カテゴリー別アーカイブ: 古道具

中野区松が丘にて、柳海剛の青磁大徳利、李方子の高麗焼茶碗、寿山石の置物など。

東京都中野区松が丘にて、韓国人間文化財柳海剛の青磁大徳利、李方子の高麗焼茶碗、寿山石の楼閣山水置物などをお売りいただきました。

本日は三件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、練馬区高野台へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、掛軸、勲章、置物、雑貨、着物、鼈甲の櫛や簪などをお売りいただきました。なるべくお荷物を減らしたいとのことでしたので、当社で可能な限り買い取らせていただきました。まとめてお売りいただき有難うございました。二件目は中野区松が丘へ、お片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、韓国人間文化財柳海剛の青磁大徳利、李方子の高麗焼茶碗、寿山石の楼閣山水置物、銀盃などをお売りいただきました。韓国の陶磁器がたくさんありましたが、お値段のつく二点を選ばせていただきました。韓国陶磁器の作家では、柳海剛や李方子の他、柳海剛同様、韓国人間文化財である安東五、池順鐸の作品を買い取り強化しております。本日三件目は、品川区旗の台へお呼びいただきました。こちらでは、三味線や撥などのお道具をお売りいただきました。ご家族が大切にされていた三味線のご処分とのことで、はるばる愛知県よりお越しいただきました。お稽古用のものや破損のあるものであまりご期待にお応えする事が出来ませんでしたが、全て買い受けさせていただきました。ご家族の思い出のお品、当社でメンテナンスしてから大切に次へと繋げさせていただきます。遠いところよりお越しいただき有難うございました。
今日は久々N郷氏と出張買取回らせていただきました。免許取り立てで、まだ運転を任せられませんが、お品の梱包や搬出でよく働いてくれました。昼食は、ガストさんでとんかつ定食をいただきました。N郷氏も細身の体ですが、よく食べておりました。とても美味しかったです。明日は世田谷区玉川へ出張買取、頑張ります!

柳根瀅(号 海剛)
1894年 京畿道に生まれる
1911年 高麗青磁の研究に入る
1928年 日本国博覧会出品 金杯受賞
1945年 高麗青磁研究所 開設
1950年 第一回大韓民国輸出工芸品展受賞
1954年 第三回国産品展示会出品
大韓民国文教部長官賞受賞
1956年 米国カリフォルニア州国際博覧会出品 金牌受賞
1960年 大韓民国人間文化財に指定される
1973年 大韓民国文化公報部長官より感謝状を受ける
1975年 国内外招待展出品、20数回受賞
長男光烈(海剛二代)と共に高麗青磁の研究をする
その傍ら、後輩の指導に尽力する
1993年 1月20日 老衰のため京畿道利川郡の自宅で死去(享年99歳)

李方子(り まさこ)
日本の皇族・梨本宮家の長女として生まれる。
昭和天皇の后候補にもなりましたが、昭和天皇より数ヶ月年上だったことで、后候補から外れ朝鮮王朝最後の皇太子と結婚。
戦後は韓国に渡り、韓国最初の養護学校や障害者施設建設・運営に尽力。
1981年、韓国政府より「牡丹勲章」が授与。

東京都北区赤羽西にて、桐箪笥、茶道具、人間国宝音丸耕堂の水指替蓋。

 

