カテゴリー別アーカイブ: 茶道具

東京都文京区根津にて、釜師角谷莎村の竹地紋筒釜などのお茶道具、大島紬などのお着物など。

東京都文京区根津にて、釜師角谷莎村の竹地紋筒釜などのお茶道具、大島紬などのお着物などをお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。お母様が生前大切に使われておりましたお茶道具、お着物などを全て買い受けました。お茶道具は、莎村の竹地紋筒釜、萩焼の茶碗や花生、染付の水指などを買い受けました。角谷莎村の竹地紋筒釜は、釜環の欠品、錆などございましたが、人気作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。角谷莎村は、人間国宝である角谷一圭の弟になります。お着物は、紬や訪問着、留袖、帯など多数お売りいただきました。画像の大島紬は、古いものでシミなどございましたが、良い紬でした。まとめてたくさんのお品をお譲りくださり有難うございました。途中、お茶を入れていただいたりお気遣いくださりありがとうございました。帰宅後、学生時代の友人家族と一緒に、戸田市のイオンに入っている「和ダイニング 四六時中」さんへと行きました。海鮮にぎわいおひつごはん、冷製蒸し牡蠣のおろしポン酢をいただきました。とっても美味しかったです。友人が大阪へ旅行へ行ったようで、かに道楽へと行きかにみそのお土産を買ってきてくれました。さすが古くからの友人、わたしの大好物を覚えていてくれました。感謝!
六角堂では、角谷興斎、角谷一圭、角谷莎村、金谷五良三郎、木村清五郎、菊地政光、 佐藤浄清、高橋敬典、 高木治良兵衛、長野垤志、長野烈、根来実三、根来茂昌、畠春斎など、釜師の作品を探しております。ご不要になりました作品がございましたら、当社までお問い合わせください。釜師作品に詳しい鑑定士が、お客様のお品を査定し、高価買取させていただきます。
角谷莎村(かくたにしゃそん)1911年(明治44)~1987年(昭和62)
大阪府出身。角谷巳之助の次男、角谷一圭(人間国宝)の弟として生まれる。
兄の一圭と共に父について釜制作、鋳造を始め日本伝統工芸展、大坂工芸展などで出品。
伝統の技法と現代茶会との調和を考えて、斬新な造形を展開するが特に老松地紋の名手として知られる。西日本の重鎮として活躍されました。

東京都港区広尾にて、総桐箪笥、鬼霰平丸型南部鉄瓶などの茶道具、唐木箱入り象骨麻雀牌。

東京都港区広尾にて、総桐箪笥(洋たんす)、鬼霰平丸型南部鉄瓶などの茶道具、唐木箱に入った象骨麻雀牌などお売りいただきました。。

内装リフォーム前のお片付け整理にてお呼びいただきました。桐たんすは、現在あまり需要の少ない洋箪笥のタイプの物でしたが、総桐の前飾りに彫金作家が入っている素晴らしいものでしたので、お譲りいただきました。急遽、二階からの釣り作業となりましたが、ちょうど居合わせていた内装屋さんにお手伝いいただきましたので、無事引き上げることが出来ました。お母様の思い出のたんすがリサイクル出来、お客様にはお喜びいただきました。まだ捨ててしまうにはもったいないたんすでしたので、釣り作業が出来てとても良かったです。お茶道具は、南部岩鋳製の鬼霰平丸型の鉄瓶、他にも釜や風炉、風炉先屏風、茶道の書籍などをお売りいただきました。お婆様が、小堀遠州流の茶道を習われていたようで、小堀遠州流の書籍が多かったです。他にも唐木箱に入った背竹象骨麻雀牌や贈答品、リサイクル品などをお売りいただきました。マージャン牌は、骨製でなく、象牙製のものになりますと、買い取り価格が数倍に上がります。骨製のものでも、こちらのように唐木箱に入った麻雀牌は人気がございますので、きちんと査定が付きます。色々とお売りいただきありがとうございました。お客様にいただいた炭酸水、とっても美味しかったです。ご馳走様でした。
帰りに、港区西麻布にある鉄砲坂のそばに車を止め、食事をしに行きました。気になる名前の坂でしたので、写メを撮り後から調べてみました。鉄砲坂は、江戸時代に坂のがけ下に幕府の鉄砲練習場があったことからこの名がついたようです。それにしても鉄砲が付く坂とはなかなか面白いネーミングですね。食事は、「CoCo壱番屋 広尾駅前店」さんへと行きました。数年ぶりでしょうか、久々のココイチカレー、北海道カレーにメンチカツ、みそ汁をいただきました。久々でしたが、やはりココイチは美味しいですね。
明日は神奈川県平塚市への出張買取、遠距離ですので早寝します。

