カテゴリー別アーカイブ: 茶道具

東京都立川市にて、和たんす、お着物、お茶道具、大阪尚美堂の鎚起銅製菓子鉢。

   

東京都立川市にて、和たんす、お着物、お茶道具、大阪尚美堂の鎚起銅製菓子鉢を買い取りさせていただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。尚美堂は1900年、江藤栄吉郎によって大阪の中心地である淀屋橋に設立し、創業当時から時計だけでなく、貴金属や装身具、美術工芸品なども幅広く取扱ってきたまさに「大阪の商人」といった歴史ある企業です。買い取りをしておりますと、尚美堂のお品を数多く見ます。今回のような銅製のものや銀製品、贈答品などでいただいたりしているようですね。茶道具としての作品も多く、当社で強化買取りしているメーカーの一つになります。特に尚美堂の銀瓶などは、高額で取引されている為、当社でも高額買取りが可能なお品となってます。尚美堂のお品は画像ののような落款が記されています。この落款には「尚美堂」と書かれておりますが、うまく読めないかと思います。画像のような落款のある処分品がございましたら、是非六角堂をご指名ください。他にも、お稽古用ではありましたが、お茶道具を一式買い受けさせていただきました。本日は六角堂をご指名くださり、有難うございました。出張帰りに、立川市の砂川九番にある満北亭さんへと寄り、スタミナ丼をいただきました。夏バテ防止にといただきましたが、最近は雨模様の日が続いておりあまり夏を感じませんね。仕事が辛くはなりますが、夏はやはり暑くあってほしいです。程よくですが・・・

六角堂では、金寿堂、尚美堂、竹影堂、松栄堂、金賞堂、天賞堂、金美堂、金晴堂、金匠堂、銀川堂、生秀堂、呉杉堂、雲色堂、青龍堂、祥雲堂、光玉堂、純古堂、金龍堂、泰山堂、三龍堂、純幸堂、精金堂、皆川堂、秀峰堂、玉川堂、松栄堂、山川堂、海玉堂、清雅堂、秀峰堂、金星堂、富貴堂、上彬堂などの茶器(湯沸、水注、急須、茶筒、茶托、茶合)や酒器(銚子、猪口、ぐい呑)、花器(花瓶、一輪生)、皿(菓子器、銘々皿、盆)などの製品を探しております。ご不要のお品がございましたら、出張専門高価買取六角堂までお問い合わせください。

鎚起銅器(ついきどうき)とは、一枚の銅板を大小さまざまな金鎚、木槌で打ち延ばし、打ち縮め、茶器などの器を作りあげる金属工芸技術。新潟県燕市の燕鎚起銅器は江戸時代後期、仙台の渡り職人が燕に鎚起銅器の基礎となる製法を伝えたとされます。燕で鎚起銅器が確立、発展したのは近郊の弥彦山から優良な銅が産出され、素材の入手が容易であったことが背景にあり、経済産業大臣より「伝統的工芸品」に指定されております。素材の銅は殺菌作用があり、熱伝導率が高く保温性にも優れています。そして銅器は、貴重な実用品として使われ、現在では美術工芸品としての価値も評価されています。

 

群馬県高崎市にて、和たんす、お着物、火鉢、お茶道具、持ち手に金銀象嵌の入った霰地鉄瓶。

 

群馬県高崎市にて、和たんす、お着物、火鉢、お茶道具、持ち手に金銀象嵌の入った霰地鉄瓶をお売りいただきました。

旧家解体前の片付け整理にてお呼びいただきました。今回お売りいただきました鉄瓶は、持ち手に金銀象嵌の装飾が入っており、人気の斑紫銅蓋、銀口のお品です。残念ながら、注ぎ口の先にカケがありましたが、良い作品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。他にも、時代ある古き良きお品々をお譲りいただきました。大事にされていたお道具、大事に次へと繋げさせていただきます。お忙しい中、六角堂をご指名いただきありがとうございました。

現在六角堂では、鉄瓶、急須、銀瓶、金瓶を強化買取りしております。強化買取中の鉄瓶は、以下となります。龍文堂、亀文堂、金龍堂、金寿堂、祥雲堂、瑞雲堂、雲色堂、光玉堂、蔵六造、大国造、日本梅泉造、秦蔵六、畠春斎、 般若勘渓、石黒光南、角谷一圭、鈴木盛久、長野垤志、中川浄益、名越弥五郎、宮崎寒雄、小泉仁左衛門、佐藤清光、菊池政光

