カテゴリー別アーカイブ: 桐たんす・和家具

埼玉県所沢市にて、和歌山県の伝統工芸品 紀州箪笥の出張買取。

埼玉県所沢市にて、和歌山県の伝統工芸品 紀州箪笥をお売りいただきました。

本日は一件の出張買取、一件の出張見積もりでした。一件目は、埼玉県所沢市にて、お引越しによる桐箪笥のお片付けでお呼びいただきました。引越し当日の買取でしたので、引越し屋さんの邪魔にならないよう迅速に見積りや引き上げをさせていただきました。本日お売りいただいたタンスは、当社で買取強化中の経済産業大臣指定伝統的工芸品の桐箪笥。和歌山県和歌山市で作られている伝統工芸品紀州箪笥、胴丸の小袖たんすというタイプのもので、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。上部と袴のつなぎ箇所には、黒柿があしらわれております。厚みのある良いたんすでございます。使い勝手がよくシンプルで置き場所を選ばない大きさです。背が低いため部屋に圧迫感が出ない、大きな地震でも倒れにくいなどのメリットがあるようです。残念ながら所々に砥粉落ち、痛みがございました。また、取っ手の金具が曲がってしまっており、外れかかっておりました。状態に難はございましたが、当社で買取強化している伝統工芸品の桐箪笥ですので、買い受けさせていただきました。お引越しでお忙しい中、素晴らしいたんすをお売りいただき有難うございました。本日二件目は、東京都中野区へ、お着物、反物、お茶道具の見積もりでお伺いしました。茶道具はお稽古用のものでしたが、お着物は人間国宝の作品が数点ございました。年明けの引越時にお片付けされるとのこと、心よりお待ちしております。
倉庫へ戻る途中、本日は和光市にあるリンガーハットさんで食事をしました。新メニューのこんがり焼いた牡蠣の入ったかきちゃんぽん、とっても美味しかったです。12月に入り年末整理をされる方が増えてきたようで、家具などの出張依頼が増えております。寒くもなってきておりますので、体を壊さないようしっかりと体調管理したいと思います。

紀州箪笥(きしゅうたんす)は、和歌山県和歌山市周辺で作られている家具です。現在の和歌山県にあたる紀州で製作技術が確立したことから、「紀州箪笥」と呼ばれています。装飾性と耐久性を兼ね備えた高級箪笥として、高い評価を受けている収納家具です。
紀州箪笥の特徴は、収納家具の素材として適した桐を使い、古くから伝わる繊細な工法で組み立てられていることです。桐は軽くて柔らかく、淡い黄色の色調や木目が美しいので、和室にも洋室にも上品になじみ、エレガントで安らぎに満ちた雰囲気をもたらします。また、収縮率が小さいので、狂いが少なく、長い年月使用することができます。桐は湿気が多い時には水分を吸収し、乾燥している時には水分を放出する性質があり、湿度や温度の変化に敏感な衣類を収納するのにふさわしい素材です。
紀州箪笥は、昭和62年4月18日に経済産業大臣指定伝統的工芸品にしていされました。

東京都青梅市にて、時代桐箪笥、煎茶棚、岸竹堂の屏風、螺鈿高足卓、鍋島段通など。

 

