カテゴリー別アーカイブ: 美術品・骨董品

東京都品川区上大崎にて人間国宝 鹿島一谷の弥勒佛彫金額、銀製品、仏像。

東京都品川区上大崎にて人間国宝 鹿島一谷の弥勒佛彫金額、銀製品、仏像などをお売りいただきました。

解体業者様のご紹介でお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。ご実家を解体するため、長年保管されていた仏像などをご処分したいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、古銅の阿弥陀如来像や木彫りの大黒天などの仏像、人間国宝 鹿島一谷の弥勒佛彫金額、銀製品など。鹿島一谷(かしまいっこく)は、東京都出身の金工家。国指定重要無形文化財(人間国宝)「彫金」の保持者として一家伝来の布目象嵌技法を自在に駆使し、優美で格調高い作風を確立した事で知られています。花瓶、香炉、花器、レリーフ、水滴、水注など、多くの秀作を残しました。お売りいただいたお品は、銀製の台に金彩弥勒佛の彫金額。金属特有の変色や額にシミなどございましたが、当社の買取強化作家作品ですのでお客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。銀製品は盃や茶托、銀食器など。ホールマークの入った古いものから新しいものまでたくさんお売りいただきました。ご家族が大事にされていた思い出の品々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。

鹿島一谷(かしまいっこく)1898年(明治31年)‐1996年(平成8年)
1898年 代々彫金を営む家の長男として東京都で生まれる本名は栄一。
1912年 関口一也、関口真也に師事。
1929年 第10回帝展に「焔文様金具」で初入選。
1931年 祖父一谷斎光敬、海野清、北原千鹿に師事。
1949年 日展で特選となる。
1955年 日本工芸会の創立に参加する。
1958年 無形文化財「布目象嵌」の技術者となる。
1967年 紫綬褒章受章。
1979年 国指定の重要無形文化財「彫金」保持者に認定される。
1996年 11月23日、98歳で逝去。
宮内庁の依頼品「菊菱地柳鷺紋飾壺」製作、唐招提寺国宝「金亀舎利塔」、山形県若松寺重文「金銅観音像懸仏」などの保存・修復に従事するなど高い技術で活躍を示す。

東京都武蔵野市にて十代 三輪休雪の萩さかつき(盃)、備前焼 獅子置物など。

    

東京都武蔵野市にて人間国宝 十代 三輪休雪の萩さかつき(盃)、桃蹊堂 備前焼 獅子置物、仏像、掛軸などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。陶器や掛軸などの骨董品をご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、人間国宝 十代 三輪休雪の萩さかつき(盃)、桃溪堂 備前焼 獅子置物、仏像、掛軸など。仏像は木彫りの大黒天や観音菩薩など。大黒天は江戸期頃の古い作でした。掛け軸は山水画や仏画など。陶器は盃やぐい吞み、置物など多数。三輪休和(十代三輪休雪)は昭和にかけて活躍した山口県出身の陶芸家。1970年に萩焼で重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。弟の三輪壽雪(十一代三輪休雪)も後に重要無形文化財(人間国宝)を授与されているので兄弟そろっての認定は大変素晴らしい快挙といえるでしょう。作風は「休雪白」という独特の技法を造りだし萩焼の特色でもある白釉を究めていきました。お売りいただいた盃はほんのりと色づいた優しい萩の釉薬が味わい深い仕上がり。白のまく釉がところどころたれており景色を出しています。「桃蹊堂」は備前市伊部地区有数の古い窯。お売りいただいた獅子置物は江戸後期頃の作品と思われます。大変造りの良い作品となっております。いずれも大切に保管されていたお品ですので、大変状態良くお客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。お父様が集めていらっしゃったお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は当社をお呼びいただき、有難うございました。
六角堂では、萩焼、備前焼の他にも、各地陶磁器の買取りに力を入れております。
流氷焼、小久慈焼、堤焼、楢岡焼、平清水焼、会津本郷焼、大堀相馬焼、笠間焼、益子焼、小砂焼、無名異焼、九谷焼、大樋焼、珠洲焼、越前焼、美濃焼、志戸呂焼、瀬戸焼、常滑焼、萬古焼、伊賀焼、信楽焼、膳所焼、湖南焼、京焼、楽焼、清水焼、朝日焼、御室焼、丹波立杭焼、明石焼、出石焼、赤膚焼、布志名焼、備前焼、虫明焼、萩焼、大谷焼、砥部焼、江山焼、上野焼、小石原焼、高取焼、唐津焼、伊万里焼、吉田焼、波佐見焼、三川内焼、小代焼、小鹿田焼、薩摩焼、壺屋焼、李朝時代の陶磁器、中国古陶磁器など幅広く探しております。ご自宅にお持ちの陶磁器のご売却をお考えの際は、是非お気軽にご相談下さい。陶磁器に詳しい専門スタッフが出張見積もりさせていただきます。