六角堂出張地域

東京都 世田谷区・港区・中央区・渋谷区・杉並区・目黒区・千代田区・大田区・品川区・新宿区・文京区・豊島区・中野区・練馬区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区・武蔵野市・昭島市・小金井市・三鷹市・あきる野市・日野市・調布市・府中市・小平市・国分寺市・国立市・武蔵村山市・清瀬市・東村山市・西東京市・福生市・青梅市・東大和市・羽村市・立川市・町田市・多摩市・稲城市・狛江市・八王子市・東久留米市

神奈川県 横浜市(鶴見区・中区・緑区・港北区・戸塚区・神奈川区・西区・栄区・泉区・旭区・南区・保土ヶ谷区・港南区・筑紫区・金沢区・瀬谷区・磯子区・青葉区)・川崎市(多摩区・川崎区・中原区・幸区・高津区・宮前区・麻生区)・相模原市(緑区・中央区・南区)・小田原市・平塚市・横須賀市・藤沢市・厚木市・大和市・秦野市・鎌倉市・茅ヶ崎市・伊勢原市・座間市・三浦市・海老名市・綾瀬市・逗子市・南足柄市

千葉県 千葉市(稲毛区・中央区・緑区・花見川区・美浜区・若葉区)・我孫子市・市川市・市原市・印西市・浦安市・柏市・香取市・鎌ヶ谷市・木更津市・君津市・佐倉市・山武市・白井市・匝瑳市・袖ヶ浦市・東金市・富里市・流山市・習志野市・成田市・野田市・富津市・船橋市・松戸市・茂原市・八街市・八千代市・四街道市・八潮市・大網白里市・神崎町・栄町・酒々井町・芝山町・長生村・長南町・長柄町・睦沢町・横芝光町・白子町

埼玉県 さいたま市(大宮区・南区・西区・北区・中央区・見沼区・岩槻区・浦和区・桜区・緑区)・川口市・越谷市・川越市・所沢市・熊谷市・草加市・春日部市・東松山市・狭山市・三郷市・上尾市・深谷市・富士見市・入間市・朝霞市・鳩ヶ谷市・本庄市・坂戸市・戸田市・飯能市・ふじみ野市・加須市・鴻巣市・鶴ヶ島市・新座市・桶川市・北本市・久喜市・行田市・蓮田市・羽生市・幸手市・蕨市・秩父市・日高市・志木市・八潮市・和光市・吉川市・比企郡・北葛飾郡・大里郡・児玉郡・入間郡・南埼玉郡・北埼玉郡・秩父郡・北足立郡

山梨県、栃木県、群馬県、茨城県、福島県、長野県、新潟県、静岡県

その他、箱根、伊豆方面や軽井沢にも無料にて出張致しております。骨董品類に関しては全国出張買取致します。お気軽にご相談ください。

 

東京都杉並区成田東にて、アンティーク置き時計、金龍堂松尾忠久造純銀製銀瓶、陽信銘純銀製花鳥彫金煙草入、服部製純銀ピルケース(小箱)、純銀製対花瓶、掛軸など。

東京都杉並区成田東にて、アンティーク置時計、金龍堂松尾忠久造の純銀製銀瓶、陽信銘純銀製花鳥彫金煙草入、服部製の純銀ピルケース(小箱)、純銀製対花瓶、掛け軸などをお譲りいただきました。

リフォーム前の片付け整理にてお呼びいただきました。アンティーク時計や銀瓶などの銀製品、鏑木清方の掛け軸など、多数買い受けさせていただきました。銀瓶は、明治から大正の金工師金龍堂の名人松尾忠久の作品でしっかりとした銀瓶でした。共箱がなく、持ち手の留め具が緩くなってしまっていたのが残念でした。他にも、明治期の金工師陽信の作品で、内梨地に金銀象嵌の彫金が見事な煙草入れをお売りいただきました。所々傷みがあるものの、蓋周りの網代彫りが素敵な作品です。お父様が時計屋さんを営んでいらっしゃったようで、海外製の珍しく素敵な置き時計などもお売りいただきました。掛軸は、鏑木清方をはじめ、日本画家の作品をお売りいただきました。お父様が集めていらっしゃった素晴らしいお道具たち、次に大事にしていただける方へときちんと橋渡しをさせていただきます。お忙しい中、当社のご指名、貴重なお品をお譲りくださり有難うございました。次回また、お着物のお見積りに呼んでいただけるとの事、楽しみにお待ちしております。

