カテゴリー別アーカイブ: 絵画

埼玉県さいたま市大宮区にて、小館善四郎の油彩画「赤絵小鉢れもん」など。

埼玉県上尾市にて、桐箪笥、座卓、贈答品、絵画、さいたま市大宮区にて、小館善四郎の油彩画「赤絵小鉢れもん」、リトグラフなどをお売りいただきました。

本日は今年最後の営業日、埼玉県内二件の出張買取でした。昨夜メールでお問い合わせいただいていたお客さま宅へ急遽出張が決まり、埼玉県上尾市へとお引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。メールでいただいた画像に洋画家向井潤吉の作品と思われるものが写っており、もしやと思いましたが、残念ながら工芸画でした。こちらでは、桐箪笥、座卓、贈答品、絵画などを買い受けさせていただきました。お引越し準備でお忙しい中、当社のご指名有難うございました。二件目はさいたま市大宮区へと向かいました。おじいさまの遺品整理とのことで、こちらでは、小館善四郎の油彩画や、外国人画家のリトグラフなどを買い取らせていただきました。小館善四郎は青森県出身の洋画家で、梶井基次郎の作品「檸檬」に因んで檸檬をモチーフにした静物画が多く、「レモンの画家」と呼ばれております。今回お譲りいただきました作品にもレモンが描いておりますね。サムホールサイズで若干汚れなどございましたが、当社で買い取りを強化している画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。良い作品をお譲りいただき、有難うございました。
二件目さいたま市へ向かう途中にある大宮綜合食品地方卸売市場へと寄り、市場内にある「花いち」さんという食堂で昼食をいただきました。こちらは埼玉県最大級の市場で、たくさんのお店がありました。初めて寄らせていただきましたが、年末の為かとても活気ある市場でした。「花いち」さんはテレビ取材で芸能人の方も良く来るお店のようで、ボリュームたっぷりでとっても美味しいお店でした。画像の中落ちマグロ丼、カキフライ、エビフライ、フグの刺身、蟹の味噌汁でなんと1500円!安くて美味しくてボリュームたっぷり、是非また寄らせていただきたいと思います。
本年の出張買取は本日で終了、誠に勝手ながら、明日12/31~1/4まで、年末休暇のため、買取業務はお休みとなります。 電話受付、メール問い合わせにつきましては、年末年始も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。今年一年、有難うございました。

小館 善四郎(こだて ぜんしろう) 1914年(大正3年)11月29日 – 2003年(平成14年)10月8日
青森市生まれ。旧制青森中学校(青森県立青森高等学校)在学中、南部公鎮に師事。
1932年(昭和7年)に旧制青森中学校を卒業して上京し、帝国美術学校(武蔵野美術大学)に入学、牧野虎雄に師事した。
1936年(昭和11年)11月、学校側の都合により帝国美術学校を繰上卒業。同年から1943年(昭和18年)まで母校青森中の図画科教師。
1938年(昭和13年)、第13回国画会展に初入選。1948年(昭和23年)、国画奨学賞受賞。1953年(昭和28年)、国画会会員。
1975年(昭和50年)、青森県褒賞受賞。1992年(平成4年)、青森県文化賞受賞。1998年(平成10年)、国画会永年会員。
2000年(平成12年)、文化庁地域文化功労者表彰受賞。
代表作に「赤衣少女」「檸檬とれもんの絵」などがある。

東京都台東区にて、桐たんす、人気版画家川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」の屏風。

 

東京都台東区西浅草にて、桐箪笥、人気版画家川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」の屏風をお売りいただきました。

解体前のお片付け整理にてお呼びいただきました。時代桐たんすや、川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」を屏風装されたものなどを買い取らせていただきました。可愛いトランプの木版画をこのように屏風装されておりますと、なんとも面白いものとなりますね。素晴らしい作品をお売りくださり有難うございました。
市場へ戻る途中、埼玉県戸田市にある「らあめん花月嵐」へと寄りました。本日は嵐げんこつらあめん味噌に白菜をトッピングし、餃子と豚めしのセットをいただきました。大好物の壷ニラをたっぷりと載せていただきました。いつ来ても美味しいです。明日はクリスマスイヴですね。都内の街はなんだか賑やかでした。わたしも明日は早めに仕事を終わらせて、夜は家族でクリスマスを過ごしたいと思います。