東京都北区赤羽西にて、桐たんす、お茶道具、人間国宝音丸耕堂の彫漆かうほね水指替蓋をお売りいただきました。

知人の着物屋さんのご紹介で、お片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいた桐たんすは、春日部桐箪笥でした。春日部桐箪笥は、よく買い取りさせて頂いている加茂桐箪笥と同じく、伝統工芸品に指定されております。20年近く経過しているものでしたが、油単を掛けていらっしゃいましたので、大変良い状態でした。お茶道具は数年前まで師範をされていた方でしたので、素晴らしいお道具が数多くございました。茶道具は徐々に処分されるとのことで、本日は10点ほどお売りくださいました。中でも、人間国宝である音丸耕堂の彫漆かうほね水指替蓋は、当社で買い取りを強化している作家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。音丸耕堂は大正から昭和時代に活躍した香川漆器の漆芸家で、1955年に重要無形文化財「彫漆」保持者に認定されております。音丸耕堂の作品は盆、香合、茶箱などの茶道具や硯箱、文箱などの箱ものが多くございます。 漆の層が厚く、多彩で複雑な彫刻となっている作品は香合のような小さな作品でも高価買取が期待できます。音丸耕堂作品の他にも、金龍堂の鉄瓶や同じく人間国宝である田村耕一の茶碗などお売りいただきました。良いお道具をお売りいただき有難うございました。帰り道、赤羽駅にある「磯丸水産」へ寄り、食事をさせていただきました。大好きな島寿司やお茶漬け、揚げ出し豆腐などいただきました。磯丸水産さん、とっても美味しいです。

音丸耕堂(おとまる こうどう)1898年(明治31)~1997年(平成9)
幼少から讃岐彫の修業を行い木彫技法を極め、16歳で独立後は香川漆器の祖 玉楮象谷に傾倒、彫漆を志して独学研究に努める。
磯井如真、北原千鹿、大須賀喬らと交流しました。玉楮象谷(たまかじしょうこく)の模刻から次第に西欧風の浪漫的な意匠へと展開し、1937年に上京した頃には新しい色漆の制作を始める。
色漆に金銀粉を混ぜたり、彫り口の傾斜の幅を変えるなどして層の重なりの表情を豊かにし、立体感や繊細な美しさを追求した作品制作をしました。
日本工芸会の創立に参加、日本伝統工芸展を中心に活躍を続けました。
1898年 香川県高松市に生まれる
1942年 新文展で漆月之花手筥が特選となる
1955年 重要無形文化財「彫漆」保持者に認定される
1967年 紫綬褒章を受賞する
1973年 勲四等旭日小綬章を受章する
1997年 死去

東京都杉並区西荻南にて、東郷平八郎書刻竹筆筒、墨林珍賞刻端渓硯。

東京都杉並区西荻南にて、東郷平八郎書刻竹筆筒、墨林珍賞刻端渓硯など書道具をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お爺様の遺品整理でお呼びいただきました。生前お爺様が書道をされていて、使用されていたものや集めていらっしゃったお道具をまとめて買い取らせていただきました。竹の筆筒には東郷平八郎の書「萬古清風」と彫られております。萬古清風(ばんこせいふう)とは、古来伝承の精神を重んじ、新風の清々しい風のように清らかで永遠に持続するという意味がございます。ひび割れなどございましたが、大変面白い筆筒でしたので、買い取らせていただきました。端渓硯の裏には、墨林珍賞とございます。葉文に鼠の浮彫が可愛く、こちらも面白い硯となってます。他にも筆や墨、半紙などの書道具を一式買い取らせていただきました。良いお道具をお売りいただき有難うございました。ただいま六角堂では、端渓硯、端石硯、歙州硯、洮河緑石硯、澄泥硯、魯硯、太史硯などの硯、曹素功、汪近聖、汪節庵、胡開文、古梅園、墨運堂、玄林堂、鳩居堂などの墨、紅星牌、三星牌などの中国画仙紙、古筆をはじめ、拓本、硯箱、硯屏、水滴、墨床、筆架、筆筒、水印、などの書道具を強化買取しております。また、寿山石、青田石、田黄石、鶏血石などの希少な印材も探しております。書道具は、使用済みのものや状態の良くないものでも査定が付く場合があります。ご売却をお考えの際はご相談ください。
本日はランチにマクドナルド、ディナーはすき家さんへ行きました。マクドナルドのカルピスシェイク、すき屋のうな重、どちらも美味しかったです。外食続きで栄養のバランスが心配ですので、これから青汁を飲んで寝ます。明日は群馬県へ出張買取、頑張ってきます!

