カテゴリー別アーカイブ: 絵画・掛軸

埼玉県さいたま市見沼区にて、山本倉丘や安西啓明などの掛軸。

埼玉県さいたま市見沼区にて、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、置物、雑貨などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、木彫りや陶製の置物、雑貨など。鳥を題材にした掛軸がお好きだったのでしょうか、鳥の描かれているものが多くございました。山本倉丘の掛軸は「千鳥」というもの、二重箱に収められておりました。安西啓明は「辛夷花」というもの、辛夷花とはこぶしの花のことです。シミなどが出てしまっておりましたが、六角堂で買取を強化している作家作品、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良い作品をお売りいただき有難うございました。
本日のランチは、さいたま市見沼区にある「麵家 光」へ寄りました。辛ネギ味噌ラーメンをいただきましたが、見た目通りの超激辛。この辛さがまた癖になりそうです。とても美味しかったです。

安西啓明(あんざいけいめい)1905~1999
明治38年4月15日生まれ。日本画家。東京生。名は正男。川端龍子に師事。
大正15年院展に「学校」が初入選。再興院展に入選するが、龍子が青龍社を結成するに及びこれに参加、社人となる。また龍子の画塾御形塾の塾頭をつとめ、自らは青明会を主宰した。
昭和20年新京芸術院教授として満州(中国東北部)にわたる。帰国後は建築をテーマに青竜展,個展などで活躍。日本美術家連盟理事。平成11年(1999)1月11日死去、93才。

山本倉丘(やまもとそうきゅう)1893~1993
本名は伝三郎。号は橘村のち倉丘
京都に出て、山元春挙の画塾早苗会に入る。
昭和元年、第7回帝展にて初入賞を果たし、以後も出品入選を繰り返す。
昭和8年、第14回帝展で特選を受賞。
早苗会解散後は、堂本印象の画塾東丘社にも属す。
戦後は日展などに出品し、昭和40年には新日展で日本芸術院賞を受賞する。
昭和の京都画壇で活躍されました。
1893 高知県大方町伊田に生まれる。
1919 京都市立絵画専門学校を卒業
1922 池田遥邨、上村松篁らと水明会を結成
1936 水明会を結成する
1953 日展審査員になる
1961 紺綬褒章を受章
1966 日本芸術院賞を受賞
1974 勲四等旭日賞を受賞
1993 死去、99才。

東京都文京区本郷にて、藤本東一良の油彩画「海辺の教会」。

 

東京都文京区本郷にて、藤本東一良の油彩画「海辺の教会(ブルターニュ)」をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。北海道民芸家具の書棚、人気洋画家藤本東一良の油彩画「海辺の教会」をお売りいただきました。こちらの油彩画は、南欧を題材にした風景画を描く画家として有名な藤本東一良(物故)の「海辺の教会(ブルターニュ)」という作品です。 サイズは6号で、1982年の個展出品作になります。日動画廊のシールがございます。額にかけや破損がございましたが、六角堂で買取を強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「藤本東一良」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(肉筆画、版画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
藤本東一良作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

今日は神奈川県で骨董屋を営む先輩が晩飯をご馳走してくれるというので、池袋駅で合流しました。西口にある「隠居邸 池袋西口本館」さんへ行き、刺身の盛り合わせや季節野菜のせいろ蒸し、牛すじの柔らか煮などいただきました。どれもとても美味しかったです。仕事の話もとても勉強になりました。ご馳走様でした!

藤本東一良(ふじもととういちりょう)1913年~1998年
1913年 静岡県伊豆下田生まれ、すぐ大阪に移住。鹿子木孟郎、赤松麟作に師事
1931年 大阪天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)卒、上京し川端画学校に学ぶ
1935年 東京美術学校入学
1937年 ポール・ゴーギャンに憧れて南洋旅行。美校卒。寺内萬治郎、藤島武二に師事
1939年 光風会展で初入選、F氏賞、海洋美術展で海軍協会賞
1942年 光風会展特賞
1946年 光風会会員、日展特選。
1953年 渡仏し、パリのグラン・ショーミエールに学ぶ
1959年 日展審査員
1960年 日展会員
1967年 日本美術家連盟理事
1972年 光風会理事
1977年 文化庁主催第16回県展選抜展にて文部大臣賞選考委員となる
1981年 第13回日展文部大臣賞を受賞
1989年 第4回小山敬三美術賞
1991年 勲四等瑞宝章受賞
1992年 「展望台のユーカリ」で日本芸術院賞・恩賜賞受賞
1995年 フランスを題材にした風景画を描いた。『藤本東一良画集』(日動出版部)
1998年 逝去