東京都青梅市にて、明治期の時代桐箪笥、蒔絵に黒漆煎茶棚、欅材硯箱、岸竹堂の屏風、青貝螺鈿高足卓花台、家紋蒔絵の鏡台や小箱、金屋五郎三郎の薄端、鍋島段通などをお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。蒔絵の飾り棚や屏風などをご処分されるとのことでご連絡いただきました。本日お売りいただいたお品は、黒漆に蒔絵の入った飾り棚。煎茶棚にも合う棚となっております。桐箪笥は明治期くらいのもの。周りが桐で裏面や内側には杉の木が使われている三方桐たんすでしたが、古き良き素晴らしい金具が装飾されており捨ててしまうのは惜しいタンスでしたので、こちらも買い受けさせていただきました。硯箱は欅材のものでこちらも良い金具が使われております。六曲一双の屏風は、幕末から明治時代に活躍した日本画家「岸竹堂」の山水風景図。裏面には破れなどございましたが、作品自体は状態の良い作品でした。唐物の高足卓花台は青貝の螺鈿が装飾されたもの。全体的に螺鈿の剥げや傷みがありましたが、まだまだ使用できるお品、こちらも買取させていただきました。家紋の蒔絵の入った小箱や棗などは比較的近年に造られたお品。鏡台は残念ながら上部の鏡をおく部品が欠品しておりました。良いお品ですので、小物入れとしてもまだまだ使用できるかと思います。金屋五良三郎の薄端は残念ながら広口が欠品しておりました。金谷五良三郎は京都を代表する錺鋳物師です。初代から8代までは金屋五良三郎、9代からは「金屋」を「金谷」と改め金谷五良三郎と名乗ります。作品の銘は金屋五良三郎、八代より前の作品となります。恐らく八代、明治期の作品と思われます。敷物は鍋島段通。鍋島緞通は、昔ながらの堅型織機を使い、経糸、緯糸、織込糸ともに上質の木綿糸を用いており、高温多湿な日本の気候にふさわしい敷物です。一目一目手堅く織りこんでいるため、時を経て使い込むほどに味わいを増していく手織りの作品です。古くからのものを大切にされているお客様で、全て大切に保管されておりました。素晴らしい作品の数々、まとめてお売りいただき有難うございました。現在お住みになられているお家にもお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。本日は六角堂のご指名、誠に有難うございました。
倉庫へ戻る途中、青梅市にある「大阪王将青梅店」さんで食事をしました。辛口の麻婆丼に焼餃子のセット、とっても美味しかったです。

岸竹堂(きしちくどう)1826~1897 
1836年 彦根の画師中嶋安泰に入門。
1842年 京都に出て狩野永岳に入門。
1843年 永岳のもとを離れ、岸連山に師事。竹堂の号を受ける。
1854年 岸連山の養嗣子となる。
1859年 連山の死去により家督を相続する。
1873年 西村総左衛門が友禅図様一新のため竹堂に師事する。西村らの依頼により友禅下絵を描く。
1880年 京都府画学校の創設にあたり出仕する。
1884年 第2回内国絵画共進会で銅章受章。
1888年 京都府画学校教授となる。
1890年 第3回内国勧業博覧会に《猛虎図》屏風出品、妙技二等賞。
1893年 シカゴ万国博覧会で《虎図》銅牌受賞。
1895年 第4回内国勧業博覧会審査員。
1896年 帝室技芸員になる。
1897年 永眠する。(享年71)。

東京都三鷹市にて、蒔絵網代の時代和箪笥の出張買取。

 

東京都三鷹市にて、蒔絵網代の時代和箪笥をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都三鷹市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。螺鈿細工の和たんすを処分されたいとのことでお呼びいただきましたが、確認させていただくと螺鈿ではなく時代蒔絵の入った時代箪笥でした。明治期のタンスかと思われます。前面に桜と波の金蒔絵に網代格子の入った古き良き時代箪笥。造りのしっかりした時代箪笥でございます。中には桐の衣装盆が四杯、網代の引き出しが三つ納められております。数か所に割れやカケ、虫食いなどございましたが、大変素晴らしい箪笥でしたので、買取させていただきました。お母様が大切にされていたというご家族の思い出の時代箪笥、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日二件目は埼玉県ふじみ野市へ出張買取させていただきました。一件目の三鷹市から倉庫へ帰宅途中にご連絡いただき、急ぎで査定希望とのことでしたので即日買取へ向かわせていただきました。こちらでお売りいただいたのは、お着物や帯、古酒など。他社と相見積もりでしたが、当社にお売りいただきました。お着物は化繊のものなどもございましたが、状態も良く全て買い取らせていただきました。お着物を着る機会がなくなってしまったとのこと、まだまだお着物の需要はございます。大切に次へと繋げさせていただきます。帰りにジュースをいただき、ご馳走様でした。本日は六角堂をご指名くださり、誠に有難うございました。
帰りにふじみ野市にある山田うどんさんへ寄りました。こちらの天玉うどんは揚げたてのかき揚げが美味しいです。