東京都西東京市にて、桐たんす、塩沢紬、袋帯などのお着物、陽炎園 水指などのお茶道具。

東京都西東京市にて、桐たんす、塩沢紬、袋帯などのお着物、膳所焼 淡海ぜぜ 陽炎園 近江八景絵 芋頭 水指などのお茶道具をお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。お婆様が生前大事にされておりましたお着物やお茶道具などを買い受けさせていただきました。お着物にシミや汚れなどございましたが、一点一点丁寧に査定し、お客様にご満足いただける査定額で全て買い取らせていただきました。思い出のお品とのこと、大事に次へと繋げさせていただきます。お忙しい中、当社をご指名いただき有難うございました。帰りに、東京都清瀬市にある、「和食さと」へ寄りました。秋限定メニューの松茸ご飯と松茸とろろそば膳をいただき、秋を感じさせていただきました。松茸尽くしでとても美味しかったです。
ただいま桐箪笥をはじめ、お着物、お茶道具の買い取りを強化しております。また、他にも幅広いジャンルで買い取り対応しておりますので、処分にお困りの際には一度お問い合わせください。出張料、査定料無料でお伺いしております。関東近郊はもちろん、お品物の内容や量によっては、遠距離出張買取させていただきます。たくさんのお問い合わせお待ちしてます!
陽炎園(かげろうえん)
膳所焼(ぜぜやき)は、近江国膳所(大津市膳所)付近の陶器で、まず瀬田焼の名で元和(1615~24)ごろに起こったといわれ、のちに膳所焼となりました。茶陶として名高く、遠州七窯の一つに数えられております。
大正8年(1919)、遠州ゆかりの茶陶の名窯の廃絶を惜しんだ膳所の岩崎健三が、時の日本画壇の巨匠、山元春挙とともに膳所窯を復興し、その工房を陽炎園(かげろうえん)としました。
陽炎園の作品に多い「淡海ぜ々」という言葉は、昔近江地方を「淡海」とされており、これは琵琶湖の事を指します。 陽炎園はその近くで焼かれていますので、「淡海ぜ々」という言葉が使われております。

東京都練馬区春日町にて、中島宏の水指、波多野善蔵、西岡小十の茶碗、伊勢崎満の花生など。

東京都練馬区春日町にて、人間国宝中島宏の青磁水指、波多野善蔵の萩茶碗、西岡小十の絵唐津茶碗、伊勢崎満の備前細口花生、贈答品、チーク材のテーブルなどお売りいただきました。

先日遺品整理でお呼びいただいたお客様より、再度出張買取のご依頼をいただきました。今回もまた、お父様、お母様が大事にされていたお茶道具や陶芸作品をお売りいただきました。数多く所有されるお道具の中から、一点一点査定し、買い受けさせていただきました。買い取らせていただいたものの中には、重要無形文化財(人間国宝)である中島宏の作品をはじめ、色々な作家物の作品がございました。陶芸作品の他にも、チーク材のテーブル、贈答品、食器、衣類、火鉢なども併せて買い受けました。まだまだ所有されるお道具を、年内にまたお売りいただけるとの事、楽しみにお待ちしております。良いお道具をお譲りいただき有難うございました。練馬区のお客様宅へ向かう途中、埼玉県新座市にある富士山食堂へ寄らせていただきました。こちらは以前、三珍というお店でしたが、いつの間にかお店の名前が変わっておりました。本日の日替わりセット牛スジカレーにトンコク醤油ラーメンのセットをいただきましたが、すごいボリュームで満腹になってしまいました。次回は、満腹丼かワイルドステーキなるものをいただきたいと思います。
六角堂では、陶芸作品の買い取りを強化しております。ご自宅でずっと眠っている陶芸作品をお持ちの方は陶磁器買取に経験豊富な六角堂をお呼びください。査定のみでも結構ですので、たくさんのご依頼お待ちしております!東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。数量が多い場合、他にも美術品・骨董品などの鑑定物がある場合は全国出張可能です。