十代 三輪休雪(休和)1895(明治28)年~1981(昭和56)年
十代三輪休雪は九代三輪雪堂の次男として山口県萩市に生まれる。
本名は邦廣、号を休雪(襲名後)・休和(隠居後)といいます。
1895年 山口県萩市で生まれる。
1910年 祖父の八代三輪休雪(雪山)、父の九代三輪休雪(雪堂)に師事。
1927年 十代休雪を襲名する。
1942年 川喜田半泥子、金重陶陽、荒川豊蔵らと「からひね会」を結成する。
1955年 通産省「全日本産業工芸展」会長賞受賞。
1956年 山口県指定無形文化財保持者。第3回日本伝統工芸展初入選。
1967年 弟が十一代休雪を襲名し、自らは休和と名乗る。
1970年 紫綬褒章受章、重要無形文化財「萩焼」保持者(人間国宝)に認定。
1973年 勲四等旭日小綬章を受賞。
1981年 10月24日没。86歳。

東京都八王子市にて金城次郎の湯呑、源右衛門の酒器、上村淳之、池田遙邨のリトグラフ。

東京都八王子市にて金城次郎「魚文湯呑」、宮崎祐輔「染錦シルクロード湯呑」、源右衛門窯「赤濃菊絵酒器」、上村淳之のリトグラフ「水辺の詩」、池田遙邨のリトグラフ「雲る比良」など、陶器や絵画を多数お売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お父様がコレクションされていた陶器や絵画などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、金城次郎の魚文湯呑、宮崎祐輔の染錦シルクロード湯呑、源右衛門窯の赤濃菊絵酒器、上村淳之、池田遙邨のリトグラフなど。陶器や絵画をたくさんお売りいただきました。陶器は上記の他、作家物のぐい吞みや盃、花器などがございました。絵画はリトグラフや油彩画などございました。他にも置物や民芸品、オーディオなどもお売りいただきました。当社で買取強化中の作家作品などもあり、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。お父様の大切にされていたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は六角堂のご指名、ありがとうございました。
帰りに八王子駅南口にある「麺や樽座」さんで食事をしました。こちらの人気メニューである海老味噌らーめんに岩のり、味玉をトッピング。濃厚な海老味噌スープにコシのある太麺が良く合い、とても美味しかったです。

金城次郎(きんじょうじろう)1912年(大正元年)– 2004年(平成16年)
那覇市生まれの陶芸家。国の重要無形文化財「琉球陶器」保持者(沖縄県で初の人間国宝)。
1925年(大正12)新垣栄徳の製陶所に入門、壷屋の製陶に従事。
1945年(昭和20)沖縄戦終結。
1946年(昭和21)那覇市壺屋に築窯。濱田庄司、河井寛次郎らの指導の元で壺屋焼を守り努める。
1972年(昭和47)沖縄本土復帰。読谷村に移住。
1985年(昭和60)4月13日、人間国宝に認定、沖縄県功労章受賞。
1993年(平成5)勲四等瑞宝章受賞。
2004年(平成16) 没。享年92。

宮崎祐輔(みやざきゆうすけ)
1954年 佐賀県嬉野町生まれ
1969年 琥山製陶所入所、小野琥山・珀子氏のもとで修業
1971年 九州山口陶磁展入選
1974年 日本伝統工芸展初入選
1975年 日本陶芸展入選
1977年 佐賀県嬉野町吉田皿屋に谷鳳窯開窯
1978年 日本工芸会正会員となる
1981年 中国外遊(敦煌・大同・洛陽・桂林)
1984年 西日本陶芸展入賞
1985年 佐賀県陶芸協会会員となる
1990年 パキスタン外遊(フンザ・チラス・ペシワール)
1994年 モロッコ外遊
2000年 STS佐賀テレビ陶美を求めて「シルクロードに魅せられて」放映
大英博物館出品、収蔵
2002年 中・日・韓陶芸展出品(台湾)
2009年 「工芸いま伝統と創造-九州・沖縄の作家たち」展(九州国立博物館)
2010年 琥山生誕120年記念「小野琥山一門展」(佐賀県立九州陶磁文化館)
現在 東京・大阪・名古屋・福岡、その他全国各地にて個展

上村淳之(うえむらあつし)
1933年 京都府生まれ。祖母は上村松園、父は上村松篁
1959年 京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)専攻科修了
1978年 第5回創画展にて創画賞受賞(’80年も)
1984年 京都市立芸術大学教授に就任
1994年 松柏美術館館長就任
1997年 京都市立芸術大学美術学部長
1999年 同大学副学長、名誉教授就任
2002年 日本芸術院会員となる
2005年 創画会理事長就任
2010年 平城遷都1300年大極殿正殿壁画連作制作
2011年 京都文化賞特別功労賞受賞
2013年 文化功労者顕彰