東京都青梅市にて、茶道具、鉄瓶、掛軸、陶器、漆器など。

   

東京都青梅市にて、茶道具、鉄瓶、掛軸、陶器、漆器などをお売りいただきました。

お片付け整理でお呼びいただきました。陶器がたくさんあるとのことでお呼びいただきましたが、お客様宅へ到着後すごい数に驚きました。その数は千点を超えているかと思います。箱と中がバラバラになってしまっているものも多くあり、一日で仕分けしながらの買取は厳しいと判断し、数回に分けて買取をさせていただくことにしました。本日はお茶道具をメインに運ぶことにし、まずは箱合わせをしました。N尾氏が箱合わせをしている間に、わたしは掛軸の方を査定させていただきました。掛け軸は、日本画や書のものなどがございました。掛軸を査定後、わたしは鉄瓶の査定をしました。鉄瓶は、龍文堂安之助造のものや、南部虎山造のものなどございました。無銘のものでしたが、斑紫銅蓋のものや、銀象嵌の入ったものなどもございました。他、茶道具は茶碗や水指、菓子器などがあり、他にも花瓶などたくさんの陶器を買い取らせていただきました。最後に刀剣がたくさんあるとのことで見せていただきましたが、こちらは既に三社の見積もりが入っておりました。四社の相見積もりとなりましたが、当社で全て買い取らせていただくこととなりました。銘のあるものが多く、その数は20本ほど。刀装具もたくさんございました。次回は刀剣や和家具などの買取りで出張させていただきます。その後、二回から三回にかけて陶器を仕分け、査定、買取させていただきます。搬出途中、暑いからとスポーツドリンクを買ってきてくださり、お気遣いいただき有難うございました。また次回よろしくお願い致します。
帰宅途中、瑞穂町にある「南北亭瑞穂店」さんへ寄りました。味噌ラーメンにチャーシュー、辛ネギをトッピング、美味しかったです。

東京都豊島区北大塚にて、東大寺長老「清水公照」の書「天光雲影」。

東京都豊島区北大塚にて、東大寺長老「清水公照」の書「天光雲影」をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、業者様のご紹介で西東京市泉町へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、尺八や雑貨などを買い取らせていただきました。尺八は残念ながら割れがありましたが、当社買取強化商品ですので買い受けさせていただきました。お爺様のご遺品とのこと、大切に次へと橋渡しさせていただきます。有難うございました。二件目は豊島区北大塚へ、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは清水公照の書「天光雲影」やお着物、和装小物などをお売りいただきました。清水公照の書は三越美術部購入の作品、間違いなく真作でございます。お引越し前のお片付け整理でお呼びいただくと、横額のお品をお売りいただくことが多いです。きっと最近の家には合わないのでしょうね。良い作品をお売りいただき有難うございます。
帰宅途中、大塚駅のそばにある「感麺道 大塚店」さんへ寄りました。こちらで人気のカニ味噌らーめんをいただきました。こちらは替え玉が一杯まで無料とのこと、N尾氏と一杯ずつ替え玉いただきました。魚介系のスープにカニ味噌が美味しかったです。明日は神奈川県横浜市へ出張、頑張ります。

清水公照(しみずこうしょう)1911(明治44)年~1999(平成11)年
本名を睦治、号を「泥仏庵」、異名を「今良寛」といいます。
1927(昭和2)年、東大寺塔頭・宝厳院に入寺しました。
清水公俊の下で僧名「公照」となりました。
1933(昭和8)年、龍谷大学文学部仏教学科を卒業しました。天龍寺の関精拙の下で参禅しました。
1937(昭和12)年、東大寺塔頭・龍蔵院、上生院住職に就任しました。
1946(昭和21)年、東大寺塔頭・宝厳院住職に就任しました。
1947(昭和22)年、青々中学校(現:東大寺学園)を創設して校長に就任しました。書道教師を兼任しました。
1959(昭和34)年、東大寺勧学院院長に就任しました。
1963(昭和38)年、東大寺学園幼稚園園長、女子学院院長に就任しました。この頃より「泥仏」と称されるユニークな仏像を制作しました。
1969(昭和44)年、華厳宗宗務長、東大寺執事長、学校法人東大寺学園理事長に就任しました。
1971(昭和46)年、大仏殿昭和大修理の活動を始めます。
1975(昭和50)年、大僧正、華厳宗管長、東大寺207世別当に就任しました。
1978(昭和53)年、東大寺208世別当に再任しました。
1980(昭和55)年、大仏殿昭和大修理を完成しました。落慶大法要を営みました。
1981(昭和56)年、東大寺長老となりました。仏教伝道文化賞を受賞しました。
1993(平成5)年、姫路市芸術文化賞芸術文化大賞を受賞しました。
1994(平成6)年、姫路市書写の里・美術工芸館が開館して名誉館長に就任しました。
大仏殿昭和大修理があった為に異例となる東大寺別当を二期務め、約50億円もの資金を要した大偉業を成し遂げました。
書画や泥仏を始めとする陶芸作品も著名で、自由闊達で味わい深い独特の作風には特徴があります。

