カテゴリー別アーカイブ: 書道具

東京都三鷹市にて紅星牌 画仙紙、澄泥硯、印材、古墨など書道具の買取。

 

東京都三鷹市にて紅星牌 画仙紙、澄泥硯、印材、古墨など書道具をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。お客様のお父様が書道の先生をされていたとのことで、たくさんの書道具を買取らせていただきました。お売りいただいたお品は、紅星牌 画仙紙、澄泥硯、端渓硯、寿山石や鶏血石の印材、古墨、筆、書道本など。
画仙紙の王様として君臨し続けてきたベストセラー紅星牌(こうせいはい)は中国での人気があり、古物業界では大変人気のあるお品となってます。紅星牌には原料の配合・厚みなどで違う名前が付いてます。
棉料単宣 基準となる種類。薄手で稲藁の割合が多い為、浄皮単宣に比べニジミが多くなります。
浄皮単宣 厚さは「棉料」単宣と同じ。稲藁の割合が棉料単宣に比べ少ないので、棉料単宣よりもニジミが少なくなります。
棉料重単宣 単宣を少し厚く漉いています。棉料単宣よりもニジミが少なくなります。
棉料綿連宣 単宣よりも薄く漉いています。薄いのでニジミが美しく出ると言われています。
棉料夾宣 漉く際に二度すくいして漉いており、単宣を2枚合わせにした程度の厚さがあります。
棉料二層夾宣 夾宣を乾燥させる際に2枚重ねにし、1枚の紙として乾燥させています。厚さがあるので墨が紙の奥深くに浸透し、横への広がりが少なくなります。夾宣よりも更に力強さが表現できます。
棉料三層夾宣 夾宣を乾燥させる際に3枚重ねにし、1枚の紙として乾燥させています。厚いので力強さとカスレが出せます。
サイズは四尺画仙、半切のものなど、多数ございました。半切(はんせつ)は寸法が34.5×136cm。半切は四尺画仙(全紙)をタテ半分に切ったもので、伝統的に最も使用されてきたサイズです。
澄泥硯(ちょうでいけん)は、端渓硯(たんけいけん)、歙州硯(きゅうしゅうけん)、洮河緑石硯(とうがろくせきけん)と共に中国良硯の四宝といわれております。また、端渓硯、歙州硯、澄泥硯は三大名硯といいます。澄泥硯には石を原料としたとする自然石説と、泥を焼成したとする焼成硯説があります。澄泥硯には緑、黄、紅,、白、紫、青、朱の7色があり、それぞれ緑豆沙(緑豆の色)、鱔魚黄(鱔魚(田鰻)の背中のようなくすんだ黄色)、蝦頭紅(海老の頭の赤)、魚肚白(魚の腹のような紅白色)、玫瑰紫(薔薇の花のようなくすんだ紫色)、蟹殻青(蟹の甲羅の青)、朱沙澄泥と呼ばれています。澄泥硯は鋒鋩が非常に強く、特に唐墨との相性が良い事で知られております。
他にも硯や墨、印材、書道書籍、宣紙、画仙紙、筆、拓本、筆架、筆筒、水洗、水滴、筆洗、文鎮などたくさんの書道具をお売りいただきました。お父様の大切にされていた書道具、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂のご指名、誠に有難うございました。

埼玉県川島町にて二玄社の掛軸、書籍、硯、墨、画仙紙などの書道具。

     

埼玉県比企郡川島町にて二玄社の工芸掛軸、書籍、硯、墨、画仙紙などの書道具をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。書家をされていたお父様のご遺品である書道具などをご処分されたいとご連絡いただき、本日出張買取させていただきました。お売りいただいたお品は、硯や墨、画仙紙などの書道具、拓本や法帖、印譜集、篆刻書など書道の本、二玄社の中国工芸掛軸など。墨は墨運堂、古梅園、日本製墨、呉竹、鉄斎翁書画寶墨など古いものから新しいものまで多数ございました。硯は端渓硯、澄泥硯、緑石硯など。画仙紙は中国の宣紙、紅星牌、三星牌など。また、鶏血石や寿山石などの印材も多くございました。その他にも水滴、肉池、硯箱、文鎮、墨床、矢立、筆架など多くの書道具をお売りいただきました。中国で買われた工芸品が多いものの、大切に保管されておりましたので状態も良く、たくさんのお品をお売りいただきました。二玄社の書道関連書籍や工芸掛軸は時代の呉琚:七言絶句、明時代の王陽明:五言古詩、明時代の宋克:公讌詩、明時代の沈粲:草書古詩、宋時代の黄庭堅:寒山子龐居士詩、元時代の趙孟頫:前後赤壁賦、宋時代の米芾:蜀素帖、晋時代の王羲之:遠宦帖、唐時代の褚遂良:黃絹本蘭亭敘、唐時代の顔真卿:祭姪文稿、宋四家墨蹟選、明人書扇選集(1)、拡大法書選集など。多数お売りいただきました。また清時代の呉昌碩(ごしょうせき):胡盧詩畫(ころしが)工芸軸もお売りいただきました。二玄社は書道をされている方にはお馴染みの書籍。書道のお手本帖としても知られております。書道具の買い取りを強化している六角堂では、二玄社の書籍を強化買取中でございます。二玄社の書道専門書や拓本、碑帖、篆刻書、印譜等、書道に関する古書はお任せ下さい。本日はたくさんのお品をお売りいただき、誠に有難うございました。