作成者別アーカイブ: saito

saito について

桐箪笥・骨董品・茶道具の高価買取実施中です。お気軽にお問い合わせください。

埼玉県さいたま市見沼区にて、山本倉丘や安西啓明などの掛軸。

埼玉県さいたま市見沼区にて、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、置物、雑貨などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、木彫りや陶製の置物、雑貨など。鳥を題材にした掛軸がお好きだったのでしょうか、鳥の描かれているものが多くございました。山本倉丘の掛軸は「千鳥」というもの、二重箱に収められておりました。安西啓明は「辛夷花」というもの、辛夷花とはこぶしの花のことです。シミなどが出てしまっておりましたが、六角堂で買取を強化している作家作品、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良い作品をお売りいただき有難うございました。
本日のランチは、さいたま市見沼区にある「麵家 光」へ寄りました。辛ネギ味噌ラーメンをいただきましたが、見た目通りの超激辛。この辛さがまた癖になりそうです。とても美味しかったです。

安西啓明(あんざいけいめい)1905~1999
明治38年4月15日生まれ。日本画家。東京生。名は正男。川端龍子に師事。
大正15年院展に「学校」が初入選。再興院展に入選するが、龍子が青龍社を結成するに及びこれに参加、社人となる。また龍子の画塾御形塾の塾頭をつとめ、自らは青明会を主宰した。
昭和20年新京芸術院教授として満州(中国東北部)にわたる。帰国後は建築をテーマに青竜展,個展などで活躍。日本美術家連盟理事。平成11年(1999)1月11日死去、93才。

山本倉丘(やまもとそうきゅう)1893~1993
本名は伝三郎。号は橘村のち倉丘
京都に出て、山元春挙の画塾早苗会に入る。
昭和元年、第7回帝展にて初入賞を果たし、以後も出品入選を繰り返す。
昭和8年、第14回帝展で特選を受賞。
早苗会解散後は、堂本印象の画塾東丘社にも属す。
戦後は日展などに出品し、昭和40年には新日展で日本芸術院賞を受賞する。
昭和の京都画壇で活躍されました。
1893 高知県大方町伊田に生まれる。
1919 京都市立絵画専門学校を卒業
1922 池田遥邨、上村松篁らと水明会を結成
1936 水明会を結成する
1953 日展審査員になる
1961 紺綬褒章を受章
1966 日本芸術院賞を受賞
1974 勲四等旭日賞を受賞
1993 死去、99才。

埼玉県所沢市にて、ガンダーラストッコの仏頭。

埼玉県所沢市にて、ガンダーラストッコの仏頭をお売りいただきました。

お片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、タンカ(曼荼羅)やガンダーラストッコの仏頭など。ガンダーラストッコの仏頭は当時のものではなく、近年造られたレプリカのものとなります。ストッコとは漆喰のことで、ガンダーラ美術ではストッコは片岩と並んで彫刻の材料に用いられました。3世紀にHadda(ハッダ)地域にはローマからストッコ彫刻の技術が伝来し、3世紀末にはストッコ彫刻が最盛期へと発展しました。仏陀頭部や菩薩頭部などの人物が多いですが、獅子や馬などの動物もつくられました。今回お売りいただいたものはレプリカ品ですが、当時のものですと数十万円から数百万円の査定がつくものも多くございます。ガンダーラなどの仏像をお売りの際は、是非六角堂までお問い合わせください。仏教美術、密教美術に詳しい鑑定士が、見積もりにお伺いします。
本日は志木の市場が骨董大会をしているというので、帰りに覗きに寄りました。茶道具、掛軸や絵画などがたくさん出品されており、仲間たちが競り合っておりました。昼休憩に市場のそばにある「コミュニティレストラン ソラシドキッチン」さんへみんなで行きました。わたしはグリーンカレーのランチをいただきました。こちらのお店では料金がとてもお安いのに、サラダバーやスープバーが付いております。新鮮なサラダはとても美味しく、何度もおかわりしてしまいました。とても美味しかったです!

