岩手県北上市にて読谷山花織の反物、小玉紫泉つづれ織名古屋帯。

岩手県北上市にて読谷山花織の反物、小玉紫泉のつづれ織名古屋帯をお売りいただきました。

先日買い取りをさせていただいたお客様より、再度反物や帯をお売りいただきました。今回お売りいただいたお品は、読谷山花織(よみたんざんはなおり)の反物、小玉紫泉のつづれ織名古屋帯。読谷山花織(よみたんざんはなおり)は沖縄県中頭郡読谷村で作られている織物。読谷山花織は、織り地に先染めされた糸で花のような幾何学模様の文様を織り込んでます。素材は絹糸もしくは綿糸を用い、染める素材は琉球藍や福木(ふくぎ)やすおうなどを用いて染められます。伝統的な読谷山花織は琉球藍で染められた紺地に赤や黄、白色などで花模様を表します。花模様に縞や格子を組み合わせ、さらに複雑な模様を生み出した織物は、素朴ながら立体感のある花柄が華やかな雰囲気の織物となっております。大変手間のかかる織物の為、琉球王朝時代には王族以外と読谷村以外の庶民は着ることが許されない大変貴重な織物でした。花織は現在では、沖縄県無形文化財及び、通商産業大臣指定伝統工芸品に指定されております。読谷のほか、竹富島、与那国島でも織られておりますが、生産量がごくわずかなため、とても重宝とされています。小玉紫泉(こだましせん)は平成8年度に西陣織爪掻本つづれ(つめかきほんつづれ)の伝統工芸士に認定された女性作家。「文部科学大臣賞」をはじめ、多くの賞を受賞している注目の人気作家です。お売りいただいた帯は1996年の近畿通産省生活局長賞受賞の「鳥」TORIと同作。アンデス地方に伝わる紋様を引用しております。お腹に子供を抱えたカラフルなオウムとピューマは神の使いとしてあがめられているようです。今回もまた、大変素晴らしいお品をお売りいただきまして有難うございました。またお着物をお売りいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
本日は志木の市場がありました。市場終了後、仲間達といつもの大島屋食堂さんで食事をしました。本日は会主のT橋さんの奢りとのことでしたので、遠慮なく贅沢させていただきました。夏海鮮丼、馬刺し、いわしの刺身など、どれも美味しかったです。T橋さんご馳走様でした。

東京都豊島区池袋本町にて、古銅誕生仏、関武比古の銀製宝船など。

東京都豊島区池袋本町にて、古銅誕生仏、木彫り仏像、関武比古の銀製宝船などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は古銅誕生仏や木彫りの仏像、関武比古(関工芸)の銀製宝船など。誕生仏(たんじょうぶつ)とは釈迦が生まれた時の姿をかたどった像。 母摩耶夫人の右脇より生まれ、七歩進んで、右手で天を、左手で地をさし、天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)と唱えたと伝える姿を模しております。天上天下唯我独尊とは宇宙間に自分より尊いものはないという意。多くは本品のように銅造で、まれに木製のものもございます。 灌仏会(かんぶつえ)で祀まつられ、甘茶をかけます。誕生仏はわが国に初めて伝えられた仏像といわれております。比較的新しい誕生仏ではありますが、当社で買い取りを強化している仏像ですので、お客様にご満足いただける査定で買い取らせていただきました。他にも木彫りの聖観音像、大黒天などもお売りいただきました。また、銀製の宝船置物も併せてお売りいただきました。こちらは関工芸のもので、銀960の刻印がございます。鳳凰の船上に細かな銀製のパーツを組み合わせたたいへん緻密な作りです。宝尽くし、鳳凰などのモチーフや緻密な細工によって日本の伝統美が十二分に表現されてます。本日は多数まとめてのご売却、ありがとうございました。
本日は出張帰りに家の近所にある「はま寿司」さんへ行きました。お寿司はもちろんですが、あさりうどん、茶碗蒸し、デザートの凍らせたぶどうも美味しかったです。

岩手県北上市にて中町博志の加賀友禅、大城カメの琉球絣、夏琉球絣、景山雅史の木版更紗。

 

