カテゴリー別アーカイブ: 彫刻・ブロンズ像

東京都目黒区東山にて岡本太郎のブロンズ像「若い夢」、洋銀製の馬置物。

東京都目黒区東山にて岡本太郎のブロンズ像「若い夢」、洋銀製の馬置物をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お家に閉まったままの置物や絵画などをご処分したいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、岡本太郎のブロンズ像「若い夢」、洋銀製の馬置物、リトグラフなど。「芸術は爆発だ!」の名言で知られている岡本太郎さんの作品「若い夢」は、当社で買い取りを強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。付属品も全て揃っており、状態の良いお品でした。「若い夢」は日本青年館新館建設基金募集のため、多くの芸術家に呼びかけを行った際、第1回を担当した岡本太郎が制作した作品であります。「人生は夢だ。夢見るものは永遠に若い。にっこり笑ってこの世のすべての空しさと闘い、挑みそれをのり越える。その瞬間にこそ若い夢がひらくのだ。」頬杖をつき、無邪気な笑顔を浮かべ未来を見つめるその眼差しは、私たちに明日を生きる前向きな活力を与えてくれるような気がします。佐賀県にある「川崎電気」という配電盤メーカーの工場の敷地内に作品が置かれております。馬の置物は洋銀製のもの。馬の置物はブロンズ製、木彫りのものなど多々ございますが、人気がありますので高額査定で買取させていただきました。素晴らしい作品をお売りいただき、有難うございました。
当社では岡本太郎の油彩画や、リトグラフ、シルクスクリーンなどの版画作品、オブジェなどの立体作品を幅広く買取しております。ご不要の作品がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。高額査定で買取させていただきます。

岡本太郎(おかもとたろう)明治44(1911)年2月26日~平成8(1996年)1月7日
1911年 2月26日、母の実家である神奈川県橘樹郡高津村二子/現在の川崎市高津区二子に生まれる。
1929年 慶應義塾普通部を卒業、東京美術学校(現・東京藝術大学)洋画科入学半年後中退。父のロンドン軍縮会議取材に伴い渡欧。
1931年 ソルボンヌ大学哲学科で、哲学・心理学・民俗学を学ぶ。
1940年 パリ陥落に伴い帰国。
1942年 海外に在住していたために延期されていた徴兵検査を31歳にして受け甲種合格。召集され、中国にて自動車隊の輜重兵として軍隊生活を送る。
1946年 復員、東京都世田谷区上野毛にアトリエを構える。
1947年 後に養女となる平野(旧姓)敏子と出会う。
1948年 花田清輝、埴谷雄高らと「夜の会」結成。
1954年 アトリエを青山に移し「現代芸術研究所」を設立、「今日の芸術」初版刊行。
1956年 旧東京都庁舎(丹下健三設計)に「日の壁」「月の壁」など11の陶板レリーフを制作。
1970年 大阪の日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」制作。
1973年 岡本太郎デザインの飛行船レインボー号が空を飛んだ。スポンサーは積水ハウス。
1984年 芸術文化勲章受章(フランス)。
1989年 芸術文化勲章受章(フランス)。
1996年 1月7日逝去、享年84歳。
マスコミ出演も多く、「芸術は爆発だ!」の名言で知られております。

東京都三鷹市にて桑原巨守のブロンズ像、松月斎寿政の黄銅茶托、掛軸など。

  

東京都三鷹市にて桑原巨守のブロンズ像、松月斎寿政の黄銅雪月花金銀高肉象嵌茶托、掛け軸などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。古くからお家に閉まったままの掛け軸や置物などをご処分したいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、桑原巨守のブロンズ像、松月斎寿政の黄銅雪月花金銀高肉象嵌茶托、掛け軸など。彫刻家 桑原巨守の作品は数少なく、当社でも買い取りを強化している作家さんです。共箱などの付属品はございませんが、お客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。雪月花模様の茶托は松月斎寿政の作。明治から大正期に造られたものと思われます。黄銅地に金銀銅で梅花と月の満ち欠けが象嵌されています。外形が雪輪の形、貼り付け象嵌模様が月と梅花、全体で「雪月花」を表しています。五客それぞれに違った象嵌が施されてます。梅花紋は花が銀、蔕が金、茎が銅、葉は真鍮の象嵌かと思われます。月の満ち欠けは2点が金象嵌、3点が銀象嵌です。底面にそれぞれ「寿政」の刻印が有ります。重厚な造りで、とても丁寧な作行きです。煎茶道具も現在買い取りを強化しておりますので、こちらも高価査定で買取させていただくことが出来ました。掛軸は日本画のものが多く、シミなどはございましたがこちらも全て買取らせていただきました。良い作品を数多くお売りいただき、有難うございました。