東京都豊島区巣鴨にて、桐箪笥、掛軸、山下新太郎の風景画。

東京都豊島区巣鴨にて、桐箪笥、掛軸、人気洋画家「山下新太郎」の風景画、新宿区左門町にてジャック・デペルトのリトグラフをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は豊島区巣鴨へ、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは桐たんす、宮本武蔵の工芸掛軸、山下新太郎の風景画、ブランドバッグなどをお売りいただきました。山下新太郎は、明治から昭和時代に活躍した洋画家。二科会および一水会創立者のひとりで、画風はオーギュスト・ルノワールの影響を受けた美しい色彩が特徴であります。本日はあまりお時間がなかった為、また次回お呼びいただくこととなりました。楽しみにお待ちしております。二件目は先日お見積りで伺った新宿区左門町のお客様にお呼びいただき、ジャック・デペルトのリトグラフを買い取らせていただきました。ジャック・デペルトといえば、ゴルフ場といわれるほど、ゴルフ場が描かれた作品が多くございます。日本刀の登録が完了次第またお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。
帰宅途中、骨董屋の先輩からお電話をいただき、食事をするため池袋で合流することになりました。先輩方の奢りでお食事をいただけるとのこと、ふだんはなかなか縁のないフグ料理をいただくことにしました。皮の湯引き、てっさ、唐揚げ、焼きふぐ、雑炊などなどコースでふぐを堪能してしまいました。中でもてっさや締めの雑炊は絶品でした。ご馳走様でした!明日も志木市場のT橋さんにご馳走してもらえるとのこと、楽しみです!

山下新太郎(やましたしんたろう)1881-1966年
1881年 東京・東京・根岸に生まれる。
1901年 画家を志望して藤島武二に師事。東京美術学校に入学。
1904年 東京美術学校西洋画科を成績優秀なため一年繰り上げて卒業。
1905年 パリに留学。はじめラファエル・コランに師事したのち、エコール・デ・ボザールに入学。フェルナン・コルモンに学ぶ。
1910年 帰国。
1914年 有島生馬・石井柏亭らとともに二科会を結成する。
1931年 再びパリへ遊学。ギメ東洋美術館所蔵の屏風絵を修復する。
1932年 フランスからレジオンドヌール勲章を授与される。
1935年 二科会を退会し、帝国美術院会員となる。
1936年 一水会を創立する。
1937年 帝国芸術院会員となる。
1949年 日展運営会常任理事となる。
1952年 国立近代美術館評議員となる。
1958年 日展理事となる。
1961年 日展顧問となる。
1955年 文化功労者。
1964年 勲三等旭日中綬章受章。
1966年 逝去。

ジャック・デペルト(Jacques Deperthes)
1936年 フランス、シューレンヌに生まれる。
サント・エティエンヌ国立芸術大学、およびジュネーブ装飾美術学校に学ぶ。
1961年 この頃から、ジュネーブ、パリ、カンヌ、ロンドン、シカゴ、東京などで個展を開催。国際的に作家活動を展開する。
1965年 フランス政府給費留学生としてイタリアに滞在。
1984年 来日
1986年 二度目の来日。

千葉県船橋市にて、アンティーク家具、田嶋宏行の木版画「砦の路」。

千葉県船橋市にて、アンティーク家具、田嶋宏行の木版画「砦の路」をお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。千葉県船橋市、流山市へ出張しました。一件目は業者様のご紹介で、船橋市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。ご不要となった家具や絵画を買い取らせていただきました。昔アメリカニューヨークに住んでいらっしゃったお客様で、アメリカから持って帰られたアンティークの家具などがございました。家具はチェストやJohn Widdicombのセンターテーブルなどを買い取らせていただきました。絵画は海外で人気の画家、田嶋宏行の版画など。田嶋宏行は昭和から平成にかけて活躍した美術家で、木版による抽象画を数多く制作し、作品はグッケンハイム美術館をはじめとする海外の有名な美術館でも収蔵されております。氏の作品は雰囲気ある素敵な作品ばかりです。こちらもまた、素敵な作品でした。亡き御夫人との思い出のお品とのこと、大切に次へと繋げさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。二件目は流山市へ出張しました。こちらでは、贈答品やアクセサリーなどを買い取らせていただきました。一点一点丁寧に査定させていただき、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことができました。ありがとうございました。
船橋市から流山市へ向かう途中、「生そば あずま 南柏店」さんへ寄りました。あずま御膳という画像のセットをいただきましたが、このボリュームで1100円です。更に生そばは三玉までお代わり無料。もちろん三玉いただきました。生そばとても美味しいので、何杯でもいけてしまいそうでした。近くに来たらまた寄りたいと思います。明日は東京都文京区、新宿区へ出張します。頑張ります!