千葉県白井市にて、加茂桐箪笥(和たんす)の出張買取。

千葉県白井市にて、加茂桐箪笥(和たんす)をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物をご処分されて桐たんすが不要となってしまったとご連絡いただき、千葉県白井市へ出張させていただきました。お売りいただいたタンスは、当社で買取強化中の加茂桐箪笥。新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の下一大洋和箪笥というタイプのもので、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。厚みのある良いたんすです。前飾りには、光彦刻の銘あり。衣装盆六枚に引出し一つと使い勝手がよくシンプルで置き場所を選ばない大きさですね。最近の住宅事情がマンション中心になってきている事から、コンパクトなサイズで使い勝手が良いと人気があるようです。サイズや型が多種あるのも桐箪笥がオーダーメイドで作られているからこそだと思います。お客様の要望に合わせて職人が一点一点丁寧に作っております。数か所にシミ汚れがありましたが、大変素晴らしい箪笥でしたので買い取らせていただきました。良いたんすをお売りいただき有難うございました。
桐たんす、和たんすなどの和家具をはじめ、骨董品、お茶道具、掛け軸、絵画、お着物などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。東京都内はもちろん、関東一円出張見積無料、鑑定無料です。また骨董品・美術品のお見積もり・出張は、全国対応しております。ぜひご利用ください。
帰りに白井市にある「上州手打 栄久庵」さんで食事をしました。わたしがいただいたのはまぐろ丼セット。まぐろの赤身にとろろの丼にかけそば、どれも美味しかったです。また寄りたいと思います。

東京都渋谷区東にて、岩谷堂箪笥を二竿、桐箪笥、お着物など。

   

東京都渋谷区東にて、岩谷堂箪笥を二竿、桐たんす、お着物などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたタンスは岩手県の民芸家具「岩谷堂箪笥」の整理箪笥二竿、相徳の桐箪笥、お着物や反物など。たくさんのお品をお売りいただきました。岩谷堂箪笥といえば欅の木目を美しく引き出す漆、南部鉄の豪華な金具が特徴です。堅牢さと重厚さの中にも、華麗な繊細さを秘めた岩谷堂箪笥は現代の住空間の中でも、強烈な存在感を保っています。
岩谷堂箪笥は永い年月を経て多くの職人たちの手によって研究・開発されてきました。江戸時代後期の岩谷堂箪笥を現在の岩谷堂箪笥のデザインと比較すると質素な印象を受けます。岩谷堂の種類は、三尺、三.五尺の整理たんすを基本としていますが現在では、洋服・衣裳・整理タンスの三点セット、茶箪笥、書棚、小箪笥、座卓など多くの箪笥が生産されております。珍しいたんすとしては、階段にも利用されたという上面が段々になった階段箪笥、船に積み込んで金庫の代わりを果たしたという頑丈な舟箪笥、火事などの非常時に移動しやすいように車がついている車箪笥などその種類は多く、見るだけでも興味のそそられるタンスがあります。モダンなデザインの家具が多くなった今、200年の伝統を誇る岩谷堂の持つ温もりと存在感は、大変魅力的です。当社でも岩谷堂箪笥は十年以上探し続けている強化買取り中のタンスです。岩谷堂をお売りの際は、和家具・骨董品の専門店「六角堂」をご指名ください!
本日は志木市場の開催日でしたので、買い取り終了後に向かいました。市場近くにある幸楽苑さんで昼食をいただきました。野菜たんめん、初めて食べてみましたがとても美味しかったです。

千葉県市川市にて、伝統工芸士東樹義明の加茂桐箪笥、和装小物。

 

千葉県市川市にて、伝統工芸士東樹義明の加茂桐箪笥、和装小物、雑貨などをお売りいただきました。

千葉県市川市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日は加茂桐箪笥やお着物、帯締めなどの和装小物を買い取らせていただきました。お売りいただいた桐たんすは新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の大洋下一和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。伝統工芸士である東樹義明の作。着物専門店の「きもののさが美」さんで造られた桐たんすようで、さが美創作のシールがございます。本丸盆を10枚内蔵し、帯用の板盆、小物を収める小引き出しと、使い勝手の良いたんすに仕上がっております。前飾りには喜悦刻の銘、四君子の彫金があります。四君子(しくんし)とは、蘭、竹、菊、梅の4種を、草木の中の君子として称えた言葉。それらを全て使った図柄、模様を指します。正面下部に砥粉落ち、シミ、所々に小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。お客様の思い出の桐たんす、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、ありがとうございました。
帰り道、市川市新浜にある「らあめん葫(にんにく)」さんへ寄りました。こちらは食べログで受賞されているお店で、以前から行きたいお店でした。全部入り味噌ラーメンをいただきました。噛み応えあるチャーシューに白髪ねぎ、玉子、海苔が入って、とろみのあるスープに麺がよく絡みとても美味しかったです。次は塩ラーメンを食べてみたいです。