六角堂では、純銀・銀製品の茶道具(銀瓶・棗・急須・茶托・茶釜)を高価買い取り致します。価値ある銀製茶道具、銀細工置物、銀食器などを潰し価格で処分するのは、非常に惜しいです。銀瓶などを潰し価格で買取る業者が多く見られますが、当社は潰しではなく商品としての適正価格にて高価買取致しますので、是非六角堂へご相談ください。霰打ち銀瓶、鳳凰口銀瓶、鉄砲口銀瓶、宝珠形銀瓶、南瓜形銀瓶、翡翠摘み銀瓶、鎚目銀瓶、秦蔵六、中川浄益、石黒光南、名越弥五郎、木村清雲、北村静香、一鶴斎、尚美堂などの銀瓶は高価買い取りいたします!また、鉄瓶や金瓶も強化買取中ですので、あわせてお問い合わせください。内容や量にもよりますが、銀瓶などの骨董品類の買取に関しては、全国出張します。もちろん出張料、査定料は無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。和家具・古美術・骨董品・茶道具・美術品・古道具・諸道具類のご処分をお考えのお客様は、お気軽に六角堂までご相談くださいませ。
北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、長野県、山梨県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、石川県、福井県、滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

杉並区出張地域は、阿佐谷南 阿佐谷北 天沼 井草 和泉 今川 梅里 永福 大宮 荻窪 上井草 上荻 上高井戸 久我山 高円寺南 高円寺北 清水 下井草 下高井戸 松庵 善福寺 高井戸東 高井戸西 成田東 成田西 西荻南 西荻北 浜田山 方南 堀ノ内 本天沼 松ノ木 南荻窪 宮前 桃井 和田

埼玉県川口市本町にて、桐箪笥、お着物、長火鉢や花梨の違い棚、人間国宝音丸耕堂の菓子盆、海老文壁掛け、銀瓶、煎茶道具。

 

埼玉県川口市本町にて、桐箪笥、お着物、長火鉢や花梨の違い棚、人間国宝音丸耕堂の菓子盆、海老文壁掛け、銀瓶、煎茶道具をお売りいただきました。

解体前の片付け整理にてお呼びいただきました。解体前になるべくお荷物の片付けをされたいとのことで、当社で買い取りが出来るもの全て買い受けさせていただきました。暑い日の作業でしたが、途中休憩を入れながらトラック満載買い受けさせていただきました。お片付けの途中で銀瓶を発見しましたが、残念ながら底が抜けておりました。銀をくりぬいて、何かの素材で使われてしまったようです。当社の強化買取りアイテムでしたので、なんとももったいないです。悲しい状態でしたが、こちらは潰しでの価格で買い受けました。人間国宝音丸耕堂の虫分菓子盆、海老文壁掛けは共箱がなく、使用傷や歪みがございましたが、人気商品ですので、買取させていただきました。長時間の作業となってしまいましたが、最後までお手伝いいただいたりお付き合い下さり有難うございました。出張帰りに志木の市場へ寄ると、虹が出ておりました。画像では分かりずらいですが、虹が並んで二つ出てました。初めて見る光景でしたので、何枚も写真を撮ってしまいました。

六角堂では蒔絵などの漆芸作品の買取りに力を入れています。ご自宅にお持ちの蒔絵・漆芸作品について、売却をお考えの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と鑑定経験をもつスタッフが、一つ一つ丁寧に最大限の正当評価をさせていただきます。衝立や座卓、書棚、飾り棚などの蒔絵家具や印籠・棗・硯箱・手箱などのほか、椀・皿・お盆・屠蘇器・重箱など日用品にも価値のあるものが多くあります。蒔絵は日本はもちろん、海外にもコレクターの方が数多くいらっしゃいます。作者が不明のお品でも高額となる場合がございますので、気になるお品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。蒔絵・漆芸作品に詳しいスタッフが一点一点丁寧に査定させていただきます。以下が強化買取り中の蒔絵・加飾、漆芸作家となります。
高野松山、柴田是真、山本春正、原羊遊斎、神坂祐吉、植松包美、植松抱民、川之邊一朝、池田泰真、白山松哉、飯塚桃葉、沢田宗沢斎、松田権六、赤塚自得、大場松魚、寺井直次、田口善国、室瀬和美、中野孝一、音丸耕堂、前大峰、前史雄、三谷吾一、的場晃昌、磯井如真、磯井正美、太田儔、赤地友哉、増村益城、磯矢阿伎良、塩多慶四郎、大西勲、小森邦衞、増村紀一郎、北村昭斎、黒田辰秋、太田抱逸、岡本康伸、天野文堂、藤井観文、山崎覚太郎、竹園自耕、佐藤貞一、井波喜六斎、張間禧一、勝田静璋、天野策地、張間麻佐緒、堆朱楊成、一后一兆、辻石斎、箱瀬淳一、服部峻昇、金城一国斎
上記作家以外ののお品でも高額となる場合がございますので、気になるお道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

