カテゴリー別アーカイブ: 絵画・掛軸

埼玉県越谷市にて、桐たんす、渡辺芳文の油彩画「花」、山口逢春の工芸画。

 

埼玉県越谷市にて、桐たんす、一枚の絵画家 渡辺芳文の油彩画「花」、山口逢春の工芸画「池」をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。一枚の絵画家 渡辺芳文の油彩画「花」や山口逢春の工芸画「池」の他、水彩画やリトグラフなどの絵画をまとめてお売りいただきました。お客様の思い出の絵画、大切に次へと繋げさせていただきます。倉庫へ戻る途中、久兵衛屋さんへ寄り、ランチセットをいただきました。出張続きで疲れておりますので、今日は早上がりさせていただきました。明日は、神奈川県横浜市へ出張買取。ユンケル飲んで頑張ります!
六角堂では「山口逢春」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、肉筆画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
山口逢春作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

山口蓬春(やまぐちほうしゅん)1893~1971
山口蓬春は、はじめ油彩画を試みましたが、まもなく日本画に転向。大和絵による古典的な画風を描くようになる。
のちに形を単純化させ、構成的な形態と色彩による独自の静物表現を確立する。現代的感性あふれる「新日本画」の世界を確立しました。
1893 北海道に生まれる
1914 東京美術学校西洋画科入学
1918 日本画科に転じて松岡映丘に師事
1924 新興大和絵会に参加
1926 帝国美術院賞受賞
1929 帝国美術学校教授となる
1930 福田平八郎、中村岳陵、木村荘八らと六潮会結成
1950 日本芸術院会員となる
1954 日展理事となる
1965 文化勲章受章、文化功労者
1969 日展顧問
1971 神奈川県葉山市で死去。享年77歳

渡辺芳文(わたなべよしふみ)
昭和19年、岩手県生まれ。鶴岡義雄に師事。
二科展特選、サロン・ドートンヌ展入選、現代洋画精鋭選抜展入選。

千葉県柏市にて、お着物、掛軸、置物、埼玉県三郷市にて、桐箪笥、神田浩二の絵画。

   

千葉県柏市にて、お着物、掛け軸、花瓶などの置物、埼玉県三郷市にて、桐たんす、お着物、一枚の絵作家神田浩二の絵画「水温む」をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は千葉県柏市にて、お引越し整理でお呼びいただきました。一か月ほど前にご予約をいただいて、ようやくお伺いすることが出来ました。掛け軸やお着物、花瓶などをお売りいただきました。掛軸は、画像の橋本雅邦の他、伊東深水などをお売りいただきました。橋本雅邦(はしもとがほう)は、江戸の生まれの日本画家、明治画壇の巨匠。本名は長郷。狩野派に学び、狩野芳崖とは同門。フェノロサ・岡倉天心に認められ、新日本画の確立に尽くしました。東京美術学校教授として横山大観・下村観山・菱田春草らを指導されました。中国七宝の花瓶は、古い箱に収められており、一見時代物のように見えますが、近年造られた工芸品でした。お着物は、ウールや喪服がございましたが、全て買い受けさせていただきました。他にも深川製磁などの陶器、象彦などの漆器をお売りいただきました。たくさんお売りいただき有難うございました。二件目は埼玉県三郷市へ、桐たんす、お着物、絵画の出張買取。遺品整理にて、お呼びいただきました。こちらでは、一枚の絵作家神田浩二の絵画の他、リトグラフなどお売りいただきました。お着物はシミ汚れなどございましたが、状態の良い帯なども多くあり、全て買い取らせていただきました。搬出時にお茶をいただいたり、お気遣いくださり有難うございました。本日は一人での出張でしたので、満開の桜を眺め、倉庫近くの山田うどんさんへと寄り倉庫へ戻りました。明日は埼玉県さいたま市南区へ出張買取。頑張ります!