池田遙邨(いけだようそん)
1895 岡山県倉敷市に生まれる
1910 松原三五郎の天彩画塾で洋画を学ぶ
1919 竹内栖鳳の竹杖会に入塾、第1回帝展で入選
1926 京都市立絵画専門学校研究科(現・京都市立芸術大学)を卒業
1928 第9回帝展 特選受賞 後に第11回帝展でも同賞受賞
1936 1949年まで京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)助教授をつとめる
1952 日展参事となる
1953 青塔社を結成 日展評議員となる
1960 日展で日本芸術院賞受賞
1984 文化功労者顕彰
1986 倉敷市名誉市民となる。
1987 文化勲章授章
1988 京都市にて死去、享年92歳

静岡県富士宮市にて今泉今右衛門の色鍋島有職文花瓶、奥田元宋の和歌画賛。

   

静岡県富士宮市にて人間国宝 十三代今泉今右衛門の色鍋島有職文花瓶、奥田元宋の和歌画賛などをお売りいただきました。

以前、骨董品の出張買取でお呼びいただいたお客様からご連絡いただき、倉庫にしまっている家具や置物などを処分されたいとのことで静岡県富士宮市へ出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、十三代 今泉今右衛門の色鍋島有職文花瓶、奥田元宋の和歌画賛、松本民芸家具のライティングデスク、岩谷堂箪笥の文机、北谷家具の鏡台、銀製置物、マイセンやドレスデンのフィギュリン、洋食器など。たくさんのお品をお売りいただきました。13代今泉今右衛門は伝統的な色鍋島の装飾技法に加え、「吹墨」、「薄墨」、「吹重ね」という独創的な作風を創出しました。端正で流麗な造形、安定した色調、精緻な文様の斬新さには驚嘆すべきものがあります。お売りいただいた色鍋島有職文花瓶は本人作ではなく窯の作品ですが、サイズもあり大変出来の良い作品。共箱は欠品しておりましたが、高額査定させていただきました。奥田元宋は当社で買取強化中の人気日本画家。「元宋の赤」といわれる独特な赤色が特徴の作品を描きます。妻の奥田小由女は人形作家、芸術院会員。2014年に日展理事長就任。お売りいただいた作品は日本画ではなく和歌画賛(色紙)ですが、お客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。銀製置物は関武比古のヨットや高砂など。トラック一台分、たくさんのお品を買取することが出来ました。お品数が多く積み残しがありましたので、来週もまたお呼びいただきました。本日はお忙しい中、静岡県までお越しいただき、たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。次回もまたよろしくお願い致します。
お客様に富士宮やきそばで美味しいお店を訪ねたところ、近所にある「ゆぐち」さんというお店をご紹介いただき、帰りに寄らせていただきました。目玉焼きをのせた富士宮焼きそば、お好み焼きを食べました。ジューシーなキャベツに半熟の黄身が麺と絡んでとても美味しかったです。また寄りたいと思います。

十三代 今泉今右衛門(いまいずみいまえもん)1926年(大正15)~2001年(平成13)
1926(大正15)年、12代今泉今右衛門の長男として佐賀県に生まれる
1949(昭和24)年、東京美術学校(現:東京芸術大学)工芸科を卒業しました。
1958(昭和33)年、佐賀県展で最高賞を受賞しました。
1963(昭和38)年、一水会陶芸展で一水会会長賞を受賞。一水会陶芸部会員に推挙されました。
1965(昭和40)年、日本伝統工芸展で日本工芸会会長賞を受賞。日本工芸会正会員に推挙。
1972(昭和47)年、「色鍋島かるかや文鉢」が東京国立近代美術館に買い上げられました。
1974(昭和49)年、一水会陶芸展審査委員に就任しました。
1975(昭和50)年、13代今泉今右衛門を襲名しました。
1976(昭和51)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。日本工芸会理事に推挙されました。
1979(昭和54)年、日本伝統工芸展優秀賞(NHK会長賞)、佐賀県芸術文化賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1981(昭和56)年、日本陶芸展最優秀作品賞(秩父宮賜杯)を受賞しました。有田陶芸協会発足に伴って会長に就任。
1982(昭和57)年、佐賀県陶芸協会会長に就任。日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1983(昭和58)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1984(昭和59)年、西日本文化賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
1986(昭和61)年、紫綬褒章を受章、佐賀県政功労賞、佐賀新聞文化賞を受賞しました。
1987(昭和62)年、日本工芸会常任理事に推挙されました。日本伝統工芸展鑑査委員に就任。
1988(昭和63)年、毎日芸術賞、第一回MOA岡田茂吉賞を受賞しました。
1989(平成元)年、重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定されました。日本陶磁協会金賞を受賞しました。
1991(平成3)年、佐賀県庁県民ホールの陶壁を制作しました。
1992(平成4)年、国際陶芸アカデミー(IAC)の名誉会員に推挙されました。
1993(平成5)年、佐賀県立有田窯業大学校長に就任しました。
1995(平成7)年、国際文化交流に対し、外務大臣より表彰されました。
1998(平成10)年、グッドデザイン賞審議委員に就任しました。
1999(平成11)年、勲四等旭日小綬章を受章しました。
2000(平成12)年、日本工芸会副理事長に就任しました。
2001(平成13)年、逝去。