桑原巨守(くわはらひろもり)1927~1993年
1927年 群馬県沼田市で生まれる。
1949年 東京美術学校彫刻科を卒業。関野聖雲に師事する。
1964年 二紀展にて「裸婦B」「裸婦A」で初入選となる。
1966年 二紀展にて「しゃがむ」で同人賞を受賞する。
1971年 女子美術大学教授に就任する。
1975年 第29回二紀展にて「風と花(その2)」「砂山」で菊華賞を受賞する。
1979年 ブルガリア政府に作品が買い上げとなる。
1982年 第2回高村光太郎大賞展へ招待出品し、美ヶ原高原美術館賞を受賞する。
1983年 第37回二紀展で文部大臣賞を受賞する。
1989年 第43回二紀展で宮本三郎賞を受賞する。
1993年 女子美術大学名誉教授となる。8月26日逝去。享年66。

千葉県市川市にて高田博厚のブロンズ像 femme assise、絵画など。

千葉県市川市にて高田博厚のブロンズ裸婦像「femme assise(座る女性)」、絵画などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。絵画やブロンズ像をご処分されたいとのことでご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、人気彫刻家 高田博厚のブロンズ裸婦像「femme assise(座る女性)」、絵画など。絵画は油彩や水彩画、リトグラフなど、外国人画家の作品が多くございました。馬の絵画がお好きだったのでしょうか、ポール・ギヤマンやアンドレ・ブラジリエの馬のリトグラフが多くございました。ブロンズは彫刻家 高田博厚の「femme assise」。高田博厚は日本を代表する彫刻家であり、思想家であります。彫刻において、オーギュスト・ロダン、アントワーヌ・ブールデル、アリスティド・マイヨールといった近代彫刻の流れを吸収し、西洋的な人体造形が特徴的な作風で知られております。フランス滞在の時には作家のロマン・ロナン、哲学者のアラン、画家のジョルジュ・ルオーなどと交流しました。femme assiseはフランス語で日本語に訳すと座っている女性となります。1968年の製作、高さ約70㎝の大振りな作品になります。大理石の台座にスレ傷などございましたが、こちらは当社で買取強化中の作家作品になりますので、お客様にご満足いただける査定額で買取させていただきました。お売りいただいたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。本日はお忙しい中、お呼びいただき有難うございました。

高田博厚(たかたひろあつ)1900年(明治33年)~1987年(昭和62年)
1900年 石川県七尾市で三男として生まれる。
1903年 父の弁護士開業に伴い福井市に移る。そこから16年にわたり福井で過ごす。
1913年 県立福井中学校(現在の福井県立藤島高等学校)に入学。彫刻家である雨田光平の作品を通して彫刻に出会う。
1918年 高村光太郎や岸田劉生らと出会う。
1919年 東京外国語学校イタリア語科に入学する。
1921年 東京外国語学校を中退。翻訳したミケランジェロの書簡が、同人誌「白樺」に掲載される。彫刻の制作を志し、胴体像であるトルソーづくりを開始。沢田庚子生と結婚する。
1927年 武者小路実篤主唱の第一回大調和美術展に彫刻6点を出品する。
1928年 武者小路実篤や中原中也らと親交を深める。
1929年 梅原龍三郎の国展に出品した彫刻作品が受賞し、会員に選出される。
1931年 妻と4人の子を残して渡仏する。ノーベル賞作家のロマン・ロランに才能を評価される。ロマン・ロランとマハトマ・ガンジーの会談に同席。
1932年 哲学者でモラリストのアランをはじめとするフランスの文化人と交流を深め、彫像を制作する。
1935年 アンデパンダン展(歴史あるパリの無審査大型展)に出品。国画会の会員に選出される。
1938年 パリ日本美術家協会を設立。第一回展をベルネーム・ジューヌ画廊で開催する。
1940年 毎日新聞の嘱託として、パリ兼ヴィシー特派員を務める。パリ外国記者協会の副会長に就任。
1957年 28年ぶりに帰国。東京都新宿区を拠点とする。
1963年 日本ペンクラブ会員理事に就任する。
1964年 東京藝術大学の講師を務め、九州産業大学芸術学部の創設にも尽力。
1966年 鎌倉市稲村ヶ崎に住居兼アトリエを移す。
1975年 勲三等瑞宝章を受章する。
1980年 埼玉県東松山市で高田博厚彫刻展と講演会を開催する。
1986年 東武東上線高坂駅西口に「遠望」と「大地」が設置される(高坂彫刻プロムナードの発祥彫像)。
1987年 心不全のため神奈川県鎌倉市で亡くなる。享年86歳。東松山市の高坂彫刻プロムナードに14体の彫刻作品が増設される。