岩手県北上市のお客様より中町博志の加賀友禅「銘:なごり雪」、大城カメの草木染琉球絣、夏琉球絣、景山雅史の木版更紗などのお着物を多数お売りいただきました。

お着物の在庫処分でお売りいただきました。黒留袖、色留袖、訪問着、紬、小紋、帯などたくさんのお着物をお売りいただきました。中でも中町博志の加賀友禅「銘:なごり雪」、大城カメの草木染琉球絣、夏琉球、景山雅史の木版更紗は当社で買い取りを強化しているお品となっておりますので、精一杯査定を頑張らせていただきました。他社と相見積もりでしたが、当社で買い取らせていただくことが出来ました。シミや汚れなど出てしまっているものもございましたが、全て買い取らせていただきました。近日また、読谷山花織の反物などをお売りいただけるとのこと、楽しみにしております。良いお着物をお売りいただき有難うございました。
夕方倉庫で仕分けをしていたら市場の仲間たちが来ましたので、みんなで食事に行きました。たまには美味しいステーキでも食べようと、いきなり!ステーキ 朝霞田島店さんへ行きました。リブロースステーキのセット、ステーキにガーリックライスがとても美味しかったです。明日からも頑張れそうです!

中町博志 (なかまちひろし)
本場加賀友禅作家。加賀友禅作家の中でも重鎮とされる十人衆(石川県指定無形文化財 加賀友禅技術保持者)の一人で、今も第一人者としてご活躍されております。
昭和18年 富山県福光 生まれ
昭和41年 加賀友禅師 直江良三氏に弟子入り
昭和47年 加賀友禅師として独立
昭和63年 石川県指定文化財 加賀友禅技術保持者に認定
平成07年 加賀友禅伝統工芸師認定
平成10年 金沢市文化活動賞受賞
現在 加賀染振興協会理事

大城カメ(おおしろかめ)
琉球絣の第一人者です。大正3年沖縄生まれで50余年織物の道一筋、常に新しい琉球絣の制作に力を注いでこられました。草木染は福木、シブ木、テカチ等の枝や皮を煮て独特の色を出し染めます。平成5年に80歳で他界されましたが、今でも『大城カメ』の琉球絣の評価は高く探し求めるファンが多くおります。

景山雅史(かげやままさふみ)
1946年 京都生まれ
1978年 タイで更紗に出会い衝撃を受ける
1980年 京紅型の栗山吉三郎さんに師事し木版更紗の創作活動に入る
1982年 染色作家展入選
現在CMや舞台衣裳を手がけるなど幅広く活動しております。

東京都国分寺市にて、伝統工芸士 会田勝平の加茂桐箪笥。

東京都国分寺市にて、伝統工芸士 会田勝平の加茂桐箪笥をお売りいただきました。

知人の買取業者さんにご紹介いただき、東京都国分寺市へ遺品整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の下三大洋和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。関東で有数の仕上げ師である会田勝平(伝統工芸士)の作。前飾りには一峯刀と、銘がございます。所々に砥粉落ち、シミ、小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。お母様の思い出の桐たんす、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は良いたんすをお売りいただき、ありがとうございました。近年、桐箪笥の中古市場はリサイクルが大変厳しくなってきておりますが、加茂桐箪笥はじめ伝統工芸に指定されている桐たんすはまだまだリサイクルが可能となっております。ご不要の伝統工芸指定桐箪笥がございましたら、六角堂までお問い合わせください。また、お着物や和装小物などの買取も併せて受け付けております。たくさんのお問い合わせお待ちしております。
市場へ戻る途中、埼玉県朝霞市にあるジョリーパスタさんリーでランチをしました。ランチタイムでしたのでヤリイカとほうれん草の醤油ソースにスープが付いてなんと630円。とても美味しかったです。

茨城県那珂郡東海村にて、掛軸、まくり、印材、壷などの買取。

     

茨城県那珂郡東海村にて、掛軸、まくり、印材、壷などをお売りいただきました。

以前掛軸などの買取でお呼びいただいたお客様から蔵からまた掛軸が出てきたとご連絡いただき、東海村まで再度出張買取へ伺いました。遠距離出張の為、今回もまた水戸駅のビジネスホテルで宿泊し、本日お邪魔させていただきました。本日お売りいただいたお品は、掛け軸や中国のまくり、印材や硯などの書道具、海鼠釉の壺など。掛け軸の中には、松林桂月の扇面山水図などもございました。印材は寿山石、鶏血石、水晶、竹根のものなどございましたが、こちらは次の世代に大切に繋げていかれるとのことでした。時代ある良い印材ですので、大切にされてください。今回もまたお菓子のお土産をご用意していただきました。いつもお気遣いくださり有難うございます。また何か出たときにはお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
画像は、夜の水戸駅、水戸駅そばにある「わさびの花」さんで食事をしました。かつおの塩たたきがとても美味しかったです。水戸といえば納豆、納豆三種盛、納豆の磯部揚げ、締めには納豆の味噌汁をいただきました。納豆は大好きなので毎日のようにいただいてますが、水戸で食べる納豆は格別美味しかったです。朝の水戸駅はビジネスホテルから撮影しました。買い取りの後に東海村のコンビニへ寄ると道端でカブトムシがひっくり返っておりました。足の関節が一つ折れてしまっており、暑さで死んでしまうと心配していたら、N尾氏が子供たちにプレゼントするというので保護しました。バナナを食べさせたらすぐに元気になりました。前回寄った「なか食堂」さんに今回もよりました。サバの味噌煮定食にサンマの蒲焼、とっても美味しかったです。