川上澄生(かわかみすみお)明治28年-昭和47年 本名は澄雄。横浜市出身。版画家。
絵も彫りも摺りも独学で学び、童画のような筆致をベースに、長崎絵の構図や横浜絵の遠近法、英語教科書『ナショナルリーダー』の木口木版、さらに丹緑本の手彩色などが複雑に絡み合い、渾然一体となって”澄生流”と称される独創的な表現を生み出しました。代表作に見られる溢れる詩情と、画中に文字を配する構図は、若き日の棟方志功をも魅了しました。彼の『初夏』という作品で、棟方志功は版画家に転向を決めたともいわれている大変影響力のある作家です。生前に交流があった長谷川勝三郎の所蔵作品を元に栃木県に「川上澄生美術館」が設立され、今も多くの人たちに愛され続けています。
1917年 翌年にかけて北米を放浪。
1920年 日本創作版画協会展入選。
1921年 宇都宮中学の英語教師となる。
1927年 詩と版画による絵本『青髭』を出版。
1928年 日本創作版画協会会員。
1929年 恩地孝四郎らと創作版画倶楽部刊行『新東京百景』に参加。
1931年 日本版画協会結成に参加。
1942年 国画会同人。
1949年 栃木県文化功労賞受賞。
1967年 勲四等瑞宝章を受章。
1972年 逝去。

東京都国立市富士見台にて、玉川堂製の朧銀鎚起銅製一輪生、石井伯亭の自筆色紙画「春社」。

東京都国立市富士見台にて、玉川堂製の朧銀鎚起銅製一輪生、石井伯亭の自筆色紙画「春社」をお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。お父様が集めていらっしゃった置物や石井伯亭の自筆色紙画「春社」、玉川堂製の朧銀鎚起銅製一輪生などを買い取らせていただきました。玉川堂の作品を数多く扱ってきましたが、朧銀のものは珍しく、はじめて拝見させていただきました。「春社」とは、春の社日(しゃにち)のこと。社日(しゃにち)は、雑節の一つで、産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日。春と秋にあり、春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)といいます。春分または秋分に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となります。伯亭のこの絵は、春社の日の景色を描かれたもの。他にも、万年筆やカメラなどたくさんのお道具をお譲りいただきました。数多くございましたが、一点一点丁寧に査定させていただき、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。大切にされていた思い出のお道具たち、大切に次へと橋渡しさせていただきます。良いお品をお譲りいただき有難うございました。
倉庫へ戻る途中、所沢市にあるジョリーパスタさんへと寄りました。出張買取がずっと続いており、なかなか我が家で食事が出来ず、外食の日々を送っております。たまにはパスタでもと、ジョリーパスタさんを選びました。わたしは季節限定メニューの「とろ〜りチーズと牡蠣のクリームスープパスタ」に、「パルマ産生ハム」をいただきました。限定メニューという言葉に弱いわたしですが、クリームパスタとっても美味しかったです。

石井柏亭(いしいはくてい)1882年ー1958年
日本の版画家、洋画家、美術評論家。 明治15年(1882年)東京都台東区に生まれ、父は日本画の石井鼎湖、弟は彫刻家の石井鶴三。 明治30年(1897年)浅井忠に入門して油絵を学ぶ。 明治33年(1900年)結城素明らが自然主義を標榜して結成した天声会に参加、新日本画運動を推進。 明治35年(1902年)太平洋画会に参加。 明治37年(1904年)東京美術学校洋画科に入学するが、眼病のため中退。 明治40年(1907年)山本鼎とともに美術雑誌方寸を創刊、近代創作版画運動の先駆をなした。 明治43年(1910年)ヨーロッパに外遊。帰国後大正2年(1913年)日本水彩画会を創立。 大正3年(1914年)有島生馬らとともに二科会を結成。 大正11年(1922年)東京帝国大学工学部講師。西村伊作が創立した文化学院で教壇にたつ。 昭和3年(1928年)フランス政府よりジオンドヌール勲章受賞。翌4年中央美術を創刊。 昭和10年(1935年)帝国美術院会員となり、二科会を辞す。 昭和11年(1936年)一水会を結成 昭和12年帝国芸術院会員 代表作「ウイーン」水彩は静岡県立美術館に所蔵。 東京十二景の連作(木版画)は和歌山県立近代美術館に所蔵されている。