東京都世田谷区下馬にて籔内佐斗司のブロンズ像「卯吉」、反物など。

 

東京都世田谷区下馬にて籔内佐斗司のブロンズ像「卯吉」、反物などをお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、籔内佐斗司のブロンズ像「卯吉」、反物など。籔内佐斗司は、日本を代表する彫刻家として知られています。東京芸術大学の教授としても高い功績を残しており、数々の後進を育て上げている事でも知られています。平城遷都1300年記念事業のマスコット「せんとくん」を制作した事でも有名です。本品は、平成11年の干支作品、うさぎの「卯吉」。330個限定のブロンズ置物。小振りながら、大変かわいい人気作品です。共箱にしまわれて大事に保管されておりましたので、大変状態が良かったです。六角堂で買い取りを強化している作家作品の為、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。また、本場結城紬や、黄八丈の反物なども併せてお売りいただきました。素晴らしいお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「籔内佐斗司」作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!

籔内佐斗司(やぶうちさとし)
1953年、大阪府大阪市にて生まれる。大阪府立三国丘高等学校を経て、1978年、東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。1980年、東京芸術大学大学院美術研究科澄川喜一研究室で彫刻を専攻し、修了する。1982年から1987年まで、東京芸術大学大学院美術研究科保存修復技術研究室の非常勤講師を勤める。仏像などの古美術の古典技法とその修復技術を研究、新薬師寺地蔵菩薩立像(奈良市)、平林寺十六羅漢像(新座市)などで東京芸術大学が中心となって行った、保存修復に参加する。1987年、彫刻家として活動を開始する。作品には、横浜ビジネスパークの「犬も歩けば」(1990年)など、パブリック・アートも多い。1996年、ニューヨークにて『The World of Satoshi Yabuuchi-scuiptor』展。1997年に第17回現代日本彫刻展の宇部興産株式会社賞。1999年にはパリ三越にて個展を開催。2000年、個展『新世紀に向けて 籔内佐斗司の世界展』。2003年、第21回平櫛田中賞を受賞。2004年、東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室教授に就任する。

東京都中央区勝どきにて伊藤國男の馬のブロンズ像、お着物、反物など。

東京都中央区勝どきにて伊藤國男の馬のブロンズ像、着物、反物などをお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お着物や反物などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお着物はお客様が成人式の時に一度のみ使用された振袖のセット、色留袖、紬など。サイズもあり、保管状態も良かったので、お客様にご満足いただける査定額で買取出来ました。証紙も大切に保管されてましたので、高価査定に繋がりました。反物は友禅のものや紬など。こちらも保管状態が良かったです。他にも帯留め・帯締め・草履・下 駄・かんざし・櫛・バッグ等などの和装小物も併せてお売りいただきました。シミ汚れなど状態に難のあるものも数点ございましたが、こちらも全て買い受けさせていただきました。着物の他にも馬の置物をご処分されたいとのことで確認したところ、馬のブロンズ像の第一人者である伊藤國男氏の作品でございました。以前にも何度か取扱させていただきましたが、伊藤國男のブロンズ像はまるで生きているかのような表情でとても精巧に造られております。さすが生涯全てを馬像制作に捧げたといわれる作家の作品でございます。残念ながら体の所々にスレ傷がありましたが、買取強化中の作家作品ですので、高価査定で買取らせていただきました。お売りいただいたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。たくさんのお品をお売りいただき、有難うございました。