橋本雅邦(はしもとがほう)1835~1908
1835年 江戸の木挽町(現在の銀座)狩野家の邸内で生まれる。父親は狩野派の絵師、橋本晴園。
1847年 狩野勝川院雅信に入門。
1854年 勝川塾の塾頭となる。
1860年 雅邦の号を貰い絵師として独立する。
1882年 第1回内国絵画共進会に「得宜」を出品し銅賞受賞。
1884年 フェノロサを中心に結成された鑑画会の活動に参加。
1889年 東京美術学校の初代日本画教授となる。
1890年 第3回内国勧業博覧会で「白雲紅樹図」が一等妙技賞受賞。
1895年 第4回内国勧業博覧会に「竜虎図屏風」を出品。
1898年 パリ万国博覧会に「竜虎図屏風」を出品し銀牌を受賞。
1898年 東京美術学校を退職。岡倉天心とともに日本美術院を創立。
1908年 死去。享年73歳。

神田浩二(かんだこうじ)
1972年島根県出雲市に生まれる。幼い頃から絵が好きで、学生時代には美術部に籍を置く。島根大学理学部数学科卒業後は家業を手伝いながら描き続け、各種コンクールに出品。
県展、島根洋画展、昭和美術会展、花の美術展等での受賞・入選、平成11年 画商に認められ専属契約、翌年 若手画家で創る<美術家集団21>の設立に参加する。
平成14年、一枚の絵「現代洋画精鋭選抜展」で過去に無い高評価を受け、審査員を驚かせる新表現で金賞を受賞。できる限り簡略化し、同系色でまとめる独特な作風を個性とし、風景を中心に描き続けている。

東京都足立区竹の塚にて、パブロ・ピカソ、アンリ・マチスのリトグラフ。

東京都足立区竹の塚にて、パブロ・ピカソ、アンリ・マティスのリトグラフをお売りいただきました。

現在断捨離中で、所蔵の絵画を処分したいとの事でお呼びいただきました。お売りいただいた絵画は、海外作家のものが多く、油彩画やリトグラフなどございました。パブロ・ピカソのリトグラフは「平和の鳩」というもの。ピカソといえば誰もが知っている有名画家さんですね。こちらの製作は1952年、直筆の鉛筆サインがございます。アンリ・マティスのリトグラフは、「ヴィサージュ 6」というもの。1946年の製作になります。「ヴィサージュ 」はマチスらしいイラストタッチな作風の女性像のシリーズで、デフォルメされた描き方ながら、一枚一枚表情の違いを楽しめる作品となっております。シワやシミ・汚れなどございましたが、六角堂強化買取り中の画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良い名画をお売りいただきありがとうございました。また処分をする際にはお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
帰り途中、外を眺めてみると桜の花が咲いておりました。現在五分咲きくらいとのこと。週末には満開のようですね。今年も仕事で花見は出来なそうです・・・。家に帰ると、近所の方からイチゴをいただいたようでテーブルに置いてありました。良く見ると白いイチゴだったのでびっくりましたが、こちらは「淡雪(あわゆき)いちご」といって2013年に品種登録された白いちごのようです。早速いただきましたが、とても甘くて美味しかったです。一歳半になる息子も気に入ったようですぐにおかわり。わたしは一つしか食べることが出来ませんでした。今度スーパーで探してみます。明日は中央区銀座、荒川区西尾久へ出張買取、頑張ります!
六角堂では「パブロ・ピカソ」「アンリ・マティス」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、肉筆画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
パブロ・ピカソ、アンリ・マチス作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

