東京都福生市にて桐工芸士鈴田誠人?の加茂総桐箪笥、町田市にて伝統工芸士田澤謙介の加茂桐たんす、神奈川県相模原市にて加茂総桐タンス。

東京都福生市にて桐工芸士鈴田誠人?の加茂総桐箪笥、町田市にて伝統工芸士田澤謙介の加茂桐たんす、神奈川県相模原市にて加茂総桐タンスをお譲りいただきました。

本日は、朝より東京都福生市にて桐工芸士鈴田誠人?の加茂総桐箪笥(和たんす)、町田市にて田澤謙介の加茂桐たんす(和たんす)、神奈川県相模原市にて加茂総桐タンス(整理たんす)と、嬉しいことに一日加茂桐箪笥漬けの日々でした。福生市から町田市へと向かう途中、すき家さんで牛丼を、相模原市から埼玉県の倉庫へ戻る途中に松屋さんでカレーぎゅうを、本日は加茂桐箪笥、牛丼の日となりました。

加茂桐箪笥は、新潟県加茂市で作られる最高級の桐たんす。六角堂でも探し求めている桐箪笥の一つになります。加茂市で「桐たんす」が作られるようになったのは、およそ200年以上前(天明年間)と言われており、現在では日本全国の約70%の桐たんすが加茂で作られています。桐たんすと言えば「加茂」と言われるほど、その技術と品質は全国的に高い評価を受けています。数々の逸品を生み出してきたその技は脈々と受け継がれ、その伝統と優れた品質が評価され、1976(昭和51)年、通商産業大臣から伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の指定を受けました。木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や、柾目の色合いは、家具の最高級品の名にふさわしいものです。この高い技術を生かしたものとして、近年では桐材のもつ優れた特性を生かした桐製家具や結露しない木製の「加茂サッシ」建具など、現代のライフスタイルにあった製品の開発・製造に取り組み高い成果を上げています。

六角堂では、桐箪笥の買取りを強化しております。桐タンスには、和たんす(衣装たんす)、洋服たんす、整理たんす(昇りたんす)、小袖たんす、チェストなどがございますが、六角堂では全て買取対象となっております。また、新潟県の加茂桐タンス、埼玉県の春日部桐タンス、愛知県の名古屋桐タンス、大阪府の泉州桐タンス、和歌山県の紀州桐タンスなどのブランド桐タンスを強化買取しております。ブランド桐タンスに関しましては、高価買い受けさせていただきますので、お早めにご相談ください。他にも和家具、民芸家具をはじめ、デザイナーズ家具、各種ブランド家具まで、幅広く買い取りしておりますので、ご売却をお考えの際には、六角堂をご指名ください。

桐たんす、和たんすなどの和家具をはじめ、骨董品、お茶道具、掛け軸、絵画、お着物などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。また骨董品・美術品のお見積もり・出張は、全国対応しております。ぜひご利用ください。