カテゴリー別アーカイブ: 桐たんす・和家具

東京都中野区大和町にて、飾り棚、茶道具、火鉢、三味線など。

東京都中野区大和町にて、飾り棚、茶道具、火鉢、三味線などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は中野区大和町へお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたのは、杉材の飾り棚、お茶道具を一式、宣徳銅製の瓶掛け火鉢、三味線など。茶道具は茶碗、水差 、棗、茶入、香合、風呂、釜、茶杓、水注、炉縁などお売りいただきました。錆やカケ、共箱の欠品などございましたが、当社で買い取りを強化しているお品ですので、全て買い受けさせていただきました。三味線はお稽古用のものでしたが、二本が状態の良いもの、他は破損や欠品などございました。こちらもケースなどの付属品も併せて全て買い受けさせていただきました。ご家族の方が大切にされていたお道具達、大切に次へと繋げさせていただきます。当社のご指名、ありがとうございました。二件目は、世田谷区成城へお片付け整理でお呼びいただきました。以前お呼びいただいた成城のお客様のご紹介で、ご指名くださいました。お荷物のを減らしたいとのことでしたので、大理石のテーブルなどリサイクル出来る物は全て引き受けさせていただきました。また何かございましたらお呼びください。帰宅途中、いつも寄らせていただいている世田谷区にある「長浜ラーメン」ㇸと寄りました。とんこつ味噌に玉ねぎ多め、麺はバリカタ、わたしの至福の時です。また寄らせていただきます。明日は東京都文京区、千代田区へ出張します。明日も一日、頑張っていきます!

東京都渋谷区恵比寿西にて、頓所芳男作加茂桐箪笥、唐木花台など。

  

東京都渋谷区恵比寿西にて、伝統工芸士頓所芳男作加茂桐箪笥(昇りたんす)、唐木(紫檀)の花台などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、伝統工芸士頓所芳男の加茂桐箪笥。新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の昇り箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。昇り箪笥とは、高さが背丈ぐらいの和箪笥で、引出しが首の高さまで連なり、その上部を引き違い戸にした形状のもの。現在では、整理タンスとも言います。所々砥の粉落ちやシミ汚れなどございましたが、油単をかけていらっしゃいましたので比較的状態の良いタンスでした。唐木の花台は紫檀でつくられたもので、脚部が竹のように彫られていて素晴らしいものでした。横には本物の竹が埋めてあり、僅かではありますが斑竹となっております。家具の他にも古いカメラや贈答品などをお売りいただきました。近々お子様たちと同居するための大片付け、だいぶ減らせてすっきりしたとお客様にお喜びいただきました。お子様、お孫様とのご同居、楽しみですね。喜んでいただけて良かったです。お客様の思い出の家具など、大切に次へと橋渡しさせていただきます。有難うございました。二件目は、豊島区千早でお着物、お茶道具のお見積りへ伺いました。数社相見積もりとの事でしたが、ご返事楽しみにお待ちしております。帰りに池袋駅西口にある「背脂ラーメン宮本」へ寄り、背脂味噌らーめんをいただきました。名前の通り背脂多めのラーメンですが、コクのあるスープがとても美味しかったです。

神奈川県横浜市港南区にて、花梨(瘤付)の敷板、花台、パイプ、仏像など。

神奈川県横浜市港南区にて、立派な瘤のついた花梨の敷板や花台、パイプ、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。ご実家の解体前に伴い、ご家族みんながお集まりになられており、色々なものを懐かしんでおられてました。ご家族皆さんのご期待に応えられるようにと、一点一点頑張って査定させていただきました。本日お売りいただいたのは、花梨(瘤付)の敷板や花台、パイプ、仏像、碁盤、置物、水盤など。たくさんのお品をお売りいただきました。花梨の敷板や花台は、立派な瘤付きのものでした。六角堂では、花梨や紫檀、黒檀やタガヤサンなどの唐木で出来た中国家具を強化買取りしております。唐木には花梨の他、紫檀・黒檀、鉄刀木(タガヤサン)や黄花梨などの木材がございます。遣唐使が唐から持ち込んだことから唐木と呼ばれるようになりました。数100年前もの古い唐木作品は制作に大変な時間と手間がかかっているため、中国骨董の中でも高い値で売買されているようです。ご不要になった唐木で出来たキャビネット、飾り棚、テーブル、椅子、文机、花台、香炉台などがございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。また、ダンヒル(dunhill )や、スタンウェル(STANNWELL)、シャコム(CHACOM)などのパイプもたくさんお売りいただきました。当社では、パイプの買い取りもしております。パイプ、煙管などの中古喫煙具は、昔から古物業界で人気がございます。パイプスタンドや、パイプ収納ラックなども併せてお売りいただきました。仏像は、江戸期の日蓮上人木彫り座像、銀製の観音菩薩、大黒天、恵比寿天など。日蓮上人像は、僧網襟の僧衣に袈裟、横被を着け、右手に笏、左手に経巻を執る日蓮聖人にいわゆる説法像であります。玉眼を篏入しており、時代ある古い仏像です。大黒天、恵比寿天像は、底裏に銀製の刻印があります。観音菩薩には刻印がありませんでしたが、恐らく銀製のものと思われます。数多くのお道具をお売りいただき有難うございました。本日二件目は、厚木市へ見積もりへ向かいました。こちらでは、作家物のお着物や帯などを査定させていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。帰りに圏央道厚木PAへ寄り、B-1グランプリで駒ケ根ソースカツ丼をいただきました。駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせたカツを載せた丼です。とても美味しかったです。

