カテゴリー別アーカイブ: 仏像

東京都渋谷区代々木にて、徳化窯の白磁観音菩薩像の出張買取。

 

東京都渋谷区代々木にて、徳化窯の白磁観音像をお売りいただきました。

本日は一件の出張買取、一件の出張見積もりへ伺いました。一件目は東京都渋谷区代々木へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お父様が生前大切にされていたという仏像をご処分されたいとのことでご連絡いただきました。お売りいただいた仏像は、中国徳化窯の白磁観音菩薩立像。徳化窯は中国の福建省徳化県にある磁窯。明・清代に盛んになり、俗に白高麗(はくごうらい)と呼ばれている白磁です。景徳鎮と並び爆発的な人気を博し、世界の陶磁器に大きな影響を与えました。徳化窯の特徴は器肌は白玉のように透き通るような乳白色の美しさ、貫入のない滑らかな手触り、繊細な造形にあります。聖観音菩薩像や羅漢像、達磨像など、仏像や人物像の彫塑が有名です。急須、水注、煎茶器なども生産されました。観音菩薩像は、中国人にとっても最も身近な仏様。人々の切実な声に絶えず耳を傾け、あらゆる願いに応えるため、自ら三十三身に姿を変え、人々をお救いくださる、まさに至高の御仏です。全体的に状態も良く、黄楊木の台が付属しております。六角堂で買い取りを強化しているお品でしたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い取りさせていただきました。素晴らしいお品をお売りいただき、ありがとうございました。本日二件目は新宿区四谷へ、桐たんす、お着物の見積もりでお呼びいただきました。他社と相見積もりでありましたが、査定の結果、当社にお売りいただくこととなりました。年明けの引越時に、再度お呼びいただくこととなりました。年明けの出張買取、よろしくお願い致します。
本日は市場開催の日でしたので、出張帰りに寄らせていただきました。今日も市場の後に、仲間たちと食事へ行きました。本日は新座市にある「ワンカルビ」さんで食事をしました。焼肉食べ放題のお店です。ステーキや焼肉、お腹いっぱいいただきました。水餃子のスープがとても美味しかったです。

 

東京都北区赤羽西にて、金銅仏観音菩薩坐像、掛軸など。

   

東京都北区赤羽西にて、金銅仏観音菩薩座像、掛軸などをお売りいただきました。

解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。仏像や掛け軸などの骨董品をを処分されたいとのことでご連絡いただき、お伺いさせていただきました。お売りいただいた仏像は鍍金の観音菩薩坐像。穏やかな表情を浮かべ、頭部には細かな装飾がされ、とても上品な観音菩薩。銅の持つ重厚さと、時代を経た味わい深さを感じられる逸品です。観音菩薩は阿弥陀如来の慈悲の現れといわれております。阿弥陀如来が出家して仏のさとりを開かれたあと、次に仏のさとりを開くのが観音菩薩だとも説かれ、多くの経典に、阿弥陀如来の脇士であると説かれております。観音菩薩は観世音菩薩とも呼ばれます。人々の苦しみの声を聴き、苦しみのありさまをしっかりと見届けて、人々を救ってくれる崇高で偉大な菩薩です。大乗仏教でもっとも広く信仰されております。鍍金落ち、緑青などございますが、それがまた時代を感じさせてくれる良い仏像となってます。掛け軸は日本画や書などございました。多数ございましたが、一点一点丁寧に査定させていただき、全て買い受けさせていただきました。大切にされていた骨董品の数々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日はご指名いただき有難うございました。
倉庫へ戻る途中、埼玉県戸田市にある「らあめん花月嵐」さんへ寄りました。嵐げんこつらあめん味噌にぶためし餃子セットがわたしの定番メニューです。今日は雨で寒い一日でしたが、とても温まりました。