埼玉県さいたま市桜区にて、伊藤國男のブロンズ像、馬の置物など。

埼玉県さいたま市桜区にて、伊藤國男のブロンズ像、馬の置物などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都世田谷区宮坂にて、ヤマハ製サイレントチェロを出張買取しました。付属品も揃っており、動作確認もしていただいておりましたので、スムーズに買取させていただくことが出来ました。お客様が使用されていた思い出のお品、大切に次へと橋渡しさせていただきます。二件目は埼玉県さいたま市桜区へ、遺品整理でお呼びいただきました。お父様が馬の置物がお好きだったようで、木彫りやブロンズ像などたくさんのお品をお売りいただきました。馬はブロンズ像の中でも人気があり、中でも作家物のお品は高額査定となる場合が多くございます。本日お売りいただきました伊藤國男のブロンズ像も五万円の査定をさせていただき、お客様にお喜びいただけました。共箱はありませんでしたが、保管状態が良かったので査定を頑張ることが出来ました。他にも池田勇八の馬のブロンズがございましたが、こちらは形見として残されるとのこと、良い作品ですので大切にされてください。お父様の大切にされていたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。
暑い日には辛い料理をと、帰り際に大宮駅にある蒙古タンメン中本さんへ寄りました。北極ラーメンは完食できる自信がなかったので、少し辛さを抑えて五目蒙古タンメンを注文しました。中本さんは辛さの中に旨味があり癖になります。いずれは北極にも挑戦してみようと思います。

伊藤國男(いとうくにお)1890年に岩手県生まれの彫刻家。
10人兄弟で家計を助けるためにある彫刻家の内弟子となり、その頃に馬と関ったことがきっかけで馬像を彫るようになりました。騎兵学校や御料牧場を訪ねては馬像の制作に励み、やがてその作品は天皇陛下の元にも置かれるようになりました。モデルとなった馬たちが次々と戦争で命を落とすことに心を痛め、全財産を費やして戦没馬慰霊像を制作しました。生涯の全てを馬像制作に捧げたといわれている作家でございます。

栃木県那須塩原市にて、くり甲のお琴、17弦の琴、琴道具、三味線など。

栃木県那須塩原市にて、くり甲のお琴、17弦の琴、琴道具、三味線をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、琴や三味線などの和楽器。17弦のお琴は数も少なく、人気がございます。十七弦は低音部分まで奏でられるため演奏会用・プロ用に使われます。十七弦であれば、すだれ彫り、並甲でも買取可能でございます。糸は締めなおしたばかりの状態で、調律ハンドルや猫足も付属しておりました。十三弦の琴はくり甲、綾杉彫り、玉縁包み、龍舌には蒔絵が施されており、舟一刀、正水、と銘がございます。こちらも糸を締めなおしたばかりの状態で、琴柱などの付属品が付いておりました。所々傷みはございましたが、どちらも人気のお琴でしたので、買取させていただきました。三味線は使用感少なく状態も良かったので、こちらも買い取らせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。演奏用のお琴や17弦琴は高価買取りが望めますが、お稽古用の13弦琴はただいま買取が大変厳しい状況です。現在たくさんのお琴買取のご依頼をいただいておりますが、演奏用のお琴、17弦琴のみの買取とさせていただきます。
六角堂では、琴、三味線の他、笙、神楽笛、和太鼓、小鼓、尺八、琵琶、高麗笛、篳篥などの和楽器を強化買取りしております。また、雅楽、能楽、狂言、歌舞伎、祭礼、神楽、演奏会などの伝統舞台芸術に使用される和楽器や付属のお道具も買い取り査定しています。ご不用の和楽器がございましたら、是非六角堂をご指名ください。
お品をトラックへ搬出中に雲行きが怪しくなり、その後すぐに雨になりました。雨に濡れずにギリギリ積み込みが間に合って良かったです。帰りに「壱番亭 黒磯店」さんへ寄りました。一番人気の辛ネギ熟成味噌ラーメン、とても美味しかったです。