東京都新宿区市谷甲良町にて、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、掛軸。

東京都新宿区市谷甲良町にて、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、掛け軸などをお売りいただきました。

業者様のご紹介でお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた和家具は、螺鈿細工の時代飾り棚、漆塗りの金具箪笥、唐木の座卓など。掛軸は、河合玉堂の工芸軸や仏画など。朱呂色塗の漆箪笥は、鮮やかに浮き彫りされた飾り金具の絵模様が素晴らしいタンスです。朱呂色塗は漆に顔料を加え、漆を塗って水研きを繰り返すことで艶やかに仕上げる和家具技法。色を揃えるのがとても難しく、手間の掛かる塗り方ですが深い漆の光沢と輝きには特有の品格と美しさがあります。螺鈿細工の時代飾り棚は大変珍しく、当社でも初めて見ました。黒漆の枠に青貝の螺鈿細工が施されております。引き戸や引き出しは欅材が使われております。古くからご実家にあった棚のようです。とても素晴らしい和家具をお売りいただき有難うございました。ご家族の思い出の家具など、大切に次へと橋渡しさせていただきます。お忙しい中、ありがとうございました。本日のランチは「日高屋」さんで、味噌ラーメンとミニ炒飯のセット。夕食は志木市場のT橋さんと合流し、「ガスト」さんで鯖の味噌煮とまぐろ丼のセットをいただきました。ここ最近はまた外食続き、家族で食事が出来てません。栄養が偏ってしまうので、野菜スムージーとサプリメントを飲んで寝ます。

神奈川県横須賀市で頓所芳男の加茂桐箪笥、横浜市でラッセンの絵画。

   

本日は二件の出張買取。一件目は神奈川県横須賀市へ、遺品整理で出張させていただきました。本日お売りいただいた桐タンスは、伝統工芸士頓所芳男の加茂桐箪笥。新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の下三大洋和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。前飾りには、美峰刻の銘あり。着物専門店で有名なきもののさが美さんで造られた桐たんすようで、さが美創作のシールがございます。所々シミ汚れなどございましたが、油単をかけていらっしゃいましたので比較的状態の良いタンスでした。お母様が大切にされていた桐たんす、大事に次へと繋げさせていただきます。二件目は横浜市保土ヶ谷区へ、業者様のご紹介でお呼びいただきました。お引越し前のお片付け整理とのことで、ラッセンをはじめ、油彩画、リトグラフなど買い取らせていただきました。お売りいただいたラッセンの絵画は、ミクストメディア「イノセンス」というもの。イルカの戯れる姿が素敵ですね。額に剥げやカケなどございましたが、人気のラッセン作品でしたのでお客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。素敵なお品をお売りいただき有難うございました。本日の昼食は、横浜横須賀道路にある横須賀パーキングエリアへ寄りました。天玉うどんに漁師飯というものをいただきました。漁師飯は鰹節と温玉がマッチしていてとても美味しかったです。
六角堂では、ラッセンをはじめ、インテリアアートの買い取りを強化しております。強化中の作家は以下となります。
天野喜孝、石ノ森章太郎、KAGAYA(カガヤ) 、笹倉鉄平、ジョウ・ナイトウ、鈴木英人、塚本馨三、鶴田一郎、藤城清治、松本零士、山形博導(ヒロ・ヤマガタ)、アイベン・ロール、シム・シメール、丁紹光、ミッシェル・ドラクロワ、ミッシェル・バチュ、ジア ルー、トーマス・マックナイト、マーティロ・マヌキャン、クリスチャン・リース・ラッセン、ホアキン・トレンツ・リャド、カーク・レイナート
ご不要の絵画がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