東京都新宿区四谷坂町にて、木彫や銅製の仏像、ベトナム産香木姿物。

東京都新宿区四谷坂町にて、木彫や銅製の仏像、ベトナム産香木姿物などをお売りいただきました。

先日見積りでお呼びいただいたお客様からご連絡いただき、本日買取させていただきました。他社と相見積もりでしたが、当社へお売りいただくこととなりました。お売りいただいたお品は、昔ベトナムへ旅行に行った時に購入したという香木。伽羅(きゃら)とのことでしたが、残念ながらこちらの香木は人工物でした。伽羅や沈香などの香木は乱獲によりは数が減り厳しくワシントン条約で規制され、高騰の一途をたどっています。最近では高品質な人工栽培物の沈香も作られるようになってきましたが、天然物はとても希少なため、天然物と偽った粗悪な加工品などの偽物が多数出回っております。ネットなどの普及で高品質な人工物の沈香などが日本でも多く出回っておりますので、当社でも買取する際には細心の注意を払っております。人工物ではございましたが、姿物の形状は人気がありますし、今後の勉強材料ということで今回は購入させていただきました。仏像は木彫りの彩色不動明王坐像や大黒天など、銅製の観音像、龍乗観音は練りのものでした。どれも欣年作られたものですが、木彫り彩色不動明王坐像は造りも良く、高めに査定させていただきました。他にも木彫りの五重塔、棟方志功の印刷物などをお売りいただきました。帰る際にお客様からコーヒーをいただきました。冷えててとても美味しかったです。本日はまとめてのご売却、ありがとうございました。
倉庫へ戻る途中にお電話をいただき、練馬区大泉学園町へお着物の見積もりへ行ってきました。見積もりの後、新座市にある大村庵さんで食事しました。数年ぶりにいただいた力そばでしたが、とても美味しかったです。

不動明王(ふどうみょうおう)不動明王は大日如来の化身として、仏教を信じない人を強制的に従わせるために忿怒の表情で表現されます。恐ろしい姿をしていますが、「大日如来の使いの者」なので一般的に体は子供の姿をしています。背中に赤い炎を背負い、髪は巻髪、結った弁髪を顔の左側に垂らし、手にもつ宝剣で邪気払いをしてくれると古くから信じられてきました。目は左右でそれぞれ天と地を見ている「天地眼」と、牙を左右でそれぞれ上下に出す表情は不動明王特有のものです。

東京都豊島区池袋本町にて、古銅誕生仏、関武比古の銀製宝船など。

東京都豊島区池袋本町にて、古銅誕生仏、木彫り仏像、関武比古の銀製宝船などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は古銅誕生仏や木彫りの仏像、関武比古(関工芸)の銀製宝船など。誕生仏(たんじょうぶつ)とは釈迦が生まれた時の姿をかたどった像。 母摩耶夫人の右脇より生まれ、七歩進んで、右手で天を、左手で地をさし、天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)と唱えたと伝える姿を模しております。天上天下唯我独尊とは宇宙間に自分より尊いものはないという意。多くは本品のように銅造で、まれに木製のものもございます。 灌仏会(かんぶつえ)で祀まつられ、甘茶をかけます。誕生仏はわが国に初めて伝えられた仏像といわれております。比較的新しい誕生仏ではありますが、当社で買い取りを強化している仏像ですので、お客様にご満足いただける査定で買い取らせていただきました。他にも木彫りの聖観音像、大黒天などもお売りいただきました。また、銀製の宝船置物も併せてお売りいただきました。こちらは関工芸のもので、銀960の刻印がございます。鳳凰の船上に細かな銀製のパーツを組み合わせたたいへん緻密な作りです。宝尽くし、鳳凰などのモチーフや緻密な細工によって日本の伝統美が十二分に表現されてます。本日は多数まとめてのご売却、ありがとうございました。
本日は出張帰りに家の近所にある「はま寿司」さんへ行きました。お寿司はもちろんですが、あさりうどん、茶碗蒸し、デザートの凍らせたぶどうも美味しかったです。