奥田元宋(おくだげんそう)1912年6月7日~2003年2月15日
1912年 広島県双三郡八幡村(現在の三次市吉舎町八幡)に生まれる。
1931年 中学卒業を機に遠戚に当たる日本画家、児玉希望を頼って上京し内弟子となる
1936年 文展鑑査展に「三人の女性」が初入選
1937年 児玉希望画塾第1回展に塾賞を受賞。「元宋」と号した
1949年 第5回日展において「待月」が特選と白寿賞受賞
1956年 第12回日展に委嘱出品。日展会員となる
1962年 第5回新日展では「磐梯」が文部大臣賞受賞、文化庁買上げ
1973年 日本芸術院会員
1974年 日展常任理事となる
1977年 この年より79年まで日展理事長をつとめる
1981年 宮中歌会始の召人に選ばれる。真言宗大聖院の本堂天井画「龍」を制作。
1984年 文化勲章受賞
1989年 広島県名誉県民として顕彰される
1995年 日本芸術院第1部(美術)の部長となる
1996年 京都・銀閣寺(慈照寺)の庫裏・大玄関及び弄清亭障壁画を完成させる
2003年 東京で逝去、享年90歳

東京都練馬区石神井台にて掛軸、屏風、御所人形、古伊万里、はぎれなど。

 

東京都練馬区石神井台にて掛軸、巻物、屏風、御所人形、煙草盆、古伊万里、古ガラス、アンティークはぎれなどをお売りいただきました。

先日、お蔵の整理でお呼びいただきましたお客様から再度お呼びいただき、骨董品などを買取させていただきました。買取できるお品の数が多くあり、数回に分けての買取にしていただき、本日が二度目の出張買取となりました。本日お売りいただきましたお品は、掛軸、巻物、屏風、御所人形、煙草盆、古伊万里、古ガラス、アンティークはぎれなど。江戸から昭和初期にかけてのお品が保管されていたお蔵の蔵出し。お蔵の中は暗い為、ブルーシートを敷いていただき、蔵からお品を出しては並べての査定となりました。数が多くございましたが、一点一点丁寧に査定させていただきました。掛け軸は日本画、書、仏画など多数。江戸時代のものがおおくございました。屏風は日本画、巻物は書。残念ながらしまったままの状態でしたので、全体的に虫食いがひどく進んでいる状態でございました。古ガラスは戦前のグラスなど、何点かカケがありました。古伊万里は白磁の壷や煙草盆など。お人形は江戸期の御所人形など。御所人形は、朝廷の御慶事や御出産、御結婚など、祝祭事の際に飾られてきた人形。 江戸時代に西国の大名が参勤交代で江戸に赴く途中、京都の宮廷に立ち寄り、贈り物をした際の返礼としてこの人形が贈られ、宮廷や公家、門跡寺院等の高貴な人々の間で愛された人形であります。江戸時代末期には一般にも普及しました。幼童のあどけない姿を大きな頭と横ぶとりの丸々とした裸体で表現しています。桐材を用いて胡粉(ごふん)で膚を白くみがきあげます。本品のように江戸時代には人毛を使ったりしたものもございました。こちらもしまったままの状態でしたので、残念ながら毛が抜け落ち、肌地にひび割れなどございました。アンティークはぎれは明治から昭和初期のもので、色鮮やかなものや藍染のものなどございました。こちらは捨てようとされていたもので、こちらにも査定が付き、また次へと繋げることが出来、お客様にお喜びいただきました。お蔵に長年しまったままのお品ですので全体的に状態に難有りではありましたが、全て買い取らせていただきました。ご先祖様が残された大切なお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。まだまだ時代家具や古伊万里などの古陶磁器、古書などがお蔵に眠っております。また近日お呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。本日も帰りに美味しいお弁当をいただきました。そぼろがとっても美味しかったです。ご馳走様でした。本日も六角堂のご指名、誠に有難うございました。