東京都板橋区にて岩谷堂箪笥、千葉県船橋市で亀文堂鉄瓶など。

本日は二件の出張買取。一件目は板橋区蓮根へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは岩谷堂箪笥(方扉整理箪笥)、和装小物などを買い取らせていただきました。欅の木目がしっかりと出た岩谷堂箪笥、南部鉄器の金具がかっこいいですね。内部には上質な桐が使われております。漆塗りの上に、手打ち手彫りで作られた堅牢で優美な金具が付いています。また、金庫の役目をするため、鍵のかかる金具が使われております。とても重厚で伝統的な和箪笥になります。天部に所々傷がございましたが、全体的に状態の良いものでした。ご家族が大切にされていたタンス、当社で大切に次へと橋渡しさせていただきます。ご指名いただき有難うございました。二件目は、千葉県船橋市へと出張しました。東北のご実家の整理で、メールでお品を選ばせていただき千葉県までいただき運んできていただきました。遠路、お品を連れてきていただき有難うございました。お売りいただいたのは、亀文堂の鉄瓶、煙草盆、宣徳銅瓶掛火鉢など。古き良き時代のお道具を買い取らせていただきました。亀文堂の鉄瓶は、胴に山水図の彫りがあり、持ち手には松竹梅の銀象嵌が入っております。今回お売りいただいた亀文堂、その歴史は大変古く、明治時代から昭和にかけて製作されていたと言われております。「亀文堂」初代は波多野正平であり、鋳金術の名工としても有名な「龍文堂」二代安平の元で修行を実の弟である秦蔵六(はたぞうろく)と共に行いました。亀文堂の作品は現在でも日本国内ならず、中国など世界各国で高い需要があります。胴後部に「日本亀文」底面に「家拙日本琵琶湖之東」と銘のある鉄瓶、「亀文堂 梅泉造」「亀文堂 淡海秀光造」と銘がある鉄瓶は高値が付いており、六角堂でも積極的に買取を強化しております。ご不要の亀文堂鉄瓶などがございましたら、是非六角堂をご指名ください。
二件目の船橋市へ向かう途中、「壱鵠堂(いちこくどう)夏見台店」さんへ寄り、白壱鵠堂ラーメンをいただきました。白味噌に辛ネギが合いますね。とても美味しかったです。

東京都武蔵野市にて、関西長火鉢、日本画家横山大観の工芸掛軸など。

本日は二件の出張買取。一件目は、三鷹市上連雀へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。今年三月に見積もりへ来たお客様で、マルニの金華山応接セットや雑貨などを買い受けさせていただきました。千葉県へお引越しされるとのこと、また何かございましたらご連絡ください。有難うございました。二件目はお片付け業者様のご紹介で、武蔵野市へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは、欅材の関西長火鉢や横山大観の工芸軸、南部鉄瓶や贈答品などを買い取らせていただきました。長火鉢とは、茶の間や居間に置く横に長い箱型の木製火鉢であります。猫板・銅壺(どうこ)・引出しなどがついております。長火鉢には、関東長火鉢と関西長火鉢があります。違いは、関西長火鉢には角火鉢の四辺に10cm前後の張が付いております。テーブルのような枠のついている火鉢が、関西長火鉢となります。近年、関西長火鉢の方が人気があり、高値が付くことが多いです。上部にヤケによる変色がありましたが、当社で買い取りを強化している商品となりますので、買い受けさせていただきました。横山大観は言わずと知れた近代日本画壇の巨匠であります。工芸作品ですが、こちらも六角堂強化買取り作家作品ですので、買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお品、大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。
今日は帰りに、新座市にある「かつ庵」さんへと寄りました。とても安くて、美味しかったです。

横山大観(よこやまたいかん)
本名は横山秀麿(ひでまろ)
岡倉天⼼らと⽇本美術院を創設した⽇本画壇の巨匠。
「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる線描を控えめに使う独創的な没線描法を確立しました。
1868年 ⽔⼾に⽣まれる
1885年 東京英語学校に⼊学。洋画家の渡辺⽂三郎から鉛筆画を学ぶ
1889年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)の第⼀期⽣として⼊学
1898年 岡倉天⼼の指導を受け、⽇本美術院創⽴に携わる
1914年 ⼤正博覧会鑑査委員に就任。⽇本美術院を再興する
1940年 ⽂化勲章を受章
1958年 逝去。勲⼀等旭⽇⼤綬章を受章