静岡県富士市にて、木彫り仏像、石仏、仏頭、チベット仏、ボンボニエール小箱など。

静岡県富士市にて、木彫り仏像、石仏、仏頭、懐中仏、チベット仏などの仏像、ボンボニエール御紋章純銀製小箱などをお売りいただきました。

仏像のご処分でお呼びいただきました。遠距離出張でしたので、朝一番に出発をして休憩をとりながら静岡県富士市へと向かいました。お父様が骨董品をたくさん集めていらっしゃったようで、たくさんのお品がございました。今回は仏像の処分でお呼びいただきましたので、他のものはまた次回お呼びいただくこととなりました。お売りいただいた仏像は、古銅のものや石製、木彫りのものなどで日本の仏像の他、チベットやネパールのものがございました。形も立像、坐像、懐中仏、仏頭など様々。全て買い取らせていただきました。また、仏像の他にも、ボンボニエール(御紋章箱)を見せてもらい、こちらは20万円の査定でお売りいただくこととなりました。こちらは、某有名な方が学習院の院長に就任された際にいただいたという素晴らしいお品になります。裏には純銀服部製の刻印があります。大変素晴らしい作品をお売りいただきました。次回は日本の作家物の陶器や中国の陶器などをお売りいただくこととなりました。楽しみにしております。昼食のご用意をしていただいたりお気遣いいただき有難うございました。
わたしの母親が富士市の出身で、近所に祖母や親戚のお墓があるので墓参りへ寄りました。帰りには「魚河岸丸天 富士店」さんへ寄り、テレビでよく紹介されている「海鮮かき揚げ丼」や駿河湾の幸が詰まった「わいわい丼」をいただきました。タワー状になったかき揚げの海鮮かき揚げ丼はとてもサクサクで美味しかったです。ボリュームがすごく40代のわたしには少しおもかったですが、今日は見習いの若者が同伴しておりましたので、残さず全て完食出来ました。次回来た時も寄りたいと思います。

ただいま六角堂では、仏像の他、仏教美術、密教美術なども強化買取しております。
チベット仏、金銅仏、鍍金仏、銅仏像、古銅仏像、鋳銅仏像、石仏像、木彫仏像、珊瑚仏像、白磁仏像、香木仏像、乾漆仏像、象嵌仏像、インド密教仏、ガンダーラ石仏、アカンサス装飾、スコッタ ストッコ像(ストゥッコ像)、テラコッタ像、タンカ、マンダラ、仏画、中国仏画、チベット仏画、高麗仏画、朝鮮仏画、仏教彫刻、宝塔彫刻、仏舎利(ぶっしゃり)彫刻、舎利塔(しゃりとう)彫刻、多宝塔(たほうとう)彫刻、仏具、厨子、線香、香木、数珠、如意(にょい)、金剛杵(こんごうしょ)、釣鐘、香炉、宝珠、経典、経巻、経箱、石彫レリーフなどがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。仏教美術、密教美術に詳しい鑑定士が、見積もりにお伺いします。

埼玉県さいたま市見沼区にて石本武士の木彫菩薩像、喚鐘など。

埼玉県さいたま市見沼区にて京仏師石本武士の木彫り観音菩薩像、喚鐘(かんしょう)などをお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は仏像や仏具など。石本武士は京都生まれの人気彫刻家。創型会で長く活躍した後、公募展からは一線を置いて個展活動を中心に活躍しております。日本橋三越の「木彫秀作展」で高村光雲や平櫛田中などそうそうたる作品と共に出品推挙された実力を誇る彫刻家です。お売りいただいた仏像は木曽産の檜(ひのき)を使って彫られた観音菩薩立像。柔らかな表情、華奢で繊細な立ち姿、愛嬌の溢れるあどけなさ、愛に満ちた作品となっております。残念ながら共箱などの付属品は処分されてしまってました。喚鐘(かんしょう)は、梵鐘(ぼんしょう)を小型にしたものをいいます。 床脇の天井などや喚鐘枠と呼ばれる木製の枠に吊り下げたりして、木槌のような撞木(しゅもく)で打ち鳴らして、主に亭主が客に茶席の準備がととのったことを知らせるためのものです。いずれも六角堂の買取強化商品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良い作品をお売りいただき有難うございました。
倉庫へ戻る途中、近所にあるとんこつラーメン屋さん「鶴亀堂」さんで食事をしました。博多とんこつにキクラゲをトッピング。とても美味しかったです。