東京都品川区上大崎にて、関武比古の純銀製兜の置物、版画家 稲垣知雄の木版画「猫」など。

東京都品川区上大崎にて、関武比古の純銀製兜の置物、版画家 稲垣知雄の木版画「猫」などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お客様が置物などを処分したいので早めに来てほしいとの事でしたので、即日お伺いさせていただきました。連日の買取で倉庫整理をしておりましたが、N尾氏がトラックを増車したので、空の状態で伺うことが出来ました。家具はなかったものの、こけしなどの民芸品がたくさんあり、まとめて買い受けさせていただきました。ご夫婦で旅行に行かれるたびにお土産として買われてきたこけしなど思い出のお品々、大事に次へと繋げさせていただきます。こけしは海外での需要も高いようで、市場でも安定して売れております。必ずどこかで大切にされていくことと思います。また、関武比古の純銀製兜の置物、版画家 稲垣知雄の木版画「猫」なども買い取らせていただきました。関武比古の純銀製兜の置物は、未使用で保管状態も良かったので、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。版画家の稲垣知雄は、猫をモチーフにされることが多い画家さんです。つぶらな瞳が可愛い猫たちですね。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。帰りが夜になってしまいましたが、帰宅途中スシローさんへと寄りました。冬のあんかけ茶碗蒸しは大振りのホタテが入っており、とても美味しかったです。

初代 関武比古(せきたけひこ)
明治41年、千葉県勝浦に生まれ、大正11年に上京し、打物の名匠、田島勝之師の門に入り、銀細工を修行、さらに香坂宗廣師について技法を磨き、昭和11年に独立しました。第二次世界大戦で応召、昭和23年に復員し、平和の訪れと共に、再び活発な制作を開始しました。
「貴金属美術工芸品を、ひろく人々に」と、伝統工芸の「手」の技法に、新しい技術をとり入れて制作したヨット、宝船、帆前船、御所車、兜、扇、鶴、打出の古鎚、五重塔、幌馬車、騎士などの金銀製置物や額を数多く残されました。

稲垣知雄(いながきともお)版画家。国画会会員、日本版画協会名誉会員
1902(明治35)年9月4日東京に生まれる。1924年に大倉高等商業学校を卒業した後、恩地孝四郎、平塚運一に版画を学び、日本創作版画協会展に出品、この間「乙女橋」「黄色い花」などを発表し、32年同協会会員となった。30年12月、商業美術家協会研究所に入り、修了後図案社を開業、その後京北商業高校、広告美術学校などで教鞭をとった。戦後47年の第21回展から国画会展にも出品し、東京国際版画展やスイス・ルガーノ国際版画展など国際展への出品も多い。国際版画協会の設立メンバーで、主な作品は「歩く猫」(53年)「猫の化粧」(55年)「尾長猫」(58年)など。猫を好んで描いた。(80年)没。享年77。

東京都渋谷区東にて、棟方志功の十二支板画文字時計(人間国宝・安部栄四郎の出雲民芸紙)、刀の鍔など。

 

東京都渋谷区東にて、棟方志功の十二支板画文字時計(人間国宝・安部栄四郎の出雲民芸紙)、刀の鍔などをお売りいただきました。

遺品整理にてお呼びいただきました。人気版画家の棟方志功さんの作品があるとの事で、お呼びくださりました。拝見させていただきましたら、棟方志功の十二支板画文字時計がございました。こちらは、十二支をモチーフに制作され、棟方志功のいきいきとした動物を生活の中に取り入れることのできる時計です。文字盤が版画になっており、時計部分は電池で動きます。当時、棟方志功氏がセイコーとコラボされたもののようです。版画の紙には、人間国宝・安部栄四郎が漉いた出雲民芸紙が使われており、棟方志功、安部栄四郎、セイコーと、まさに最強のコラボ作品ですね。棟方志功氏のサインである松葉マークをそのまま指針とし、松葉と菊のサインはアクセントとして中央のシンボルマークとしております。なんとも面白い作品です。他にも、刀の鍔や書道具などをお譲りいただきました。良いお品をお売りいただきました。最近疲れ気味のわたしに、栄養ドリンクをくださりました。お気遣いくださり有難うございました。
倉庫へ戻る途中、近くの川越市にあるラーメン屋さん「今も昔も」さんへと寄らせていただきました。本日は、海苔ラーメンをいただきました。こちらは、よく寄らせてもらってますが、どれを食べても美味しいラーメン屋さんです。また来たいと思います。

六角堂では「棟方志功」絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、油彩画、掛け軸も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
六角堂では「棟方志功」絵画、筆跡作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(水彩画、油彩画、掛け軸も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
棟方志功作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