パブロ・ピカソ(Picasso Pablo)
1881年 パブロ・ピカソはスペイン南部マラガに生まれる。
1895年 バルセロナのエコール・デ・ボザールに入学。
1900年 パリに移り、ロートレックなどの影響を受ける。
1901年 画商のボラールがピカソ初めての個展をパリで開催。
1901年 この年から1904年にかけて、貧しい⼈々の⽣活を⻘い⾊調で描く、「青の時代」。
1904年 モンマルトルの集合アトリエ「洗濯船」の住⼈となる
1905年 この年から1906年にかけて、静かな優しさ・愛がテーマとなる、「バラの時代」。
1907年 ニグロ芸術とセザンヌの影響から、キュビズムの記念碑的な作品となる「アヴィニョンの娘たち」を制作。
1911年 作風が分析的キュビズムから総合的キュビズムに発展。
1920年 一時「新古典主義の時代」といわれる具象作品となる。
1937年 大作「ゲルニカ」を制作。パリ万博スペイン館にて発表。
1973年 南フランスにて死去。享年91歳。

アンリ・マティス(Matisse Henri)
1869年 北フランスのカトーカンブレジで生まれる。
1892年 パリに移り住む。
1895年 エコール・デ・ボーザールでギュスターヴ・モローに師事、ルオーと知り合う。
1896年 サロンに初出品、国家買い上げとなる。
1900年 初めてドライポイントを制作する。
1904年 ヴォラールの画廊で最初の個展。
1906年 初めて石版画と木版画を制作する。
1918年 ポール・ギョーム画廊にてピカソと2人展を行う。
1933年 アメリカ、バーンズ邱の壁画「ダンス」を制作。
1943年 南フランスのヴァンスに定住。
1950年 第25回ヴェネチア・ビエンナーレで大賞を受賞。
1954年 ニース郊外にて死去。

東京都世田谷区北沢にて、桐箪笥、チーク家具、掛軸、万年筆、藤田喬平の花瓶。

 

東京都世田谷区北沢にて、古い加茂桐箪笥、チーク家具(ブックシェルフ)、掛け軸、パイロット蒔絵万年筆、人気ガラス工芸家藤田喬平の手吹花瓶をお売りいただきました。

本日は一件の出張買取、二件の見積もりで出張しました。一件目は、世田谷区北沢。先月お見積りにお伺いしたお客様と買取が成立しましたので、出張買取させていただきました。お売りいただいた桐たんすは、時代桐箪笥。お客様のご出身が新潟県加茂市で、何十年も前に購入された加茂桐箪笥。伝統工芸品に指定される前のたんすで、オーダーメイドのもの。二つのタンスを一つに組み合わせた大変珍しいタンスでした。現在、この時代の桐タンスの買い取りは厳しくなっておりますが、こちらは特別に買い受けさせていただきました。チーク製の家具はブックシェルフ。所々傷みがございましたが、人気のチーク家具、買い取りさせていただきました。掛軸は、田能村竹田の山水画や山本梅逸の花鳥図など。万年筆は、皇太子殿下御成婚記念の際に、パイロット社が國光会の中で人気の作家である吉田久斎とコラボして作られたものになります。ペン先は18金で、本体には御所車や桜の蒔絵が入っております。とても見事な万年筆でした。藤田喬平は東京府豊多摩郡大久保町(現・東京都新宿区百人町)生まれのガラス工芸家。東京美術学校で彫金を学ぶが、途中でガラス工芸に転向。その後、イタリアで学んだ色ガラスと金箔を混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立されました。宮城県宮城郡松島町(日本三景・松島)に、藤田喬平ガラス美術館がございます。藤田喬平のガラス工芸品は、六角堂で買い取りを強化しております。良いお品をお売りいただき有難うございました。また近日、古銭などの買取りでお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。二件目は、神奈川県川崎市中原区へ、お茶道具の見積もりでお伺いしました。人間国宝である角谷一圭の弟である釜師角谷莎村(かくたにしゃそん)の鉄瓶、十四代坂倉新兵衛の萩茶碗、他にも棗や香合などございました。精一杯の査定額を付けておりますので、ご縁がございましたらご指名ください。三件目は、東京都大田区へお着物のお見積り。振袖や留袖、紬、帯などを査定させていただきました。こちらもまた、精一杯の査定額を付けておりますので、ご縁がございましたらご指名ください。本日の昼食は、世田谷区へ向かう途中、高円寺近くの環七沿いにある立ち食いそば屋さん「江戸丸」さんへと寄りました。安い、美味い、早いと、典型的な立ち食いそばの良店。初めて寄りましたが、メニューも豊富で、久々の立ち食いそばはとても良かったです。ゲソ天に春菊天を入れたうどんをいただきましたが、熱々でとても美味しかったです。また寄りたいと思います。夕食は遅くなってしまいましたが、最近通っている所沢市にある「麺場 壱歩」さんへ行きました。今日は九州麦味噌肉ネギらーめんをいただきました。とても美味しかったです。明日は、東京都足立区竹の塚へ出張買取、頑張ります!

