆に玉石嵌違い棚、南部総桐箪笥、千代田区三番町にて富士山画の飾り棚、お着物などをお売りいただきました。

本日は、二件の出張買取。一件目は、先日買い取りへ伺いました葛飾区柴又のお客様。先日は軍隊物のフィギュアやオーディオを買い取りさせていただきましたが、その時に積み残してしまった家具、茶道具、レコードなどを買い取りに伺いました。違い棚は、近年造られた新しいものですが、黒漆に玉石や螺鈿(貝)が嵌め込まれており、雰囲気良いものでした。桐箪笥は、南部総桐箪笥製のもの。下二大洋の四方丸のもの。油単を掛けられておりましたので、大変状態の良いものでした。お茶道具はお稽古用のものでしたが、状態も良くお茶椀など全て買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお品たち、大切に次へと繋げさせていただきます。二度にわたりお呼びいただき有難うございました。次の出張も家具との事でしたので、一度倉庫へ戻り仲間と合流し、大きいトラックで向かう事にしました。二件目は業者様のご紹介で、千代田区三番町へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。高級マンションで、お客様宅へ向かうのに迷ってしまいましたが、お迎えに来てくださいました。お気遣いくださり有難うございました。こちらでは、富士山画の飾り棚、お着物、和装小物を買い取らせていただきました。唐木でしょうか、とても木目の良い飾り棚でした。良いものをお売りいただき有難うございました。
市場倉庫へ戻ると、仕事仲間たちがおりましたので、みんなでジョナサンへ食事に行きました。最近外食が多いので、必ず野菜を取るよう心掛けております。野菜がない時にはコンビニでスムージーを。健康に気遣って、明日からも出張買取頑張ります!

南部総桐箪笥(なんぶそうきりたんす)
東北地方、青森県の地域ブランド。
三戸郡三戸町で製作されている。総桐箪笥は、南部伝統の技の一つ。嫁入り道具に欠かせない桐箪笥は、昔から青森県内でもつくられておりました。県南地方の南部桐は、柾目が美しく、割れ目ができないという品質のよさに定評がございます。野生の空木を削った木釘のみを遣い、総無垢板などを組み立て完成する。135工程すべてが手づくりされている総桐箪笥は、指物職人の伝統の技法・技術によって生み出される伝統工芸品となっております。青森県伝統工芸品。

東京都豊島区駒込にて、カールハンセンのYチェア、北欧チーク家具など。

東京都豊島区駒込にて、Carl Hansen & Son/カールハンセン&サン(ハンスJ.ウェグナー)のYチェア、カンディハウス/CONDE HOUSEのダイニングセット、ストッケ/Stokkeのバランスチェア(ACTULUM)、北欧チーク家具のダイニングセットなどをお売りいただきました。

先日お呼びいただいたお客様より、再度出張買取でお呼びいただきました。先日は、書道具などを買い取らせていただきましたが、本日は家具の買い取りでしたので、O橋氏に応援を依頼してトラック二台で向かいました。お売りいただいた家具は、現在人気の北欧家具や、デザイナーズ家具など。家具に詳しいN尾氏に査定していただきました。多少ダメージなどございましたが、人気の家具が多かったので、全て買い取らせていただきました。カール・ハンセン&サンは創業100年を超える歴史のあるデンマーク家具メーカー。YチェアをはじめとするハンスJ.ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られております。お売りいただいたYチェアは、椅子の巨匠、ハンスJ.ウェグナーの代表作。1949年にデザインされ、翌年の1950年から生産を開始。60年以上に渡り生産が継続されています。今もなお北欧モダンの名作として世界中で愛されています。カンディハウスは北欧モダンスタイルの家具を得意とした家具メーカーで、家具それぞれにデザイナーを付けて商品開発をおこない、オリジナリティあふれる洗練されたデザインの家具を多く生み出しています。旭川のカンディハウスは、1984年アメリカ・サンフランシスコ、2005年ドイツ・ケルンに販売するための海外拠点を持ち、ヨーロッパでも一流の家具メーカーとして評価されております。ストッケ(STOKKE)は、1932年に北欧ノルウェーで設立されました。ベビーチェアで有名な会社です。他にもチークのダイニングセットなど、素敵な北欧家具をお売りいただきました。素晴らしい家具をお売りいただき、有難うございました!
当社は和家具や骨董品専門店と思われがちですが、高級デザイナーズ家具・北欧家具などの買取もしております。当社提携の専門会社がございますので、高価買取が可能となっております。ご不要になりましたデザイナーズ家具・北欧家具などがございましたら、お問い合わせください。もちろん桐タンスや和家具等、併せてのお見積もり、買い受けも対応させていただきます。
帰りに、O橋氏、N尾氏と一緒に、スシローさんへと寄りました。大食いのO橋氏と食事をすると、ついついわたしも大食いしてしまいます。夏に向けてお腹を引き締めねばと、ここ数年言い続けております・・・。明日も出張買取、頑張ります!