石本武士(いしもとたけし)
1942年 京都に生まれる。
1966年~仏師・佐野克州師に師事する。
1976年~京都伝統彫刻家協会展、京都知事賞受賞5回
1981年 信州穂高へ転居する。
1982年~創型会展(都立美術館)選奨受賞(5回)
1990年 創型会展、文部大臣賞受賞
1992年 創型会賞受賞
1998年 創型会同人優秀賞受賞
2008年 創型会同人を退く。
現在 日本美術家連盟会員、穂高市在住

岐阜県高山市にて、仏像、仏具、中国家具や書道具など。

先日出張買取しましたお客様のお宅へ、三度目の出張買取へ向かいました。今回で三度目、今回の出張で最終となります。六日に京都へ向かい、今回もまたレンタカーでその日のうちに高山市へと向かいました。七日は朝からの作業となりました。七日はスタッフ二人とわたしの三人で三トンのトラックへと目一杯積み、午後は明日積み込む準備をしました。八日には四トントラックでプロの配送業者が来てくれますので、すぐに詰めるよう段ボール箱へ入るものは全て梱包し、積めないものは毛布などで養生をしました。今回は陶器製の仏像や石製の置物、水晶の観音像、翡翠の香炉、仏具、木彫りなど小型のものも多くあり、こちらは四トントラックへ。中国唐木の家具や衝立、火鉢、時代箪笥などの大型のものは三トントラックへ積み込みました。二日間早朝より作業し、プロの配送業者さんが大きいトラックで助っ人出来てくれましたので、なんとか無事に全ての積み込み作業を終えることが出来ました。大きいトラックの保管場所は困るからと、駐車スペースを用意していただき、高山市内のホテルへ送迎していただいたり、今回もまた二日間にわたり人数分の食事を用意していただいたりとお気遣いくださり本当に有難うございました。高山市内のホテルへ向かう途中、高山市を案内していただいたり、ちょっとした観光気分も味わえました。三度にわたり、とても親切にしていただきましたので、本当に気持ちの良い出張買取を終えることが出来ました。心より感謝いたします。七日に作業を終えた後、京都へと戻り一泊して先程帰ることが出来ました。今回も移動が多くハードな出張となりましたが、素敵なお客様、お品との出会いが出来て、とても良かったです。またいつの日か、高山市へと寄らせていただきます。
画像は六日の午後、京都へ向かう途中に新東名高速道路にの浜松SAへ寄りました。こちらではいつもの静岡おでんを食べました。新商品の富士の白雪は中に肉団子が入っており、もちっとした食感で美味しかったです。京都から高山市へ向かう途中、ラーメン魁力屋本店さんへ行きました。ラーメンに炒飯、七日に備えてがっつり食べました。七日のお昼にいただいたお食事。たくさんいただきましたが、どれも美味しかったです。高山市で宿泊したビジネスホテルは、みたらし団子が食べ放題です。高山市で有名なさるぼぼ人形。さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」のことです。お土産として飛騨地方の観光地で多く見られます。高山市でのディナーはお客様にお勧めいただいた高山市の人気店「炭焼きレストラン dining BULL」BULLさんへ行きました。店主のお勧め飛騨牛のイチボステーキは格別でした。馬レバーにサラダもとても美味しかったです。料理一つ一つに手が込んでいて、素材の良さが生きてます。お値段もこの味にしてリーズナブル。五つ星ですね。七日は朝から作業に入りました。朝はマクドナルド、お昼には富山の新鮮なお刺身にお赤飯、常に人数分の食事を用意して下さりました。食後のスイカも美味しかったです。スーパー配送ドライバーのTさんは一点一点大切に梱包してくれました。高山市の風景はとても長閑で空気も美味しいです。京都へ向かう途中、東海北陸自動車道にある関SAで休憩。こちらで「黒からあげ」という黒い唐揚げを買いました。焦げているわけではなく、なぜ黒いのかというと「椎茸」と「ひじき」を使用しているからのようです。椎茸とひじきの味が絡み合って、「和」な味を楽しめます。京都に到着後、祇園にある鶏がららーめん屋「門扇 祇園本店」さんへ行きました。今回は酒粕らーめんをいただきました。クリーミーなスープでとてもやさしいお味でした。美味しかったです。京都で一泊して帰りの途中、新名神高速道路にある土山SAへ寄りました。こちらではいつも食べるステーキ丼をいただきました。今回もまた移動が多くとてもハードな三日間でしたが、美味しいものもたくさん食べれて、素敵なお客様、お品と出会えとても良い出張でした!