東郷平八郎(とうごうへいはちろう)
海軍軍人。薩摩生。名は実良。維新後英国に留学。
日清戦争に浪速艦長として出撃、豊島沖、黄海、威海衛海戦で武功をあげた他、日露戦争では連合艦隊司令長官として日本海海戦等を指揮。バルチック艦隊を撃滅した。
日露戦争後、功績が認められ大勲位菊花大綬章と功一級金鵄勲章が授与され、後に大勲位菊花章頸飾が授与されました。
昭和9年(1934)歿、88歳。

東京都中野区野方にて、常滑焼の漢詩彫在銘火鉢、碁盤、碁石。

 

東京都中野区野方にて、常滑焼の漢詩彫在銘火鉢、碁盤、碁石をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、倉庫のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもご紹介くださり有難うございます。地下倉庫に長年保管されていた火鉢や陶器、囲碁道具などを処分したいとの事でお呼びいただき、全て買い受けさせていただきました。火鉢は常滑焼(朱泥)のもので、漢詩文の入ったもの、松の図に漢詩の入ったものなどございました。近年造られたものになりますが、とても雰囲気のある素晴らしい火鉢でした。灰が入ったままの状態でしたが、そのままの状態でお売りいただきました。火鉢(ひばち)とは、日本の暖房器具のひとつで、炭を焚いて使われます。ストーブやエアコンが無かった時代、暖をとるものとして活躍したのが火鉢です。陶器製または金属製のものが多いが、木製や石製のものなどもございます。ストーブやエアコンが当たり前の現在、火鉢は金魚を飼う金魚鉢として使われたりしております。常滑焼は愛知県の常滑市を中心に知多半島内で生産されている焼物で、日本六古窯の一つ。常滑焼といえば朱色のシンプルな朱泥焼(しゅでいやき)の急須が有名です。常滑焼の人間国宝である三代山田常山は有名で、六角堂でも買取を強化しております。素敵な火鉢をお売りいただき有難うございました。
本日は志木市場の開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。市場の終了後、いつものように仲間たちと食事をしました。池袋駅西口にある「大漁市場 魚ます」さんというお店へ行きました。刺身などはもちろん、静岡おでん、牛すじがとても美味しかったです。京都へ出張するときに寄る浜松SAでいつも静岡おでんをいただいてますが、こちらのおでんもとても美味しかったです。T橋さん、ご馳走様でした。

東京都豊島区上池袋にて、旧日本軍の軍盃、仏具、香木など。

    

東京都豊島区上池袋にて、旧日本軍の軍盃、仏具、香木などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、業者様のご紹介で練馬区旭丘へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お母様のご遺品である桐たんすやお着物などを買い取らせていただきました。また、人気版画家棟方志功の版画「御雛の柵」の見積もりをさせていただきました。こちらは棟方志功鑑定委員会ですでに鑑定を取られた確かなもの、シミなどございましたが人気の志功作品、精一杯の見積もりをさせていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。二件目は豊島区上池袋へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、古い仏像、仏具、香木、勲章、旧日本軍の軍盃などを買い受けさせていただきました。今回お売りいただいた軍盃のように、昔の軍隊物のアイテムは今でも熱いコレクターさんがたくさんおり、六角堂でも買取をしております。軍服、勲章類、階級章、軍書類、徽章類、軍盃、軍票類、絵葉書、戦争写真などございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。古き良きお道具をお売りいただき、有難うございました。
本日の昼食は、豊島区へ向かう途中の吉野家さんで牛丼をいただきました。また、帰りには大塚駅の近くにある「磯丸水産」さんで食事をしました。わたしは海鮮料理が好きなので、最近は磯丸水産にはまっております。島寿司は本当に美味しいです。ゆっくり出来るときに、貝類など浜焼きをしたいです。明日は、久々仕事を休ませていただきます。疲れがたまっておりますので、一日ゆっくりしたいと思います。