東京都文京区本郷にて、藤本東一良の油彩画「海辺の教会」。

 

東京都文京区本郷にて、藤本東一良の油彩画「海辺の教会(ブルターニュ)」をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。北海道民芸家具の書棚、人気洋画家藤本東一良の油彩画「海辺の教会」をお売りいただきました。こちらの油彩画は、南欧を題材にした風景画を描く画家として有名な藤本東一良(物故)の「海辺の教会(ブルターニュ)」という作品です。 サイズは6号で、1982年の個展出品作になります。日動画廊のシールがございます。額にかけや破損がございましたが、六角堂で買取を強化している作家作品ですので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。
六角堂では「藤本東一良」の絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(肉筆画、版画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
藤本東一良作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

今日は神奈川県で骨董屋を営む先輩が晩飯をご馳走してくれるというので、池袋駅で合流しました。西口にある「隠居邸 池袋西口本館」さんへ行き、刺身の盛り合わせや季節野菜のせいろ蒸し、牛すじの柔らか煮などいただきました。どれもとても美味しかったです。仕事の話もとても勉強になりました。ご馳走様でした!

藤本東一良(ふじもととういちりょう)1913年~1998年
1913年 静岡県伊豆下田生まれ、すぐ大阪に移住。鹿子木孟郎、赤松麟作に師事
1931年 大阪天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)卒、上京し川端画学校に学ぶ
1935年 東京美術学校入学
1937年 ポール・ゴーギャンに憧れて南洋旅行。美校卒。寺内萬治郎、藤島武二に師事
1939年 光風会展で初入選、F氏賞、海洋美術展で海軍協会賞
1942年 光風会展特賞
1946年 光風会会員、日展特選。
1953年 渡仏し、パリのグラン・ショーミエールに学ぶ
1959年 日展審査員
1960年 日展会員
1967年 日本美術家連盟理事
1972年 光風会理事
1977年 文化庁主催第16回県展選抜展にて文部大臣賞選考委員となる
1981年 第13回日展文部大臣賞を受賞
1989年 第4回小山敬三美術賞
1991年 勲四等瑞宝章受賞
1992年 「展望台のユーカリ」で日本芸術院賞・恩賜賞受賞
1995年 フランスを題材にした風景画を描いた。『藤本東一良画集』(日動出版部)
1998年 逝去

東京都青梅市にて、茶道具、鉄瓶、掛軸、陶器、漆器など。

   

東京都青梅市にて、茶道具、鉄瓶、掛軸、陶器、漆器などをお売りいただきました。

お片付け整理でお呼びいただきました。陶器がたくさんあるとのことでお呼びいただきましたが、お客様宅へ到着後すごい数に驚きました。その数は千点を超えているかと思います。箱と中がバラバラになってしまっているものも多くあり、一日で仕分けしながらの買取は厳しいと判断し、数回に分けて買取をさせていただくことにしました。本日はお茶道具をメインに運ぶことにし、まずは箱合わせをしました。N尾氏が箱合わせをしている間に、わたしは掛軸の方を査定させていただきました。掛け軸は、日本画や書のものなどがございました。掛軸を査定後、わたしは鉄瓶の査定をしました。鉄瓶は、龍文堂安之助造のものや、南部虎山造のものなどございました。無銘のものでしたが、斑紫銅蓋のものや、銀象嵌の入ったものなどもございました。他、茶道具は茶碗や水指、菓子器などがあり、他にも花瓶などたくさんの陶器を買い取らせていただきました。最後に刀剣がたくさんあるとのことで見せていただきましたが、こちらは既に三社の見積もりが入っておりました。四社の相見積もりとなりましたが、当社で全て買い取らせていただくこととなりました。銘のあるものが多く、その数は20本ほど。刀装具もたくさんございました。次回は刀剣や和家具などの買取りで出張させていただきます。その後、二回から三回にかけて陶器を仕分け、査定、買取させていただきます。搬出途中、暑いからとスポーツドリンクを買ってきてくださり、お気遣いいただき有難うございました。また次回よろしくお願い致します。
帰宅途中、瑞穂町にある「南北亭瑞穂店」さんへ寄りました。味噌ラーメンにチャーシュー、辛ネギをトッピング、美味しかったです。