棟方志功(むなかた しこう)1903年~1975年
1903年 青森市に生まれる
1928年 第9回帝展「雑園」(油絵)で入選
1930年 国画会に主要作品を発表。
1952年 スイス、ルガーノ第2回国際版画展で優秀賞を受賞
1955年 サンパウロ・ビエンナーレに「釈迦十大弟子」などを出品し、版画部門の最高賞を受賞
1956年 ベニス・ビエンナーレに「柳緑花紅頌」などを出品し、国際版画大賞を受賞
1969年 青森市名誉市民第1号となる
1970年 文化勲章受章
1975年 逝去

安部榮四郎(あべ えいしろう)
明治35年(1902年)1月14日、島根県八束郡岩坂村別所(現松江市八雲町別所) に生まれました。 家業が紙すきをしていたので、幼い時から紙すきの技を学び、21歳の時、安部は島根県工業試験場紙業部に入ります。そこで技をみがきながら、紙すき職人の技術指導するようになりま した。昭和6年(1931年)、民芸運動に加わり、柳宗悦や棟方志功、河井寛次労郎の影響を受けるようになります。のちに安部の漉いた紙は、「出雲民芸紙」と総称されるようになり、全国に熱心な愛好 者を育てました。また昭和35年(1960年)から3年間、調査研究をおこない、和紙の原点ともいえる正倉院宝物紙を 復元して漉くことに成功。 文化庁から雁皮紙を漉く伝統的技術を高く評価され、昭和43年(1968年)重要無形文 化財(人間国宝)に認定されました。 昭和9年(1934年)東京で、「和紙の個展」を開催して以来、パリ、ニューヨーク、ロスンゼルス、 サンフランシスコ、北京でも個展を開催。 昭和58年(1983年)和紙、資料、民芸品の公開するために、八雲村に「(財)安部榮四郎記念館」を設立しました。昭和59年(1984年)12月18日に死去

東京都新宿区にて、小林和作、平川敏夫、鬼頭鍋三郎の油彩画、頼山陽の書屏風、掛け軸、螺鈿文箱、置物など。

東京都新宿区二十騎町にて、小林和作、平川敏夫、鬼頭鍋三郎の油彩画、頼山陽の書屏風、掛け軸、螺鈿細工の文箱、路川二峯の鋳銅鶴の置物、金杯などをお売りいただきました。

新宿区二十騎町は新宿区の東部に位置する町。町域の北は南山伏町、東は納戸町、南は市谷加賀町、西は市谷甲良町に接しております。いずれもわたしにとって思い出のある町。市谷加賀町は骨董屋を初めて一番最初に買取へいった町。南山伏町は初めてお茶道具を買い受けた町。そんな思い出深い町への出張買取でしたので、朝から気合いが入っておりました。解体前のお片付け整理のため、和家具、屏風、掛け軸の処分でお呼びいただきました。お客様宅へお邪魔して早々に目に入ったのが小林和作の油彩画「能登の海」。小林和作は六角堂でも良く扱う画家で、わたくし自身とても好きな画家さんです。その後次から次へと絵画が出てきました。平川敏夫の風景画、鬼頭鍋三郎の油彩画「芦ノ湖」などの油彩画をはじめ、水彩画、リトグラフ、色紙画など、全て買い受けさせていただきました。屏風は頼山陽の書屏風。表装をしなおしたが一度も飾る機会がなく今後も飾られないとの事で、買い受けさせていただきました。頼山陽は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人で、主著に『日本外史』があり、幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなっております。他にもお客様がリビングに色々とおまとめいただいておりましたので、査定がスムーズに出来ました。ライカのカメラ、金杯、路川二峯の鋳銅鶴の置物、リヤドロのフィギュリンなどたくさん良いものをお譲りいただきました。本日も、一点一点丁寧に査定し、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。搬出途中、リヤドロのフィギュリンは花の箇所が壊れやすいからと、お客様が丁寧に梱包してくれました。とても親切にして下さり有難うございました。他にも和家具や小物などが多数ありましたが、トラック積載の関係で明後日またお邪魔させていただくこととなりました。お父様やお爺様が大事にされていたというお道具達、大事に次へと繋げさせていただきますね。明後日、またよろしくお願い致します。
帰りに志木の市場へ荷物を降ろしに行くと仲間たちも丁度降ろしており、そのままみんなでデニーズへ行くこととなりました。夜八時となりましたが、これが本日の一食目。カレードリアにカキフライ、締めにデザートと一日分のカロリーを補給しました。明日は埼玉県坂戸市への出張買取、頑張ります!

