カテゴリー別アーカイブ: 和楽器

千葉県柏市にて、尺八、柴田祐作の絵画、萄雅彦の油彩画、リトグラフ。

本日は二件の出張買取。二件とも柏市の出張買取でした。一件目は、柏市柏へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは絵画四点、尺八をお売りいただきました。絵画のうち一点は柴田祐作のガッシュ画(水彩画)。タイトルは「水郷暖日」。柴田祐作らしい代表的な作品となってます。尺八は林仙の銘あり。都山流のもので、内朱塗、銀縁に銀歌口となってます。残念ながら中継ぎの箇所にヒビが入ってしまっておりました。良い尺八でしたので、こちらも買い取らせていただきました。他にも古銭などの見積もりをさせていただきました。次回、またお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。二件目は、先日業者様のご紹介でお呼びいただき、絵画の見積もりをさせていただいたお客様宅へお伺いしました。お売りいただいた絵画は、萄雅彦どうまさひこ)の油彩画二点、リトグラフ三点。油彩画のタイトルは「秋」、「オレンジの視点」、リトグラフは「虹の伝説」など。タトウ箱にシミがありましたが、作品自体は良い状態でしたので、精一杯の査定額で買い取らせていただきました。二度にわたりお呼びいただき、有難うございました。温かいコーヒーをいただき、ご馳走様でした。
帰りに柏市内にある「夢庵」さんへ寄り、食事をしました。わたしは秋限定メニュー「牡蠣の味わい味噌鍋膳」をいただきました。大好物の牡蠣の季節、今年もたくさん牡蠣をいただきます!

柴田祐作(しばたゆうさく)
大正14年 千葉県佐原市に生まれる
昭和21年 小堀進先生に師事 白日展初出品
昭和22年 水彩連盟展初出品
昭和24年 白日展奨励賞受賞 日展初入選
昭和25年 白日会準会員
昭和26年 水彩連盟会友奨励賞受賞
昭和27年 日展入選(以後連続入選)
昭和28年 水彩連盟準会員
昭和29年 白日会会員
昭和30年 日展岡田賞受賞
昭和33年 水彩連盟会員
昭和40年 日展特選受賞
昭和48年 白日展中沢賞受賞
昭和62年 水彩連盟退会
昭和63年 日展審査員
平成元年 日展会員
平成 7年 日展審査員
平成11年 日展会員賞受賞
平成12年 日展審査員
平成15年 日展文部科学大臣賞受賞
平成17年 日展審査員

萄雅彦(どうまさひこ)
1930年 東京都青山に生まれる。
1960年 レリーフ創作に入る。
1975年 木版画創作に入る。
1976年 渡欧。
1977年 新日本美術院展特賞受賞。
1981年 日仏現代美術展入選、 パリ、グランパレ国立美術館出品。
1982年 個展開催、  国際アジア現代美術展版画部入賞、  国際芸術文化振興会、会長賞受賞、  亜細亜美術展海外選抜賞。
1983年 スペイン美術賞展トリエンナーレ入選、 パリ・サロン・ド・メ選考委員会賞。
1984年 オーストラリア美術展最優秀賞受賞。
1985年 パリインターナショナルサロン招待出品。  講談社より萄雅彦版画集出版。
1986年 東京大学に作品収蔵(版画・レリーフ) モントリオール日本芸術祭参加、 カナダ首相ブライアン・マローニ功労賞受賞。
1987年 サロン・インターナショナル・ド・パリ  グランプリ受賞。
≪作品収蔵≫
スペイン近代美術館、 クイーンズランド芸術大学、東京大学など。

東京都港区高輪にて琴、三味線、千葉県松戸市にて筑前琵琶。

 

東京都港区高輪にて琴、三味線、千葉県松戸市にて筑前琵琶をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は東京都港区高輪へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいたのは、お琴、三味線、屏風。お琴はくり甲、綾杉彫り、玉縁包み、龍舌は紅木で作られた演奏用の琴。三味線は子持ち綾杉彫り、「延べ棹」仕立てのものとなります。「延べ棹」とは、通常の三つ折式と異なり、繋ぎ目のない1本棹になります。 繋ぎ目がないため、音の伝達は非常に良く、延べ棹ならではの「棹の鳴り」はたいへん素晴らしいものです。専用のケースも併せてお売りいただきました。奥様が大切にされていた琴、三味線をお売りいただき有難うございました。お客様のベランダから再開発している景色を見せていただきました。新幹線など電車がたくさん走っており、今後リニアモーターカーが走るという駅も見ました。電車好きの方にはたまらない景色でございました。お茶をいただいたり帰りに美味しいぶどうパンをいただいたりお気遣いくださり有難うございました。大切にされていた和楽器、大切に次へと繋げさせていただきます。本日二件目は千葉県松戸市へ、お呼びいただきました。こちらではおばあさまが使われていたという筑前琵琶を二点お売りいただきました。お売りいただいた琵琶は五弦五柱腹板桐胴桑のものと胴花梨のものになります。筑前琵琶は、女性奏者に人気があり、薩摩琵琶に比べ曲風が全体的におだやかであり、楽器・撥ともやや小ぶりであります。薩摩琵琶が男性的な楽器に対し、筑前琵琶は女性的な楽器となってます。大切に保管されていたお品で、状態も良かったです。おばあさまが大切にされていたお品、大切に次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂をご指名くださり有難うございました。六角堂では、琴や三味線・津軽三味線、琵琶、尺八、和太鼓、鼓、笙などの和楽器を強化買取りしております。お客様の大事にされたおりました和楽器を、当社スタッフが一点一点丁寧に査定させていただき、買い取りさせていただきます。ケースや撥などの付属品も買い取りしておりますので、併せてお売りください。
港区から松戸市へ移動する途中、墨田区にあるペッパーランチ吾妻橋店で食事をしました。お肉たっぷりビーフペッパーライス、熱々でとても美味しかったです。本日は東京タワーにスカイツリーとどちらも近くで見ることが出来ました。どちらも素敵です!