中島宏 (なかじま ひろし)1941年(昭和16)~(現在)
日本現代陶芸界を代表する青磁斯界の第一人者で、「中島青磁」、「中島ブルー」と呼ばれる独創的な作品は高い評価を受けており、中国青銅器に学んだ新しい造形の世界を追求しています。青磁釉層に発達した貫入に黒い顔料をにじませた郊壇官窯風の青磁も得意とします。
1941年 佐賀県武雄市に生まれる
1969年 弓野古窯跡に登窯を築いて独立
1977年 日本伝統工芸展で奨励賞を受賞
1984年 中国古陶磁研究所訪中団に参加。青銅器に感銘を受ける。
1990年 佐賀県重要無形文化財技術保持者に認定
1992年 日本陶芸の「今」百選フランス・パリ展に招待出品
1997年 佐賀県芸術文化功労賞を受賞
2007年 重要無形文化財(青磁)の保持者に認定

波多野善蔵(はたのぜんぞう)1942(昭和17)~(現在)
現代工芸界の重鎮であった吉賀大眉に師事して作陶の幅を大きく広げ、伝統的な古萩茶陶を追求した優れた作行や蹴轆轤の技術には定評があります。
釉薬を掛けずに焼き上げて鮮やかな橙色に発色させる「緋色」という技術を考案しました。
1942(昭和17)年、佐賀県唐津市に生まれました。
1968(昭和43)年、萩焼窯元・波多野家(波多野指月窯)の養子となりました。
1972(昭和47)年、山口県美術展で知事賞を受賞しました。
1974(昭和49)年、九州・山口陶磁展で第一席を受賞しました。山口県美術展で文部大臣奨励賞を受賞しました。
1975(昭和50)年、九州・山口陶磁展で第一席を受賞しました。
1978(昭和53)年、日本工芸会山口支部展で支部長賞を受賞しました。
1981(昭和56)年、日本伝統工芸展で日本工芸会奨励賞を受賞しました。日本工芸会正会員となりました。
1982(昭和57)年、山口県芸術文化振興奨励賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、田部美術館「茶の湯の造形展」にて優秀賞を受賞しました。
1992(平成4)年、山口県選奨(芸術文化功労)を受賞しました。
2002(平成14)年、山口県指定無形文化財に認定されました。

伊勢崎満(いせざきみつる)1934(昭和9)~(現在)
弟の伊勢崎淳と共に岡山県重要無形文化財に認定されました。
古備前への探究心と彫塑で培った造形感覚を駆使し、円熟した陶技からはベテラン作家としての貫禄が伝わってきます。
作品によって登窯と中世の穴窯を使い分け、電気窯やガス窯は使用しない松割木による焼成にこだわっています。
1934(昭和9)年、伊勢崎陽山の長男として岡山県備前市に生まれました。
1957(昭和32)年に岡山大学教育学部特設美術科彫塑専攻を中退後、父に師事して本格的に備前焼に取り組みました。
1961(昭和36)年、弟・淳と姑耶山の古窯跡に備前で初めて中世の古窯(半地上式穴窯)を復元。
1964(昭和39)年、日本工芸会正会員となりました。
1972(昭和47)年、備前陶心会会長に就任しました。
1973(昭和48)年、緋襷花器が外務省に買い上げられ、中国の日本大使館に展示されました。
1974(昭和49)年、金重陶陽賞を受賞しました。
1984(昭和59)年、岡山日々新聞社文化賞を受賞しました。
1987(昭和62)年、日本工芸会中国支部審査員に就任しました。
1990(平成2)年、岡山県文化奨励賞を受賞しました。
1994(平成6)年、山陽新聞文化功労賞を受賞しました。
1998(平成10)年、田部美術館大賞「茶の湯の造形展」で大賞を受賞しました。