神奈川県横浜市港南区にて、花梨(瘤付)の敷板、花台、パイプ、仏像など。

神奈川県横浜市港南区にて、立派な瘤のついた花梨の敷板や花台、パイプ、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。ご実家の解体前に伴い、ご家族みんながお集まりになられており、色々なものを懐かしんでおられてました。ご家族皆さんのご期待に応えられるようにと、一点一点頑張って査定させていただきました。本日お売りいただいたのは、花梨(瘤付)の敷板や花台、パイプ、仏像、碁盤、置物、水盤など。たくさんのお品をお売りいただきました。花梨の敷板や花台は、立派な瘤付きのものでした。六角堂では、花梨や紫檀、黒檀やタガヤサンなどの唐木で出来た中国家具を強化買取りしております。唐木には花梨の他、紫檀・黒檀、鉄刀木(タガヤサン)や黄花梨などの木材がございます。遣唐使が唐から持ち込んだことから唐木と呼ばれるようになりました。数100年前もの古い唐木作品は制作に大変な時間と手間がかかっているため、中国骨董の中でも高い値で売買されているようです。ご不要になった唐木で出来たキャビネット、飾り棚、テーブル、椅子、文机、花台、香炉台などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。また、ダンヒル(dunhill )や、スタンウェル(STANNWELL)、シャコム(CHACOM)などのパイプもたくさんお売りいただきました。当社では、パイプの買い取りもしております。パイプ、煙管などの中古喫煙具は、昔から古物業界で人気がございます。パイプスタンドや、パイプ収納ラックなども併せてお売りいただきました。仏像は、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天など。日蓮上人像は、僧網襟の僧衣に袈裟、横被を着け、右手に笏、左手に経巻を執る日蓮聖人にいわゆる説法像であります。玉眼を篏入しており、時代ある古い仏像です。大黒天、恵比寿天像は、底裏に銀製の刻印があります。観音菩薩には刻印がありませんでしたが、恐らく銀製のものと思われます。数多くのお道具をお売りいただき有難うございました。本日二件目は、厚木市へ見積もりへ向かいました。こちらでは、作家物のお着物や帯などを査定させていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。帰りに圏央道厚木PAへ寄り、B-1グランプリで駒ケ根ソースカツ丼をいただきました。駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせたカツを載せた丼です。とても美味しかったです。

東京都練馬区田柄にて、中国段通、つくばいや火鉢、土風炉など。

東京都練馬区田柄にて、中国段通、信楽焼の蹲(つくばい)や火鉢、花器、土風炉などをお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、中国の絨毯である段通になります。中国段通には、三千余年の歴史があるといわれております。カービング(柄に合わせて彫刻のように凹凸がある。)があるのが特徴です。一点はウール製のもので、もう一点はシルクウールの段通絨毯です。もちろん二点とも手織りのものです。中国らしい柄が素敵な絨毯でした。状態も良く、当社で買い取りを強化しているアイテムですので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。
六角堂では、有名産地のクム・タブリーズ・カシャーン・ナイン・イスファハン・タブリーズや、ケルマーン・ビジャー・マシャッド・シーラーズ・ベラミン・ヤズド・サルーク・バクティアリ・アフシャル・アルデビルなどのペルシャ絨毯をはじめ、キリムやギャッベ、中国段通など幅広い絨毯(カーペット)を取り扱っております。素材はシルクをはじめ、シルクウール、ウールなど、デザインはメダリオン(中心部に大きな模様(メダリオン)をもつタイプ)メダリオンコーナー(メダリオンと、四隅に統一模様をもつタイプ)オーバーオール(メダリオンを持たない総柄のタイプ)ジオメトリック(幾何学模様のタイプメヘラブモスクをイメージした模様をもつタイプ)ピクチャ(絵画・景色などを絨毯にしたタイプ)など、ペルシャ絨毯は全てが買い取り対象です。アンティークものですので状態も様々かと思います。ご不要処分の際には、是非六角堂までお問い合わせください。 ペルシャ絨毯の専門スタッフがお見積り査定の上、高価買取させていただきます。
他にも、信楽焼の蹲(つくばい)や火鉢、花器、土風炉などをお売りいただきました。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。
帰りにサイゼリヤさんで食事をしました。ハンバーグにターメリックハヤシライス、とても美味しかったです。帰宅すると、家の庭にあじさいが咲いておりました。きっと京都へ出張中に咲いたのでしょう。いよいよ梅雨ですね。雨に負けず、頑張ります!