加茂桐箪笥(かもきりたんす)新潟県加茂市で作られる最高級の桐たんす。六角堂でも探し求めている桐箪笥の一つになります。加茂市で「桐たんす」が作られるようになったのは、およそ200年以上前(天明年間)と言われており、現在では日本全国の約70%の桐たんすが加茂で作られています。桐たんすと言えば「加茂」と言われるほど、その技術と品質は全国的に高い評価を受けています。数々の逸品を生み出してきたその技は脈々と受け継がれ、その伝統と優れた品質が評価され、1976(昭和51)年、通商産業大臣から伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の指定を受けました。木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や、柾目の色合いは、家具の最高級品の名にふさわしいものです。
『加茂桐箪笥伝統工芸士』(物故作家含む) 東樹義明 田澤謙介 石川鬼千 吉沢昭次 頓所芳男 皆川新司 番場堅介 中山昌二 坪谷哲男 三本和好 山本隆 鈴木浩市 水科政明 皆川繁之 横山松雄 番場堅 大橋勉 金井国男 鈴木進 神保良雄 石井克彦 高橋浩人 高橋聡 高橋研二 野本光男 藤田隆二 坂井昭兵 阿部健 斉藤敬二  江部雅之 大関正 堀正和 小柳幸太郎 小池茂次 坂内純一 長谷川進之助

東京都足立区辰沼にて加茂桐箪笥、和装小物、朝霞市にて簪など。

 

本日は三件の出張買取。東京都足立区、埼玉県朝霞市、さいたま市浦和区の三件を回りました。一件目は、足立区辰沼へお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいた桐たんすは、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の下三大洋という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。焼桐の仕上げとなっております。所々に砥粉落ち、シミ汚れ、小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。他にもお着物や贈答品などを併せてお売りいただきました。お客様の大切にされていた桐箪笥、お着物など、大切に次へと繋げさせていただきます。二件目は埼玉県朝霞市へ、お荷物整理でお呼びいただきました。こちらではお着物、かんざしや櫛などの和装小物、アクセサリーなどをお売りいただきました。在銘の蒔絵入り簪(かんざし)や水晶の一本挿し、赤珊瑚玉や瑪瑙の帯留めなど、痛みやカケのあるものが多くございましたが、当社で買い取りを強化している時代和装小物でしたので全て買い取らせていただきました。お着物はシミの出てしまっているものがございましたが、こちらも全て買い取らせていただきました。本日は六角堂のご指名有難うございました。本日は古物市場の開催日でしたので市場へ戻っていると、お電話をいただきましたので急遽さいたま市浦和区へ向かいました。こちらではお着物をまとめてお売りいただきました。ウールのものやシミ汚れの出てしまっているものもございましたが、買い取らせていただきました。中村不折の書があり、見積りさせていただきました。縁がございましたら、またお呼びください。帰りに市場の仲間たちと合流し、朝霞市にある大島屋食堂さんで食事をしました。本日も古物市場のT橋氏に奢っていただけるとのこと、仲間たちみんなで贅沢をさせていただきました。うな重、お寿司、カツオのタタキ、海老の味噌汁、どれも美味しかったです。T橋氏ご馳走様でした。久々の三件出張買取でしたので少し疲れてしまいましたが、良いお品々と出会えましたので良い一日となりました。明日は仕分け作業をしてから出張買取頑張っていきます。

埼玉県坂戸市にて、伝統工芸士松永修一の加茂桐箪笥、お着物。

埼玉県坂戸市にて、伝統工芸士松永修一の加茂桐箪笥、お着物をお売りいただきました。

埼玉県坂戸市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の時代チェストという形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。焼桐の時代仕上げとなっております。伝統工芸士である松永修一の作。所々に砥粉落ち、下部にシミ汚れ、小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。伝統工芸品のシールは貼っておりませんでしたが、付属のパンフレットに記載されている時代チェストと同作。お客様が大切にされていた思い出の桐たんす、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は良いたんすをお売りいただき、ありがとうございました。近年、桐箪笥の中古市場はリサイクルが大変厳しくなってきておりますが、加茂桐箪笥はじめ伝統工芸に指定されている桐たんすはまだまだリサイクルが可能となっております。ご不要の伝統工芸指定桐箪笥がございましたら、六角堂までお問い合わせください。また、お着物や和装小物などの買取も併せて受け付けております。たくさんのお問い合わせお待ちしております。
帰りにジョナサンで食事をしました。期間限定メニューの広島産大粒牡蠣のクリーミードリアにチョコバナナフレンチトースト、とっても美味しかったです。