田嶋宏行(たじまひろゆき)1911~1996年
木版による抽象画を数多く制作する。光輝のある色彩表現を駆使し、作品は特に海外で好まれた。田嶋宏行氏の作品は海外の多くの著名な公立美術館(グッケンハイム美術館、ブルックリン美術館、ミネソタ芸術美術館、コロンビア美術館、ニューヨーク美術館など、50カ所を越える)に収蔵されております。氏の没後、大英博物館に100点あまりを寄贈、日本では町田版画美術館に100数十点が寄贈されました。

東京都板橋区舟渡にて、橋本明治のリトグラフ「舞妓」の出張買取。

 

東京都板橋区舟渡にて、橋本明治の木版画「舞妓」をお売りいただきました。

お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた絵画の作家である橋本明治は、明治37年(1904) ~ 平成3年(1991) 島根県浜田市生まれの日本画家。日本画の伝統にとらわれず、独自の作風による鮮やかな色彩によるはっきりとした描線で描かれた作品が特徴的な人気作家。 額にかけや破損がございましたが、六角堂で買取を強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「橋本明治」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(肉筆画、版画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
橋本明治作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。
本日は志木市場の開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。お昼前にに市場へ行くことが出来ましたので、久々に市場の仲間たちと昼食をいただきました。市場そばにあるお蕎麦屋さん「うめ家」さんで、たぬきうどんをいただきました。普段は、市場終了後の夜に食事へ行くのですが、明日も朝から出張が入っておりますので本日は我慢、早目に帰宅しました。明日は足立区へ出張、頑張ります。

橋本明治(はしもとめいじ)1904年~1991
1904年 島根県浜田市に生まれる
1929年 第10回帝展『花野』が初入選
1931年 東京美術学校日本画科卒業、松岡映丘に師事
1937年 第1回新文展『浄心』で特賞
1938年 第2回新文展『夕和雲』で特選
1940年 1950年まで法隆寺金堂壁画模写に従事
1951年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1955年 日本芸術院賞を受賞
1958年 日展評議員
1962年 第5回新日展に審査員として『神話』を出品
1969年 日展理事
1971年 日本芸術院会員となる
1972年 日展常務理事
1974年 文化功労者顕彰
1979年 文化勲章受章、浜田市名誉市民、
1991年 東京で逝去

東京都文京区千石にて、桐箪笥、李連儒のシルクスクリーン「傣女汲水図」

東京都文京区千石にて、桐箪笥、大判シルクスクリーン「傣女汲水図」をお売りいただきました。

お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいた桐箪笥は、伝統工芸品に指定されている春日部桐箪笥。シミや汚れなどございましたが、当社で買い取りを強化しているタンスとなっておりますので、買い受けさせていただきました。桐たんすの他に、中国人画家李連儒のシルクスクリーン「傣女汲水図」をお売りいただきました。 中国の人気画家ティンシャオカン(丁紹光)を思わせる作品で、とても素敵な作品となってます。傣(たい)とは雲南省省内の少数民族の、タイ族の名のようです。こちらのシルクスクリーンはタイ族の女性が水を汲む図となります。素晴らしい作品をお売りいただき有難うございます。
六角堂では、インテリアアートの買い取りを強化しております。強化中の作家は以下となります。
天野喜孝、石ノ森章太郎、KAGAYA(カガヤ) 、笹倉鉄平、ジョウ・ナイトウ、鈴木英人、塚本馨三、鶴田一郎、藤城清治、松本零士、山形博導(ヒロ・ヤマガタ)、アイベン・ロール、シム・シメール、丁紹光、ミッシェル・ドラクロワ、ミッシェル・バチュ、ジア ルー、トーマス・マックナイト、マーティロ・マヌキャン、クリスチャン・リース・ラッセン、ホアキン・トレンツ・リャド、カーク・レイナート
ご不要の絵画がございましたら、六角堂までお問い合わせください。
帰りに、巣鴨駅そばにある中華料理屋「寿楽」さんへと寄りました。麻婆豆腐丼、辛口でとても美味しかったです。