東京都練馬区東大泉にて、偕楽園製黄交趾寿字文大花入、端渓硯など。

東京都練馬区東大泉にて、偕楽園製黄交趾寿字文大花入、端渓硯などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目はさいたま市桜区へ出張買取させていただきました。先日お呼びいただいた不動産業者の方のご紹介で伺いました。本日はお着物、反物、毛皮、贈答品などを買取りさせていただきました。今回もまた、お客様をご紹介くださり有難うございました。二件目は東京都練馬区東大泉へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらではお客様のお爺様が大切にされていたという偕楽園製の黄交趾寿字文大花入や端渓硯などをお売りいただきました。お売りいただいたお品は偕楽園焼の代表的な作品である寿字文花生です。釉薬は黄色、内面全体にも黄釉が施されています。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とあります。交趾とは本来、元時代に中国南部で生産された陶磁器の一種で、古くから中国の文化が日本の文化に多くの影響を与えてきました。偕楽園製のお品はよく買い取りさせていただきますが、紫交趾の二彩のものが多く、黄交趾三彩のものは数少ないです。偕楽園製のお品は個人的にも好きで、本品はお客様にお喜びいただける査定額で買い取らせていただきました。端渓硯も古くて良い硯、良いお品をお売りいただき有難うございました。
本日は倉庫近くにある松栄庵さんでなめこそばをいただきました。いつもはうどんを食べますが、たまにはおそばもいいものですね。

偕楽園焼(かいらくえんやき)
紀州藩御庭焼。紀州藩主十代徳川治宝の西浜御殿の偕楽園における御庭焼。文政十年(1827)~嘉永五年(1852)。京より 楽九代了入・十代旦入 永楽保全 仁阿弥道八 二代弥助(久楽)らが来て制作している。
作品には 楽焼、釉の色が黄・紫・緑等の交趾・青磁等があります。紀伊藩10代藩主である徳川治宝は、文政2年(1819)、和歌山城下の南西(現在の県立和歌山工業高校付近)に別邸・西浜御を築き、以後、その御殿の庭園・偕楽園で偕楽園焼という御庭焼をおこないました。
偕楽園焼の制作や指導には、京都から表千家9代の了々斎(1775-1825)や、表千家10代の吸江斎(1818-60)をはじめ、楽旦入(1795-1854)、永楽保全(1795-1854)などの著名な陶工が招かれております。文政2年、文政10年(1827)、天保7年(1836)の少なくとも3回焼かれたことがわかっており、作品には楽焼系と磁器系の二つの種類があります。
偕楽園焼には無銘のものも多く、銘があるものは「偕楽園製」の二行角印や丸印、「偕楽」一行丸印など様々な種類があり、楽焼系と磁器系で押されている印が異なっています。

東京都中野区にて、人間国宝浜田庄司の鉄絵白差方壷、秦蔵六の花器など

東京都中野区上高田にて、人間国宝浜田庄司の鉄絵白差方壷、秦蔵六造の塗金銅立鼓式花器をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理にてお呼びいただきました。贈答品がたくさんあるとのことでお呼びいただきましたが、中には人間国宝である浜田(濱田)庄司の鉄絵白差方壷や秦蔵六造の塗金銅立鼓式花器など、当社で買い取りを強化している作家物などもございました。浜田庄司は昭和に活躍した陶芸家で、昭和30年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。日常的な暮らしの中で使われてきた民芸品の中で「用の美」を見出した「民芸運動」を柳宗悦、河井寛次郎、芹沢銈介らと共に推進したことでも有名となっております。次男の濱田晋作、三男の濱田篤哉、孫(晋作の次男)の濱田友緒はいずれも陶芸家、四男の濱田能生は硝子工芸家として活躍しました。秦蔵六は江戸から明治にかけて代々「蔵六」の名と伝統の鋳金技法を継承している鋳金家です。秦蔵六の作品は共箱など欠品しておりましたが、買取強化中の作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。良いお品を多数お売りいただき有難うございました。六角堂では、浜田庄司など人間国宝の作品を買取強化しております。ご処分をお考えの作品がございましたらお気軽にご相談くださいませ。査定経験の豊富な専門スタッフが細かく丁寧に査定させていただきます。
帰宅後、近所にある博多ラーメン鶴亀堂三芳藤久保店さんへ行きました。博多豚骨ラーメンにネギをトッピング、臭みのない濃厚スープが美味しく、今日もまた替玉をしてしまいました。