藤田喬平(ふじたきょうへい)
1921 東京都新宿区に生まれる
1944 東京美術学校工芸科彫金部卒業
1949 2年間務めた岩田硝子工芸退社。ガラス作家として独立
1964 流動ガラスの代表作「虹彩」を発表
1973 飾筥の代表作「菖蒲」を発表
1977 ヴェネチア・ムラノ島にてガラス製作を始める
1989 恩賜賞・日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員就任
1996 藤田喬平ガラス美術館開館
1997 文化功労者顕彰、紺綬褒章受章
2002 文化勲章受賞
2004 逝去

東京都文京区湯島にて、浜口陽三のメゾチント(銅版画)「ぶどうの房」。

 

東京都文京区湯島にて、浜口陽三のメゾチント(銅版画)「ぶどうの房」などの絵画をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お父様の集めていらっしゃった版画など、絵画をまとめて買い受けさせていただきました。浜口陽三のメゾチント(銅版画)「ぶどうの房」は、シミ汚れが出てしまっておりましたが、当社買取強化中の画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けせていただきました。他にも、版画や油彩などまとめて絵画をお売りいただきました。お忙しい中、当社のご指名ありがとうございました。帰りに、N尾氏と近所にある中華料理屋「珍来」さんへと寄りました。出張が続いており外食が多いので、なるべく栄養あるものを食べるよう心掛けたいと思います。明日は中野区野方へ出張買取、頑張ります。

浜口陽三(はまぐちようぞう)は、和歌山県有田郡広村(現・有田郡広川町)出身の版画家。銅版画の一種であるメゾチントを復興し、カラーメゾチント技法の開拓者となった。版画家の南桂子は浜口陽三の妻。ぶどう、さくらんぼ、くるみなどの小さな果物や貝、蝶などの小動物を多く取り上げ、空間を広く取った画面構成で逆に小さな対象物を際立たせる手法を好んで用いた。版画作品は、通常刷り上がった順にシリアル番号を付けますが、浜口は刷り上がりの良い作品の順に番号を付けておりました。
六角堂では「浜口陽三」絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、油彩画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
浜口陽三作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

浜口陽三(はまぐち ようぞう)1909年4月5日~2000年12月25日
1909年 和歌山県に生まれる。
1930年 東京美術学校を中退して渡仏。
1937年 最初の銅版画「猫」を制作。
1957年 「魚と果物」「したびらめ」などでサンパウロ・ ビエンナーレ大賞受賞。第一回東京国際版画ビエンナーレにて東京国立近代美術館賞受賞。
1972年 「びんとさくらんぼ」で第4回クラコウ国際版画ビエンナーレで受賞。
1981年 パリからサンフランシスコに移住。
1982年 「西瓜」で北カリフォルニア版画大賞展グランプリ受賞。
1984年 サラエボ冬季オリンピックの記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用される。
1986年 勲三等旭日中綬章を受章。
1996年 帰国。
2000年 死去。享年91歳。

神奈川県横浜市青葉区にて、伝統工芸士吉沢昭次の加茂桐箪笥、戸塚区にてお着物。

東京都台東区下谷にて、茶道具、掛け軸、玉川堂の額、木彫りの翁面など、神奈川県横浜市戸塚区にて、お着物、贈答品など、横浜市青葉区にて、伝統工芸士吉沢昭次の加茂桐箪笥、食器棚をお売りいただきました。