東京都杉並区成田東にて、水屋箪笥、菊花石の置物、宣徳銅瓶掛火鉢。

東京都杉並区成田東にて、水屋箪笥、菊花石の置物、宣徳銅瓶掛火鉢をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都目黒区五本木へ、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、お着物、額、切手などをお売りいただきました。切手はシートのものが多くございましたので、高額査定で買い受けさせていただきました。二件目は杉並区成田東へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、水屋箪笥、菊花石の置物、宣徳銅瓶掛火鉢をお売りいただきました。お売りいただいた岐阜県根尾谷産の菊花石は、菊花石の最高峰と言われています。今では特別天然記念物に指定されている為、採掘ができなくなっており、希少価値が高まっています。菊花石は「鑑賞石の最高峰」といわれており、六角堂でも買取を強化しております。瓶掛とは、火鉢を小振りにした形で、茶道で使われる風炉という道具に似ております。素材は陶磁器の物と、銀や鉄など金属製の物などがあります。煎茶の席で金瓶や銀瓶、鉄瓶や土瓶などをかけて湯を沸かす道具です。使い方は涼炉によく似ていますが、涼炉とは違い、灰を調節して火を沸かします。お売りいただいた瓶掛(びんがけ)は、宣徳銅製のもので、中国人物模様、耳は象耳となっております。買い取りに来る前にと、わざわざ灰を抜いておいてくださいました。お気遣いいただきまして、ありがとうございました。いずれも、ご家族の思い出のお品とのこと、わたくしたちが大切に次へと繋げていきます。良いお品、有難うございました。
本日の昼食は、目黒区にある「中国ラーメン揚州商人 目黒本店 」へと寄りました。今日は珍しく麺を頼まずに、炒飯や野菜炒めをいただきました。揚州商人、麺はもちろん炒飯もとても美味しかったです。また寄ります!

東京都杉並区高円寺北にて、掛軸、三味線(子持ち綾杉銅、金細)、贈答品など。

 

東京都杉並区高円寺北にて、掛軸、三味線(子持ち綾杉銅、金細)、贈答品などをお売りいただきました。

本日は、四件の出張買取でした。昨日一日お休みをいただいたので、だいぶ疲れがとれました。一件目は、埼玉県所沢市へ向かいしました。お引越し前のお片付け整理で、灯篭、長火鉢、大壷、花瓶、置物などを買い取らせていただきました。近年灯篭は売れにくくなっておりますが、こちらのような小振りのものでしたらまだまだ買い取りが可能です。古道具などをたくさんお売りいただき有難うございました。二件目は東京都へ移動し、杉並区高円寺北へ旧家解体前のお片付け整理でお伺いしました。こちらは、いつもお客様をご紹介くださる業者様のご紹介で伺いました。こちらでは、掛軸や三味線(子持ち綾杉銅、金細)、贈答品などをお売りいただきました。こちらの三味線は、胴に子持ち綾杉彫りを施してある演奏用の高級三味線になります。胴の内側へ綾杉彫りを施すことで、全体的に音が綾杉に当たりはじかれた音が直行音ではなく微振動となります。微振動であればあるほど、人は良い音を感じるといわれております。今回お売りいただいた三味線は、ケース入りでとても状態の良いものでした。掛軸は、書のものや日本画、仏画など数多くございました。他にも屏風や鉄瓶、くり抜き火鉢、長火鉢、お着物などたくさんございましたので、来月またお呼びいただくこととなりました。お品数が多く、お時間が掛かってしまいましたが、最後までお付き合いくださり有難うございました。また、来月宜しくお願い致します。三件目は、練馬区中村へ茶箪笥や楔の書棚、反物などをお売りいただきました。四件目は練馬区桜台で、お着物、和装小物、桐火鉢などをお売りいただきました。お客様の思い出のお品々、当社で責任を持って次へと橋渡しさせていただきます。休み明けの四件出張はさすがにハードでしたが、たくさんのお客様、お品に出会えて楽しい一日でした。移動途中、吉野屋さんで牛丼休憩をとらせていただきました。忙しい時の牛丼は助かりますね。一件目に灯篭を運んで体がもつか心配でしたが、二件目からは移動距離も短く良いルートで回ることが出来ました。明日も出張買取頑張ります!