千葉県市川市にて高田博厚のブロンズ像 femme assise、絵画など。

千葉県市川市にて高田博厚のブロンズ裸婦像「femme assise(座る女性)」、絵画などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。絵画やブロンズ像をご処分されたいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、人気彫刻家 高田博厚のブロンズ裸婦像「femme assise(座る女性)」、絵画など。絵画は油彩や水彩画、リトグラフなど、外国人画家の作品が多くございました。馬の絵画がお好きだったのでしょうか、ポール・ギヤマンやアンドレ・ブラジリエの馬のリトグラフが多くございました。ブロンズは彫刻家 高田博厚の「femme assise」。高田博厚は日本を代表する彫刻家であり、思想家であります。彫刻において、オーギュスト・ロダン、アントワーヌ・ブールデル、アリスティド・マイヨールといった近代彫刻の流れを吸収し、西洋的な人体造形が特徴的な作風で知られております。フランス滞在の時には作家のロマン・ロナン、哲学者のアラン、画家のジョルジュ・ルオーなどと交流しました。femme assiseはフランス語で日本語に訳すと座っている女性となります。1968年の製作、高さ約70㎝の大振りな作品になります。大理石の台座にスレ傷などございましたが、こちらは当社で買取強化中の作家作品になりますので、お客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。お売りいただいたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日はお忙しい中、お呼びいただき有難うございました。

高田博厚(たかたひろあつ)1900年(明治33年)~1987年(昭和62年)
1900年 石川県七尾市で三男として生まれる。
1903年 父の弁護士開業に伴い福井市に移る。そこから16年にわたり福井で過ごす。
1913年 県立福井中学校(現在の福井県立藤島高等学校)に入学。彫刻家である雨田光平の作品を通して彫刻に出会う。
1918年 高村光太郎や岸田劉生らと出会う。
1919年 東京外国語学校イタリア語科に入学する。
1921年 東京外国語学校を中退。翻訳したミケランジェロの書簡が、同人誌「白樺」に掲載される。彫刻の制作を志し、胴体像であるトルソーづくりを開始。沢田庚子生と結婚する。
1927年 武者小路実篤主唱の第一回大調和美術展に彫刻6点を出品する。
1928年 武者小路実篤や中原中也らと親交を深める。
1929年 梅原龍三郎の国展に出品した彫刻作品が受賞し、会員に選出される。
1931年 妻と4人の子を残して渡仏する。ノーベル賞作家のロマン・ロランに才能を評価される。ロマン・ロランとマハトマ・ガンジーの会談に同席。
1932年 哲学者でモラリストのアランをはじめとするフランスの文化人と交流を深め、彫像を制作する。
1935年 アンデパンダン展(歴史あるパリの無審査大型展)に出品。国画会の会員に選出される。
1938年 パリ日本美術家協会を設立。第一回展をベルネーム・ジューヌ画廊で開催する。
1940年 毎日新聞の嘱託として、パリ兼ヴィシー特派員を務める。パリ外国記者協会の副会長に就任。
1957年 28年ぶりに帰国。東京都新宿区を拠点とする。
1963年 日本ペンクラブ会員理事に就任する。
1964年 東京藝術大学の講師を務め、九州産業大学芸術学部の創設にも尽力。
1966年 鎌倉市稲村ヶ崎に住居兼アトリエを移す。
1975年 勲三等瑞宝章を受章する。
1980年 埼玉県東松山市で高田博厚彫刻展と講演会を開催する。
1986年 東武東上線高坂駅西口に「遠望」と「大地」が設置される(高坂彫刻プロムナードの発祥彫像)。
1987年 心不全のため神奈川県鎌倉市で亡くなる。享年86歳。東松山市の高坂彫刻プロムナードに14体の彫刻作品が増設される。

東京都狛江市にて金重陶陽の備前徳利、伊藤國男のブロンズ「馬」

東京都狛江市にて人間国宝 金重陶陽の備前徳利、伊藤國男のブロンズ「馬」をお売りいただきました。

お荷物の整理にてお呼びいただきました。伊藤國男のブロンズや陶器をご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただきましたお品は、金重陶陽の備前徳利、伊藤國男のブロンズ「馬」の二点。伊藤國男は馬像彫刻の第一人者として有名な作家で、当社でもよく取り扱う作家さんです。お売りいただきました作品は残念ながら尻尾の先部に難がございました。共箱無し、難有のお品ではありますが、買取強化中の作家作品ですので、あまり減額せずに買取させていただきました。生涯にわたり馬像の制作を続けた伊藤國男の作品、まるで生きているかのような表情でとても精巧に造られております。陶器は備前焼で初の人間国宝となられた金重陶陽の備前徳利。共箱、二重箱に納められております。キメ細やかな胡麻や焦げ、緋色などを備えた多彩な焼き味を見せる作品であります。お売りいただきました二点、共に素晴らしい作品でした。ご実家に備前焼がたくさんあり、ご処分される際にはまたお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。帰りに美味しいコーヒーを入れていただきました。ご馳走様でした。本日は六角堂をご指名いただき、誠に有難うございました。