音丸耕堂(おとまる こうどう)
1898年(明治31)~1997年(平成9)香川県出身。本名は芳雄。
小学校を卒業すると地元讃岐漆彫りの工人石井磐堂に学ぶ。
幕末彫漆家の玉楮象谷の作品に魅せられ以降は独学にて漆芸の技術を修得していく。
1937年に上京し42年には第5回文展にて特選、戦後は49年に日展特選受賞となる。
1955年、漆芸に革新を起こしたとして人間国宝に認定。
以降は日本工芸会に所属し日本伝統工芸展などで活躍、同会常任理事、参与なども務めた。
当初は唐物(中国)の溜塗りの技法を用いた作品を制作していたが、上京後は明るい色彩を用いた作品となり、さらに52年頃から平行に何本も線を彫り、縞模様を作成、その模様によって斬新なデザインを創造するといった独自の作風を確立した。

東京都国分寺市にて、明治期時代箪笥、漆器、屠蘇器、銀盃、金盃?、お茶道具など。

 

東京都国分寺市にて、明治期の時代箪笥、漆器、屠蘇器、銀盃、金盃?、大田垣蓮月の和歌文彫り急須、斑紫銅蓋の鉄瓶など、お茶道具を多数買取させていただきました。

解体前の片付け整理にてお呼びいただきました。本日は、お客様の片付けと同時に見積もり作業を進めていきました。途中、銀杯の箱を見つけましたが肝心の銀杯がなかったのでお客様に聞きましたら、先に片づけているときに捨ててしまったとの事。ゴミ袋から無事に見つけ出していただきました。更には金杯の箱を発見、こちらは?と尋ねたところ、金杯はさすがに捨ててなく既に処分されていたようです。明治時代の桐箪笥や時代箪笥、時代和家具、明治から昭和初期のお茶道具など古き良きお品がたくさんあり、全て買い受けさせていただきました。幕末から明治時代に活躍した女流歌人、大田垣蓮月の和歌文急須(79歳の時の作)は、当社の強化買取り作品でしたので、箱なしでしたがきちんと査定させていただきました。午後よりお客様のご都合が入っており、時代箪笥、桐たんすは後日買取に来ることとなりました。次回、またよろしくお願い致します。二件目の世田谷区代田へ向かう途中、いつも寄らせていただく国分寺市にある丸源ラーメンさんへと行きました。安定の肉そばにネギをトッピング、あっさり味で暑い日にでも美味しくいただけます。

六角堂では、茶碗、水差 、棗、茶入、香合、蓋置、建水、風呂、釜、花入、茶杓、皆具、菓子皿、銀瓶、鉄瓶、 煙草盆、茶棚、炉縁などのお茶道具を強化買取しております。裏千家、表千家、武者小路千家、裏千家久田家、表千家堀内家、藪内家、遠州流、宗偏流、松尾流、江戸千家、大日本茶道学会などのお道具、作家物からお稽古用まで、お茶道具に関して幅広く取り扱っております。お茶道具の専門スタッフか、お見積もりに伺います。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

大田垣蓮月(おおたがき れんげつ)
幕末・明治の歌人。一説に父は伊賀上野藩主藤堂氏、大田垣光古の養女。名は誠、蓮月は号。歌道を千種有功に学び武芸にも長じる。夫と死別後、神光院月心の門に入り、尼となる。小沢蘆庵・六人部是香に私淑し、若き富岡鉄斎を薫陶して頼三樹三郎・梁川星巌・梅田雲浜らと親交する。また手捏ねの茶器に自詠の歌を彫りつけた蓮月焼と称される陶器を作る。明治8年(1875)歿、85才。

国分寺市出張地域は、泉町、北町、新町、高木町、戸倉、内藤、並木町、西恋ヶ窪、西町、西元町、光町、東恋ヶ窪、東戸倉、東元町、日吉町、冨士本、本多、本町、南町

東京都品川区勝島にて、春日部桐箪笥、お着物、人間国宝五代伊藤赤水 無名異焼赤水窯の茶器(急須、夫婦湯呑)セット。

 

東京都品川区勝島にて、春日部桐箪笥、お着物、人間国宝五代伊藤赤水 無名異焼赤水窯の茶器(急須、夫婦湯呑)セットをお売りいただきました

遺品整理にてお呼びいただきました。佐渡無名異焼の技法で人間国宝になられた五代伊藤赤水さんの作品をお譲りいただきました。本人作ではなく、窯作品でしたが、当社で買い取りを強化している作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。素敵な作品をお売りいただき有難うございました。

2日より、お休みをいただき、伊豆へと家族旅行に行ってまいりました。熱海市にある後楽園ホテルへと泊まり、伊東市へと寄って昨夜帰宅しました。あまり天候に恵まれませんでしたが、子供たちと海水浴、魚釣りと夏休みを満喫できました。ホテルでいただいた食事、帰りに伊東市の伊東マリンタウンにある伊豆太郎さんのお寿司など、伊豆の海鮮料理はとっても美味しかったです。途中雨が降ったりしましたが、子供たちも喜んでくれたので良い旅となりました。休みがなかなかとれない私ですが、久々父親が出来てとても良かったです。伊豆には出張買取でも来ますが、家族旅行もやはりいいものですね。