小林和作 (こばやしわさく)
1888年 山口県に生まれる。
1904年 京都市立美術工芸学校絵画科に入学。
1908年 日本画家の川北霞峰に入門。
1910年 第4回文展に「椿」を出品し初入選。
1913年 第7回文展に「志摩の波切村」を出品、褒状を受ける。
1918年 この頃洋画に転向、鹿子木孟郎の画塾に通う。
1924年 第2回春陽会展に初入選。
1925年 第3回春陽会展で「伊豆風景」ほかが春陽会賞受賞。
1926年 第4回春陽会展で「軽井沢の春」ほかが春陽会賞受賞。
1927年 春陽会会員となる。
1934年 独立美術協会会員となる。
1953年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1971年 勲三等旭日中綬章受章。
1974年 死去。

平川敏夫 (ひらかわとしお)
1924年 愛知県に生まれる。
1950年 創造美術展に初入選。
1954年 第18回新制作展で「月庭」が新作家賞受賞。
1960年 「白樹」制作。
1978年 大阪大丸で毎日新聞社主催<平川敏夫作品展>開催。
1980年 中日文化賞受賞。
1982年 日本秀作美術展に招待出品。
1983年 愛知県教育委員会文化功労賞受賞。
1985年 名古屋松坂屋ほかで「山と水・平川敏夫水墨画展」開催。
1990年 豊橋市美術博物館にて回顧展開催。
1994年 松坂屋美術館にて平川敏夫屏風展開催。

鬼頭鍋三郎 (きとうなべさぶろう)
1899年 愛知県に生まれる。
1922年 松下春雄、中野安治郎らとサンサシオン設立。
1923年 岡田三郎助に師事。
1924年 第5回帝展に初入選。辻永に師事。
1951年 第17回日展、パリ自由美術展に「バレリーナ」を出品。
1955年 第11回日展に「アトリエにて」を出品。
1970年 光風会理事長に就任。 勲三等瑞宝章受章。
1980年 「画業六十周年記念 鬼頭鍋三郎回顧展」開催。
1982年 死去。

東京都板橋区志村にて、中国女流画家Jia Lu(ジア ルー)の大判ジクレー、結城紬などのお着物。

    

東京都板橋区志村にて、中国女流画家Jia Lu(ジア ルー)の大判ジクレー、結城紬や絽綴れ名古屋帯などのお着物をお売りいただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。今年もそろそろ年末のお片付け整理が始まったのか、忙しくなってきており、お客様にはご日程の調整などでお気遣いくださりました。また、搬出時にスペースを作っていただいたり、お気遣いいただきありがとうございました。お婆様が生前大事にされていたというお着物や、購入したけど飾る機械なくしまわれていた絵画など、まとめて買い取らせていただきました。お着物は、言わずと知れた結城紬や大島紬など。絽綴れ(つづれ)名古屋帯は、綴れ織り(つづれおり)地に絽目を通した織の袋名古屋帯で、軽くて締めやすいのが特徴です。初夏から晩夏にかけて、単衣(ひとえ)や夏着物(絽・紗・夏紬など)に合わせていただけます。年代幅も広く、フォーマルからおしゃれ着までご使用いただける大変重宝な帯です。こちらの名古屋帯は多少古いものでありましたが、状態も良くお客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。絵画は、アメリカニューヨークに拠点を置き活躍する女性画家、ジア・ルーのもの。ジア・ルーは西洋とアジアを融合させた独特の世界観を描いております。自画像も良く描きいており、女優出身の彼女の美貌とともに美しい世界観を作りだしています。
六角堂では、ジア ルーをはじめ、インテリアアートの買い取りを強化しております。ご不要になりました作品がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。インテリアアートに詳しいスタッフが、見積もり査定させていただきます。出張料無料、お売りいただくお品が多い場合は、遠距離の出張買取も可能でございます。皆様より、たくさんのお問い合わせをお待ちしております。
出張からの帰りに、埼玉県ふじみ野市にある「とんかつ とんQ」さんへと寄りました。農林水産大臣賞を受賞した国産ブランド『やまと豚』のとんかつに、大好物のカキフライのセットをいただきました。おかわり自由の、げそごはんもたくさんいただきました。とっても美味しかったです。明日は、東京都新宿区への出張買取。トラック配車の都合で、明日はO橋氏と同乗していきます。頑張ります!