埼玉県川口市にて、唐木製観音菩薩坐像、古銅製観音菩薩立像など。

   

埼玉県川口市にて、唐木製観音菩薩坐像、古銅製観音菩薩立像などをお売りいただきました。

業者様のご紹介で、遺品整理でお呼びいただきました。お爺様が生前集めていらっしゃった仏像や掛け軸などを買い受けさせていただきました。仏像は、画像の観音の他、江戸期の大黒天像などもお売りいただきました。掛軸は仏画の他、日本画や書のものなどございました。お爺様が大事にされていたお品、当社で責任もって次に大事にして頂ける様に繋げていきます。お忙しい中、ありがとうございました。今回お譲りいただきましたのは木彫りや銅製の仏像でしたが、当社が仏像鑑定でまず最初に見るのは、仏像の作られているその素材です。佛像の材質は、金属製、石造、木造、塑造、乾漆造など様々なものがございます。使われている素材の産地や希少さによっても仏像の価値は大きく違ってきます。六角堂ではどのような素材の仏像も幅広く取り扱っておりますので、何かございましたらお問い合わせください。古い時代の仏像には骨董品としての価値があったり、作家物であればその作家の評価も買受け額に影響してきます。ご自宅にお持ちの仏像・仏画・曼荼羅・仏教彫刻など仏教美術について、売却をお考えの際は六角堂までお気軽にご相談下さい。仏像などの仏教美術に詳しい専門家が出張査定し、高価買取させていただきます!
本日も倉庫へ戻る途中、N尾氏と食事をしました。朝霞台駅のそばにある「大庄水産」さんが、ランチタイムでしたので、わたしはお刺身のランチをいただきました。ランチタイムは安くてお得ですね。美味しかったです!

東京都中野区野方にて、常滑焼の漢詩彫在銘火鉢、碁盤、碁石。

 

東京都中野区野方にて、常滑焼の漢詩彫在銘火鉢、碁盤、碁石をお売りいただきました。

業者様のご紹介で、倉庫のお片付け整理でお呼びいただきました。いつもご紹介くださり有難うございます。地下倉庫に長年保管されていた火鉢や陶器、囲碁道具などを処分したいとの事でお呼びいただき、全て買い受けさせていただきました。火鉢は常滑焼(朱泥)のもので、漢詩文の入ったもの、松の図に漢詩の入ったものなどございました。近年造られたものになりますが、とても雰囲気のある素晴らしい火鉢でした。灰が入ったままの状態でしたが、そのままの状態でお売りいただきました。火鉢(ひばち)とは、日本の暖房器具のひとつで、炭を焚いて使われます。ストーブやエアコンが無かった時代、暖をとるものとして活躍したのが火鉢です。陶器製または金属製のものが多いが、木製や石製のものなどもございます。ストーブやエアコンが当たり前の現在、火鉢は金魚を飼う金魚鉢として使われたりしております。常滑焼は愛知県の常滑市を中心に知多半島内で生産されている焼物で、日本六古窯の一つ。常滑焼といえば朱色のシンプルな朱泥焼(しゅでいやき)の急須が有名です。常滑焼の人間国宝である三代山田常山は有名で、六角堂でも買取を強化しております。素敵な火鉢をお売りいただき有難うございました。
本日は志木市場の開催日でしたので、帰りに寄らせていただきました。市場の終了後、いつものように仲間たちと食事をしました。池袋駅西口にある「大漁市場 魚ます」さんというお店へ行きました。刺身などはもちろん、静岡おでん、牛すじがとても美味しかったです。京都へ出張するときに寄る浜松SAでいつも静岡おでんをいただいてますが、こちらのおでんもとても美味しかったです。T橋さん、ご馳走様でした。