伊藤國男(いとうくにお)1890年に岩手県生まれの彫刻家。
10人兄弟で家計を助けるためにある彫刻家の内弟子となり、その頃に馬と関ったことがきっかけで馬像を彫るようになりました。騎兵学校や御料牧場を訪ねては馬像の制作に励み、やがてその作品は天皇陛下の元にも置かれるようになりました。モデルとなった馬たちが次々と戦争で命を落とすことに心を痛め、全財産を費やして戦没馬慰霊像を制作しました。生涯の全てを馬像制作に捧げたといわれている作家でございます。

東京都港区東麻布にて宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画など。

東京都港区東麻布にて宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画、置物、洋食器などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、リフォーム前のお片付け整理でお呼びいただきました。リフォームする際にまとめてお荷物をお片付けされたいとのことでお呼びいただき、買取できるお品は全て買取させていただきました。お売りいただいたお品は、宮地寅彦のブロンズ像、奏任官大礼服、絵画、置物、洋食器など。たくさんのお品をお売りいただきました。宮地寅彦は石川県金沢市生まれの彫刻家。猫を抱き上げる裸婦の表情が豊かな作品、宮地寅彦の晩年期の作品です。恐らく明治期の頃と思われる大礼服は、奏任官用のもの。奏任官というのは、行政府の奏上を以って天皇より任用される中級の官吏であります。勅任官用と比べると、帽子の飾毛が黒になり、胸および背面肩の金モール飾がありません。上衣襟部、袖部には菊の紋章が施されております。お客様のご先祖が着られていたというお品です。代々と大切に桐箱で保管されておりましたので、状態も良くお客様にご満足いただける査定額で買取することが出来ました。他にも絵画、置物、洋食器など多数お売りいただきました。ご家族の大切にされていたお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は当社をお呼びいただき有難うございました。

宮地寅彦 (みやちとらひこ)明治35(1902)年9月24日~平成7(1995)年9月23日
明治35(1902)年9月24日石川県金沢市に生まれる。昭和2(1927)年東京美術学校彫刻科を卒業し、翌年の昭和3年第9回帝展に「白哲」が初入選する。構造社展にも出品し、「猫」が構造賞を受賞、会員となりました。戦後は、日展を中心に出品を続け、審査員をつとめ、出品委嘱をかさねた。また、日木彫塑会の選考委員、理事なども務めました。昭和39年に日展評議員となり、昭和45年に日展参与となりました。近年は、次第に人体表現のなかにフォルムの単純化による抽象的な要素をもりこむようになっておりましたが、平成7(1995)年の第27回展には、ブロンズによる座像「口笛」が遺作として出品された。平成7(1995)年9月23日、東京都小平市の自宅にて逝去。享年92。

東京都府中市にて北村西望のブロンズ像「将軍の孫」、ジャガールクルトの置き時計。

東京都府中市にて文化勲章受章 北村西望のブロンズ像「将軍の孫」、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもお客様をご紹介いただき有難うございます。他社と相見積もりでしたが、査定の上当社にお売りいただくこととなりました。本日お売りいただいたお品は、北村西望(きたむらせいぼう)のブロンズ像「将軍の孫」、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計。彫刻家北村西望の人気作品である「将軍の孫」。こちらは高さ約50㎝の大振りなブロンズ像。「将軍の孫」は大正7年、日露戦争の軍神であった橘中佐の立像を制作するため遺品を預かっていたところ、麦藁帽子をかぶって北村西望のアトリエに遊びに来た当時五歳の長男・治禧(はるよし)氏が、ぶかぶかの軍靴をはき、西望に拳手の礼をとったあどけない姿をモデルにしたもの。この作品は、文部省第12回美術展覧会(文展)に出品され、推薦を受けております。文展における推薦は無監査と同じ。大正5年に文展の褒状制度が改正され、入賞は一括して特選となり、新たに無監査の推薦が設定されました。この像は当時青山にあった学習院の幼稚園と府中刑務所に設置されました。現在では、井の頭公園、調布市の神代植物公園、箱根の彫刻の森美術館をはじめ各所に置かれ、誰にでも好かれている作品の一つです。本品は高岡銅器製、共箱付。また、Jaeger-LeCoultre(ジャガールクルト)アトモス置き時計また、も併せてお売りいただきました。電池を動力とせず、ただ置いておくだけで半永久的に動く置時計アトモス。この時計は空気を動力としております。記念が入ってしまっておりますが動作良好、こちらも買取させていただきました。良いお品をお売りいただき、誠に有難うございました。
市場へ戻る途中、志木市にある中華料理屋「五番」さんで食事をしました。昔ながらの中華料理屋で、店内は高級感あふれるお店ですが、料金はリーズナブル。よく寄らせてもらってます。こちらのおすすめは広東麺ですが、本日は担々麺、とても美味しかったです。