本日は三件の出張買取。一件目は、業者様のご紹介で解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。以前飲食店をされていたお客様で、たくさんのアンティークランプなどがあるとのことでお呼びくださりました。雰囲気の良いお店で、たくさんのアンティーク品がございました。お店で飾られていたものなど、多数ございましたのでこちらは来月に買い取らせていただくこととなりました。本日お売りいただきましたのは、茶道具や掛け軸、玉川堂玉川覚平の唐獅子額、亮宗作一位木彫の翁面などをお売りいただきました。掛軸は江戸時代や近代の日本画や書のものなど、多数ございました。南画家平井顕斎(ひらい けんさい)の水墨山水画は出来も良く、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。次回、アマチュア無線機や時代時計、アンティークランプなどをお売りいただくこととなりました。楽しみにお待ちしております。二件目は少し離れて、神奈川県横浜市戸塚区へ伺いました。こちらは、お引越しによるお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。すでに関西にお引越しされており、当社と日程を合わせて来てくださいました。こちらでは、お着物、反物などを買い受けました。以前和装のお仕事をされていたお客様でしたので、お着物の保管状態が良く、全て買い取らせていただきました。他にも水屋箪笥に入っていた煎茶碗や、漆器などの贈答品をお売りいただきました。まとめてお売りいただき有難うございました。三件目は、同じ横浜市内、青葉区へお伺いしました。こちらでは、伝統工芸士吉沢昭次の加茂桐箪笥をお売りいただきました。こちらは新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の総盆和箪笥というタイプのもので、当社でも多く取り扱う高級桐たんすになります。上部の角が丸い桐たんす「天丸」という桐たんすになります。全てが衣装盆の総盆タイプで、15の衣装盆が収まってます。伝統工芸士である吉沢昭次氏の作、前飾りには、金石刻の銘がございます。前飾りの草花は、「しあわせ草」と呼ばれるものとお客様にお教えていただきました。多少砥の粉落ちなどはございましたが、油単をかけて保管されておりましたので、目立つダメージも無く、状態の良いたんすでした。思い出のタンス、大切に次へと繋げさせていただきます。チャイムを鳴らした時に可愛いワンちゃんを驚かせてしまい、申し訳ございませんでした。お引越しが終わるまでもう少しの間頑張ってください。ミネラルウォーターをいただき有難うございました!
本日の昼食は、二件目戸塚区のお客様宅近所の「かつや」さんで、カツ丼をいただきました。夕食は、帰宅時に埼玉県所沢市にある「久兵衛屋」さんで、きのこほうとうを食べました。本日は移動距離が長かった為、朝出発して帰宅は十時くらいになってしまいました。もう少し、上手にルートが組めるようにしたいと思います。明日は、東京都文京区へ、絵画の買取。頑張ります!!

東京都練馬区大泉学園町にて、桐箪笥、脇田和、宮本三郎のリトグラフ。

東京都練馬区大泉学園町にて、桐箪笥、人気洋画家 脇田和、宮本三郎のリトグラフをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、所沢市にてアンティーク着物を買い取らせていただきました。古いお着物でしたので、シミや汚れなどございましたが、全て買い受けさせていただきました。お母様の思い出のお着物とのこと、大切に次へと繋げさせていただきます。また、お父様が大切にされていた刀、脇差、短刀を見積りさせていただきました。刀と短刀の刀身に錆が出てしまっておりましたが、肥前国住近江大掾藤原忠廣の銘入りのもの。ご近所ですし、精一杯の頑張り査定をさせていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。二件目は、練馬区大泉学園町へ桐箪笥、絵画の出張買取でした。お引越し前のお片付け整理で、不要になられてしまったとのこと。桐たんすは、時代たんす、絵画は、脇田和、宮本三郎のリトグラフでした。シミや汚れが出てしまっておりましたが、六角堂で買い取りを強化している画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。思い出の絵画、家具、大事に次へ橋渡しさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。
二件目練馬区へ向かう途中、所沢市にある「蔵出味噌 麺場 壱歩」さんへと寄りました。今日は九州麦味噌の肉ネギラーメンをいただきました。ここの味噌は美味しいですね。また寄らせていただきます。明日は、三件の出張買取。台東区下谷、横浜市戸塚区、横浜市青葉区へと回ります。長距離走行となりますが、運転に気を付けて頑張ってまいります!
六角堂では「脇田和、宮本三郎」絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、油彩画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
脇田和、宮本三郎作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