Jia Lu ジア・ルー
北京生まれ、父は油彩画家のLu Enyi
清華大学の中央芸術科学アカデミー卒
師・Fan Zeng
ニューヨークの国連本部で個展を開催した最初の中国人女流作家
US Art Magazineにおいて2000年の版画トップ5に選出
The Global Timesにおいて「世界で最も認知された50人の中国人」に選出
現在もアメリカニューヨークで活躍中

東京都品川区東大井にて、鈴木信太郎の油彩画「初冬」をお売りいただきました。

東京都品川区東大井にて、鈴木信太郎の油彩画「初冬」をお売りいただきました。

お引越し前の片付け整理にてお呼びいただきました。古家具の他、絵画を処分されたいとの事でお伺いさせていただきました。作品に痛みなどございましたが、当社の強化買取り作家ですのでお客様にご満足いただける査定額にて買い受けました。お忙しい中、当社のご指名有難うございました。
六角堂では「鈴木信太郎」の作品を探しております。
ご所蔵の作品(版画、肉筆が、着物も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取させていただきます。
鈴木信太郎作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
六角堂では、日本人画家作品の買い取りを強化しております。強化作家は以下となります。
藤田嗣治 荻須高徳 中山忠彦 伊藤清永 梅原龍三郎 織田廣喜 香月泰男 絹谷幸二 小磯良平 児玉幸雄 佐伯祐三 中川一政 小松崎邦雄 野間仁根 長谷川潔 林武 三岸節子 宮永岳彦 森本草介 藤井勉 福井良之助 浜口陽三 高塚省吾 斎藤真一  森田茂 西村龍介 田崎広助 東郷青児 熊谷守一 北川民次 元永定正 青山義雄 岸田劉生 糸園和三郎 小林和作 三岸好太郎 原精一 平野遼 斎藤義重 山口長男 オノサト・トシノブ 難波田龍起 曽宮一念 国吉康雄 寺内萬治郎 牛島憲之 萬鉄五郎 小絲源太郎 彼末宏 安井曽太郎 坂本繁二郎 岡田三郎助 高橋由一 前田寛治 黒田清輝 村山槐多 児島善三郎 岡鹿之助 藤島武二 須田国太郎 山口薫 鴨居玲 鳥海青児 麻生三郎 青木敏郎 青山熊治 赤松麟作 朝井閑右衛門 池田満寿夫 石井柏亭 石川滋彦 大久保作次郎  大沼映夫 大矢英雄 岡田謙三 刑部人 金山平三 金子国義 鹿子木孟郎 川村清雄 河原温 木田金次郎 木村荘八 黒田重太郎 小出楢重 古賀春江  小山敬三 斎藤三郎 里見勝蔵 清水登之 鈴木信太郎 須田剋太 清宮質文 高畠達四郎 田村能里子 智内兄助 椿貞雄 鶴岡政男 鶴岡義雄 中村清治 中村彝 山本彪一 鍋井克之 野口謙蔵 野田弘志 長谷川利行 浜田知明 福岡通男 福沢一郎 牧野邦夫 宮本三郎 向井潤吉 森万里子 山下新太郎 山下大五郎 浮田克躬 吉原治良 脇田和 和田英作 靉光 青木繁 猪熊弦一郎 奥谷博 鬼頭鍋三郎 児島虎次郎 杉本博司 野口彌太郎 森芳雄 草間彌生 岡本太郎 吉井淳二 大藪雅孝 浅野弥衛 高田誠 相原求一朗 木原和敏 堂本尚郎 中村一美 高松次郎 田中敦子 五木田智央 村上肥出夫
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

鈴木信太郎(すずきしんたろう)洋画家 1895(明治28)~1989(平成元)
明治43年、白馬会溜池研究所で黒田清輝に師事。大正5年の文展に初入選。大正11年には二科展にも入選し、石井柏亭に師事しながら以後出品を続ける。戦後は二科会の再建に参加するも、昭和30年に退会、野間仁根らとともに一陽会を結成する。明るい色彩と簡潔で自由な筆致で風景画を得意とした。
1895年 東京都八王子に生まれる。
1910年 白馬会研究所で黒田清輝に師事。織物図案の仕事に従事。
1916年 文展に入選する。
1922年 二科展に入選する。石井柏亭に師事。
1926年 二科展で樗牛賞受賞。
1936年 二科会会員となる。
1955年 野間仁根らと一陽会を結成。
1960年 日本芸術院賞受賞。
1969年 日本芸術院会員となる。
1989年 死去。