岐阜県高山市にて、仏像、仏具、中国家具や漆器など。

   

岐阜県高山市にて、仏像、仏具、中国家具や漆器などをお売りいただきました。

先日仏像のご処分でお呼びいただきましたお客様のところへ、再度お呼びいただきました。21日に群馬県高崎市へ出張買取へ行き、一度帰宅しトラックを空にしてその足で京都へ向かいました。京都で3トントラックをレンタカーして、そのまま高山市近くにあるひるがの高原SAまで行き仮眠しました。22日の早朝に高山市に入り、買取へ伺いました。本日もまたトラック二台分、仏像で満載となりました。仏像に傷がつかぬよう、一体一体毛布をくるんで養生して大切に運ばせていただきました。特に千手観音、孔雀明王などは彫りが細かく、パーツをばらして養生して慎重に連れて帰りました。光背のあるものは全て外し、土台のあるものは全て分けての養生で時間が掛かってしまいましたが、大切の連れて帰らせていただきました。画像でも分かるように、サイズの大きいものも多くあり台車を使いなんとか積み込むことが出来ました。レンタカーにはパワーゲートが付いておりましたので、助かりました。釈迦如来(しゃかにょらい)、阿弥陀如来(あみだにょらい)、大日如来(だいにちにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、地蔵菩薩(じぞうぼさつ)、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)、日光菩薩・月光菩薩(にっこうぼさつ・げっこうぼさつ)、不動明王(ふどうみょうおう)、降三世明王(ごうざんぜみょうおう)、軍茶利明王(ぐんだりみょうおう)、金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)、孔雀明王(くじゃくみょうおう)、愛染明王(あいぜんみょうおう)、帝釈天(たいしゃくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、四天王(してんのう)、十二神将(じゅうにしんしょう)、八部衆(はちぶしゅう)、金剛力士・執金剛神(こんごうりきし・しゅこんごうしん)、弁財天(べんざいてん)、鬼子母神(きしぼじん)、大黒天(だいこくてん)、吉祥天(きちじょうてん)など、本日も多くの仏像を買い取らせていただきました。また、チベットや中国など、海外の仏像もお売りいただきました。本日も作業中何度も飲み物やお菓子を用意していただいたり、お昼にはお弁当やスイカをご用意していただきました。お気遣いいただき本当にありがとうございます。次回で終了となりますので、次は4トン、3トントラック二台で出張します。引き続きよろしくお願い致します。
画像は、京都へ向かう途中に新東名高速道路にの浜松SAへ寄りました。こちらではいつもの静岡おでんを食べました。京都から高山市へ向かう途中、東海北陸自動車道にある長良川SAへ寄りました。こちらでは、和風だしカツ丼をいただきました。ひるがの高原SAまで行き、こちらで仮眠をしました。今回もまた、お客様にお食事やスイカ、お菓子をいただいてしまいました。飛騨名産の朴葉寿司(ほおばずし)、とっても美味しかったです。ほお葉には殺菌作用があり、田植えで汚れた手でも食べられるということで、昔から田植え時期のお昼ごはんとして食べられていたようです。酢飯に移った爽やかな朴葉の香りが特徴です。今年初のスイカもいただいてしまいました。京都へ向かう途中、名神高速道路にある多賀SAへ寄りました。こちらではちゃんぽん亭さんの豚そばブラックを食べました。醤油を強くした豚のエキス満載のスープがとても美味しかったです。京都で一泊して帰りの途中、新名神高速道路にある土山SAへ寄りました。こちらではいつも食べるステーキ丼をいただきました。浜松SAでお土産を買って先程帰宅しました。今回もまた移動が多くとてもハードな三日間でしたが、美味しいものもたくさん食べれて良い出張でした!