東京都渋谷区松濤にて時代箪笥など、本町にて徳田正彦の彩釉花生など。

東京都渋谷区松濤にて時代箪笥など、渋谷区本町にて人間国宝三代徳田八十吉(正彦)の彩釉花生、茶道具などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、渋谷区松濤へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、時代箪笥やベトナムで購入されたというシェルフをお売りいただきました。時代箪笥は、明治~大正時代のものでしょうか、時代桐箪笥と前欅の時代重ね箪笥になります。重ね箪笥の金具飾りには、桜丸が使われております。古いものですが、状態の良い時代箪笥でした。古き良き時代の家具をお売りいただき有難うございました。二件目は渋谷区本町へ、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お引越しに伴い、茶道具などお道具を処分されるとの事でお呼びくださいました。お茶道具は、茶碗や水指、釜など一式お売りいただきました。また、人間国宝である三代徳田八十吉(正彦)の彩釉花生をあわせてお売りいただきました。底裏に九谷正彦の銘がございます。人間国宝になる前の前作ではありましたが、人気作家で当社でも買取強化している作品ですので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。良いお道具をお売りいただき有難うございました。
今日は志木市場の開催日でしたので、出張買取後に寄らせていただきました。市場が終わって、みんなで赤羽駅にある「磯丸水産 赤羽南口店」へ食事に行きました。島寿司、炉端焼きでいただく蟹味噌甲羅焼、あら汁など、とても美味しかったです。磯丸水産さんは初めて行きましたが、とても美味しくて良かったです。また寄りたいと思います。

三代 徳田八十吉(とくだやそきち) 1933(昭和8)年~2009(平成21)年
3代徳田八十吉は2代徳田八十吉の長男として石川県に生まれる。本名を正彦といいます。
1954(昭和29)年に金沢美術工芸大学を中退し、
祖父・初代徳田八十吉に釉薬の調合や上絵付け技法を学び、
父より九谷焼の上絵付け等に対する現代陶芸の革新的な創造精神を受け継ぎました。
1966(昭和41)年、一水会委員に就任しました。
1967(昭和42)年に小松市立博物館で開催された「九谷古陶磁名品展」を契機とし、
青手古九谷に範を求めて各色釉の微妙な濃淡の変化を追及する表現技法に取り組みます。
1971(昭和46)年、NHK会長賞を受賞しました。
1972(昭和47)年、日本工芸会正会員となりました。
1977(昭和52)年、日本工芸会総裁賞を受賞しました。
1979(昭和54)年、日本伝統工芸展鑑査員に就任しました。
1984(昭和59)年、日本伝統工芸展の出品作品が文化庁に買い上げられました。
1985(昭和60)年、北国文化賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
石川県九谷焼無形文化財資格保持者に認定されました。
日本伝統工芸展の出品作品が重要無形文化財資格保持者選賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、藤原啓記念賞を受賞しました。
日本伝統工芸展の出品作品が文化庁に買い上げられました。
3代徳田八十吉を襲名しました。
1990(平成2)年、高円宮殿下に御来窯御台臨を賜りました。
’90国際陶芸展グランプリー、小松市文化賞を受賞しました。
1991(平成3)年に日本陶芸展の出品作品が秩父宮賜杯を受賞し、
近代美術館に買い上げられました。
外務大臣表彰を受けました。
1992(平成4)年、日本伝統工芸展監査主任・審査員に就任しました。
一水会陶芸部運営委員に就任しました。
1993(平成5)年、大英博物館に碧明燿彩花瓶等が収蔵されました。
紫綬褒章を受章しました。
スミソニアン・サックラー美術館に作品が収蔵されました。
1994(平成6)年、日本工芸会理事に就任しました。
1996(平成8)年、石川県陶芸協会会長に就任しました。
1997(平成9)年、MOA岡田茂吉賞大賞を受賞しました。
重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定されました。
小松市名誉市民の称号を受けました。
1998(平成10)年、メトロポリタン美術館に燿彩線文壷が収蔵されました。
2009(平成21)年、8月26日逝去。従五位に叙位される。

東京都目黒区三田にて、伝統工芸士田澤謙介の加茂桐箪笥、茶道具など。

 