西岡小十(にしおかこじゅう)1917(大正6)年~2006(平成18)年
西岡小十は佐賀県唐津市に生まれました。本名を悟といいます。
古陶器に関する周到な研究に裏付けられた確かな技術力は、世界的権威のある陶磁研究家・小山冨士夫をも魅了し、「唐津焼の事なら知り尽くしている古唐津の神様」と言わしめ、荒川豊蔵には「唐津を熟知している西岡には何も言う事がない」と評されました。
世間の私利私欲とは無縁の無冠を貫いて絵斑唐津、梅華皮(かいらぎ)といった古唐津再興に邁進した、現代唐津焼の第一人者として不動の地位を確立しています。
茶陶を専門に焼き茶碗、花瓶、水指など風合い豊な情景を表現している。
1953(昭和28)年頃から古唐津を再現すべく、
唐津古窯跡の発掘調査を始めました。
1969(昭和44)年、小山冨士夫と親交を深めました。
1971(昭和46)年、小山冨士夫の指導を受けて「小次郎窯」を開窯しました。
1976(昭和51)年、荒川豊蔵が来窯しました。
1980(昭和55)年、藤原啓が来窯しました。
1981(昭和56)年、「絵斑唐津」の復元に成功しました。
荒川豊蔵の命名による「小十窯」を開窯しました。
1983(昭和58)年、「梅花皮唐津」の復元に成功しました。
1999(平成11)年、石川県辰之口町に加賀唐津「辰之口窯」を開窯しました。

東京都練馬区旭町にて、桐たんす、大島紬などのお着物、高橋悦道書付中村正彦作伊羅保茶碗など。

東京都練馬区旭町にて、桐たんす、大島紬などのお着物、前大徳寺高橋悦道書付中村正彦作伊羅保茶碗「銘 無事」などのお茶道具をお売りいただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。桐箪笥をはじめ、お着物やお茶道具などをたくさんお売りいただきました。一か所にお品を並べていただいておりましたので、すぐに査定することが出来ました。お婆様が長年大事にされていた思い出のたんすが、次へとつながるとお喜びいただきました。お忙しい中、六角堂のご指名ありがとうございました。今日は志木の市場が開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。市場が終わった後、いつもお邪魔する朝霞市の大島屋食堂で、みんなで食事をして、先程帰宅しました。
六角堂では、茶碗、水差 、棗、茶入、香合、風呂、釜、花入、茶杓、菓子皿、銀瓶、鉄瓶、 茶棚、炉縁などのお茶道具を探しております。裏千家、表千家、武者小路千家、裏千家久田家、表千家堀内家、藪内家、遠州流、宗偏流、松尾流、江戸千家、大日本茶道学会などのお道具、作家物からお稽古用まで、お茶道具に関して幅広く取り扱っております。お茶道具の専門スタッフか、お見積もりにお伺いし、査定させていただきます。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。お客様にご満足いただけるよう、頑張ります!

高橋悦道(たかはしえつどう)和尚
昭和23年 復員後大徳寺僧堂へ瑞巌老師、雪窓老師に師事。
大徳寺派・明星寺(滋賀県大津市)

先日、世田谷区成城で買い取らせていただきましたお茶道具。

   

先日世田谷区成城で買い取らせていただいた、茶道具をご紹介させていただきます。上から、裏千家14代淡々斎書付の裏千家11代玄々斎好 源氏棗。上が須磨で金蒔絵、下が明石で青金、胴の点前が松風で銀、客付は榊で金、裏向こうが東屋で赤になっています。蓋裏に表千家即中斎の花押の入った棗。志土呂焼の茶入「長生殿」。淡々斎書付玄々斎判竹蓋置、銘「千鳥」の茶杓など、時代茶道具を買い受けました。良いお茶道具をお売りいただき有難うございました。京都土産をいつもお世話になっている仕事の先輩のところに持って行くと、お礼にとびっくりドンキーさんへ連れて行ってくれました。牛鍋風鬼おろしバーグ、とっても美味しかったです。明日から出張買取が続きますので、たくさん栄養を取らせていただきました。ご馳走様でした!

志戸呂焼
志戸呂焼の名前は、その昔に静岡県の大井川の西金谷の宿一帯が志戸呂郷と呼ばれており、そこで作られた焼き物であったことから、地名をとって「志戸呂焼」と名付けられたもの。
この一帯では十二世紀前半(平安時代)から十三世紀後半(鎌倉時代)には山茶碗などが焼かれており、きつね沢古窯等が発掘されています。
十六世紀後半の天正十年(1582年)に駿河国を領有した徳川家康公が、美濃久尻の陶工・加藤庄右衛門影忠(後に五郎左衛門と改名)を招いたり、尾張瀬戸地方の陶工の移住によって、志戸呂焼の生産が本格的に行なわれたと考えられています。
その後、寛永年間(1624~1643年)に将軍家の茶道指南であった小堀遠州公が好みの茶器製作の御指導をなされ、すぐれた茶入・水指・茶碗・花入などを焼出されました。
小堀遠州に好まれ、”遠州七窯”の一つにも数えられ、全国的にその名が知られている焼き物。