岐阜県高山市にて、仏像、仏具、仏画、陶器、古道具の買取。

       

岐阜県高山市へ、仏像、仏具、仏画、陶器、古道具の出張買取へ行ってまいりました。

一か月ほど前にお問い合わせいただき、ご日程を合わせてお伺いしました。四日に岐阜県高山県へと向かい、ビジネスホテルで一泊し、五日にお客様宅へ伺い査定、買い取りをさせていただきました。京都で骨董屋さんたちとの打ち合わせがありましたので、五日の夜に京都へ入り、本日埼玉県へ帰宅しました。今回お問い合わせいただきましたお品は仏像たくさんとのこと。他社との相見積もりでしたが、査定額、対応面で六角堂へお売りいただくこととなりました。トラック二台で向かいましたが、到着後お品数を見てビックリ。トラック十台分近くございました。仏像150~200体、サイズがでかいものも多くあり、積み重ねることが出来ないので三度に分けて運ぶこととしました。今回の出張買取ではなるべく次回の梱包しておこうとスタッフ四人で梱包作業をしました。仏像の種類も様々、たくさんの仏像が揃っておりました。釈迦如来(しゃかにょらい)阿弥陀如来(あみだにょらい)大日如来(だいにちにょらい)薬師如来(やくしにょらい)毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)弥勒菩薩(みろくぼさつ)聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)普賢菩薩(ふげんぼさつ)文殊菩薩(もんじゅぼさつ)地蔵菩薩(じぞうぼさつ)虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)日光菩薩・月光菩薩(にっこうぼさつ・げっこうぼさつ)不動明王(ふどうみょうおう)降三世明王(ごうざんぜみょうおう)軍茶利明王(ぐんだりみょうおう)大威徳明王(だいいとくみょうおう)金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)孔雀明王(くじゃくみょうおう)愛染明王(あいぜんみょうおう)梵天(ぼんてん)帝釈天(たいしゃくてん)毘沙門天(びしゃもんてん)四天王(してんのう)十二神将(じゅうにしんしょう)八部衆(はちぶしゅう)金剛力士・執金剛神(こんごうりきし・しゅこんごうしん)弁才天(べんざいてん)鬼子母神(訶梨帝母)(きしぼじん)大黒天(だいこくてん)吉祥天(きちじょうてん)など。木彫りのものが多くありましたが、ブロンズ、陶器、水晶、石製の仏像などもございました。また仏像の他、仏画や曼荼羅タンカ、仏具、唐木の家具、衝立、大皿、飾り壷などの陶器、和太鼓など、全て買い取らせていただくこととなりました。次回の梱包を終え、トラック二台分に収まるだけ積み込み、一台は埼玉へ、一台は京都へと向かいました。作業中何度も飲み物やお菓子を用意していただいたり、お昼にはお弁当や和菓子をご用意していただきました。お気遣いいただき本当にありがとうございます。近日、再度出張買取へ向かいますので、引き続きよろしくお願い致します。次回は大きいトラック二台で出張します。
画像は、岐阜へ向かう途中に寄った中央道談合坂SA。休憩していたら突然ひょうが降ってきました。次に長野県にある諏訪湖SA。高速を降りてからの下道が長いので、こちらで休憩を取りました。夜になってしまいましたが、高山市内のビジネスホテルへ到着。こちらでは団子や五平餅が食べ放題でした。初めての高山市出張で、どうしても飛騨牛を食べたかったので、お団子、五平餅は一つずつにしておきました。ホテルのすぐそばにある「和菜蔵 椿屋」さんで夕食をとりました。まずはホタルイカの沖漬け、高山市は富山県からすぐそばの地ですので、こちらのホタルイカは格別でした。関東ではこんなにも大きなホタルイカを食べたことなく、とっても美味しかったです。そして遂に飛騨牛のすき焼きへ。きめ細やかなサシと淡いピンク色の飛騨牛はトロっと溶けてしまうようで、とってもとっても美味しかったです。シメのうどんも美味しかったです。飛騨牛の炙り寿司も格別でした。五日の朝、お客様宅へ向かう途中、飛騨国分寺を通っていきました。お昼にお客様にいただいた令和元年弁当、みたらしだんご、ほうば餅、どれも美味しかったです。ほうば餅は一見柏餅のように見えますが、朴葉(ホオノキの葉)を使っており、とても香りの良いお餅でした。高山市ではしょうゆ団子のことをみたらし団子というようですね。五日の夜中に京都へ到着。向かう途中、高速道路が通行止めになってしまい到着が遅くなってしまいました。祇園京都ラーメンで牛すじラーメンを食べ、骨董屋さんたちと合流しました。本日京都を出発し、滋賀県にある土山SAで近江ちゃんぽん、静岡県にある浜松SAで静岡おでんを食べて先程帰省しました。移動が多くとてもハードな三日間でしたが、美味しいものもたくさん食べれて良い出張でした!