宮本三郎(みやもとさぶろう)1905~1974
1905 石川県に生れる
1922 上京し川端画学校洋画部に入学。藤島武二に師事
1936 二科会会員に推挙される
1942 陸海軍省より南方従軍を命ぜられシンガポ―ル及び香港に取材
1943 「山下・パ―シベル両司令官会見図」に対し芸術院賞を授与される
1944 朝日文化賞を受賞
1946 金沢美術専門学校教授となる
1947 同志8名と「二紀会」を設立、委員となる
1948 金沢市文化賞授与
1953 多摩美術大学教授となる
1958 日本美術家連盟理事長となる
1966 日本芸術院会員となる
1974 69歳東京で逝去。勲二等瑞宝章を賜る

脇田和(わきたかず)1908~2005
1908 東京都港区青山に生まれる
1923 青山学院を中退しドイツに留学
1930 ベルリン国立美術学校卒業
1932 太平洋画会入選
1933 光風会展光風会賞、帝展入選
1936 猪熊弦一郎、小磯良平ら8人の仲間とともに新制作派協会(現在の新制作協会)結成に加わり、第1回新制作派協会展出品
1955 日本国際美術展で最優秀賞を受賞
1956 第7回毎日芸術賞を受賞、グッケンハイム国際美術展国内賞受賞
1968 東京芸術大学教授に就任
1991 勲四等旭日小綬章受賞、軽井沢に脇田美術館開館
1998 文化功労賞を受賞
1999 東京芸術大学名誉教授に就任
2005 死去

東京都武蔵野市境にて、桐箪笥、高越甚の日本画「山麓(八ヶ岳)」。

 

東京都武蔵野市境にて、桐箪笥、日展会員高越甚の日本画「山麓(八ヶ岳)」をお売りいただきました。

本日は三件の出張買取、一件の見積もりでした。一件目は、東京都三鷹市牟礼、業者様のご紹介でお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、古鉄の玉獅子香炉、古銅の香炉を買い取らせていただきました。二件目は、三鷹市上連雀へ見積もりへ伺いました。景徳鎮の鉢、マイセンの皿、クリスタル、ガンダーラ仏、アンティーク家具の見積もりでした。今夏にお引越しされるようで、それまでにご返答いただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。三件目は、武蔵野市境にて、断捨離との事でお呼びいただきました。お着物はすでに他の業者様にお売りになられたとのこと、桐たんすと絵画を買い取らせていただきました。富山県出身の日本画家高越甚は、当社で買い取りを強化している画家さんですので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。清算時に教えていただいたのですが、実は当社が伺う前に一社見積もりをとられていたようで、私の方が一万円査定額が多かったようでした。喜んでいただけて良かったです。四件目は、東村山市へ業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理にてお呼びいただきました。こちらでは、ご家族の皆様と一緒に各部屋で買い取り出来るものを探しながら査定をさせていただきました。銀盃、ビクター犬の置物、般若心経の写経(肉筆)、唐物の水盤、贈答品などをお売りいただきました。査定額にご満足いただけたようで、良かったです。お引越しまで残り少し、頑張ってください。四件目の東村山市へ向かう途中、東久留米市にある丸源ラーメンさんへと寄りました。ランチタイムに間に合ったようで、肉そば、チャーハン、餃子のセットをいただきました。久々の丸源ラーメン、とても美味しかったです。本日は四件のお客様宅を回らせていただきましたが、西東京近辺をうまく配送出来ましたので、時間に遅れることなくスムーズに回ることができました。明日からも出張買取の予定が貯まっていますが、頑張ります!