金重陶陽(かねしげとうよう) 1896年(明治29)~1967年(昭和42)
金重陶陽は金重楳陽の長男として岡山県備前市伊部に生まれました。本名を勇といいます。
1910(明治43)年、伊部尋常高等小学校を卒業後、父に師事して細工物に従事しました。
1918(大正7)年、色絵(彩色)備前を造り始め、この頃より「陶陽」の号を用い始めました。
1928(昭和3)年、備前飛獅子置物、彩色備前鬼瓦に鳩置物を天皇陛下に献上されました。
茶道具の基本を学ぶ為、表千家流に入門。
1930(昭和5)年、備前焼の本質を無釉焼き締めの土味に求めて土の生成法を発見し、
桃山備前の土味を再現する事に成功しました。
江戸時代から伊部で用いられてきた水簸土は土味を失うからとして使用を止めました。
1932(昭和7)年、本格的に轆轤制作を開始し、陶印を「陶陽造」等から「土」に改めました。
以前までは細工物を中心に焼成していましたが、
古備前の豪快で侘びた美しさに傾倒して作陶の主題は茶陶へと移行します。
武者小路千家12代愈好斎宗守が来訪したのを機にその門に入門しました。
高松宮両殿下が備前町行啓の際、御前制作を行いました。
1936(昭和11)年、三重県津市の川喜田半泥子の千歳山窯を訪れて作陶。
1939(昭和14)年、再び三重県津市の川喜田半泥子の千歳山窯を訪れて作陶。
川喜田半泥子、弟・金重素山と岡山県邑久の虫明窯を訪れて作陶しました。
皿等の重ね焼きで緋襷の焼成に成功しました。
1941(昭和16)年、三重県津市の川喜田半泥子の千歳山窯を訪れて作陶。
金重素山の出征を機に窯を改良し、古備前の窯変に画期的な成功を収めました。
1942(昭和17)年、川喜田半泥子、荒川豊蔵、10代三輪休雪とからひね会を結成しました。
備前焼の技術保存資格者に認定されました。
1944(昭和19)年、日本美術、工芸統制協会代議員に就任。
1945(昭和20)年、岐阜県大萱の荒川豊蔵の窯を金重素山と訪れて作陶。
1947(昭和22)年、生活用品芸術陶磁器認定委員に就任。
1948(昭和23)年、芸術陶磁器第二部資格者となりました。
1949(昭和24)年、藤原啓、山本陶秀、藤田龍峰、金重素山、浦上善次と備前窯芸会を結成。
1951(昭和26)年、京都府亀岡市の大本教本部が花明山窯を築窯する際、指導を行いました。
1952(昭和27)年、備前焼の無形文化財記録保持者に認定されました。
以前から親交のあった北大路魯山人がイサム・ノグチを伴って来訪し、作陶を行いました。
北大路魯山人から食器の世界、前衛彫刻家のイサム・ノグチから造形の強烈な個性を受け、
この大家との出会いが陶陽の作陶に大きな変化と幅を持たせる事になりました。
魯山人の「ロ」に倣って陶印を「ト」に改め、次第に小さくなって最後まで使用しました。
秩父宮妃殿下が金重家を御来訪されました。
北大路魯山人が北鎌倉山崎の邸内に備前窯を築窯する際に協力し、
ここで志野、織部、瀬戸、伊賀等の土物を多数制作しました。
石黒宗麿、荒川豊蔵、加藤唐九郎、宇野三吾と日本工芸会の設立を協議しました。
再び、花明山窯を訪れて指導しました。
1954(昭和29)年、熱海伊豆山桃李郷で石黒宗麿、加藤土師萌、小山冨士夫、荒川豊蔵、
加藤唐九郎、小森松庵、黒田領治、佐藤進三と桃李会を結成。
岡山県重要無形文化財に認定されました。
山口県萩市の吉賀大眉窯、佐賀県唐津市の中里太郎右衛門窯を訪れて作陶しました。
1955(昭和30)年、日本工芸会が結成。
1956(昭和31)年、重要無形文化財「備前焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
1959(昭和34)年、中国文化賞を受賞。
1960(昭和35)年、山陽新聞文化賞、岡山県文化賞を受賞た。
岡山県文化財保護協会理事、備前町文化財保護委員会委員長に就任。
1961(昭和36)年、石黒宗麿、加藤土師萌、小山冨士夫、荒川豊蔵、宇野三吾と柏会を結成。
京都府綾部市の大本教本部の鶴山窯で備前や信楽を焼成しました。
1962(昭和37)年、日本伝統工芸展審査員、日本工芸会理事に就任。
1963(昭和38)年、島根県知事・田部長右衛門の招きで出西窯を訪れて作陶。
1964(昭和39)年、ハワイ大学夏季大学講師に就任。
1965(昭和40)年、岡山県工業試験所陶磁器指導所講師に就任。
1966(昭和41)年、ハワイ大学夏季大学講師に就任。
紫綬褒章を受章しました。
1967(昭和42)年、昭和天皇両陛下が備前町行啓の際、御前制作を行いました。
勲四等旭日小綬章を受章。この年、71歳で逝去。