玄々斎(げんげんさい)精中宗室 1810~1877
三河国領主松平乗友の子として生まれる。
1819年、奥殿藩松平家から裏千家10世認得斎の養子となり、認得斎や大徳寺大綱和尚の下で茶道はもとより、謡曲、香道、華道、和歌、書、国漢文に至るまで、多岐にわたり文学を学び自我の研鑽に努め、17歳の頃に10代認得斎の没に伴い宗室を襲名。認得斎長女まち子と結婚。
主な仕事としては、歴代の家業であった加賀金沢前田家や、伊予松山久松家にての茶道奉行の他、松平家出身ということも有り、尾張徳川家にも仕えている。
1839年の利休250年忌の法要茶会では、3千家の中心的宗匠として催し、それに伴い邸内の増築を行っている。
茶箱点や立礼式の創始、和巾点の復興など、明朗で積極的な人であった。立礼式は明治5年(1872年)の博覧会に際して外国人を迎えるための創案であり、また同じ年に『茶道の源意』を著して茶道は遊芸とする風潮を批判するなど、幕末から明治の変動の時代に合わせた茶道の近代化の先駆として評価されている。

東京都練馬区南大泉にて、長火鉢、南部岩鋳堂清茂初代小川三郎作 唐銅蓋岩肌鉄瓶など。

 

東京都練馬区南大泉にて、長火鉢、南部岩鋳堂清茂初代小川三郎作 唐銅蓋岩肌鉄瓶などお売りいただきました。

本日は、一件のみの買い取り。練馬区で解体前のお片付け整理。雨の中での作業でしたが、すぐに見積りが出来るよう、一か所にまとめていてくれましたので、早々に作業が出来ました。鉄瓶などの買い取りでお呼びいただきましたが、捨てようとされていた長火鉢も併せて買い受けさせていただきました。価格は落ちてきてますが、まだまだ長火鉢の需要もございます。お忙しい中、お呼びくださり有難うございました。本日は台風の為、午前中のみの仕事でした。お昼には帰宅し、久々に家族孝行をしました。埼玉県富士見市にあるららぽーとへ家族で行き,ブラブラと買い物をして、昼食をいただきました。画像のお蕎麦をいただき、本日もご飯はカット。昨日に引き続きダイエットです。大好きな白米を二日間断食。甘える息子が可愛く、息子の大好きなアンパンマンをUFOキャッチャーでたくさんゲットしました!家族と過ごす時間はいいものです。

六角堂では、鉄瓶、急須、銀瓶、金瓶を強化買取りしております。強化買取中の鉄瓶は、以下となります。
龍文堂、亀文堂、金龍堂、金寿堂、祥雲堂、瑞雲堂、雲色堂、光玉堂、蔵六造、大国造、日本梅泉造、秦蔵六、畠春斎、 般若勘渓、石黒光南、角谷一圭、角谷興斎、鈴木盛久、長野垤志、中川浄益、名越弥五郎、宮崎寒雄、小泉仁左衛門、佐藤清光、菊池政光

埼玉県桶川市にて、桐箪笥、京都の塗師鈴木表朔の一閑塗若狭盆(裏千家14代 淡々斎書付)など。

   

埼玉県桶川市にて、桐箪笥、お茶道具、京都の塗師鈴木表朔の一閑塗若狭盆(裏千家14代 淡々斎書付)などをお売りいただきました。

遺品整理にて、裏千家茶道をされていたお客様よりお茶道具などをお譲りいただきました。他にも、棗や香合など淡々斎の書付があるものが有り、素晴らしいお道具がございました。当社で責任を持って次へと大事に繋げていきます。この度は当社をご指名くださり有難うございました。出張帰りに、埼玉県ふじみ野市にある「ステーキ 宮」さんへと伺いました。ご飯を抜いてお肉のみ食べるダイエットが効く聞きましたので、さっそくチャレンジ。しかしながら、わたしはやはり白米が大好きです。明日にはきっと普通にいただいているのでしょう・・・。
六角堂では、お茶道具に関して幅広く取り扱っており、茶道具専門スタッフか、直接お見積もりに伺います。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。是非ご利用ください。