神奈川県横浜市港南区にて、階段箪笥、小箪笥、掛軸、漆器、高橋楽斎の花入。

神奈川県横浜市港南区にて、両面階段箪笥、小箪笥、掛軸、漆器、三代高橋楽斎の花入をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。メールでお問い合わせいただき、お時間を合わせようやくお伺いさせていただくことが出来ました。長らくお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。本日お売りいただきました和家具は、欅材の両面階段箪笥と、同じく欅材に表へ金具をたくさん飾られた時代仕上げ小箪笥。階段箪笥とは、階段下の空間を有効利用する目的で、抽斗 (ひきだし) や戸棚を取り付けたたんす。江戸時代の初め、狭い町屋に登場し、箱階段と呼ばれておりました。衣裳箪笥や商業用の箪笥が現れるよりも前から使われてました。台所の間の正面にあることの多かった階段箪笥、「水屋箪笥」と同様、実際に食器や道具を入れたりするのに使われていたようです。今回お売りいただいた階段箪笥は、近年造られたもので、両面使用できる使い勝手の良い両面階段箪笥です。小振りのものですが、雰囲気の良いたんすでした。また、吸物椀や盆などの漆器、初代高橋楽斎の信楽焼うずくまる掛け花入も併せてお売りいただきました。天保年間(1830~1844)の初代より続く高橋楽斎。二代目楽斎(藤太郎)は、製陶業を継がず、その子の光之助へ三代目が受け継がれました。現在は、五代高橋楽斎が、その伝統を受け継がれております。本品は三代高橋楽斎のもの。初代、二代目が地元の職人的陶工だったため、三代高橋楽斎を初代と考える場合もあるようです。うずくまる(蹲る)とは、人が蹲った様な形をした小壺で、茶の湯では花入れ用に使います。本来は、農作業用の種を入れる壺で、鼠の被害に会わない様に、首に紐を結んで、納屋などの梁にぶら下げて使用した様です。それを茶人が花入に転用されたといわれております。良い和家具やお道具をお売りいただき有難うございました。
帰りに、大黒パーキングエリアへと寄り、ネギ塩豚バラ丼をいただきました。大黒パーキングエリアは今も昔も変わらず活気がありますね。GWで大勢の人たちが休憩をしたり食事をしておりました。GW期間中も毎日出張買取のため、休みがとれなそうです。少しでも早く帰宅して、家族孝行するようにします。明日も頑張ります!!

三代 高橋楽斎(たかはしらくさい) 1898(明治31)年~1976(昭和51)年
3代高橋楽斎は2代高橋楽斎の長男として滋賀県に生まれました。
本名を光之助といいます。
1915(大正4)年、京都陶磁器研修所に学びました。
1916(大正5)年より信楽で作陶に従事しました。
1917(大正6)年、3代高橋楽斎を襲名しました。
1941(昭和16)年、商工省より信楽焼技術保存者の資格認定を受けました。
1960(昭和35)年、ブリュッセル万国博覧会でグランプリを受賞しました。
デンマーク日本陶芸十傑展に選ばれて出品しました。
1964(昭和39)年、滋賀県指定無形文化財に認定されました。
1971(昭和46)年、労働大臣より最優秀技能者の表彰を受けました。
1973(昭和48)年、米国ロサンゼルスで市長より感謝状を受けました。
豪放な魅力をもつ古信楽や古伊賀の作風を採り入れた茶陶を中心に制作し、
4代上田直方と共に近代信楽の名工として高い評価を受けています。