ただいま人間国宝、作家物の陶芸作品を強化買取りしております。作家のないお品も多数扱っておりますので、処分される前に一度お問い合わせください。たくさんの御見積お待ちしております。陶芸(人間国宝)  色絵磁器 - 富本憲吉、加藤土師萌、藤本能道、十三代今泉今右衛門、十四代酒井田柿右衛門、鉄釉陶器 - 石黒宗麿、清水卯一、原清、民芸陶器 - 濱田庄司、志野 - 荒川豊蔵、萩焼 – 三輪休和(十代三輪休雪)、三輪壽雪(十一代三輪休雪)、備前焼 – 金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳 唐津焼 – 中里無庵、染付 – 近藤悠三、白磁・青白磁 -塚本快示、琉球陶器 - 金城次郎、鉄絵 - 田村耕一、練上手 - 松井康成、白磁 - 井上萬二、三彩 - 加藤卓男、民芸陶器- 島岡達三、青磁 – 三浦小平二、中島宏、彩釉磁器 - 三代徳田八十吉、常滑焼(急須)-三代山田常山、釉裏金彩(ゆうりきんさい)-吉田美統、無名異焼(むみょういやき)-五代伊藤赤水

※当社では、お盆期間中も休まず出張買取させていただきます。業者様のご紹介など予約が貯まってきておりますので、期間中の出張見積もりはお早目にお問い合わせください。

五代伊藤赤水(いとう せきすい) 人間国宝(無名異焼)1941年(昭和16)~新潟県佐渡市出身
無名異焼窯元・四代赤水の長男として生まれる。京都工芸繊維大学の工芸学科を卒業後帰郷。父が早世したため、祖父三代赤水について家業を修業した。 1972年日本伝統工芸展に初入選し、1977年に五代を襲名、以来 伝統工芸展、陶芸展等で活躍、受賞を重ねた。作調は、「窯変」と「練上」の二様に大別される。窯変は穴窯での焔により器表に表れる赤と黒のコントラストが魅力である。 練上は、地元の陶土(白・赤・黒)を捏ね合わせ、切口の断面を全体的な文様として構成する智的な工芸技法によるもの。1997年に日本伝統工芸展で高松宮記念賞を受賞した練上の作品が代表作として知られるが、これらの作品は、無名異焼の伝統に新生面を拓くとともに、現代の伝統的な焼締陶の世界に、独自の作風を推進するものとして高く評価されている。
1972年 日本伝統工芸展初入選
1976年 日本工芸会正会員
1977年 五代伊藤赤水を襲名
1980、85、87、97年に日本伝統工芸展にて受賞
2003年 重要無形文化財「無名異焼」保持者に指定
2005年 紫綬褒章
2007年 大英博物館主催「わざの美」展 招待出品
2011年 旭日小綬章

東京都江東区清澄にて、水屋箪笥、掛け軸、お茶道具、大日本釜師長名越昌晴造亀甲鳳凰紋黄銅製円式茶托。

東京都江東区清澄にて、水屋箪笥、掛軸、茶道具、大日本釜師長名越昌晴造亀甲鳳凰紋黄銅製円式茶托をお売りいただきました。

お母様の遺品整理にて、名越昌晴の茶托などのお茶道具を買い取りました。名越昌晴は明治期に活躍した釜師で、大日本釜師長、京都・名越家の10代目として知られています。名越昌晴は釜師であった事から、茶釜や鉄瓶を中心に花器、皆具、茶托など茶道具の制作をして、数多くの作品を残されました。作域は幅広く、茶の湯を嗜む人の間では知らない人はいない程有名な釜師の一人です。六角堂では名越昌晴の作品の買い取りを行っておりますので、ご処分の際にはお気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さい。お母様の大事にされていたお道具をきちんと次へとつないでほしいというお客様の思い、六角堂できちんと責任をもって橋渡しさせていただきます。この度は当社のご指名有難うございました。

出張帰りに江東区東陽にある、「○心厨房(まごころちゅうぼう)」さんへとお邪魔しました。魚介豚骨スープと天然塩でつくる濃厚な塩ラーメン有名なお店で、ラーメンチャンピオンの石神秀幸さんもお勧めしているお店です。私は最近は待っているパクチーをトッピングしましたが、意外と合いますね。替え玉があれば、三杯はいけそうな美味しいお店でした。