さいたま市浦和区にて、柴田勘十郎、肥後三郎、杉山重與の弓や矢筒、矢など。

    

埼玉県さいたま市浦和区にて、柴田勘十郎、肥後三郎、杉山重與の弓や矢筒、矢などをお売りいただきました。

昨年お呼びいただいたお客様より、弓や矢筒、矢などの弓具の買取で再度お呼びいただきました。弓具の他、火鉢や置物なども併せて買い取らせていただきました。お客様のお父様が生前弓道の師範をされていたようで、作家物の良い弓具をお売りいただくこととなりました。柴田勘十郎、肥後三郎、杉山重與の作、どれも良い弓でした。お父様の思い出のお道具、大切に次へと橋渡しさせていただきます。六角堂では、弓道具(弓、弓矢、矢筒、カケ)の買取を強化しております。 竹弓、竹矢の他に、グラス弓・カーボン弓・ジュラ矢、なども探しております。二度にわたり、当社をご指名くださり有難うございました。また、美味しいお茶をいただき有難うございました。
今日は一件のみの出張でしたので、早めに帰宅して家族でららぽーとへ行きました。娘がスイーツパラダイスで食事をしたいというので、寄らせていただきました。私は現在40代、年甲斐もなく甘いものを爆食いしてしまいました。お腹がタポタポですが、美味しかったです。画像のハロハロは、出張途中のミニストップさんでいただきました。ミニストップのデザート美味しいですね。お腹を引き締めるため、明日は甘いものを控えて一日頑張ります!

東京都渋谷区広尾にて、桐箪笥、着物、人間国宝小森邦衛の黒平椀。

   

東京都渋谷区広尾にて、桐箪笥、着物、人間国宝小森邦衛の黒平椀、贈答品などお売りいただきました。

不動産業者様のご紹介でお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。お売りいただいた桐箪笥は明治期頃の時代桐箪笥、所々ダメージのあるタンスでしたが、時代金具が見事なお品でした。お着物も古いものでしたが、アンティークのものが多く、全て買い受けさせていただきました。その他、贈答品などお売りいただきましたが、中には髹漆(きゅうしつ)の重要無形文化財保持者(人間国宝)である輪島塗師小森邦衛の黒平椀などもございました。一点一点丁寧に査定させていただき、小森邦衛作品のように価値あるお品は高額査定させていただきました。良いお品をたくさんお売りいただき有難うございました。
帰り途中、一昨日出張させていただいた豊島区上池袋のお客様よりお電話いただき、古書が出てきたとのことで、再度お邪魔させていただきました。専門書や学術書など、まとめてお売りいただき有難うございました。遅くなってしまいましたので、倉庫へ戻る前に池袋駅の西口にある「つけ麺屋のぶなが」さんへ寄りました。味噌ラーメンをいただきましたが、濃厚スープに魚粉をたくさん入れ、とても美味しかったです。つけ麺が美味しく有名なお店ですので、次回はつけ麺をいただきます。

小森邦衛(こもりくにえ)
1945年 石川県輪島市に生まれる。本名・邦博。
1970年 漆芸職人として独立する。
1977年 第24回日本伝統工芸展入選。
1986年 第33回日本 伝統工芸展出品作「曲輪造籃胎喰籠」でNHK会長賞受賞。
2002年 第49回日本伝統工芸展出品作「曲輪造籃胎盤『黎明』」が日本工芸会保持者賞を受賞、文化庁が同作品を購入。
2004年 第14回MOA岡田茂吉賞工芸部門大賞を受賞。
2006年 重要無形文化財髹漆保持者認定(人間国宝)。
石川県立輪島漆芸技術研修所主任講師、社団法人 日本工芸会理事・石川支部幹事長。

