神奈川県横浜市港南区にて、野間仁根の油彩画「龍宮城」の出張買取。

神奈川県横浜市港南区にて、野間仁根の油彩画「龍宮城」(8号)をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、野間仁根の油彩画「龍宮城」や絵画数点。まとめてご売却いただきました。他社で査定をしたところ、査定額がご希望額に届かず、当社に任されました。野間仁根は当社で買い取りを強化している作家さんですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。お喜びいただけて良かったです。野間仁根(のまひとね)は、愛媛県生まれの洋画家。本作のように鮮やかな色彩と骨太な筆触で、ユーモラスで幻想的な独特の画風を展開されました。「風景を描くなら故郷を描け」といったように晩年は瀬戸内海を題材にした生命力あふれる作品を数多く残されました。本日は大変良い作品をお売りいただき有難うございました。
本日は横浜で中国オークションが開催されており、たくさんの骨董屋仲間が全国から集まっておりました。わたしも横浜での出張買取でしたので、仲間たちと中華街で合流しました。京華楼というお店へ行き、中華料理をいただきました。大阪の古美術商の先輩にご馳走していただけるとのことで、四川風の麻婆豆腐や上海蟹など食べさせていただきました。美味しい食事、ご馳走様でした!

野間仁根(のまひとね)
1901年 愛媛県に生まれる。
1923年 伊藤廉らと童顔社結成。
1924年 中央美術展、光風会展などに出品。第11回二科展に初入選。
1925年 東京美術学校卒業。
1928年 柘榴社入会。第15回二科展で「夜の床」が樗牛賞受賞。
1929年 第16回二科展で「The Full Moon」が二科賞受賞。
1933年 二科会会員となる。
1952年 日展改組に審査員として参加。
1955年 一陽会結成に会員として参加。
1967年 田崎広助、鈴木信太郎と三人展開催。
1979年 死去。享年78歳。