栃木県那須塩原市にて、くり甲のお琴、17弦の琴、琴道具、三味線など。

栃木県那須塩原市にて、くり甲のお琴、17弦の琴、琴道具、三味線をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は、琴や三味線などの和楽器。17弦のお琴は数も少なく、人気がございます。十七弦は低音部分まで奏でられるため演奏会用・プロ用に使われます。十七弦であれば、すだれ彫り、並甲でも買取可能でございます。糸は締めなおしたばかりの状態で、調律ハンドルや猫足も付属しておりました。十三弦の琴はくり甲、綾杉彫り、玉縁包み、龍舌には蒔絵が施されており、舟一刀、正水、と銘がございます。こちらも糸を締めなおしたばかりの状態で、琴柱などの付属品が付いておりました。所々傷みはございましたが、どちらも人気のお琴でしたので、買取させていただきました。三味線は使用感少なく状態も良かったので、こちらも買い取らせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。演奏用のお琴や17弦琴は高価買取りが望めますが、お稽古用の13弦琴はただいま買取が大変厳しい状況です。現在たくさんのお琴買取のご依頼をいただいておりますが、演奏用のお琴、17弦琴のみの買取とさせていただきます。
六角堂では、琴、三味線の他、笙、神楽笛、和太鼓、小鼓、尺八、琵琶、高麗笛、篳篥などの和楽器を強化買取りしております。また、雅楽、能楽、狂言、歌舞伎、祭礼、神楽、演奏会などの伝統舞台芸術に使用される和楽器や付属のお道具も買い取り査定しています。ご不用の和楽器がございましたら、是非六角堂をご指名ください。
お品をトラックへ搬出中に雲行きが怪しくなり、その後すぐに雨になりました。雨に濡れずにギリギリ積み込みが間に合って良かったです。帰りに「壱番亭 黒磯店」さんへ寄りました。一番人気の辛ネギ熟成味噌ラーメン、とても美味しかったです。

東京都墨田区業平にて、くり甲綾杉彫のお琴、横山優ぼかし染のお着物など。

東京都墨田区業平にて、くり甲綾杉彫演奏会用の琴、紙芸創作者横山優のぼかし染着物などをお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお琴は演奏会用のもので、くり甲、綾杉彫り、龍舌には紅木が使用されております。多少傷みはあるものの、とても良いお琴でした。撥などのお道具も併せてお売りいただきました。お着物は紙芸創作者である横山優のぼかし染のもの。保証書付きのものでした。残念ながらシミが出てしまっておりましたが、良いお着物ですので買い受けさせていただきました。ぼかし染めとは地色の一部をぼかして染めることをいいます。染色の際に、糊で堤防を作らず、色のにじんだ、あいまいな感じを利用します。単色、または複数の色の濃淡をつけて、霞のような色の美しい調和を表現します。 複数の色でぼかし染めにする場合、一方の色の濃い色から薄い色へと変化をつけ、その続きにもう一方の薄い色から始まって、濃い色へと続いていくという色合いの変化になります。やわらかな華やぎをきものに添える重要な染色技法です。可愛らしいお色のお着物でございました。まとめてお売りいただき有難うございました。
六角堂では、琴の他、笙、神楽笛、和太鼓、小鼓、尺八、三味線、琵琶、高麗笛、篳篥などの和楽器を強化買取りしております。また、雅楽、能楽、狂言、歌舞伎、祭礼、神楽、演奏会などの伝統舞台芸術に使用される和楽器や道具、その他骨董、美術品も買い取り査定しています。ご不用の和楽器がございましたら、是非六角堂をご指名ください。
帰宅途中、吾妻橋の近くにある「ペッパーランチ」さんへ寄りました。いきなりステーキもいいですが、ペッパーランチもやはり美味しいですね。本日は天気が良かったので、スカイツリーがきれいに見えました。