釜師(かまし)とは、茶の湯に用いる釜を製作する鋳物師のことをいいます。一般に釜師と称されるようになったのは西村道冶が元禄時代に千家出入になり御釜師と書いた江戸時代中期からといわれます。現在六角堂では、釜師の作品を強化買取りしております。強化買取中の作家は、以下となります。
大西清右衛門、秦蔵六、畠春斎、 般若勘渓、石黒光南、角谷一圭、角谷興斎、角谷 興兵衛(与斎)、角谷莎村、鈴木盛久、長野垤志、長野烈、中川浄益、名越弥五郎、宮崎寒雄、高木治良兵衛、小泉仁左衛門、大國藤兵衛、佐藤清光、菊池政光、佐藤浄清、高橋敬典、吉羽興兵衛、金谷五良三郎、根来実三、根来茂昌、木村清五郎

※六角堂では、お盆期間中も休まず出張買取させていただきます。業者様のご紹介など予約が貯まってきておりますので、期間中の出張見積もりはお早目にお問い合わせください。

名越昌晴(なごし まさはる)江戸時代初期の釜師で、江戸名越家十代。名越昌晴は、名乗は「昌晴」(まさはる)、通称を「弥五郎」(やごろう)、入道名は詳でありません。名越昌晴は、旧姓を小幡仁之助といい、八代名越昌孝の門人で、九代昌芳に嗣子がないため、昌孝の長女マス子の婿となって十代を継ぎ、幕府の御釜師となります。名越昌晴は、徳川家伝来の東山御物雲龍釜を修補、嘉永五年(1852)十一月江戸城内宝蔵大火火災のあと文久二年(1862)閣老の命で名物釜六箇を修補し、その功により黄金一枚を下賜されます。名越昌晴は、八代昌孝の著した『鋳家系』を改正増補し安政六年(1859)印行します。名越昌晴は、門人に松澤浄勝、堀浄弘、山口浄雄、一ノ瀬浄芳、堀浄親などが出ています。名越昌晴は、明治四十四年(1911)八十一歳で歿します。安政三年(1856)の『安政武鑑』の「御数寄屋小細工」に「三十石御釜師すきや丁名越弥五郎」とあります。

江東区出張地域は、青海 有明 石島 海辺 永代 枝川 越中島 扇橋 大島 亀戸 北砂 木場 清澄 佐賀 猿江 塩浜 潮見 東雲 白河 新大橋 新木場 新砂 住吉 千石 千田 高橋 辰巳 中央防波堤 東陽 常盤 富岡 豊洲 東砂 平野 深川 福住 冬木 古石場 牡丹 南砂 三好 毛利 森下 門前仲町 夢の島 若洲

東京都練馬区のリサイクル業者様より、お茶道具や作家物の花器、小千谷駒上布の反物、掛け軸などをまとめて買い受けさせていただきました。

 

東京都練馬区の回収業者様より、お茶道具や作家物の花器、小千谷駒上布の反物、掛け軸などをまとめてお売りいただきました。

本日は、いつもお世話になっているリサイクル業者様の倉庫へ買取へ伺いました。こちらでは、数か月に一度、お荷物が貯まったらお呼びいただいております。今回は、お茶道具や贈答品、掛け軸やお着物などをお売りいただきました。たくさん貯めていてくれましたので、おかげさまでトラックいっぱいに積ませていただきました。わたしの倉庫も荷物がいっぱいになりましたので、明日からの仕分け作業が充実します。仕分けしながらの作業は、当社でも大変勉強になり、スタッフの成長に繋がります。いつもお呼びいただき有難うございます!出張の帰りに、らーめん花月さんへと寄りました。ずっと気になっていた、ブラックモンスターラーメンをいただきました。スタミナがつくニンニク、黒味噌、野菜をたっぷり使ったガッツリ系らーめん、夏バテ予防になりますね。明日からの仕分け作業も頑張れそうです!

当社では、不動産、解体、引越し、介護関連、遺品整理等の業者様より、随時買取や処分を受け付けております。残置物が少ない場合でも、気になるお品がございましたら、六角堂までメール、またはお電話にてお問い合わせください。当社で、出来る限りの対応をさせていただきます。大量にお品がある場合や、骨董品などの内容によっては、全国出張対応させていただく事も可能です。

桐箪笥・古家具・民芸家具・茶道具・書道具・掛軸・絵画油絵・リトグラフ・骨董品・中国骨董・李朝骨董・西洋アンティーク・屏風・仏像・仏具・香木・置物・古道具・陶磁器・漆器類・甲冑・火鉢・軍服・勲章・古絵葉書・古書・着物・和装小物・かんざし・花瓶・人形・こけし・ブロンズ・彫刻・三味線・琴・尺八・レトロおもちゃ・蓄音機・煙管・金銀製品・印籠・古時計・剥製・バッグ・腕時計・オーディオ・ギター・楽器・レコード・釣具・贈答品・貴金属・毛皮・絨毯・香水・化粧品・古酒・中古・新品・ジャンク品等々 、ご不用品がございましたら、出張買取専門店六角堂までお問い合わせください。