伊藤國男(いとうくにお)1890年に岩手県生まれの彫刻家。
10人兄弟で家計を助けるためにある彫刻家の内弟子となり、その頃に馬と関ったことがきっかけで馬像を彫るようになりました。騎兵学校や御料牧場を訪ねては馬像の制作に励み、やがてその作品は天皇陛下の元にも置かれるようになりました。モデルとなった馬たちが次々と戦争で命を落とすことに心を痛め、全財産を費やして戦没馬慰霊像を制作しました。生涯の全てを馬像制作に捧げたといわれている作家でございます。

東京都文京区千駄木にて株木秀明 鋳銅筍に雀、龍村平蔵の名古屋帯。

 

東京都文京区千駄木にて明治期の金工師 株木秀明 鋳銅置物「筍に雀」、龍村平蔵の正倉院文様名古屋帯、着物をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物をご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、明治期の金工師 株木秀明 鋳銅置物「筍に雀」、龍村平蔵の正倉院文様名古屋帯、お着物など。お着物は少々古いものではありましたが、保管状態よくシミ汚れなどはほとんどみられませんでした。京友禅の総刺繍黒留袖、上布のものなどもございました。帯は龍村平蔵の正倉院文様名古屋帯、川島織物など素晴らしい帯がございました。和装小物を含め、全てお売りいただきました。筍に雀の置物は、明治の金工師 株木秀明の作品。雀の表情、筍の繊細な造りが大変素晴らしい作品です。共箱などの付属品はありませんでしたが、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。次回お茶道具をご処分される際にまたお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。本日は素晴らしいお品々をご売却くださり、誠に有難うございました。

龍村平蔵(たつむらへいぞう)
初代龍村平蔵は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で構成される織物を、独特の陰影をたたえた立体の造形としてとらえ、新技法を次々と生み出しました。数々の特許を取得し、織物を芸術の域まで高めた先駆者として、近代染織史に大きな足跡を残されました。当代の四代平蔵にいたるまで、きらびやかな錦の帯、法隆寺や正倉院に伝わる古代裂(ぎれ)の復元、祇園祭など各地の祭りの山鉾(やまぼこ)などにかけられる懸装品などで、今なお染織分野の最高峰であり続けています。
龍村平蔵略歴
1876年、大阪博労町に生まれる。
幼少の頃から茶道、華道、謡、仕舞、俳諧と文芸美術の豊かな環境の中で育った。
16歳で祖父が死去し、それをきっかけに府立大阪商業学校を中退し、家業の西陣にて呉服商の道へ進む。
当初は呉服販売に従事していたものの、徐々に織物の世界へと傾倒する。
その後、自ら機場に入るようになり、織物の研究・制作に没頭する。
18歳には独立し、商売も順調に拡大した。
1906年には龍村製織所を設立し、若手デザイナーを起用するために当時では異例の学校訪問で採用を働きかけた。
海外から持ち込まれたジャカード機により機械化の幕開けとなり、機械が主流になれば織の技術ではなく図案が良し悪しを左右すると感性に富んだ若手を多数採用する。
1919年 初の個展を開催する。そこで芥川龍之介から絶賛を受け、龍村平蔵の名を不動のものとした。
1956年 日本芸術院恩賜賞を受賞
1958年 紫綬褒章を受章
1962年 逝去

東京都豊島区目白にて明末呉須赤絵花鳥図大皿、お着物、反物。

 

東京都豊島区目白にて明末呉須赤絵花鳥図大皿、着物、反物などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物やお爺様が大切にされていた陶器をご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お着物は振袖のセットや黒留袖、訪問着など。反物は丹後ちりめんや大島紬など。また、和装小物も併せてお売りいただきました。明末呉須赤絵花鳥文大皿は17世紀初頭中国明時代の末期に広東省漳州市(しょうしゅうし)一帯で作られたものになります。明末赤絵の魅力はそ豪放な絵付けと造詣の荒々しさにあります。とくに器の縁に見られる「虫食い」と呼ばれる釉薬の剥離、そして高台周りの「砂高台」が特徴的です。砂高台とは焼き物の高台の底に砂の痕(あと)が残っているもの。重ね焼きの際、器物どうしが溶着するのを防ぐために砂をまいたために生じます。李朝陶磁器など、朝鮮の茶碗(ちやわん)などに多くございます。さらには高台内の「かんな削り」の跡などです。呉須赤絵は盛んに海外に輸出したもので、中国に残っているものは少なく、日本や欧米に作品が多く残っているようです。大変古い作品ですので、修理跡やニュウなどあるものが多い明末呉須赤絵ですが、お売りいただいた作品は大変状態の良いお品でした。お爺様が大切にされていたのが伺えます。中国陶磁器は当社で買取を強化しておりますので、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。お売りいただきましたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は六角堂のご指名、誠に有難うございました。

