千葉県市川市にて、伝統工芸士東樹義明の加茂桐箪笥、和装小物。

 

千葉県市川市にて、伝統工芸士東樹義明の加茂桐箪笥、和装小物、雑貨などをお売りいただきました。

千葉県市川市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日は加茂桐箪笥やお着物、帯締めなどの和装小物を買い取らせていただきました。お売りいただいた桐たんすは新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の大洋下一和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。伝統工芸士である東樹義明の作。着物専門店の「きもののさが美」さんで造られた桐たんすようで、さが美創作のシールがございます。本丸盆を10枚内蔵し、帯用の板盆、小物を収める小引き出しと、使い勝手の良いたんすに仕上がっております。前飾りには喜悦刻の銘、四君子の彫金があります。四君子(しくんし)とは、蘭、竹、菊、梅の4種を、草木の中の君子として称えた言葉。それらを全て使った図柄、模様を指します。正面下部に砥粉落ち、シミ、所々に小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。お客様の思い出の桐たんす、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、ありがとうございました。
帰り道、市川市新浜にある「らあめん葫(にんにく)」さんへ寄りました。こちらは食べログで受賞されているお店で、以前から行きたいお店でした。全部入り味噌ラーメンをいただきました。噛み応えあるチャーシューに白髪ねぎ、玉子、海苔が入って、とろみのあるスープに麺がよく絡みとても美味しかったです。次は塩ラーメンを食べてみたいです。

加茂桐箪笥(かもきりたんす)新潟県加茂市で作られる最高級の桐たんす。六角堂でも探し求めている桐箪笥の一つになります。加茂市で「桐たんす」が作られるようになったのは、およそ200年以上前(天明年間)と言われており、現在では日本全国の約70%の桐たんすが加茂で作られています。桐たんすと言えば「加茂」と言われるほど、その技術と品質は全国的に高い評価を受けています。数々の逸品を生み出してきたその技は脈々と受け継がれ、その伝統と優れた品質が評価され、1976(昭和51)年、通商産業大臣から伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の指定を受けました。木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や、柾目の色合いは、家具の最高級品の名にふさわしいものです。
『加茂桐箪笥伝統工芸士』(物故作家含む) 東樹義明 田澤謙介 石川鬼千 吉沢昭次 頓所芳男 皆川新司 番場堅介 中山昌二 坪谷哲男 三本和好 山本隆 鈴木浩市 水科政明 皆川繁之 横山松雄 番場堅 大橋勉 金井国男 鈴木進 神保良雄 石井克彦 高橋浩人 高橋聡 高橋研二 野本光男 藤田隆二 坂井昭兵 阿部健 斉藤敬二  江部雅之 大関正 堀正和 小柳幸太郎 小池茂次 坂内純一 長谷川進之助