東京都豊島区上池袋にて、旧日本軍の軍盃、仏具、香木など。

    

東京都豊島区上池袋にて、旧日本軍の軍盃、仏具、香木などをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、業者様のご紹介で練馬区旭丘へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。お母様のご遺品である桐たんすやお着物などを買い取らせていただきました。また、人気版画家棟方志功の版画「御雛の柵」の見積もりをさせていただきました。こちらは棟方志功鑑定委員会ですでに鑑定を取られた確かなもの、シミなどございましたが人気の志功作品、精一杯の見積もりをさせていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。二件目は豊島区上池袋へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、古い仏像、仏具、香木、勲章、旧日本軍の軍盃などを買い受けさせていただきました。今回お売りいただいた軍盃のように、昔の軍隊物のアイテムは今でも熱いコレクターさんがたくさんおり、六角堂でも買取をしております。軍服、勲章類、階級章、軍書類、徽章類、軍盃、軍票類、絵葉書、戦争写真などございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。古き良きお道具をお売りいただき、有難うございました。
本日の昼食は、豊島区へ向かう途中の吉野家さんで牛丼をいただきました。また、帰りには大塚駅の近くにある「磯丸水産」さんで食事をしました。わたしは海鮮料理が好きなので、最近は磯丸水産にはまっております。島寿司は本当に美味しいです。ゆっくり出来るときに、貝類など浜焼きをしたいです。明日は、久々仕事を休ませていただきます。疲れがたまっておりますので、一日ゆっくりしたいと思います。

埼玉県川口市にて、桐たんす、着物、本榧碁盤、碁石の買取。

埼玉県川口市にて、桐たんす、着物、本榧碁盤、碁石をお売りいただきました。

遺品整理でお呼びいただきました。お爺様が生前大切にされていた碁盤や碁石などの囲碁道具を次へと橋渡ししたいとのことでお呼びいただきました。お売りいただいた碁盤は本榧製板目厚み六寸のもの。碁石は白に本蛤36号のものでした。碁盤は、厚みや素材、木目などによって査定が変わってきます。碁盤の厚さは正寸表記となっており、表記が高くなればなるほど高価なものとなっております。素材は本榧(ほんかや)、ヒバ、桂、新榧(しんかや)などがございます。一番高価な素材は本榧となります。本榧は油分が多く、長い年月を経過しても盤のツヤが失われず、碁盤として最高の木材といわれてます。また、榧特有の甘味ある芳香はえも言えないものがあります。 木目には柾目と板目とがございます。柾目(まさめ)は木の芯を端に取ることで、木目がまっすぐに並びます。美しく打ち味に優れています。 柾目は樹齢数百年の大木からのみ取ることができます。一方、板目(いため)は木の芯が盤の中心に表れる取り方をします。柾目と比べると、ランクが少し劣ります。 碁石は黒が那智黒、白が本蛤のものでした。蛤(はまぐり)石は厚みがあるほど、その希少性から価値があがります。現在国産の蛤石は生産困難となっており、メキシコ産のものが使われたりしております。碁石には、蛤、瑪瑙(めのう)、プラスチック、ガラス製のものなどございますが、蛤、瑪瑙のものは強化買取りしております。良い囲碁道具をお売りいただき有難うございました。お爺様の大切にされていたお道具、大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。六角堂では、碁盤、碁石、碁笥(ごけ)などの囲碁道具、将棋盤、将棋の駒、駒台などの将棋道具を探しております。ご不要のお道具がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。
本日は午前中のみの買取でしたので、午後は倉庫へ戻り仕分け作業をしました。倉庫へ戻る途中、「久兵衛屋」さんへ寄り、きのこほうとうをいただきました。ほうとう美味しいですね。ほうとうといえば最近山梨県への出張が入っておりません。山梨県のお客様、出張依頼お待ちしております!!