東京都練馬区関町南にて山本陶秀の香合、朝鮮伊羅保茶碗、お茶道具、着物。

  

東京都練馬区関町南にて人間国宝 山本陶秀の備前宝珠香合、朝鮮伊羅保茶碗「銘:清栄」大徳寺芳春院三重野与雲書付、茶道具、お着物などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お引越しすることとなり、お茶道具やお着物を減らしたいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、人間国宝 山本陶秀の備前宝珠香合、朝鮮伊羅保茶碗「銘:清栄」大徳寺芳春院三重野与雲書付、茶道具、作家物のお着物など。山本陶秀は備前焼の人間国宝となられた陶芸家で、お売りいただいたお品は宝珠形の香合。人間国宝になられる前の作品になります。伊羅保茶碗(いらぼちゃわん) は、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で作られております。伊羅保の名前は、砂まじりの肌の手触りがイライラしていることから付けられました。やや薄めで、形は深め、胴はあまり張らず、腰から口まで真直ぐに延び、口は大きく開いてます。素地は、鉄分が多い褐色の砂まじりの土で、轆轤目が筋立ち、石灰の多い伊羅保釉(土灰釉)を高台まで薄く総掛けしてあり、土見ずとなっています。お売りいただきました伊羅保茶碗は大徳寺芳春院三重野与雲の書付箱、銘「清栄」とあります。与雲和尚は芳春院の前住職。画像の香合や茶碗の他、水差 、棗、茶入、花入、茶杓、釜、茶掛なども買い取らせていただきました。たくさんあるお品の中から今回ご処分されるお品を分けながら、一点一点査定させていただきました。買い取りを強化している作家作品があり、お客様にご満足いただける査定額で買い取りさせていただくことが出来ました。またお着物やお茶道具をご処分される際にお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。本日は六角堂をお呼びいただき、有難うございました。

山本陶秀(やまもととうしゅう)1906(明治39)年~1994(平成6)年
山本陶秀は1906年、岡山県に生まれました。本名を政雄といいます。油断と妥協のない端正で気品溢れる芸術的な作風は広く茶人に喜ばれ、轆轤成形の技術は他の追随を許さないとの評価を不動のものにしています。
1921(大正10)年 当時の伊部で最大の窯元・黄薇堂へ入り、陶芸の道に進みます。
1933(昭和8)年 独立して岡山県備前市伊部に築窯しました。
1938(昭和13)年 楠部彌弌に師事し、生涯において大きな分岐点となります。
1939(昭和14)年 中国・四国九県連合工芸展で優良賞を受賞しました。
1948(昭和23)年 備前焼の技術保存資格者(丸技)に認定されました。
1951(昭和26)年 イサム・ノグチや北大路魯山人と交友を深めて感化を受けます。
1954(昭和29)年 岡山県重要無形文化財に認定されました。
1959(昭和34)年 日本工芸会正会員となりました。ブリュッセル万国博覧会でグランプリ金賞を受賞しました。
1960(昭和35)年 日本工芸会東中国支部展の審査員に就任しました。
1965(昭和40)年 岡山県陶磁器指導所(現:備前陶芸センター)の嘱託講師に就任しました。
1966(昭和41)年 岡山県展の審査員に就任しました。
1969(昭和44)年 備前陶友会の副会長に就任しました。
1970(昭和45)年 日本工芸会理事に就任しました。
1972(昭和47)年 岡山県文化賞を受賞しました。
1975(昭和50)年 山陽新聞文化賞、三木記念文化賞を受賞しました。
1976(昭和51)年 紫綬褒章を受章しました。中国文化賞、備前市功労賞を受賞しました。
1977(昭和52)年 毎日芸術賞を受賞しました。
1981(昭和56)年 紺綬褒章を受章しました。
1982(昭和57)年 勲四等瑞宝章を受章しました。
1987(昭和62)年 重要無形文化財「備前焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
1991(平成3)年 備前市名誉市民となりました。
1994(平成6)年 逝去。