 

神奈川県藤沢市にて、和たんす、民芸箪笥、お着物、反物、秀峯堂造の銀いぶし仕上 銀瓶など。

   

神奈川県藤沢市にて、和たんす、民芸箪笥、お着物、反物、秀峯堂造の銀いぶし仕上鎚起糸目 銀瓶丸型五合をお売りいただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。出張続きの為、訪問日時の調整・変更で、お客様にはとてもお気遣いいただきました。事前のご相談から当日のご対応までご親切に頂き感謝いたします。本日の一件目は、鎌倉市への出張でしたので、いつもの通り前日より藤沢市にある漫画喫茶へと前乗りしました。こちらの漫画喫茶は、一年に10回くらいは前乗りで利用しております。鎌倉市では、鎌倉彫のたんす、中国の掛軸、五月人形、三味線などを買い受けさせていただきました。今日もとても暑かった為、途中休憩をいただきながら作業させていただきました。栄養ドリンクやアクエリアスなどをいただいたり、お気遣いいただき有難うございました。午後の藤沢市までお時間がありましたので、江ノ島で生しらす丼を食べようと寄らせていただきました。今回寄らせていただきましたお店は、「島童子(しまわらし)」さん。生しらすいくら丼をいただきました。生しらすがこれでもか~というほど入っており、とっても満足しました。江の島といえば生しらす、とっても美味しかったです!

六角堂では、金寿堂、尚美堂、竹影堂、松栄堂、金賞堂、天賞堂、金美堂、金晴堂、金匠堂、銀川堂、生秀堂、呉杉堂、雲色堂、青龍堂、祥雲堂、光玉堂、純古堂、金龍堂、泰山堂、三龍堂、純幸堂、精金堂、皆川堂、秀峰堂、玉川堂、松栄堂、山川堂、海玉堂、清雅堂、秀峰堂、金星堂、富貴堂、上彬堂などの茶器(湯沸、水注、急須、茶筒、茶托、茶合)や酒器(銚子、猪口、ぐい呑)、花器(花瓶、一輪生)、皿(菓子器、銘々皿、盆)などの製品を探しております。ご不要のお品がございましたら、出張専門高価買取六角堂までお問い合わせください。

六角堂出張地域

東京都 世田谷区・港区・中央区・渋谷区・杉並区・目黒区・千代田区・大田区・品川区・新宿区・文京区・豊島区・中野区・練馬区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区・武蔵野市・昭島市・小金井市・三鷹市・あきる野市・日野市・調布市・府中市・小平市・国分寺市・国立市・武蔵村山市・清瀬市・東村山市・西東京市・福生市・青梅市・東大和市・羽村市・立川市・町田市・多摩市・稲城市・狛江市・八王子市・東久留米市

神奈川県 横浜市(鶴見区・中区・緑区・港北区・戸塚区・神奈川区・西区・栄区・泉区・旭区・南区・保土ヶ谷区・港南区・筑紫区・金沢区・瀬谷区・磯子区・青葉区)・川崎市(多摩区・川崎区・中原区・幸区・高津区・宮前区・麻生区)・相模原市(緑区・中央区・南区)・小田原市・平塚市・横須賀市・藤沢市・厚木市・大和市・秦野市・鎌倉市・茅ヶ崎市・伊勢原市・座間市・三浦市・海老名市・綾瀬市・逗子市・南足柄市

千葉県 千葉市(稲毛区・中央区・緑区・花見川区・美浜区・若葉区)・我孫子市・市川市・市原市・印西市・浦安市・柏市・香取市・鎌ヶ谷市・木更津市・君津市・佐倉市・山武市・白井市・匝瑳市・袖ヶ浦市・東金市・富里市・流山市・習志野市・成田市・野田市・富津市・船橋市・松戸市・茂原市・八街市・八千代市・四街道市・八潮市・大網白里市・神崎町・栄町・酒々井町・芝山町・長生村・長南町・長柄町・睦沢町・横芝光町

埼玉県 さいたま市(大宮区・南区・西区・北区・中央区・見沼区・岩槻区・浦和区・桜区・緑区)・川口市・越谷市・川越市・所沢市・熊谷市・草加市・春日部市・東松山市・狭山市・三郷市・上尾市・深谷市・富士見市・入間市・朝霞市・鳩ヶ谷市・本庄市・坂戸市・戸田市・飯能市・ふじみ野市・加須市・鴻巣市・鶴ヶ島市・新座市・桶川市・北本市・久喜市・行田市・蓮田市・羽生市・幸手市・蕨市・秩父市・日高市・志木市・八潮市・和光市・吉川市・比企郡・北葛飾郡・大里郡・児玉郡・入間郡・南埼玉郡・北埼玉郡・秩父郡・北足立郡