千葉県船橋市にて、お着物、家具、小泉淳作、小泉智英、後藤順一などの絵画、贈答品など。

千葉県船橋市にて、結城紬や大島紬などのお着物、家具、小泉智英の日本画「名残り雪」、後藤順一の日本画「稲雀」、小泉淳作のリトグラフ、ホルヴァートの油彩画「恋のささやき」絵画、贈答品などをお売りいただきました。

先週出張させていただきましたお客様に、再度お呼びいただきました。先日積み残したお着物や家具、合い見積もりだった絵画などを買い受けました。お着物は、前回に続き今回もまたお客様にご満足いただける査定額で買い取ることが出来ました。シミや汚れが多少あるものの、結城紬や大島紬、塩沢紬などの紬や、名古屋帯、和装小物などまとめて買い受けました。家具は、欅の引き出し小箪笥、桐の小引き出しなど、前回探して見つからなかった諏訪蘇山の青磁香炉の共箱(二重箱)も無事発見しましたので、追加査定させていただきました。絵画ですが、他の古美術業者様との合い見積もりでしたが、当社にお売りいただくこととなりました。小泉淳作、小泉智英、後藤順一と、人気日本画家の作品でしたので、いっぱいいっぱいの頑張り査定で買い受けさせていただきました。他にも柿右衛門や今右衛門の食器、漆器などの贈答品をたくさんお売りいただきました。前回と今回と共に、トラック一台パンパンに積みましたがそれでもまだまだ積み足りず・・・来週にまたお邪魔することとなりました。次回、加茂総桐箪笥、関西長火鉢、切り株火鉢などを買い取りさせていただきます。本日も長時間の間、お付き合い下さり有難うございました。途中、昼休憩で船橋市にある中華料理屋「福一」さんへと食事しに行きました。こちら、15年ほど前に寄ったことのあるお店でした。わたしは昔から味噌らーめんが好きですので、当時もきっと同じものをいただいたのだと思います。辛ネギをトッピングしましたが、懐かしい味がした気がしました。

小泉淳作(こいずみじゅんさく)1924年~2012年 
1924年 神奈川県鎌倉市に生まれる
1952年 東京藝術大学日本画科を卒業
1984年 『東大寺別当清水公照師像』制作
2000年 建長寺『雲龍図』制作
2001年 建仁寺『双龍図』制作
2002年 小泉淳作美術館の開館
2010年 東大寺に蓮の襖絵を奉納
2012年 1月9日に肺炎のため死去
政治家小泉策太郎の七男で、俳優小泉博は弟にあたる。山本丘人に師事。東京藝術大学卒業後はデザイナーとして活動し、陶芸家としても注目されました。小城久次郎(師・富本憲吉)に師事して食器類を中心に赤絵、染付、白磁などを製作されました。その間も日本画を画き続けましたが、日本画家として注目を浴びたのは1970年代半ばであります。最近の重要な作品としては、建仁寺および建長寺の天井画がございます。陸軍予備士官学校の経験からか戦争には強烈な嫌悪感をもっていました。

小泉智英(こいずみともひで)
中学時代から本格的に絵を始め、多摩美術大学日本画家時代に教えを受けた横山操、加山又造に師事しました。
学生の頃、新制作協会日本画部に出品したのを最後に、以後どの画廊にも属さず、個展などで名声を高めています。
1944年 福島県に生まれる
1966年 新制作展日本画部出品、第20回福島県総合美術展 文部大臣奨励賞受賞
1969年 多摩美術大学・大学院卒業、文化庁全県展選抜展 文部大臣賞受賞
1975年 第1回個展
1980年 第2回東京セントラル美術館日本画大賞展 招待出品
1983年 第7回東京セントラル美術館日本画大賞展 招待出品
1985年 第8回山種美術館賞展出品、現代日本画展に出品(海外巡回)
1986年 秋山庄太郎・小泉智英 二人展開催
1992年 バルセロナ日本画美術展覧会出品
2000年 小泉智英・松本勝 二人展開催
2002年 川越市初雁文化章受章