鈴木表朔(すずきひょうさく)
表派塗師の系統である京都の代表的な塗り師、鈴木表朔。初代、二代、三代と続くその家系では、それぞれの個性が色濃く現れた、京都らしい上品でオリジナリティ溢れる作品が特徴です。表派の初代ともいわれいている木村表斎は、1817年に生まれ、それ以降、朱塗、真塗などの技を駆使し京都の塗りの伝統を守り続けて行きます。
初代 鈴木表朔 1874(明治7)年~1943(昭和18)年
鈴木表朔は滋賀県安曇川町に生まれました。
旧姓を井上、本名を捨吉といいます。
蒔絵師・鈴木長真の婿養子となって鈴木表朔を名乗りますが、
後に2代木村表斎に師事しました。
1904(明治37)年、新古美術品展四等賞を受賞しました。
1909(明治42)年、伊勢神宮の神宝の塗りを担当しました。
1913(大正2)年、京都御所の御大典高御座、御帳台、万才旙等の塗りを担当しました。
1916(大正5)年、内務省御用となりました。
1919(大正8)年、佳都美会会員となりました。
1923(大正12)年、伊勢大神宮の神宝の塗りを担当しました。
1924(大正13)年、京都美術工芸会会員となりました。
2代 鈴木表朔 1905(明治38)年~1991(平成3)年
2代鈴木表朔は初代鈴木表朔の子として京都に生まれました。
本名を貞次、俳号を貞路といいます。
1937(昭和12)年、パリ万国博覧会で銀賞を受賞しました。
3代 鈴木表朔 1932(昭和7)年生
3代鈴木表朔は京都に生まれました。
本名を雅也といいます。
1972(昭和47)年、日本現代工芸賞を受賞しました。
1973(昭和48)年、日展で特選を受賞しました。
1977(昭和52)年、箱根彫刻の森美術館賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、京都府京都文化博物館の歴史展示室各室の造形演出作品の企画・制作。
1993(平成5)年、内閣総理大臣賞を受賞しました。

裏千家14代 淡々斎宗室 1893(明治26)年~1964(昭和39)年
裏千家14代淡々斎宗室は裏千家13代圓能斎宗室の長男として生まれました。
幼名を政之輔、名を永世・宗叔・宗室、
号を玄句軒・玄句斎・淡々斎・碩叟・梅糸庵・無限斎、画号を玄石といいます。
大徳寺488世全提要宗より「無限斎」、九条家より「淡々斎」の号を授かりました。
1923(大正12)年、裏千家14代家元を襲名しました。
門下の養成ばかりでなく、各宮殿下や神社仏閣への献茶奉仕も積極的に行いました。
学校教育への茶道導入を働きかけた結果、学校での活動の大半は裏千家となります。
時には海外にまでその教化を計り、茶道普及に奔走した功績は多大です。
社団法人茶道裏千家淡交会や財団法人今日庵を設立し、
現代における茶道普及・伝統保持という組織機構の基礎を築き上げました。
桐蔭席、甘雨亭、玉秀庵等の名席も残しています。
紺綬褒章、紫綬褒章、勲三等旭日中綬章を受章しました。
一行物を始めとする遺墨や各種の著述にも大いにその才を発揮しました。

埼玉県所沢市にて、如斎作花筏蒔絵中棗、堆朱の香合、竹根香合など茶道具。

   