金細(きんぼそ)
三味線の棹は通常3つに分割することができますが、その分割した際の突き出た箇所を「ホゾ」呼び、「ホゾ」を受ける側の穴に「金」を埋め込んであるものを「金細」といいます。また、銀を埋め込んであるものを、「銀細」と呼びます。これらが施してある三味線は概して高級なものとなります。

東京都世田谷区奥沢にて、富岡鉄斎の書籍、弦巻で根卓花台、古銅獅子置物。

    

東京都世田谷区奥沢にて、富岡鉄斎の書籍、火鉢など、弦巻にて根卓花台、古銅獅子置物、掛け軸をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で世田谷区奥沢へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、富岡鉄斎の書籍や火鉢などを買い取らせていただきました。お父様が富岡鉄斎がお好きだったようで、たくさんの書籍がございました。富岡鉄斎(とみおかてっさい)は、明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人といわれております。富岡鉄斎の書籍や掛け軸は当社で強化買取りしておりますので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。他にも、染付の陶製火鉢などをお売りいただきました。わたしたちに合わせご実家までお出向きいただき有難うございました。二件目は同じく世田谷区、弦巻へ出張しました。こちらでは、根卓花台、古銅獅子置物、掛軸などを買い取らせていただきました。根卓花台は、国産天然木のものでしたが、黄楊木や紫檀、花梨など唐木製のものになると高額査定となる場合がございます。残念ながら、ひび割れなどございましたが、雰囲気の良いものでしたので買い受けさせていただきました。古銅獅子置物は大振りのものでしたが、もともとは玉獅子のもので、玉はなくされてしまったようです。こちらも大振りで良いものでしたので、買い取らせていただきました。他にも掛け軸や置物などを買い取らせていただきました。古き良き時代ものをお売りいただき有難うございました。
今日は久々「サイゼリヤ」さんへと行き、アスパラと海老のクリームスパゲティをいただきました。サイゼリヤさんは学生時代によくお世話になりましたが、今でも低価格ながら美味しいメニューがたくさんありますね。美味しかったです。

富岡鉄斎(とみおかてっさい)1837~1924
字を無倦、号を鉄斎。別号に鉄人、鉄史、鉄崖など。
1837 京都(三条通新町東)法衣商十一屋伝兵衛富岡維叙の次男として生まれる
1855 女流歌人 大田垣蓮月尼に預けられ薫陶を受ける
1861 長崎に遊学し、長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲らの指導を受けた
1862 山中静逸(信天翁)と出会いをきっかけに、画業で生計を立て始めた。
1874 アイヌの風俗を題材にした代表作「旧蝦夷風俗図」を描いている
1881 兄 伝兵衛の死に伴い京都薬屋町に転居し、終の住処とする
1869 私塾立命館で教員になる
1893~1904 京都市美術学校で教員に就任し、修身を教える
1924 大晦日、持病であった胆石症が悪化。京都の自宅にて死去。享年90。