千葉県船橋市にて十八世紀 英国民芸硝子花生、岩田久利の花瓶、反物など。

     

千葉県船橋市にて十八世紀 英国民芸硝子花生、岩田久利の手吹硝子花瓶「雪牡丹」、反物などをお売りいただきました。

美術品や反物などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、十八世紀 英国民芸硝子花生、岩田久利の手吹硝子花瓶「雪牡丹」、反物など。反物は都喜ヱ門の本場大島紬や結城紬など。状態の良いものでした。18世紀のイギリスアンティークガラス花生は乗馬の図柄。アンティークで大変雰囲気の良いお品。ガラス工芸家 岩田久利の作品は手吹硝子花瓶「雪牡丹」。奥様である糸子の識箱。岩田久利の代表作品の一つであります。岩田久利はガラス工芸家 岩田藤七(いわたとうしち)の長男。妻は、ガラス工芸家の岩田糸子。長女は、イワタルリ。次女は、岩田マリ。東京美術学校工芸部図案科に学び、在学中の同24年第5回日展に「硝子ぶどうの鉢」で初入選。以後、日展に出品を続ける。同26年東京美術学校を卒業。制作のかたわら、東京工業大学でガラスの組成を研究します。同30年第11回日展に「藻」を出品して特選、同31年第12回同展には「萌生」を出品して二年連続特選。同30年より光風会にも出品。同33年日展会員となり、同年からたびたび日展審査員をつとめる。同47年日本ガラス工芸会を設立し、同年より同52年までその初代会長をつとめる。同51年第8回改組日展に「孔雀文大皿」を出品して文部大臣賞を受賞。同57年毎日芸術賞を受賞し、同58年「聖華」で日本芸術院賞を受賞。 父が創立した岩田工芸硝子を継ぎ、社長をつとめつつ制作を続け、斬新で優美な作風を示した。宙吹きガラスを得意とし、国際的にも高い評価を得た。六角堂でも買取を強化している作家さんの一人であります。素晴らしい作品、反物をお売りいただき有難うございました。

岩田久利(いわたひさとし)1925年12月18日~1994年1月8日
1925年 東京新宿弁天町に二代目岩田藤七の長男として生まれる
1939年 小寺健吉画塾に学ぶ
1941年 廣川松五郎に師事、デザインを学ぶ。伊藤熹朔に師事
1942年 和田三造に師事、デッサン、図案を学ぶ。春台美術・本郷研究所に通う
1944年 東京美術学校工芸部図案科入学
1946年 外山卯三郎に西洋美術史およびバウハウス・デザイン運動の理論につき個人教授を受ける
1947年 阿部俊夫(東芝電気ガラス研究所室長)にガラスの科学的基礎を学ぶ
1948年 東京工業大学窯業科ガラス研究室研究生、森谷太郎教授にガラス組成の指導を受ける。株式会社岩田硝子製造所入社
1949年 第5回日展初出品。初入選、以後毎年出品、連続入選。糸子(旧三井物産社長山本正男長女)と結婚
1950年 東京工業大学窯業科ガラス研究室研修修了
1951年 東京美術学校工芸部図案科卒業
1953年 岩田工芸硝子株式会社に社名変更、代表取締役社長となる
1955年 第11回日展特選受賞。国際工芸美術家協会設立、初代理事長。カリフォルニア州博覧会・ブラッセル博覧会にて金賞受賞
1956年 第12回日展特選受賞
1957年 財団法人日本デザイン協議会理事。財団法人世界デザイン会議日本運営設立準備委員
1959年 第2回日展審査員。以後数回
1963年 武蔵野美術大学講師。窯業協会理事(~1967)
1966年 第7回国際ガラス会議年会参加。
1968年 日本硝子製品工業会評議員
1971年 初の個展開催
1972年 日本ガラス工芸協会創立、初代会長。日展評議
1973年 社団法人窯業協会理事(工芸担当)
1974年 現代工芸美術家協会評議員
1975年 第1回「資生堂現代工藝展」に出品。以後毎回出品。岩田工芸硝子株式会社社長を糸子に譲り、ガラス制作に専念する
1976年 第8回日展文部大臣賞受賞。労働省より技能者表彰審査員委嘱される。
1979年 紺綬褒章受章
1981年 ホテルニューオータニ鶴の間にガラスによる大装飾壁面製作
1982年 第23回毎日芸術賞受賞。第38回日本芸術院賞受
1986年 ニューヨークメトロポリタン美術館20世紀Design and Architecture部門に藤七・久利・糸子作品が永久収蔵される
1993年 最後の個展開催。日展及び資生堂現代工藝展に最終出品
1994年 1月8日永眠。68歳。