埼玉県所沢市にて、如斎作花筏蒔絵中棗、堆朱の香合、竹根香合などのお茶道具をお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理にてお呼びいただきました。いつも素敵なお客様をご紹介くださり、有難うございます。本日は、お茶道具を処分されたいとの事でお伺いしました。茶碗は共箱のないものが多かったのですが、蓮月茶碗や楽茶碗など良いものが多かったのでしたので、全て買い受けさせていただきました。茶掛け軸も数本お売りいただきました。お忙しい中、六角堂をご指名くださり有難うございました。出張帰りに、同業の仲間達と一緒に三芳町にある、「台湾料理 香琳坊」さんへと寄りました。こちらのお店は、安くて美味しい、量もたっぷりと大食いのわたしにはもってこいのお店です。なんと画像の定食セットで700円程度です。わたしにはなんともありがたいお店です!明日は、栃木県への出張買取。これから食べログをチェックして寝ます。
六角堂では、茶碗、水差 、棗、茶入、香合、風呂、釜、花入、茶杓、菓子皿、銀瓶、鉄瓶、 茶棚、炉縁などのお茶道具を強化買取しております。裏千家、表千家、武者小路千家、裏千家久田家、表千家堀内家、藪内家、遠州流、宗偏流、松尾流、江戸千家、大日本茶道学会などのお道具、作家物からお稽古用まで、お茶道具に関して幅広く取り扱っております。お茶道具の専門スタッフか、お見積もりに伺います。ご不要になりましたお茶道具がございましたら、六角堂までお問い合わせください。
お茶道具の強化買取作家は以下となります。
千家十職 大西清右衛門、駒沢利斎、土田友湖、黒田正玄、永楽善五郎、中川浄益、楽吉左衛門、中村宗哲、奥村吉兵衛、飛来一閑
陶芸 朝日豊斎、上田直方、 大樋長左衛門、 小川長楽、大野鈍阿、亀井楽山、久世久宝、坂倉新兵衛、坂田泥華、清水六兵衛、須田青華、杉田祥平、杉本貞光、膳所焼陽炎園、田原陶兵衛、高取静山、高取八仙、高橋道八、長岡空権、中村翠嵐、西村徳泉、三浦竹軒、三浦竹泉、宮川香斎、清風与平
金工 角谷興斎、角谷一圭、角谷莎村、金谷五良三郎、木村清五郎、菊地政光、 佐藤浄清、高橋敬典、 高木治良兵衛、長野烈、根来実三、根来茂昌、畠春斎、明珍
漆芸 一后一兆、川端近左、川瀬表完、前畑雅峰、道場宗廣、村瀬治兵衛、渡辺喜三郎
作家の無い、時代お道具なども探しております。お茶道具を売却される際には、六角堂までお問い合わせください!

埼玉県所沢市にて、漆塗り座卓、茶箪笥、栄青堂純錫円式茶托、本榧の将棋盤など。

 

埼玉県所沢市にて、漆塗り座卓、茶箪笥、栄青堂純錫円式茶托、本榧の将棋盤などを買い取りさせていただきました。

お引越し前の荷物整理にてお呼びいただきました。和家具をはじめ、将棋盤や置物、尺八、茶托などの煎茶道具などを買い受けさせていただきました。栄青堂純錫円式茶托のように、錫の茶托は当社で買い取り強化しているものですので、高額査定で買い受けました。錫は金・銀に次ぐ高価な金属として知られています。 起源は古く、紀元前の3000年頃にはすでに銅と錫との合金である「青銅」が使われるなどし、紀元前1500年頃の中国殷王朝では錫が使用されていたと言われています。 長く日本各地でも採掘されていた錫ですが、昭和40年代を最後に国内での採掘がなくなってしまった為、古い錫製品は希少となっています。 茶道具においては「茶筒」「茶釜」「茶壺」「香合」「水指」などにも使われています。茶道具の他にも、酒器や花器などにも、錫製品を使われているものが多くございます。将棋盤の材質は、本榧、銀杏、新榧、本桂、檜などございますが、今回買い取りさせていただいた本榧製の盤のみ買取しております。本榧かどうか見極める方法としては、臭いをかぐことです。本榧は、甘い香りがします。古いものでも甘い香りが残っているほどです。買取の価格は、材質のほか、柾目(四方柾、天地柾、天柾)や板目(木裏、木表)などの木取り、盤の厚さなどにより決めさせていただいております。将棋盤の他、将棋駒、碁盤、碁石の買い取りもしておりますので、何かございましたらお問い合わせください。
六角堂では、今泉堂、金寿堂、尚美堂、竹影堂、松栄堂、金賞堂、天賞堂、金美堂、金晴堂、金匠堂、銀川堂、生秀堂、呉杉堂、栄青堂、雲色堂、青龍堂、祥雲堂、光玉堂、純古堂、金龍堂、泰山堂、三龍堂、純幸堂、精金堂、皆川堂、秀峰堂、玉川堂、松栄堂、山川堂、海玉堂、清雅堂、秀峰堂、金星堂、富貴堂、上彬堂などの茶器(湯沸、水注、急須、茶筒、茶托、茶合)や酒器(銚子、猪口、ぐい呑)、花器(花瓶、一輪生)、皿(菓子器、銘々皿、盆)などの銀、銅、錫製品を探しております。ご不要になられたお品がございましたら、古家具・古道具の高価買取六角堂までお問い合わせください!!