神奈川県横須賀市で頓所芳男の加茂桐箪笥、横浜市でラッセンの絵画。

   

本日は二件の出張買取。一件目は神奈川県横須賀市へ、遺品整理で出張させていただきました。本日お売りいただいた桐タンスは、伝統工芸士頓所芳男の加茂桐箪笥。新潟県加茂市で作られている伝統工芸品加茂桐箪笥、天丸の下三大洋和箪笥という形のたんすで、当社でも数多く取り扱う高級桐たんすになります。前飾りには、美峰刻の銘あり。着物専門店で有名なきもののさが美さんで造られた桐たんすようで、さが美創作のシールがございます。所々シミ汚れなどございましたが、油単をかけていらっしゃいましたので比較的状態の良いタンスでした。お母様が大切にされていた桐たんす、大事に次へと繋げさせていただきます。二件目は横浜市保土ヶ谷区へ、業者様のご紹介でお呼びいただきました。お引越し前のお片付け整理とのことで、ラッセンをはじめ、油彩画、リトグラフなど買い取らせていただきました。お売りいただいたラッセンの絵画は、ミクストメディア「イノセンス」というもの。イルカの戯れる姿が素敵ですね。額に剥げやカケなどございましたが、人気のラッセン作品でしたのでお客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。素敵なお品をお売りいただき有難うございました。本日の昼食は、横浜横須賀道路にある横須賀パーキングエリアへ寄りました。天玉うどんに漁師飯というものをいただきました。漁師飯は鰹節と温玉がマッチしていてとても美味しかったです。
六角堂では、ラッセンをはじめ、インテリアアートの買い取りを強化しております。強化中の作家は以下となります。
天野喜孝、石ノ森章太郎、KAGAYA(カガヤ) 、笹倉鉄平、ジョウ・ナイトウ、鈴木英人、塚本馨三、鶴田一郎、藤城清治、松本零士、山形博導(ヒロ・ヤマガタ)、アイベン・ロール、シム・シメール、丁紹光、ミッシェル・ドラクロワ、ミッシェル・バチュ、ジア ルー、トーマス・マックナイト、マーティロ・マヌキャン、クリスチャン・リース・ラッセン、ホアキン・トレンツ・リャド、カーク・レイナート
ご不要の絵画がございましたら、六角堂までお問い合わせください。

東京都武蔵野市にて、関西長火鉢、日本画家横山大観の工芸掛軸など。

本日は二件の出張買取。一件目は、三鷹市上連雀へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。今年三月に見積もりへ来たお客様で、マルニの金華山応接セットや雑貨などを買い受けさせていただきました。千葉県へお引越しされるとのこと、また何かございましたらご連絡ください。有難うございました。二件目はお片付け業者様のご紹介で、武蔵野市へ遺品整理でお呼びいただきました。こちらでは、欅材の関西長火鉢や横山大観の工芸軸、南部鉄瓶や贈答品などを買い取らせていただきました。長火鉢とは、茶の間や居間に置く横に長い箱型の木製火鉢であります。猫板・銅壺(どうこ)・引出しなどがついております。長火鉢には、関東長火鉢と関西長火鉢があります。違いは、関西長火鉢には角火鉢の四辺に10cm前後の張が付いております。テーブルのような枠のついている火鉢が、関西長火鉢となります。近年、関西長火鉢の方が人気があり、高値が付くことが多いです。上部にヤケによる変色がありましたが、当社で買い取りを強化している商品となりますので、買い受けさせていただきました。横山大観は言わずと知れた近代日本画壇の巨匠であります。工芸作品ですが、こちらも六角堂強化買取り作家作品ですので、買い取らせていただきました。ご家族の思い出のお品、大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。
今日は帰りに、新座市にある「かつ庵」さんへと寄りました。とても安くて、美味しかったです。

横山大観(よこやまたいかん)
本名は横山秀麿(ひでまろ)
岡倉天⼼らと⽇本美術院を創設した⽇本画壇の巨匠。
「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる線描を控えめに使う独創的な没線描法を確立しました。
1868年 ⽔⼾に⽣まれる
1885年 東京英語学校に⼊学。洋画家の渡辺⽂三郎から鉛筆画を学ぶ
1889年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)の第⼀期⽣として⼊学
1898年 岡倉天⼼の指導を受け、⽇本美術院創⽴に携わる
1914年 ⼤正博覧会鑑査委員に就任。⽇本美術院を再興する
1940年 ⽂化勲章を受章
1958年 逝去。勲⼀等旭⽇⼤綬章を受章