『伝統工芸士』は、経済産業大臣指定伝統的工芸品の製造に直接従事する者を対象に、財団法人伝統的工芸品産業振興協会が実施する伝統工芸士認定試験において、実技試験及び知識試験に合格した者をいい、経済産業大臣認定資格制度により『伝統工芸士』の称号が得られます。受験資格は、伝統的工芸品の製造に現在も直接従事し、12年以上の実務経験年数が必要になります。

東京都国分寺市にて、伝統工芸士 会田勝平の加茂桐箪笥。

東京都国分寺市にて、伝統工芸士 会田勝平の加茂桐箪笥をお売りいただきました。

知人の買取業者さんにご紹介いただき、東京都国分寺市へ遺品整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の下三大洋和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。関東で有数の仕上げ師である会田勝平(伝統工芸士)の作。前飾りには一峯刀と、銘がございます。所々に砥粉落ち、シミ、小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。お母様の思い出の桐たんす、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は良いたんすをお売りいただき、ありがとうございました。近年、桐箪笥の中古市場はリサイクルが大変厳しくなってきておりますが、加茂桐箪笥はじめ伝統工芸に指定されている桐たんすはまだまだリサイクルが可能となっております。ご不要の伝統工芸指定桐箪笥がございましたら、六角堂までお問い合わせください。また、お着物や和装小物などの買取も併せて受け付けております。たくさんのお問い合わせお待ちしております。
市場へ戻る途中、埼玉県朝霞市にあるジョリーパスタさんリーでランチをしました。ランチタイムでしたのでヤリイカとほうれん草の醤油ソースにスープが付いてなんと630円。とても美味しかったです。

千葉県市川市にて、伝統工芸士坂内純一の加茂桐箪笥、着物、雑貨など。

 

千葉県市川市にて、伝統工芸士坂内純一の加茂桐箪笥二竿、着物、雑貨などをお売りいただきました。

本日は一件の出張買取。千葉県市川市へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは、新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、胴丸の下二大洋和箪笥、昇り箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。伝統工芸士である坂内純一の作。所々に砥粉落ち、シミ、小傷などございましたが、当社で買い取りを強化している桐たんすですので、買い取らせていただきました。他にもお着物がございましたが、他の買取業者様が買い取られた後に残されていたものでしたので、残念ながらシミやカビの出ているものが多くございました。シミの少ないものもございましたので、こちらも全て買い受けさせていただきました。お母様の思い出の桐たんすやお着物、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は、六角堂のご指名ありがとうございました。
マンションからの搬出でしたので帰りが夕方になってしまいましたが、戻る途中、千葉県松戸市にある「中華・ぎょうざ 麺王 矢切店」さんで食事をしました。大好物の牡蠣が入ったかき味噌らーめんを食べました。大粒の牡蠣で、とても美味しかったです。

『伝統工芸士』は、経済産業大臣指定伝統的工芸品の製造に直接従事する者を対象に、財団法人伝統的工芸品産業振興協会が実施する伝統工芸士認定試験において、実技試験及び知識試験に合格した者をいい、経済産業大臣認定資格制度により『伝統工芸士』の称号が得られます。受験資格は、伝統的工芸品の製造に現在も直接従事し、12年以上の実務経験年数が必要になります。
『加茂桐箪笥伝統工芸士』(物故作家含む) 田澤謙介 石川鬼千 吉沢昭次 頓所芳男 皆川新司 東樹義明 番場堅介 中山昌二 坪谷哲男 三本和好 山本隆 鈴木浩市 水科政明 皆川繁之 横山松雄 番場堅 大橋勉 金井国男 鈴木進 神保良雄 石井克彦 高橋浩人 高橋聡 高橋研二 野本光男 藤田隆二 坂井昭兵 阿部健 斉藤敬二  江部雅之 大関正 堀正和 小柳幸太郎 小池茂次 坂内純一 長谷川進之助