高越甚(たかごしじん)日展会員、富山県出身
1931年 富山県大門町に生まれる
1954年 金沢市立美術工芸大学日本画科卒業
1961年 日展初入選、以後19回入選
1963年 堂本印象に師事
1967年 京展京都市長賞受賞
1971年 日春展日春賞受賞 日展特選受賞
1972年 日春展外務省買上げ(同73年)
1976年 日春展奨励賞受賞、外務省買上げ
1983年 日展特選受賞
1991年 高島屋(東京・京都・大阪)にて個展
1998年 日展会員となる .
現在 日展会員

埼玉県川口市へ、時代桐たんす、徳力富吉郎の木版画、野崎信次郎のリトグラフなどの絵画。

 

埼玉県川口市へ、明治期の時代桐箪笥、徳力富吉郎の木版画、野崎信次郎のリトグラフなどの絵画をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お父様の集めていらっしゃった版画などの絵画をまとめて買い受けさせていただきました。お忙しい中、当社のご指名ありがとうございました。昨日長男がフットサルで優勝しましたので、長男の好きなハンバーグ屋さん「爆弾ハンバーグ フライングガーデン」へ連れていきました。好きなのを食べなさいというと、まだ小四なのにサーロインステーキをペロリと食べてしまいました。わたしは「伝説の焼きカレードリア」をいただきました。ガーリックライスに焼きカレーが合い、とても美味しかったです。また、娘のひな祭りも一日遅れの今日、お祝いさせていただきました。我が家の食費も上がってきたようです。仕事頑張ります!!
ただいま銅版画、木版画、リトグラフなど、版画作品の買い取りを強化しております。版画作品の高価買取なら、六角堂へお任せください。

徳力富吉郎(とくりきとみきちろう)版画界の第一人者として活躍した木版画家。
1902 3月22日、京都市下京区に生まれる。代々画家の家系で、本願寺絵所を預かる旧家で十二代目に当る。
1924 京都市立美術工芸学校、及び、絵画専門学校を首席で卒業。山元春挙、土田麦僊、鹿子木盂郎に日本画、洋画を日野慶吉、大岩徳蔵に師事して版画を学び、国画創作協会第六回展で日本画「人形」を出品、樗牛賞を受賞する。
1928 平塚運一、棟方志功ら版画家と同人雑誌「版」を刊行。
1929 土田杏村氏などの推薦により、版画雑誌「大衆版画」を発行。春陽会に創作版画出品発表(以降、10年間連続出品)。
1946 終戦と同時に版画製作所「版元まつ九」を設立し、幾多の従弟を養成する。産業的版画の量産を始め、木版手摺の絵葉書を製作、全日本絵葉書コンクールに出品受賞する。
1962 米国、及び、欧州各国の古美術見学やスケッチ旅行にて約2ヶ月ほど渡る。
1964 米・英・独各地にて、デモンストレーションを行い、好評を得る。
1965 東京銀座いとう画廊にて、第一回個展開催。
1968 米クリーブランド市メーカーカンパニー百貨店で、棟方志功らと同時個展を開催。
1978 4月29日、勲四等瑞宝章を受賞。
1980 京都市文化功労賞を受賞。
1985 本願寺名誉総裁賞を受賞。
1990 京都仁和時国宝「孔雀明王」(千三百度摺)の復元、摺刷を監修。
1992 京都府特別文化功労賞を受賞。
1996 日本浮世絵協会より、浮世絵奨励賞を受賞。
2000 7月1日、京都市左京区の病院で死去、享年98歳。