浜田庄司 (はまだしょうじ)1894(明治27)~1978(昭和53)
1894 神奈川県川崎市で生まれる。生家は東京で文房具店経営。本名象二
1916 東京高等工業学校(現、東京工業大学)窯業科卒
1918  河井寛次郎と沖縄へ、壷屋を訪問
1920 バーナード・リーチに同行し、渡英。
1937 日本民芸館の理事に就任
1942 益子に大型登窯築窯
1949 第1回栃木県文化功労賞受賞
1953 昭和27年度芸術選奨文部大臣賞受賞
1956 民芸陶器で重要無形文化財保持者認定
1964 紫綬褒章受章
1968 沖縄タイムス賞受賞。文化勲章受章
1969 益子名誉町民となる
1974 日本民芸協会会長就任
1976 川崎市文化賞受賞
1977 益子参考館開館 館長に就任
1978 益子にて没。享年83

山梨県富士吉田市にて、久保田一竹の辻が花袋帯、茶道具、漆器、書道具など

山梨県富士吉田市にて、初代久保田一竹の辻が花袋帯、茶道具、漆器、書道具、洋食器などをお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。遠距離の出張買取でしたので、昨日より山梨県に入り本日朝からお伺いしました。中央道河口湖インターで降りて、築150年の古民家を飛騨から移築して営業しているという炉端焼き屋「山麓園」さんに行ってきました。囲炉裏でうずらや川魚、野菜など色々な具材を自分で焼きながら食べるスタイルのお店で、わたしたち骨董屋好みのお店でした。最後にはほうとうも食べられ大満足でした。そのまま河口湖近くにあるホテルで宿泊しました。ホテルからお客様宅までは近かったので、朝方のんびりと河口湖を眺めていましたが残念ながら曇り空で富士山は見えませんでした。帰宅時には見えるか期待をしながらお客様宅へ向かいました。
本日お売りいただいたお品は、初代久保田一竹(くぼたいっちく)の辻が花袋帯の他、作家物のお着物や帯、茶道具、輪島塗の名工、慶塚(けいづか)の屠蘇器、四段重などの漆器、硯や墨、筆などの書道具、リチャードジノリの洋食器など。辻ヶ花といえば久保田一竹(くぼたいっちく)。初代久保田一竹は20歳の時に東京国立博物館で辻が花と出会い、感銘を受け生涯をその研究にささげることを決意されました。太平洋戦時での召集などの困難を乗り越え、手描き友禅を生活の糧としながら、研究を続け、60歳にして初めて「辻ヶ花」を完成させます。これが「一竹辻ヶ花」と命名された逸品の始まりです。一竹の着物はファンも多く、特に初代のアイテムは非常に高値で取引をされているため、高額査定で買い取らせていただくことが出来ました。残念ながら所々にシミが出てしまってはおりましたが、当社で買い取り強化している初代久保田一竹作品、あまり減額せずにお客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。まだまだお売りいただけるお品がたくさんあり、またお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。お昼にお客様がお稲荷さんを作ってくださいました。とても美味しかったです。お茶やコーヒーを入れていただいたりお気遣いくださり有難うございました。
帰りには、ほうとうで有名なお店「甲州ほうとう 小作 河口湖店」へ行きました。こちらには何度もほうとうを食べに足を運んでおります。色々な種類のほうとうがありますが、本日は「猪肉ほうとう」をいただきました。猪肉特有の臭みなど気になるかと思ったのですが、全く気になりませんでした。歯ごたえがあり、とっても美味しかったです。ほうとうは、味噌と多くの野菜類が使われているので美容・健康にはもちろん、ガンの予防にも効果がとのことです。栄養価もあり、腹持ちも良く、いいこと尽くめですね。また次回お呼びいただいた時にも、ほうとうを食べて帰りたいと思います。帰りには富士山も顔を出してくれました^^

久保田一竹(くぼたいっちく)1917年(大正6年)10月7日~2003年(平成15年)4月26日
1916年 10月7日 神田に生れる
1931年 友禅師小林清師に入門
1948年 辻が花の研究に着手
1961年 独自の染色法一竹染を創業
1983年 パリ・チェルニスキー美術館にて「一竹辻が花展」
1984年 ニューヨーク・ダラスにて「一竹辻が花 光・風・音展」
1985年 ベルギー・ブリュッセルにて「一竹辻が花 光・風・音展」
1988年 バチカン宮殿にて上演された創作能「イエズスの洗礼」の衣装制作
1989年 ヨーロッパ主要都市にて個展
1990年 フランスよりフランス芸術文化勲章シェヴァリエ章を受賞
1993年 文化庁長官賞受賞
1994年 久保田一竹美術館(河口湖町)開館
1996年 ワシントンD.C.スミソニアン国立自然史博物館にて個展
2003年 逝去(享年86歳)