山梨県、栃木県、群馬県、茨城県、福島県、長野県、新潟県、静岡県

その他、箱根、伊豆方面や軽井沢にも無料にて出張致しております。骨董品類に関しては全国出張致します。お気軽にご相談ください。

藤沢市出張地域は、朝日町、 石川、稲荷、今田、打戻、江の島、円行、遠藤、大庭、獺郷、片瀬、片瀬海岸、亀井野、柄沢、鵠沼、鵠沼海岸、葛原、小塚、城南、湘南台、菖蒲沢、白旗、善行、善行坂、大鋸、辻堂、辻堂東海岸、土棚、藤が岡、藤沢、本鵠沼、みその台、宮原、弥勒寺、用田、渡内

 

千葉県市川市にて、桐たんす、お着物、お茶道具、二代金森紹栄作 鋳銅瓢造瓶懸。

 

千葉県市川市にて、桐たんす、着物、茶道具、二代金森紹栄作 鋳銅瓢造瓶懸をお譲りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。お茶道具がたくさんありましたので、一点一点査定し、お客様にご満足いただける査定額にて全て買い受けさせていただきました。お母様の大事にされていた思い出のお道具、きちんと次へと繋げさせていただきます。お忙しい中、ご指名くださり有難うございました。

自宅近くのふじみ野でおおい祭りをやっておりました。帰宅後に我が家のチビたちが行きたいというので、連れて行きました。露店がたくさん出ており、わたしはじゃがバターにオオタコ焼きをいただきました。外で食べる食事も美味しいですね。夏を感じました!

瓶懸(瓶掛 びんかけ)とは、茶の湯で、寄り付きまたは盆略点(ぼんりやくだて)・茶箱点の席で用いられる火鉢、または小さい風炉のことをいいます。陶製の他、金属製などがございます。

六角堂では、茶碗、水差 、棗、茶入、香合、蓋置、建水、風呂、釜、花入、茶杓、皆具、菓子皿、銀瓶、鉄瓶、 煙草盆、茶棚、炉縁などのお茶道具を強化買取しております。裏千家、表千家、武者小路千家、裏千家久田家、表千家堀内家、藪内家、遠州流、宗偏流、松尾流、江戸千家、大日本茶道学会などのお道具、作家物からお稽古用まで、お茶道具に関して幅広く取り扱っております。お茶道具の専門スタッフか、お見積もりに伺います。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

お茶道具の強化買取作家は以下となります。
千家十職 大西清右衛門、駒沢利斎、土田友湖、黒田正玄、永楽善五郎、中川浄益、楽吉左衛門、中村宗哲、奥村吉兵衛、飛来一閑
陶芸家 朝日豊斎、上田直方、 大樋長左衛門、 小川長楽、大野鈍阿、亀井楽山、久世久宝、坂倉新兵衛、坂田泥華、清水六兵衛、須田青華、杉田祥平、杉本貞光、膳所焼陽炎園、田原陶兵衛、高取静山、高取八仙、高橋道八、長岡空権、中村翠嵐、西村徳泉、三浦竹軒、三浦竹泉、宮川香斎、清風与平
金工 角谷興斎、角谷一圭、角谷莎村、金谷五良三郎、木村清五郎、菊地政光、 佐藤浄清、高橋敬典、 高木治良兵衛、長野烈、根来実三、根来茂昌、畠春斎、明珍
漆芸 一后一兆、川端近左、川瀬表完、前畑雅峰、道場宗廣、村瀬治兵衛、渡辺喜三郎

金森紹栄(かなもりしょうえい)
初代  金森紹栄
高岡の唐銅風炉の創始者として唐銅製茶道具の研究と力作に励み、 大徳寺清涼和尚より紹栄を授号された。
二代 金森紹栄
1930年高岡市上北島25生まれ。一門工房、本名:栄一郎。
金沢美大にて金工・鋳芸を学ぶ。
京都紫野の大西三四郎先生に師事。
大西三四郎は、十三代大西清右衛門浄長の息子で1930年富山高岡生まれ。

市川市出張地域は、相之川、新井、伊勢宿、市川、稲越町、入船、大洲、大野町、大町、大和田、押切、鬼越、鬼高、欠真間、柏井町、加藤新田、上妙典、河原、香取、北方、北国分、行徳駅前、国府台、高谷、高谷新町、国分、幸、塩浜、塩焼、島尻、下貝塚、下新宿、下妙典、新田、末広、菅野、須和田、関ケ島、曽谷、高石神、高浜町、宝、田尻、千鳥町、稲荷木