北村西望(きたむらせいぼう)1884~1987年
明治17年 12月16日長崎県南高来郡にて出生
明治45年 東京美術学校彫刻科卒業
大正4年 第9回文展 初入選
大正7年 第12回文展 「将軍の孫」出品
大正14年 帝国美術院会員
昭和30年 長崎「平和記念像」完成
昭和33年 文化勲章 文化功労者顕彰 日展創立
昭和40年 日本芸術院第一部長
昭和44年 社団法人日展改組、会長
昭和45年 社団法人日本彫塑会改組、名誉会長
昭和47年 長崎県島原城内に西望記念館完成
昭和49年 日展名誉会長
昭和50年 長崎県有馬町に「西望公園」完成
昭和52年 広島市中央公園 鯉「飛躍」設置
昭和56年 東京都青梅市御岳山頂「畠山重忠公像」設置
昭和62年 3月逝去 104歳

埼玉県本庄市にて、岡崎雪聲の二宮金次郎ブロンズ像、桐箪笥など。

   

埼玉県本庄市にて、岡崎雪聲の二宮金次郎ブロンズ像、時代桐箪笥などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は埼玉県深谷市にて五月人形のご処分でお呼びいただきました。兜、甲冑やお人形など、多数まとめてお売りいただきました。ご親戚の大切にされていたお人形、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日二件目は、業者様のご紹介で本庄市へ解体前のご処分整理でお呼びいただきました。こちらでは、岡崎雪聲(おかざきせっせい)の二宮金次郎ブロンズ像や時代箪笥などをご売却いただきました。岡崎雪聲は上野公園の西郷隆盛像を造られたことで有名であります。(原型は高村光雲)また、学校などで見かける二宮金次郎像は、雪聲が最初に制作したことで知られております。(明治43年(1910年)に東京彫工会に出品されました。)本品もまた、二宮尊徳(金次郎)十四歳の時の肖像であります。箱書は渡邊久次郎書とあります。箱にしまわれて大事に保管されておりましたので、状態も良かったです。こちらは六角堂で買い取りを強化している作家作品の為、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。また、時代桐箪笥やかんざしなども併せてお売りいただきました。素晴らしい作品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「岡崎雪聲」作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
本日の昼食は、本庄市にある夢庵さんでいただきました。鮭や蟹の入ったうどん、とても温まり美味しかったです。

岡崎雪聲(岡崎雪声)おかざきせっせい
嘉永7年1月29日(1854年2月26日) – 大正10年(1921年)4月16日)。
山城国伏見町(京都市)で、釜師岡崎貞甫の子として生まれる。本名は庄次郎。
大阪で釜師の修業をしたのち、21歳のときに上京し鋳工を学び、鋳金家の鈴木政吉の門人となる。
明治22年(1889年)のパリ万国博覧会に出品した作品が二等となり、また並行して各地の古仏像の調査研究を鋳造の面から研究してその名を高めたことで、後に岡倉覚三(天心)の知己を得て、明治23年(1890年)に東京美術学校鋳金科の教師となる。明治25年(1892年)に制作した『執金剛神』像がシカゴ万国博覧会出品作に選ばれるなど、その後も精力的に作品を制作し、同29年(1896年)には鋳金科教授となった。日本美術院の設立にも名を連ね、香取秀真や津田信夫ら数多くの鋳金家を育てた。
明治23年、第3回内国博覧会に出品した「鋳銅雲竜図」が2等妙技賞を受賞。
明治26年に開催されたシカゴ万国博覧会へは自費で鋳造技法の調査旅行に赴いている。
分解鋳造法による大型鋳造が得意で、銅像や建築装飾などを手がけたが、原型は彫刻家によることが多く、鋳金工芸家というよりは鋳物師としての功績が大きい。
代表作品は「青銅鐘」(宮内庁蔵)、「日本橋装飾獅子」(原型制作は渡辺長男)、上野公園「西郷隆盛像」、皇居前広場「楠木正成像」など。