本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、東京都目黒区三田へリフォーム前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお客様をご紹介くださりありがとうございます。伝統工芸士田澤謙介の加茂桐箪笥、和家具、茶道具、陶磁器、掛け軸、ダンヒルのパイプなどをお売りいただきました。本日お売りいただいた桐たんすは新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、四方丸の総盆和箪笥というタイプのもので、当社でも多く取り扱う高級桐たんすになります。上部・下部の四方角が丸い桐たんす「四方丸」という桐たんすになります。全てが衣装盆の総盆タイプで、15の衣装盆が収まってます。伝統工芸士である田澤謙介氏の作、前飾りには、光保刀と銘がございます。田澤謙介氏は、加茂桐箪笥伝統工芸士の第一人者であり、たくさんの素晴らしいたんすを作られた方でございます。多少シミ汚れがございましたが、当社の買取強化作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。次回、お着物の買取でお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
本日二件目は、杉並区西荻南へお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、反物や掛け軸、お茶道具一式をお売りいただきました。茶道具は共箱のないものなどもございましたが、買い取り強化中の為、一式全て買い受けさせていただきました。お客様のお母様が大切にされていた反物やお茶道具など、六角堂で大切に次へと繋げさせていただきます。数多くお売りいただき、有難うございました。
本日の昼食は、目黒駅にある「福の花 目黒店」さんへ行きました。山口県の地鶏料理のお店ですが、ランチタイムで寄りましたので、画像のメニューで800円ぐらいでした。しかもご飯、お味噌汁はおかわり自由、食べ盛りの私には嬉しいです。とてもお得で、とても美味しかったです。また目黒に来た時には、是非寄らせてもらいます。

東京都文京区本駒込にて、明治期の仙台箪笥、盛栄堂南部鉄瓶など。

 

東京都文京区本駒込にて、明治期の仙台箪笥、盛栄堂南部鉄瓶や贈答品などをお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。まずは、トランクルームでかいと長い間保管されていた明治期頃の仙台箪笥、チークのセンターテーブルを買い取らせていただきました。欅材に当時の南部鉄金具がとても雰囲気の良いタンスです。鍵の欠品、背板に破損などございましたが、当社で買い取りを強化している時代箪笥ですので、買い取らせていただきました。また、お客様宅の倉庫から、贈答品や鉄瓶などの茶道具をお売りいただきました。なるべく倉庫を片付けたいとのことでしたので、リサイクルできるものは全て買い受けさせていただきました。ご家族の思い出のたんすかと思います。大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。
帰宅は夜となってしまいましたが、倉庫へ戻る途中にある「松屋」さんへ寄り、「ビビン丼」をいただきました。ピリ辛キムチに甘辛のたれが合いますね。とても美味しかったです。明日は出張買取をお休みいただき、一日倉庫で仕分け作業をします。お客様から買い受けしたお品々を掃除、仕分けして、次へと橋渡しできる準備をさせていただきます。また、明後日からの出張買取も頑張ります!
六角堂では、時代箪笥の買取りを強化しております。山形県庄内の庄内箪笥、山形県米沢の米沢箪笥、宮城県仙台の仙台箪笥、長野県地方の松本箪笥、岩手県地方の岩谷堂箪笥、福井県三国の三国箪笥、滋賀県近江の近江水屋箪笥、新潟県佐渡の佐渡箪笥、福島県二本松の二本松箪笥など、産地の時代和箪笥も強化買取りしております。ご不要の時代箪笥がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

仙台箪笥の歴史は古く、原型は江戸時代末期にまでさかのぼります。主に武士が刀を入れることを目的として作られた箪笥は野郎型と呼ばれ、刀の鞘や裃(かみしも)を納めることができる幅4尺(約120センチ)、高さ3尺3寸(100センチ)の大きさに作られておりました。素材は主に欅や粟。塗りは木目も美しい「木地呂塗り」に、豪華な鉄の飾り金具が取り入れられているのが特徴です。 仙台簞笥は「指物」「塗り」「金具」、3つの技が一体となって、はじめて生み出されます。それぞれのプロ達が技を極め、ひとつの「仙台箪笥」を丁寧に作り上げていく様は、まさに手しごとのバトンリレー。いずれの作業も、熟練の技が冴える職人が手をかけることで箪笥に魂がこめられております。どっしりしながらも艶やかな佇まいで、実物を見るとその存在感に圧倒されてしまいます。