愛知県名古屋市にて、先崎栄伸の銀製日蓮上人像、掛け軸など。

 

愛知県名古屋市にて、先崎栄伸の銀製日蓮上人像、掛け軸などをお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。遠距離の出張ですので、前日の夜に名古屋市へと入り、ビジネスホテルで一泊しました。お売りいただきたのは、昭和の名工先崎栄伸(せんざきえいしん)の日蓮上人像や仏画、日本画の掛軸など。当初お見積りのみの予定でしたが、当社の査定額にご満足いただき、その場でお売りいただくこととなりました。お喜びいただけて良かったです。新幹線での出張だった為、仏像は手で持ち帰り、掛け軸は配送業者で送ることとなりました。日蓮上人像は銀製のもので、約三キロ近くの重みある作品。日蓮は地震や暴風雨など災害が相次いだ鎌倉時代中期、国家安寧(あんねい)を願い続け、時の権力者・北条時頼(ほうじょうときより)に文書を提出するなど、社会の救済(きゅうさい)に尽くしたことで知られます。その偉業は後世も称えられ、逝去後、皇室から生前の偉業を称える贈り名「諡号」を二度も追贈(ついぞう)されております。とても素晴らしい作品をお売りいただきました。配送のお手伝いをしていただいたり、お気遣いくださり有難うございました。
昨夜の夕食は名古屋市中区栄にある「山本屋本店 栄本町通店」さんへ行きました。地元では有名な人気店で、味噌煮込みうどんの老舗です。人気の味噌煮込みうどんの他、スタミナ豚しゃぶうどん、名古屋コーチンねぎま、青唐辛子の出し汁巻きなどいただきました。アツアツでとても美味しかったです。帰りにはJR名古屋駅のホームにある立ち食いきしめん「住よし」へ行きました。「住よし」はテレビや雑誌でも度々取り上げられる有名店です。途中下車してでも食べたいと、古くから定評があります。わたしは味噌きしめんにかき揚げと玉子を入れました。濃い目の味噌スープにきしめんが良く合い、癖になるお味。とても美味しかったです。そのまま新幹線へと乗り、名古屋の駅弁「名古屋ベトコン弁当みそかつ&ひつまぶし」をいただきました。味噌カツに鰻のひつまぶしと名古屋名物をたくさん味わうことが出来ました。お土産にはういろうや手羽先など、名古屋は美味しいものばかりでした!

先崎栄伸(せんざきえいしん)
大正6年福島県に生まれる。昭和6年仏教美術協会創立会員・代表の阿井瑞岑に師事。10年帝展に初入選。以後、文展、日展、正統木彫家協会展、日本美術協会展等に出品受賞。戦後は仏教美術彫刻に専念。29年「仏教美術協会」設立に参加。立動美術会委員、三軌会彫刻部長を歴任。51年文部大臣賞受賞。60年彫玄会代表として第1回彫玄会展開催。59年「千手観音」製作 61年逝去。インド、中国、ジャワ島など各国に仏教美術研究旅行。曹洞宗大本山総持寺舎利殿本尊「説法釈迦」、大圓寺七大観音「聖観音」「千手観音」(東京)、浅草寺五重塔内百観音のうち4体(東京)、大雄山最乗寺「文殊・普賢菩薩」(小田原)ほか各地の寺院の本尊、仏像を制作。