野崎信次郎(のざきしんじろう) 
1923年鳥取県に生まれる
1961年光風会入賞
1963年 日本版画院会員
1944年第一展受賞
1965年 創元展入選
1969年新世紀展受賞
1974年国展受賞

東京都杉並区永福にて、山下巌、伊東深水の掛軸、着物など、世田谷区代田にて、アンティーク着物。

東京都杉並区永福にて、山下巌、伊東深水、吉田松陰の掛軸、花瓶、お着物など、世田谷区代田にて、アンティーク着物をお売りいただきました。

本日は、三件の出張でした。一件目は、業者様のご紹介で、杉並区永福に伺いました。こちらでは、日本画家伊東深水の椿の図(軸装)、山下巌の日本画「出漁」(軸装)こちらは太巻で二重箱に納められておりました。伊東深水は、上村松園や鏑木清方に並ぶ美人画家。深水は、美人画のジャンルでそれほど大衆的な人気を博した画家です。残念ながら美人画ではございませんでしたが、当社で買取を強化している画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けました。掛軸の他には、お着物や深川製磁の花瓶などをお売りいただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。二件目は、世田谷区代田への出張買取。こちらでは、アンティーク着物やはぎれ、反物などを買い取らせていただきました。人気のちりめんのものもございました。桐箪笥は、破損などがあり残念ながら買取することが出来ませんでした。桐箪笥はリサイクルすることが出来ませんでしたが、お母様が大事にされていたお着物、大切に次へと繋げさせていただきます。三件目は、業者様のご紹介で、世田谷区北沢へお見積りに伺いました。チークのキャビネット、加茂市で作られた時代特注桐箪笥、掛け軸、万年筆などを査定させていただきました。万年筆は蒔絵作家の入ったもので、高額査定を付けさせていただきました。こちらの掛軸には、本日買い取らせていただいた山下巌のものもございました。同日に同じ作家さんのものが出てきて、驚きました。山下巌の掛軸は、先日も買い取らせていただいたばかり。今年はわたしと縁のある画家さんなのかもしれません。買い取りが成立しましたら、またよろしくお願い致します。本日も移動途中で、世田谷区上北沢の甲州街道沿いにある「長浜ラーメン」ㇸと寄りました。次の出張が控えておりましたので、本日の替え玉は一杯のみで我慢。とんこつ味噌に玉ねぎ多め、麺はバリカタ、わたしの至福の時です。また寄らせていただきます。
ただいま六角堂では日本画などの掛け軸を探しております。また、中国書画などの掛軸も探しております。ご所蔵の作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。売却をご希望の方は、是非出張買取専門店の六角堂まで!

山下巌(やましたいわお)1898年~1977年
明治31年11月鹿児島市に生まれる。大正3年上京して川合玉堂門下の山内多聞に師事。日本画会展などに受賞を重ね、15年第1回聖徳太子奉賛美術展に「晩秋」で入選、昭和2年第8回帝展に「春」で初入選、以後帝展に入選を重ねた。7年師多聞没後は玉堂の長流画塾に入門、のち児玉希望の戊辰会に参加、9年第15回帝展に「徂秋」で入選、11年改組帝展、第2回新文展にも入選、15年紀元二千六百年奉祝日本画大展にも入選する。戦後は第1回日展の「春閑」で特選となり、以後日展に入選を続ける。また三光会を結成、定期展に出品する。昭和52年没。78歳。

伊東深水(いとうしんすい)1898年~1972年
1898年 東京深川に生まれる
1910年 結城素明の紹介を得て鏑木清方に師事
1914年 日本美術院再興記念展覧会(第1回院展)入選
1927年 深水画塾設立 第8回帝展で特選受賞
1932年 山口蓬春らと青々会結成
1939年 山川秀峰らと青衿会を結成
1948年 日本芸術院賞受賞
1950年 青衿会が児玉希望の国風会と合同し日月社となる
1958年 芸術院会員に推挙される
1970年 勲三等旭日大綬章授賞
1972年 東京で歿 従四位下賜