後藤順一(ごとうじゅんいち)
1948年 京都に生まれる
1973年 京都市立芸術大学日本画専攻科卒業
1974年 フランス美術賞パリ展
1975年 海洋博を描く現代絵画展
1978年 シェル美術賞展
1981年 次代への日本画展(~’82)
1984年 春の院展初入選 以後12回出品
1985年 第70回院展初入選 以後10回出品
1987年 山種美術館賞展
1992年 第77回院展奨励賞 以後5回受賞
1993年 春の院展奨励賞 以後5回受賞、文化庁現代美術選抜展
1996年 春の院展外務大臣賞受賞(外務省買上)
1999年 傳宗寺襖絵「臥龍の桜」制作、万葉ミュージアム「万葉集を描く」出品(奈良県)
2002年 延命院襖絵「五色八重散椿」制作
2003年 「日本画に描かれた動物たち展」出品(茨城県近代美術館)
2004年 日本画「京の今日」展出品(京都府)
2011年 日本画「きのう・京・あす」展出品(京都府)
2012年 延命院 曼荼羅図制作
2013年 「日本画こころの京都」展出品(京都府買上)
現在 下田義寛に師事 日本美術院特待

東京都西東京市にて、薬師寺の散華「若草山の組」(元薬師寺管主安田瑛胤の署名入り)。

 

東京都西東京市にて、薬師寺の散華「若草山の組」(元薬師寺管主安田瑛胤の署名入り)をお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介で、お引越し前の荷物整理でお呼びいただきました。いつもご紹介いただきありがとうございます。本日お売りいただきましたのは、薬師寺の散華「若草山の組」というもので、片岡球子(かたおかたまこ)、 下保昭 (かほあきら)、小泉智英(こいずみともひで)、 竹内浩一(たけうちこういち)、 中島千波(なかじまちなみ)、 三栖右嗣(みすゆうじ)の六名の版画が桐箱に収められております。桐箱には、薬師寺管主安田瑛胤の署名が入っております。散華(さんげ)とは、寺院で法要を巌修する時に、諸仏を供養するために花が撒かれます。これを散華といいます。元来は蓮弁をはじめとする生花が使われましたが、いつのころか蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになりました。法要の際、何千枚もの紙花が御堂の屋根から撒かれ、蒼天に五彩舞う情景には格別の風情があります。散華にはコレクターがおり、今なお人気のお品でございます。散華を集めるために、寺社巡りをされる方も多いようです。人気画家の片岡球子さん(物故)の作品もありましたので、お客様にご満足いただける査定額にて買い受けさせていただきました。良いお品有難うございました。
二件目に埼玉県川口市へ見積もりが入っており、時間に余裕がなかったので、松屋さんで昼食をいただきました。早い、安い、美味しいで、時間のない時、急ぎで食べれるのでとっても助かっております。時間がなくても、やはり温かいご飯が一番です。画像がいつもわたしがいただくお気に入りのセット。カレーギュウに目玉焼き、ウインナーのセット、とっても美味しいです!

片岡球子(かたおかたまこ)
鮮やかな色彩と力強く独創的な作風で知られ、院展の重鎮として活躍、現代日本画壇に大きな足跡を残す。103歳で世を去り、80年に渡って、描きたいという情熱に身をゆだね、思いのままに描き続けた。富士山を多く描き、野太い線と激しい原色が強烈な印象を与える。作風が非常に個性的であったため、初期は落選を重ねました。しかし、粘り強く努力して次第に頭角を現し、遅咲きの47歳で日本美術院同人となりました。
1905年 札幌市に生まれる。
1923年 北海道庁立札幌高等女学校師範科卒。日本画家を志す。
1926年 女子美術専門学校日本画科高等科卒業。横浜市立大岡尋常小学校教論となる。
1955年 大岡小学校を退職。女子美術大学講師就任。
1989年 文化勲章受章。
1992年 「画業70年片岡球子展」日本橋三越とパリで開催。「片岡球子画集」(求龍堂)刊行。
2008年1月16日 逝去。103歳。

安田暎胤(やすだえいいん)
昭和13年 岐阜県岐阜市生まれ
25年 薬師寺に入寺
37年 龍谷大学大学院文学部修士課程修了
42年 薬師寺執事長・法相宗宗務長に就任
平成10年 薬師寺副住職に就任
15年 薬師寺管主に就任
21年 8月より薬師寺長老となる
現在 薬師寺長老
(財)世界宗教者平和会議 日本委員会 常務理事
日中韓国際仏教交流協議会 常任副理事長
国際仏教興隆協会 理事長