埼玉県さいたま市桜区にて、伊藤國男のブロンズ像、馬の置物など。

埼玉県さいたま市桜区にて、伊藤國男のブロンズ像、馬の置物などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都世田谷区宮坂にて、ヤマハ製サイレントチェロを出張買取しました。付属品も揃っており、動作確認もしていただいておりましたので、スムーズに買取させていただくことが出来ました。お客様が使用されていた思い出のお品、大切に次へと橋渡しさせていただきます。二件目は埼玉県さいたま市桜区へ、遺品整理でお呼びいただきました。お父様が馬の置物がお好きだったようで、木彫りやブロンズ像などたくさんのお品をお売りいただきました。馬はブロンズ像の中でも人気があり、中でも作家物のお品は高額査定となる場合が多くございます。本日お売りいただきました伊藤國男のブロンズ像も五万円の査定をさせていただき、お客様にお喜びいただけました。共箱はありませんでしたが、保管状態が良かったので査定を頑張ることが出来ました。他にも池田勇八の馬のブロンズがございましたが、こちらは形見として残されるとのこと、良い作品ですので大切にされてください。お父様の大切にされていたお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。
暑い日には辛い料理をと、帰り際に大宮駅にある蒙古タンメン中本さんへ寄りました。北極ラーメンは完食できる自信がなかったので、少し辛さを抑えて五目蒙古タンメンを注文しました。中本さんは辛さの中に旨味があり癖になります。いずれは北極にも挑戦してみようと思います。

伊藤國男(いとうくにお)1890年に岩手県生まれの彫刻家。
10人兄弟で家計を助けるためにある彫刻家の内弟子となり、その頃に馬と関ったことがきっかけで馬像を彫るようになりました。騎兵学校や御料牧場を訪ねては馬像の制作に励み、やがてその作品は天皇陛下の元にも置かれるようになりました。モデルとなった馬たちが次々と戦争で命を落とすことに心を痛め、全財産を費やして戦没馬慰霊像を制作しました。生涯の全てを馬像制作に捧げたといわれている作家でございます。

東京都大田区田園調布にて、雨宮敬子のブロンズ裸婦像の買取。

     

東京都大田区田園調布にて、雨宮敬子のブロンズ裸婦像、洋画をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、人気彫刻家雨宮敬子の作品。裸婦のブロンズ像になります。共箱がなくお客様が作家が分からないとのことでしたが、足元のにあるKeikoのサインやお顔の表情ですぐに雨宮敬子のものと分かりました。雨宮敬子は、女性像の中でも、特に裸婦像を一貫して作り続けており、外観的な女性美を表現するだけでなく、内面的・精神的な美を表出させることによって、女性ならではの清楚な作風となっています。 多少スレや傷みがございましたが、六角堂で買取強化中の作家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。ブロンズの他、洋画やリトグラフなども併せてお売りいただきました。良いお品をまとめてお売りいただき有難うございました。
帰りに市場の仲間たちと食事をすることになりました。荻窪駅にあるインド料理屋「ナタラジ 荻窪店」さんへと行きました。店内は広く、とても良い雰囲気の場所でした。こちらのカレーは肉を使わず野菜や豆類のみで作られており、とてもヘルシーです。カレーはもちろん、天然酵母のナンやラッシーもとても美味しかったです。

雨宮敬子(あめみやけいこ)
父・雨宮治郎、弟・雨宮淳も日本芸術院会員として活躍した彫刻一家で育つ。日本大学芸術学部を卒業し、北村西望、富永直樹に師事する。裸婦を中心とした作品を展開しています。
1931 東京に生まれる
1956 第12回日展初入選(以後連続入選)
1958 第1回新日展「薫風に望む」特選(以後1回)
1969 総合美術展「湖」参加
1972 第26回新樹会展招待出品(’77まで)
1980 第1回現代女流美術展出品(以後連続出品)
1982 第10回長野市野外彫刻賞受賞
1985 第17回日展「道」内閣総理大臣賞受賞
1994 日本芸術院会員となる
1996 個展(日本橋・三越)
1998 日本彫刻会常務理事となる
2002 日刊現代美術展実行委員をつとめる
2005 国民文化祭美術展で審査員となる
2017 旭日中綬章受章、文化功労者となる